かんなみ仏の里美術館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg かんなみ仏の里美術館
Kannami Buddha statues Museum
Kannami Buddha statues Museum.jpg
かんなみ仏の里美術館
かんなみ仏の里美術館の位置(静岡県内)
かんなみ仏の里美術館
静岡県内の位置
施設情報
事業主体 函南町
管理運営 函南町
建物設計 栗生明
開館 2012年(平成24年)4月14日
所在地 419-0101
静岡県田方郡函南町桑原89-1
位置 北緯35度07分12秒 東経138度58分23秒 / 北緯35.12000度 東経138.97306度 / 35.12000; 138.97306座標: 北緯35度07分12秒 東経138度58分23秒 / 北緯35.12000度 東経138.97306度 / 35.12000; 138.97306
最寄駅 JR函南駅
最寄バス停 なし
最寄IC 新東名「長泉沼津IC」、伊豆縦貫道「大場・函南IC
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

かんなみ仏の里美術館とは、函南町桑原にあり、桑原区で守られてきた24体の仏像を町民の財産として保存継承していくための施設として作られた美術館である[1][2]

収蔵品

木造阿弥陀如来両脇像

木造阿弥陀如来及両脇侍像は、国指定重要文化財である。作者は実慶(じっけい)。両脇侍像は、頭も体も檜の一材から彫って仏像を造りだした。3尊像が制作された年代は、12世紀末から13世紀初頭と考えられる。蓮華座鎌倉時代初頭の当初の状態が残っており、特徴的である[3]

薬師如来坐像

かつて桑原の地に所在した新光寺の本尊と伝えられている[4]。1977年(昭和52年)に、静岡県有形文化財に指定された[5]平安時代後期の榧材一木割矧造(かやざいいちぼくわりはぎづくり)[6]。 像高は106.5センチメートル。体躯に重量感があり、顔を正面に向け、背筋を伸ばして座っており、左手の掌を上に向けて薬壺を載せている[7]。制作年代は平安時代中期、11世紀前半とされている[8]

1984年(昭和59年)6月に、当時東京芸術大学教授水野敬三郎によって初めて学術的な調査が行われた結果、薬師如来坐像脇侍日光月光菩薩とされていた二菩薩立像が阿弥陀如来坐像がその脇侍であったことが判明した[9]。静岡県内には、かんなみ仏の里美術館以外では河津町、島田市などにも、県文化財指定の木造薬師如来像がある[10]

十二神将立像

十二神将立像は、桑原薬師堂内に安置されていた本尊薬師如来像に随侍していたものであるが、どの時代にこのような形で安置されたかは不明である。十二神将立像は、何種類かの制作年代の異なる像が混在している。しかし、修復作業において神将像から「建治三年」の墨書銘が判明したことから、制作年代は鎌倉時代から江戸時代とされた[11]

十二神将立像は薬師如来像を囲んで人々を守る軍神としてまつられている。後にこれが十二支と結びつけられ、頭髪の中に動物の姿で十二支を表している[12]。 2012年(平成24年)から、埼玉県吉備文化財修復所へ修復を依頼していた十二神将立像は、2013年(平成25年)10月末に修復を終え、12像全てに「手」が戻った。このうち像は、手先だけでなく右手に持つ武器「宝棒」も見つかっている[13][14][15]

  • 毘羯羅大将像(びから )

形状は、頭上は炎髪で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、胸甲の中央に円い凹みを表すことから鎌倉時代末期から南北朝時代としている。(法量)像高 85.5センチメートル[11]

  • 招杖羅大将像(しゃどら )

形状は、頭上は髻で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、胸甲の中央に円い凹みを表すことから江戸時代としている。(法量)像高 94.8センチメートル[11]

  • 真達羅大将像(しんだら )

形状は、頭上は冑で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、下隅を円くした胸甲といていることから、鎌倉時代初期としている。(法量)像高 107.8センチメートル[11]

  • 摩虎羅大将像(まこら )

形状は、頭上は炎髪で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣を身につけている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、藤原時代とされる。(法量)像高 96.6センチメートル[11]

  • 波夷羅大将像(はいら )

形状は、頭上は炎髪で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣を身につけている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、藤原時代とされる。(法量)像高 94.0センチメートル[11]

  • 因達羅大将像(いんだら )

形状は、頭上は炎髪で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、胸甲の中央に円い凹みをしているため、鎌倉時代末期から南北朝時代とされる。(法量)像高 97.5センチメートル[11]

  • 珊底羅大将像(さんてら )

形状は、頭上は炎髪で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、胸甲の中央に円い凹みをしているため、鎌倉時代末期から南北朝時代とされる。(法量)像高 92.4センチメートル[11]

  • 額倆羅大将像(あんにら )

形状は、頭上は髻で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、内刳りを施していない。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、胸甲の中央に円い凹みをしているが、室町時代から江戸時代初期とされる。(法量)像高 96.2センチメートル[11]

  • 安底羅大将像(あんてら )

