オスカー・スレイター事件

オスカー・スレイター事件(オスカー・スレイターじけん、英語: The Case of Oscar Slater)は、1908年スコットランドで発生した殺人事件である。グラスゴーに住む裕福な老婦人が撲殺され、ユダヤ系ドイツ人のオスカー・スレイターが国外逃亡犯としてアメリカで逮捕された。スレイターは一貫して無実を主張したが、裁判では多数の目撃証言を決め手として有罪とされ、死刑判決を下された。

しかし、裁判に対する疑問から集まった助命嘆願によりスレイターは終身刑に減刑され、小説家のアーサー・コナン・ドイルを始めとした多くの著名人も事件の冤罪性を訴えてスレイターを支援した。さらに捜査に加わっていた現職警官も真犯人の存在を指摘する内部告発を行い、政府による事件の再調査も行われた。再調査ではスレイターに対する有罪判決は覆らなかったものの、その後重要な目撃証人たちが相次いで証言を撤回し、冤罪を訴える声が高まったことにより政府は事件に対する控訴を認める特別法を定めた。そして、事件発生からおよそ20年が経過した1928年にスレイターは控訴審で無罪判決を受け、事件は冤罪と認められた。

事件

犯行現場のダイニング・ルームの写真(検察側提出証拠物件5号)。暖炉の前のクッションは遺体のあった位置を示す[1]

事件の被害者となったのは、グラスゴー西部、クィーンズ・テラス15号(下図参照)に在するフラットの2階に住んでいた[2]、当時83歳の[3][4]独居女性である。被害者は多くの宝石や貴金属を自宅に持っており、周囲からは盗品の故買をしていると無根拠に噂されていた[5][6][7]。用心深い性格の彼女は物盗りを恐れ、玄関ドアに3つの錠とチェーンを付けていた[3][8]

1908年12月21日の夕方、被害者は使用人であったH・L(後のエディンバラでの裁判では検察証人38号となった。以下同じ)に使いを頼み、H・Lは玄関に鍵をかけ、被害者を一人室内に残して10分ほどの予定で外出した[9]。午後7時頃、被害者の真下の部屋の住人であるA・A(検察側証人40号)が物音を聞きつけて上階の被害者宅へ向かった[10]。それと同時刻に使いから戻ったH・Lも異常を察知し、玄関の鍵を開けると、室内から「立派な身なりをした」「とても愛想のいい様子の」男が現れ、2人の横をすり抜けて階段を駆け下りていった[11]。A・Aは男を追いかけたが、見失った[12]。その直後、フラットが面するウェスト・プリンセス・ストリートを歩いていた当時14歳の[13][14]少女M・B(検察側証人43号)が、フラットから走り出てきた男に体をぶつけられている[15]。M・Bは男の顔をおよそ2秒間目撃した[16]。さらに午後7時8分頃にも、フラットの表通りを歩いていた市民(検察側証人46号)が、2人の男が通りを駆けてゆくのを目撃した[17]

室内に残された被害者は頭部と胸部を強く撲られており、ほどなく死亡した。被害者の壊された書類箱から中身が部屋中にばら撒かれていたが、宝石箱から無くなったものはダイヤ入りの三日月型ブローチ[注 1]が一つだけで、その他テーブル上に放置されていたものを含めた1382ポンド25シリング相当[注 2]の宝石や貴金属は手つかずのままだった[23]

3人の証言を総合したグラスゴー市警(en)は、H・L、A・Aの目撃した男とM・Bの目撃した男は別人であると判断し、12月25日に次のような2人分の人相書を作成している[24][25]斜体の補足は引用者による。以下同じ)。

# 男、年齢25から30歳。身長5フィート7インチないし8インチ。顔はきれいに剃ってあるように思われる。服装、長いグレーのオーバーコートおよび黒っぽいキャップ(H・LとA・Aの証言に基づく)
  1. 男、年齢28から30歳。背高くやせ型、顔に口髭等一切なし。鼻やや片方(右側と思われる)へ曲がっている。服装、(防水製と信じられる)子鹿色のオーバーコート、黒っぽいズボン、色は黒っぽいものと信じられる最新製のツイード製の丸いハット(ドニゴール・ハット)、および褐色のブーツ。(M・Bの証言に基づく)

同日、とある市民(検察側証人65号)が、自分の通っているクラブの仲間であるオスカー・スレイター(Oscar Slater)というユダヤ系ドイツ人が「ダイヤ入りの三日月型ブローチ」の質札をしきりに売りたがっている、と市警に通報した[26]。そのブローチは実際には事件の1か月前から質入れされていた[27]スレイターの愛人の物であり[28]、市警も事件の翌日にはそれを認識していた[29]。しかし、スレイターが通報のあった日に住居を引き払い、愛人とともに偽名ルシタニア号に乗って[注 3]リヴァプールからニューヨークへ出国していたことを知った市警は、これを高飛びと判断し、スレイターに対して逮捕状を発行し、200ポンドの賞金を懸けた[34]。市警自身が「混同せぬように」と念押しまでしていた[35]2人分の人相書は、以降スレイター1人のものとして纏められた。