形状は、頭上は冑で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、下隅を円くした胸甲をしていることから、鎌倉時代初期としている。(法量)像高 96.6センチメートル[11]

  • 迷企羅大将像(めきら )

形状は、頭上は冑で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、胸甲の中央に円い凹みをしているため、鎌倉時代末期から南北朝時代とされる。(法量)像高 108.4センチメートル[11]

  • 伐折羅大将像(はきら )

形状は、頭上は髻で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、胸甲の中央に円い凹みをしているため、鎌倉時代末期から南北朝時代とされる。(法量)像高 94.8センチメートル[11]

  • 宮毘羅大将像(くびら )

形状は、頭上は髻で、十二支を載せている。鰭袖衣、窄袖衣または大袖衣、裙を着け、袴を穿き、襟甲、肩甲、胸甲、表甲、腰甲を着けるなど、一般的な十二神将像に準じている。造像技法については、頭体幹部を一材から彫り出しており、基本的に前後割矧ぎとし、割首、内矧ぎを施している。両手両足等については、形姿によって各所を矧いでいる。球眼を嵌入し、彩色を施している。製作年代は、下隅を円くした胸甲をしていることから、鎌倉時代初期としている。(法量)像高 96.0センチメートル[11]

設立の経緯

桑原薬師堂からの移管

函南町桑原区では、長源寺の境内にある薬師堂慶派仏師の実慶作である阿弥陀三尊像や木造薬師如来像等、国指定重要文化財、県指定有形文化財、町指定有形文化財を含む仏像24体が住民によって保管されていた[16]。しかし、薬師堂の老朽化や災害時の対応、仏像の修復が課題となっており、2008年(平成20年)2月、桑原区は同区内に保存収蔵展示施設の建設等を条件として、函南町に仏像群を寄付した[16]。これを受け、同年4月25日に函南町議会文教厚生委員会が保存方法検討のために現地視察を行っている[16]。同年6月の定例議会で、芹沢伸行町長(当時)は、町職員で構成する文化・スポーツ振興部会で検討を行った結果を踏まえ、1982年(昭和57年)に移転した旧桑村小学校跡地を建設の候補地とし、5年以内の開館を目指す意向を示した[17]

「仮称・阿弥陀展示館」の基本計画について議論するプロジェクト会議

2009年(平成21年)9月7日、函南町は、町の関係各課、桑原仏像保存展示協議会代表、議員、桑原区住民らで構成される「仮称・阿弥陀展示館」の基本計画について議論するプロジェクト会議(以下、基本計画プロジェクト会議)を設置し、第1回会合を開いて意見交換を行った[18]プロポーザル方式により決定した設計担当の栗生総合計画事務所主宰・栗生明千葉大学大学院教授・当時)が概算工事費は2億2,000万円、延べ床面積約530平方メートルで、「礼拝の対象でありながら美術館として見るテンプルミュージアム」のコンセプトを述べるなど、素案の説明を行った[18]。また、同年10月末までに基本設計をまとめ、2009年度中の実施設計を終了し、2013年(平成25年)の開館予定であることが示された[18]

2009年(平成21年)10月20日、基本計画プロジェクト会議の第2回の会合が開かれ、基本計画の大枠が示された[19]。敷地、建物、防災防犯対策、仏像の展示方法と植栽計画や郷土資料館の活用などの案が設計業者から提案され、整備事業の日程の早期化により、当初予定していた2013年(平成25年)より開館が前通しになる可能性が示された[19]

開館まで

仏像展示施設の開館に向けて、施設の魅力向上を目的に斉藤宏委員長(=町文化財保護審議会長)ら文化、教育、観光に詳しい18名で、町阿弥陀・郷土資料展示館管理委員会が構成された。委員会では施設を町運営とすることや入館料金、名称等検討が重ねられ[20]、2011年(平成23年)の町議会6月定例会にてかんなみ仏の里美術館の設置管理条例が制定された。開館を前に報道向け内覧会が実施されると[21]、2012年(平成24年)4月14日にかんなみ仏の里美術館は開館した[22]

名称決定まで

施設の名称を決めるにあたり、函南町は2010年(平成22年)9月に「(仮称)阿弥陀・郷土資料館」の愛称を公募[23]。 募集の結果、計90案の応募があり、同年11月開催の第3回町阿弥陀・郷土展示館管理運営検討委員会にて「かんなみ・桑原仏の里美術館」「函南ほとけの里ミュージアム」「かんなみ仏のさとミュージアム」の3案に絞られた。 検討委員会はこれらの案を町へと提出し、町当局で検討が進められた[20][24]。 翌2011年(平成23年)の函南町議会6月定例会にて、「かんなみ仏の里美術館の設置、管理等に関する条例」の制定について審議が行われ、「かんなみ仏の里美術館」と制定された[25][26]

建築

2012年(平成24年)完成。鉄筋コンクリート、一部鉄骨造り1階建て。設計は千葉大学名誉教授栗生明による。とんがり屋根の大小2つの正方形がL字型に結ばれている[27]