オスカー・スレイター

オスカー・スレイター(1908年)

スレイターは1872年1月8日にプロイセン王国シュレージエン州ポーランド語版オペルンで、オスカー・ヨーゼフ・レシュツィナー(Oscar Joseph Leschziner)として、パン屋を営むユダヤ人の両親の下に生まれた[36][37]。本人の弁によれば6人兄弟の1人で、かつてはハンブルクの銀行にも勤めていたが、徴兵年齢に達する頃にそれを逃れてイギリスへ渡ったという[36]。名前を変えたのはイギリス人にも発音しやすくするためだが[36]、その他に「ジョージ」や「アンダーソン」などの偽名も使い分けていた[38][39]。表向きには宝石商と歯科医を名乗っていたが[40]、実際にはあちこちの街を渡り歩いて賭場を経営しており[36][41]、愛人に売春をさせて生活しているとも噂されていた[42]

事件当時のスレイターは37歳手前、身長5フィート8インチで[24]がっしりとした体格を持ち[43]、紛れもない外国人の風貌[44]と特徴ある鼻[注 4]をした男だった。

裁判

ニューヨーク裁判

12月29日に国際電報がアメリカへ打たれ[53]、スレイターは年をまたいだ1909年1月2日にニューヨーク港で逮捕された[54]。その時にスレイターが持っていた荷物の中からは、子鹿色の防水製オーバーコート[55]、黒っぽいフェルトのハット(ドニゴールではない[56])、そして頭部長3.5インチのハンマーが発見されている。

アメリカ側がスレイターの送還を許可するのを待てず、グラスゴー市警はH・L、A・A、M・Bの3人をニューヨークへ向かわせた[57]。A・Aは、自分は近視なので役に立てない、と抗弁したが、聞き入れられなかった[57]。この時、H・LとM・Bはニューヨークまでの船旅を、12日間[58]同じ船室で過ごしている[59](ただし、2人は証言について口裏を合わせたことはないと主張している[60][61][62])。

スレイターのイギリスへの引き渡しを求める裁判は、1月19日から連邦地方庁舎で[63]開かれた。審理の直前、護送されてきたスレイターと法廷の前ですれ違ったH・LとM・Bが、「あの男が法廷に入ってゆくわ」と同時に同じ言葉を口にした、と2人に付き添っていたグラスゴー市警警部(検察側証人50号)は後に述べた[64]。しかし、このときスレイターを護送していた裁判所職員は、イギリス側の代理人が2人に合図を送っていたと語っている[65]

3人の目撃者はニューヨークの法廷でそれぞれ次のように語った。

H・Lの証言
判事から犯人についての詳しい説明を求められたH・Lは、「顔は分かりません。顔は一度も見ませんでした」「見たのは歩き方です」[66]と述べ、識別の根拠はその男の特異な歩き方であると説明した(ただし、H・Lが犯人が歩く姿を目撃できたのは3、4ヤード分である[67])。その後、廷内の人間から犯人を選ぶように言われたH・Lは「言いたくないのですが」とためらい、判事との押し問答の末に「とても怪しい人」としてスレイターを指さした[66]
M・Bの証言
同様の質問に対してM・Bは、ためらうことなくスレイターを指さし「とてもよく似ています」と述べ、識別の根拠はその鼻である、とも述べた[68]
A・Aの証言
A・Aはスレイターを指さして「あの男に全く似ていないわけではありません」としたが、「はっきりと断言はできません」と述べた[69]。「犯人の曲がった鼻に気が付いたか」「歩き方に目立った点はあったか」との質問にはどちらも「いいえ」と答えた[69]

スレイターの弁護士は、スレイターが強制送還される法的根拠はないと主張した[70]。しかしスレイターは「自分にはやましいことなど何もない」と述べ[70]、送還を拒否する権利を放棄して自発的にスコットランドへ戻った[71]

エディンバラ裁判

被疑者識別パレードの一例。

スコットランドでの裁判に先立つ2月末から3月初め、グラスゴー市警中央署に市民たちを呼び寄せての被疑者識別パレード英語版(複数人から犯人を選ばせる形式の面通し)が行われた。その結果、ニューヨーク帰りの3人に加えて12人の市民と警官(検察側証人24号-28号、30号-33号、42号、48号、54号)が、スレイターを含めた12人の男が並ぶ中から、スレイターを「事件の数週間前から現場周辺をうろついていた不審な男」として識別した[72]。しかし、この面通し以前からスレイターの外国人風の顔は新聞の写真で広く知られており[73]、さらに識別対象とされた12人の男の中で外国人風の顔をした者はスレイター一人だけだった[74]。加えて、市民たちの目撃証言が正確であったとしても、そもそもスレイターの自宅は事件現場から4分の1マイルの距離にあった(下図参照)。このような面通しの方法は不公正ではなかったかと後の裁判で弁護側に尋ねられたジョン・トムソン・トレンチJohn Thomson Trench、グラスゴー市警中央地区刑事部士官・検察側証人75号)は、「それが最も公平な方法かも知れませんが、グラスゴーでの習慣ではありません」[75]と述べた。