設計コンセプトは、堂としての佇まいのある建物であること、環境と融合した建物であることの2点である。仏像群が桑原地区の守護仏として薬師堂で保存されてきたことから、神仏を祭る「堂」としての役割を持ち、かつ地域コミュニティの場として機能するよう設計されている[28]

屋根は寺院の建築様式と「住民の集う場所」をイメージし、四角錐状の屋根の形である「方形造」を採用している。設計者の栗生は屋根材の選択に際し、「風景と調和する光りすぎない素材が必要だった」[27]と述べている。

庭園は桑原の里山地域の四季を感じられるよう、函南町木ヒメシャラ、同町花ヤマザクラを中心に桑原の自然を集めた造りになっている[28]

2012年(平成24年)には第5回静岡県景観賞の授賞地区が発表され、「かんなみ仏の里美術館」は優秀賞を受賞した[29]

施設案内・アクセス

施設案内

館内の案内は函南町が主催した「ふるさとボランティアガイド養成講座」を修了したボランティアガイドが行っている[30]

所在地

静岡県田方郡函南町桑原89-1[31]

開館時間

10:00-16:30[31][32]

休館日

毎週火曜日、12/29-1/3[31][32]

観覧料

65歳以上200円、高校生以上300円、小中学生100円、団体割引(10名以上)100円引き[31][32]
年間パスポート2000円[33]

アクセス

電車

JR東海道本線函南駅」から車で5分[31][32]
伊豆箱根鉄道大場駅」から車で15分[31][32]

路線バス

なし[31][32]

東名沼津IC」から40分[31][32]
新東名長泉沼津IC」から25分[31][32]
伊豆縦貫道大場・函南IC」から25分[31][32]

徒歩

JR東海道本線函南駅」から35分[31][32]

関連項目

出典

  1. ^ 「広報かんなみ」平成24年3月号、函南町、2012年、p.2
  2. ^ 図録 2017, p. 7.
  3. ^ 図録 2017, p. 106.
  4. ^ 図録 2017, p. 103.
  5. ^ 図録 2017, p. 3.
  6. ^ 文化財ガイドブック 1998, p. 6.
  7. ^ 図録 2017, pp. 103-104.
  8. ^ 図録 2017, p. 10.
  9. ^ 図録 2017, p. 9.
  10. ^ 静岡大百科事典 1978, p. 803.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m 図録 2017.
  12. ^ 薬師堂仏像群への誘い 1993.
  13. ^ 伊豆日日新聞、2013年9月25日、1面
  14. ^ 伊豆日日新聞、2013年10月25日、1面
  15. ^ 伊豆新聞伊東、2016年6月19日
  16. ^ a b c "仏像群の保存法探る 桑原薬師堂、町議らが現地視察" 静岡新聞、2008年4月26日朝刊、16面
  17. ^ "阿弥陀三尊像など保管展示 旧桑村小に施設建設へ" 静岡新聞、2008年6月13日朝刊、18面
  18. ^ a b c "「阿弥陀展示館」概要を議論 函南町の文化、観光拠点へ" 静岡新聞、2009年9月8日朝刊、20面
  19. ^ a b "「阿弥陀展示館」大枠が決定 函南町" 静岡新聞、2009年10月21日朝刊、18面
  20. ^ a b 伊豆日日新聞、2010年11月10日、10面
  21. ^ 伊豆日日新聞、2012年4月6日、1面
  22. ^ 静岡新聞、2012年4月15日朝刊、19面
  23. ^ 「広報かんなみ」平成22年9月号、函南町、p.10
  24. ^ 伊豆日日新聞、2010年12月11日、1面
  25. ^ 「かんなみ議会だより」No.142、平成23年8月12日発行、函南町議会、p.2
  26. ^ 伊豆日日新聞、2011年6月30日、1面
  27. ^ a b 静岡新聞、2014年10月6日朝刊、19面
  28. ^ a b 伊豆日日新聞、2012年11月1日、1面
  29. ^ 伊豆日日新聞、2012年10月24日、1面
  30. ^ 静岡新聞、2012年3月28日朝刊、24面
  31. ^ a b c d e f g h i j k かんなみ仏の里美術館ご利用案内”. 2019年12月8日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g h i j 函南町 かんなみ仏の里美術館”. 2019年12月8日閲覧。
  33. ^ 伊豆日日新聞、2012年9月19日、1面

参考文献

  • 『桑原薬師堂の仏像 : かんなみ仏の里美術館図録』函南町教育委員会/編、函南町、2017年。
  • 『静岡大百科事典』静岡新聞社出版局/編、静岡新聞社、1978年。
  • 『薬師堂仏像群への誘い : 函南町桑原』齋藤 宏/著, 函南町教育委員会/編、函南町教育委員会、1993年。
  • 『文化財ガイドブック : 彫刻編』静岡県教育委員会文化課/編、静岡県教育委員会、1998年。

外部リンク