高等法院。謀殺反逆強姦等の重大犯罪ではここが第一審裁判所となる[76]

スレイターに対する公判は、エディンバラの高等法院(en)で5月3日から開始された。チャールズ・ジョン・ガスリー(en)が判事となり、検察側には3名の検察官と1名の代理人が、弁護側には2名の弁護士と1名の代理人が付いた[77]。主任検察官は法務次官(en)のアレクサンダー・ユア(en)が務めた[77]。4日間続いた審理では検察側から60人、弁護側から14人の証人が証言台に立った[78]

目撃証言

前述のように、検察側には多数の目撃証言が揃っていた。しかし、重要な証人であるH・Lの供述は変遷した。H・Lはスレイターが犯人であると断言し[79]、ニューヨークの法廷でスレイターの識別をためらったこと自体を否定した[80]。弁護側から「アメリカでは何を根拠にスレイターを識別したのか」と尋ねられると、「歩き方と背の高さと、黒っぽい髪と、それに横顔です」と答えた[81]。弁護側が証言の変遷を追及すると、「ですから今言っているんです」と述べて沈黙した[82]。ガスリー判事は後日、H・Lを評して「知的容量の少ない、浅薄で無分別な女性」[83]と述べている。

残る2人の証人のうち、M・Bは証言を「とてもよく似ている」から「疑いがない」に変更し[84]、A・Aは警察署でも高等法院でも一貫して「非常によく似ている」とだけ述べて断言を避けた[85]。なお、H・Lが語った犯人の特異な歩き方については、M・BとA・Aは、犯人の歩き方に目に付く点はなかったと述べ[86]、3人に付き添ってニューヨークまで出向いたグラスゴー市警警部(前述の検察側証人50号)は、スレイターの歩き方に特徴はないと証言した[87]。同じく証人たちにニューヨークまで同行した裁判所書記官(検察側証人80号)は、足元を注視していればその特徴に気付くだろうと述べた[88]

一方で、事件直後にフラットの表で2人の男を目撃したと証言していた前述の市民は、検察側から46号という番号まで与えられながら法廷に喚問されることはなかった[89][90](ただし、警察署での面通しでは彼女も、目撃した男の片方がスレイターだったと識別している[17])。

犯人の髭については、M・BとA・Aは剃っていたと証言した[91]。これについて弁護側は、事件後の21日深夜から25日までに会ったスレイターがかなり目立つ口髭を生やしていたのを見た証人が複数(検察側証人19号-20号、23号(この3名は実際には弁護側で証言した)、35号、62号、検察側証人13号兼弁護側証人9号(実際には弁護側のみで証言した)、弁護側証人11号)[92]いると反論した。

さらに弁護側は、事件当夜に現場から1マイルほど離れたビリヤード場(下図参照)で午後6時30分頃までスレイターと一緒だったという2人(前述の検察側証人19号、23号)の証言[93]から、スレイターのアリバイを主張した(ただし、この2人は時刻を時計で確かめてはいない[94]。加えてスレイターは足が速かったという[95])。また、スレイターの愛人(弁護側証人1号)と使用人(前述の弁護側証人11号)も、スレイターは事件当日の夜7時に自宅で夕食をとっていたと証言している[96]。さらに、スレイターは事件直後の午後9時45分頃、行きつけの市内のクラブ(下図参照)に子鹿色の防水製オーバーコートと灰暗色のドニゴール・ハット姿で現れているが、そのときの着衣には何の乱れもなかったとクラブの主人(前述の検察側証人62号)は証言した[97]

物証

凶器とされたハンマー(検察側提出証拠物件47号)。高解像度版は実物大。

スレイターの荷物から発見された衣類とハンマーは重要な物証と考えられ、検察側3人、弁護側2人の計5人の医師によって鑑定が行われた。子鹿色の防水製オーバーコートについて、H・LとM・Bはそれが自分の見たものと似ていると述べた[98]。しかし、事件現場は部屋中が血まみれになっていた[99]にもかかわらず、オーバーコートから血液と断定できるものは発見されなかった[100]。黒のハットも同様だった[101]。ハンマーについても、オーバーコートと同様に哺乳類赤血球に似た微粒子が検出されていたが、それは血液と断定できるほどの量ではなかった[101]。また弁護側も、街の金物屋で売られていた2シリング6ペンス2000年日本円にしておよそ3千円に相当する[21])の家庭用道具セットの中のもの[102]のような凶器では、被害者の脳を辺りに飛び散らせるほどの[103]損傷は与えられないと主張した。

しかし、鑑定人たちの意見は多様だった。グラスゴー大学法医学教授(検察側証人57号)は、屈強な男が老女を撲るのであればそのような凶器でも犯行は可能であると述べ[104]、凶器の形も被害者の傷跡と完全に一致し[104]、加えてハンマーにはサンドペーパーをかけた跡があるとした[105]ケンブリッジの公衆衛生専門医(検察側証人58号)は、小さなハンマーでも犯行は不可能ではないが、「アプリオリに」「肉屋の大包丁」を凶器と想像したと述べた[106]エディンバラ大学医学・理学博士(弁護側証人番外)は、ハンマーの形は被害者の傷口と全く一致しないと述べ、凶器は重量のある火かき棒のようなものであるとした[107]。また、ハンマーに何かしら手を加えた痕跡は一切ないとも述べた[107]。一方で、事件直後に警察に呼ばれて最初に被害者の検死を行った市内の医師は、被害者が現場にあった椅子で撲殺されたものと確信した[108]。通常、遺体を最初に検分した医師は裁判で検察側の証人とされる慣例があったが、この医師の証言はなぜか一切採用されなかった[109][110]。椅子には血の手形がはっきりと付いていたが、それもなぜか証拠として提出されなかった[111][注 5]

傍証

目撃証言と物証の他にも、スレイターが事件直後に偽名でアメリカへ出国したことは国外逃亡と見なされ、間接証拠として検察側に取り上げられた。検察側は、列車でグラスゴーを発ったスレイターと愛人が、追手をまくためにロンドンまでの切符を買ってリヴァプールで途中下車したと主張した。12月25日のカレドニアン鉄道(en)グラスゴー・セントラル午後9時5分発ロンドン・ユーストン行列車には、普段は連結されていないリヴァプール・ライム・ストリート直行の車両が付いていた[114][115]。その列車の切符はリヴァプールまでの片道切符が2枚、ロンドンまでの片道切符が2枚販売されていたが、セントラル駅の駅員(検察側証人72号)は、スレイターに非常によく似た、口髭を生やした男にロンドンまでの切符を2枚売ったと証言した[114]

しかし、スレイターの荷物には最初からリヴァプールへの荷札が付けられており[116][117]、リヴァプールまで売れた切符が2枚であるのに対して、そこで列車を降りた乗客もスレイターと愛人の2人しかいなかった[118]。加えて、スレイターは23日に市内の旅行代理店で店員(検察側証人64号)に本名と住所を告げてルシタニア号のチケットを予約している(ただし、チケットの受け取りには現れなかった)[119][120]。25日の出発直前にも、行きつけの理髪店で理髪師(前述の検察側証人35号)に、仕事がないのでルシタニア号でグラスゴーを発つと話し[121]、さらには事件の数週間前からクラブ仲間たち(検察側証人61号、前述の検察側証人20号)に対して自身のアメリカ行きを触れまわっていた[122]。以上のことから弁護側はスレイターに高飛びの意図はなかったと反論した。

結審

様々な議論の末に、5月6日、審理は最終日を迎えた。検察側、弁護側双方の証人尋問が終了し、残すところは双方の最終弁論英語版、そして陪審に向けた裁判官説示英語版ばかりとなった。

ユア法務次官は、2時間にわたる検察側最終弁論をメモも持たずに喋り通した[123]。これについて著名な法廷弁護士エドワード・マーシャル・ホール英語版は後に「だからあんなに間違いが多かったんだろうよ」[124]と語っているが、事実その弁論には次のような箇所がある[125]強調は引用者による。以下同じ)。

24日の午後この男は、すぐにも大陸を発とうとしておりましたので、案内所(前述の旅行代理店)へやって来ます。(中略)係員は次の日にまた来て欲しいと言い、男も次の日の25日にまた来ることを同意します。しかし、その25日には全く現れなかったのです。
さて、いいですか、皆さん、このとき男はグラスゴーの案内所の係員に自分の名をオスカー・スレイターだと教えていました。25日に……つまり案内所にまた行くことになっていたその日に……この男の名前、人相書、その他すべてのものがグラスゴーの新聞に出ているのです。ですから、この男にとって絶対にしてはならぬことは、それはもし自分の身の安全を図るならば、その案内所へオスカー・スレイターとして戻っていってはならぬことだと考えます。

検察側はあくまでスレイターの高飛びを主張し、新聞に名前が載せられてから突然スレイターが姿を消したことを論拠とした。しかし25日はスレイターがクラブ仲間によって警察に通報された当日であって、その名前が新聞に載せられたのはさらに1週間後のことである[126][127]。また、スレイターが住居を引き払ったのはクラブ仲間の通報よりも前の時刻である[128]。この検察側の明白な虚偽に対して、判事も弁護側もなぜか異議を唱えていない。さらにユアは最終弁論になって初めてスレイターと被害者の関係について言及し、「この婦人がこうした宝石類を所有していたことをいかにして被告人が知るようになったか、それは後で説明することにします」[129]と述べた。そして、説明せずに弁論を終えた[130][131]

チャールズ・ジョン・ガスリー

対する弁護側は、先入観を捨て事実のみに基いて評決を下すよう陪審に語りかけた[132]。しかし、その直後の裁判官説示でガスリー判事は、陪審に向けて「被告人は己が身を養うのに男たちの零落によったり、女たちの堕落を食い物にしたりして、多くのゴロツキでさえも敢えてしようとはせぬ方法で過去数年を送ってきました」[133]と、審理で証明されなかった[134][135]ことを事実であるかのように語った。それにとどまらず「その男の生活は何年もの間嘘であったばかりでなく、今日も嘘なのです」[136]人格攻撃を行い、「このような類の男には、あの自己に有利な無罪の推定を受けるという恩恵が与えられないからです」[137]として無罪推定の原則を否定してみせた。

以上の最終弁論と説示を聞き終えた陪審団は、70分間の合議の後、有罪9票、「証明なし英語版」5票、無罪1票の過半数でスレイターを有罪と評決し[138][139][注 6]、ガスリー判事はスレイターを5月27日にグラスゴー刑務所(en)で処刑すると言い渡した[142][注 7]

判決の際、スレイターは覚束ない英語で叫んだ[141][145]

俺は事件のことなど何も知らない。全く何も知らない。名前だって聞いたことがない。俺は事件のことなど何も知らない! どうして俺が事件と結び付けられるのか、俺には分からない! 俺は事件のことなど何も知らない。俺は進んでアメリカから来たのに!……もうこれ以上何も言えない。

支援の声と再調査

グラスゴー刑務所へ送られたスレイターは処刑を待つばかりとなった。しかし、裁判に対する疑問から助命嘆願に2万人を超す署名が集まり[146]、5月25日夜に[147]スコットランド大臣ジョン・シンクレア(en)によってスレイターは「国王陛下の御沙汰のあるまで」終身刑に減刑された[144]。7月8日にスレイターはピーターヘッド刑務所(en)へ移監された[148]

1910年4月、スコットランドの事務弁護士であり在野の犯罪学者であるウィリアム・ラフヘッド(en)が、『オスカー・スレイター裁判』(The Trial of Oscar Slater)[注 8]を発表し、裁判の欠陥を指摘した。この書籍はエドワード・マーシャル・ホールや後のイギリス首相ラムゼイ・マクドナルドなど多くの著名人に影響を与え、その中には名高い小説家のアーサー・コナン・ドイルも含まれていた[37]

ファイル:Conan Doyle pensativo.jpg
「気の毒なスレイターの声が監獄の塀の向こうから聞こえてくる。旅人の泣き叫ぶ声のようだ。穴の中に陥ち込んでしまい、通りすがりの人たちからの助けを呼び求めている旅人のように」
        - コナン・ドイル[149]

もともとドイルは、1903年ジョージ・エダルジ事件ロシア語版[注 9]でも犯人とされた男性を救うなど、冤罪事件に関しては実績を持っていた。愛国者のジェントルマンであるドイルと、正業に就かない兵役忌避者のスレイターは、人間的に全く相容れない存在だった[151][152]。しかしドイルは問題にもしなかった。独自に調査を行ったドイルはスレイターの冤罪を確信し、1912年8月に『オスカー・スレイター事件』(The Case of Oscar Slater)[注 10]と題した80ページのパンフレットを発表した[153]。その中でドイルは、ブローチの窃盗は単なる目くらましであり、犯人の真の目的は被害者から遺言状を奪うことだったという推理を展開した[154]。凶器については被害者を最初に検分した医師の見立てに否定的で、バールもしくは証拠物件よりも頭部が長く柄の短い左官用ハンマーであると推理している[155]

その後も新聞などによってキャンペーンが続けられるなか、1914年3月、グラスゴーの事務弁護士であるデイヴィッド・クック(David Cook)が当時のスコットランド大臣トマス・マキノン・ウッド(en)に真犯人の存在を指摘する上申書を提出し、事件の再調査を求めた[156]。ウッドはこの要求を容れ、ラナークシャー英語版のシェリフ裁判所(en)(民事裁判所)判事であったジェームズ・ガードナー・ミラー(James Gardner Millar)を長とする再調査委員会(ミラー委員会)を設置した[156]。クックにそのようなことが可能だったのは、彼が親友であるグラスゴー市警警部補のジョン・トムソン・トレンチから内部情報の提供を受けていたからである[157]

トレンチ警部補と消された「A・B」

事件当時は士官だったトレンチはあれから警部補に昇進し、勤続21年の敏腕刑事と知られ、国王から勲功章を授与されるまでになっていた[158]。かねてからトレンチはスレイターの事件での面通しの方法に不信感を抱いていたが、その不信感が決定的になったのは、1912年10月にダンディー近郊のブロウティー・フェリー(en)で発生した殺人事件[159][160]がきっかけだった。この事件は、老婦人の被害者が撲殺された点、被疑者がよそ者であった点、そして目撃証言をほぼ唯一の証拠として被疑者が特定された点などがスレイターの事件に酷似していた。犯人とされた貧しいカナダ人の男は、5人の目撃者に犯人であると断定されながらも、自分は事件当日はアントウェルペンにいたと主張していた。その捜査手腕を買われてダンディー市警から応援を要請されたトレンチは、男の言葉を信じて現地へ赴き、そこで男が事件発生時刻と同じ時刻にウェストコートを質入れしていたことをつきとめた[159]。この決定的なアリバイによって男は釈放された。その経験からトレンチはスレイターの冤罪を確信するようになり、かつての公判に提出されなかった証人たちの供述書をクックに暴露したのである[158]

トレンチが上申書の中で繰り返し述べたのは、とある人物についての疑惑だった。トレンチの主張するところによれば、事件発生直後にH・Lが被害者の姪の家を訪れていたとの情報を得た彼は、事件から2日後の1908年12月23日、被害者の姪を聴取し[161]、次のような供述を得たという[162]

伯母の召使いのH・Lが7時15分頃、うちの戸口に来ました。あの子は興奮していました。呼び鈴を激しく引きました。ドアが開くと、転がり込むようにして入ってきて叫びました。
「大変です、奥様、大変です。ご主人様が殺されました。ダイニング・ルームで死んでいます。そして、ああ奥様、私はそれをやった男を見たんです」と。
私は答えました。
「まあ、H・L、えらいことになったね。誰なの、お前の知っている人かい?」
H・Lは答えました。
「ええ奥様、あれはA・Bだったと思います。確かにあれはA・Bだったと思います」
そこで私は言いました。
「まあ、H・L、そんなことを口にしちゃいけないよ。……本当に確かだと思うんなら別だけど、さもなけりゃ、H・L、口にするんじゃないよ」
するとあの子は、確かにA・Bだったと繰り返して言うんです。

上の記述に供述に現れる「A・B」という人物は、クックがウッドへ提出した上申書の中では実名で書かれていたが、再調査の終了後に委員会が纏めた白書の中ではこの2文字に置き換えられている。また、「A・B」について言及されていた記述も、白書の中ではミラーの権限によりすべて削除されている[163]。トレンチはまた、事件の翌日にグラスゴー市警の警部(前述の検察側証人50号)、刑事部長(検察側証人51号)、警視(検察側証人52号)の3人が「A・B」の自宅へ出向いたとも語った[164]。トレンチがこれを上司に報告すると、その件は警視(前述の検察側証人52号)が片付けたので、もう手出しできない、と上司に言われたという[165]

これに加え、トレンチは今までに明かされてこなかった複数の関係者の供述を暴露した。まず一つに、トレンチは1913年の末頃、M・Bの雇い主だった靴屋の兄妹から新たな証言を得た[166]。それまで目撃証言についてM・Bは、店の客に届け物に行く途中で犯人にぶつかったと証言していた[15]。これについて兄妹は、M・Bを使いに出したのはその3日前の18日のことであって、帳簿の記録からみてもM・Bは嘘をついていると述べた[167]。事件当時、雇い主がこれを市警警部(前述の検察側証人50号)に伝えると、「事件全体をひっくり返すようなことになる」として口止めされたという[167]。トレンチもまた、犯人を追って現場から表通りへ駆け出たA・Aやその家族が、同じ時刻に通りを歩いていたはずのM・Bを誰一人目撃していないことを理由に、彼女の証言が偽りであるとした[168]

さらにリヴァプール市警警部の証言がある。事件直後にグラスゴー市警から連絡を受けたこの警部は、すぐさまリヴァプールのホテルにスレイターたちが泊まっていないか照会を入れた[169]。そのときにはすでにスレイターたちはホテルをチェックアウトしていたが、警部はそこで、スレイターが宿泊者名簿に本名と住所を記していたことを発見した[170][注 11]。スレイターの高飛びを否定するこの証拠は、グラスゴー市警を介して地方検察官に伝えられていた[172]が、検察側はこれを裁判に提出していない[173]

「再調査」の結論

以上の暴露情報を検証するためのミラー委員会は、1914年4月23日から25日にかけて、グラスゴー州庁舎で非公開に設けられた[174]。しかし、この委員会はあらかじめ「公判の運営には絶対に関係せぬ」[175](つまり「公判のあり方を批判してはならない」)と定められており、弁護側からは誰一人立ち合いを許されなかった一方でグラスゴー市警本部長と地方検察官の立ち会いが受け入れられるなど、再調査の役割は形だけのものに過ぎなかった[174]。加えてミラー委員長は刑事事件については素人だった[176]

委員会の場でも、トレンチはミラーに対して、自分の述べたことは真実であると主張し続けた[177]。しかし、「A・B」に対する疑惑について警察関係者はことごとく、「A・B」は事件に関係しておらず、それを疑わせるような捜査記録も存在せず、トレンチからそのような言葉を聞いたこともない、と否定した[178]。被害者の姪とH・Lも、事件当夜に「A・B」について言葉を交わしたことを否定し、トレンチの証言は「初めから終わりまで全くのデタラメ」だと述べた[179]。さらにはM・Bの雇い人兄妹も、帳簿の情報がすべてとは限らないとしてM・Bが嘘をついたということを否定し、そもそもそのようなことをトレンチに話したこともない、と述べた[180]。靴屋の客も、21日の夜に確かにM・Bから品物を受け取っていると証言した[180]

再調査の終了後、ウッドは事件に関して「新しい事実は何一つ実証されておりませんので、すでに下されている判決に対し、それを妨げるよう私が勧告する正当な理由がございません」[181]と述べたが、調査結果を纏めた政府白書の内容は世間の非難を浴びた[181][182]

9月14日、トレンチは守秘義務を破ってクックに情報を与えたことを理由に、グラスゴー市警を免職された[183]。その後、トレンチは陸軍に入隊し、ロイヤル・スコッツ・フュージリアーズ連隊(en)の憲兵曹長となった[158]。しかし、1915年5月に、市警時代に行ったとされる盗品授受の容疑でクックとともに逮捕され、8月に高等法院で裁判にかけられた[158]。その事件の内容は、2人がグラスゴーの宝石店から盗まれた品を非公式のルートで取り戻したというものだったが、裁判でチャールズ・ディクソン(en)判事はこの2人の行為をむしろ称賛されるべきものであると述べ、陪審団も全員一致で2人に無罪評決を下した[158][160]。トレンチは軍へ戻って第一次世界大戦を戦い、終戦からほどなくして世を去った[158][160]。クックもその2年後に死去した[158]

「A・B」は何者か

記録から抹消されたこの人物の正体については多くの推理がなされてきた。作家のジャック・ハウス(en)は1961年に事件について『殺人平方マイル』(en)を著し、「A・B」の正体は地元の実業家であり、被害者の甥も犯行に加わっていたと主張した[160]。しかし、ハウスの後にその実業家が架空の人物であったと認めた[160]。ただし被害者の義理の甥については、ドイルもその男が犯人であると推理している[184][185]。後にセント・アンドルーズ大学名誉教授までなった高名な医師であるこの甥について、トレンチは彼が犯人であると名指ししたが、証明はできなかった[184]。これについてノンフィクション作家のトマス・トーヒル(en)は、その甥が被害者の相続人である被害者の姪と親しかったこと、鼻の特徴がスレイターと似通っていたこと、その社会的地位の高さゆえに当局が追及を避けたことなどを理由に、トレンチの主張を支持している[186]。なおこの甥の兄は弁護士であり、エディンバラ裁判のユア検察官とは同じ学部に通った友人同士だった[187]

控訴審へ

「スコットランド当局はこの事件について己が義務を果たすことができなかった。……国会議員もまた同じだった。この事件で私を激励してくれた議員はただ一人、ラムゼイ・マクドナルド氏だけだった」      - コナン・ドイル[188]

トレンチとクックの尽力は実を結ばなかった。世界大戦の激化とともにスレイターは世間から忘れ去られ、ピーターヘッド刑務所の労役場で花崗岩を削る日々を過ごしていた[189]。しかし、トレンチの未亡人とクックから資料を託されていた[157][190]ドイルは諦めなかった。ドイルはスコットランド大臣に繰り返しスレイターの恩赦を要求したが、すべて拒否された[191]。そこでドイルは正攻法ではなく世論に訴えることにし、トレンチとも親交のあった[192]グラスゴーの記者ウィリアム・パーク(William Park)と接触した。ドイルの協力の下にパークが執筆し1927年7月に発表した『オスカー・スレイターの真実』(The Truth about Oscar Slater)は、再び社会にセンセーションを巻き起こした[193]。さらに野党労働党党首のラムゼイ・マクドナルドが再びスレイターの無実を訴え、与党保守党を議会で追及した[194]。この時期、マクドナルドはドイルと秘密裏に連絡を取り合い、情報を交換していた[187]

19年目の告白

事件の流れを決定付けたのは、遠くアメリカからの一報だった。10月23日の「エンパイア・ニューズ」(en)に、大戦後に夫とともに渡米しそこで帰化していたH・Lの暴露記事が載せられた。それによれば、H・Lは犯人がよく被害者のもとを訪れていた男だと知っていて、その男の名を警察に告げたところ「ナンセンス」だと言われ、逆に40ポンドを報酬としてスレイターが犯人であると証言するよう指示されたという[195][196]

私の見た男の人は、服装の点でも、身分の点でも、スレイターよりよかったと確信しています。二人が共通していた点はただ、真っ直ぐに立っていたとき、左側から見た顔の輪郭が、ほとんど同じだということだけです。[195] 

告白についての詳しい状況説明は記事にはないが、ドイルはその内容が真実であると保証した[195]

その直後の11月5日、こちらはグラスゴーに住み続けていたM・Bが、「デイリー・ニューズ」上で署名入りの告白を行った。こちらによれば、M・Bはスレイターが犯人に「非常によく似ている」としか言いたくなかったが、地方検察官に脅され、証言を15回練習させられて、100ポンドの報酬で証言を曲げたという[195][196]

これらの告白がなされるや当局は態度を翻し、11月14日、スコットランド大臣ジョン・ギルモア(en)は「良好な服役態度」を理由にスレイターをピーターヘッド刑務所から釈放した[194]。しかし、当局が誤判を認めなかったことはドイルの怒りを激化させた。

何たる話でしょう! 何たるスキャンダルでしょう! その(H・Lの)告白によれば、警察が彼女に、あれはスレイターだと言わせたのだそうです。拷問です! 何たる忌わしい仕業でしょうか! しかし私たちは、ああしたポンコツ頭の役人どもからは希望の言葉は聞けません。私は政治的スクリューを取り付けます。それをどう操作するかは心得ています。最後には勝ってみせます。 — ドイルが知人に宛てた手紙より[194]

ドイルは首相のスタンリー・ボールドウィンに手紙を出し、スレイターの再審を行わなければ、あらゆる選挙戦でスレイター問題を持ち出して保守党政権の怠慢を暴いてやると脅しをかけた(ただしドイル自身は保守党支持者だった)[197]。このドイルの圧力と、野党からのマクドナルドの圧力が功を奏し、ギルモアは前年に定められた刑事控訴法第15条[198]に基づき、新たに設置された刑事控訴裁判所(en)に事件を付託すると決定した[199]。ほどなく議会は事件に対して法を遡及適用するための限時法を通過させ、オスカー・スレイター事件についての控訴が可能となった[199][注 12]

控訴審

1928年6月8日、スレイターの控訴審は、19年前と同じエディンバラの高等法院で開始された。法廷の構成は、ジェームズ・エイヴォン・クライド(en)、ロバート・マンロー(en)、以下5名の判事に加え、弁護側にはジェームズ・レイサム・クライド(en)(ジェームズ・エイヴォンの長男)、クレイギー・エイチソン(en)、以下3名の著名な弁護士が、検察側には法務次官ウィリアム・ワトソン(en)以下3名が付いた[202]。その他にも、ラフヘッドやニューヨーク裁判でのアメリカ側関係者、前述のリヴァプール市警警部など、さまざまな人物が証人として新たに立てられた。

弁護側はスレイター本人も証人として申請したが、裁判所は、無罪だと訴えるだけの証人を尋問するのは時間の無駄であるとしてこれを許可しなかった[203]。スレイターはこれに憤激し、6月13日に周囲に無断で控訴を取り下げてしまった[204]。翌日にスレイターはそれを撤回したが、この行動は支援者たちの怒りを買い、ドイルなどは「最初の判決通り死刑を執行してくれと申請書にサインしてやりたい」[205]とまで感じた。なお19年前の裁判でも、弁護側がスレイターの証言が役に立たないと判断して証人申請しなかった[206]ため、結果としてスレイターは自身の裁判で一度も証言台に立てなかった。

控訴審で弁護側は主に、過去の裁判で検察側の行った弁論に重大な偽りが含まれていたこと、検察側がスレイターに有利な証拠を隠蔽したことによってスレイターが不利益を被ったこと、そして判事による説示の内容が不適切だったことの3点を主張した[207]。対する検察側は、目撃証言の正確性やスレイターの高飛びについての主張をあくまで維持した[208]

そして、すべての議論と証人調べの終わった7月20日、5人の判事たちは全員一致で判決に達した[209]。それによれば、過去の判決後に判明した新事実の中に重要なものはなく、検察側が証拠を隠蔽したことによってスレイターが不利益を被ったこともないが、ガスリー判事が被告人に対する人格攻撃を行ったことただ一点を挙げても、有罪判決を破棄するには充分である、とされた[209][210]。こうして、元死刑囚オスカー・スレイターは7千日越しの無罪判決を受けた。

その後

ドイルによれば「美談の末路は痛ましく、浅ましいものだった」[196]。8月4日、スレイターは政府から6千ポンドの補償金を提示された[211]。弁護士に任せていれば遥かに多額の補償を受けられたはずだったが、スレイターは誰に相談することもなく補償金の受け取りを決めた[212]。さらに、控訴審の費用の一部は一般からの寄付やユダヤ人団体からの支援によるもので、ドイルに至っては私財を投じてその不足分を個人で保証し[213][214]、数百ポンドの負債を作ってまでスレイターを支えたにもかかわらず[196]、スレイターは支援者への弁済を拒否した[215]。ドイルは「今まで見たことがないほどの、全くの恩知らずな愚か者」[211][216]とスレイターを非難し、片や「スコットランドのドレフュス」を自称する[37]スレイターは「俺が監獄にいた時、俺のことを書いて何百ポンドと儲けたはずだ」「もう名前が売れなくなったから、俺に払えなんて言いやがる」[217]と言い放った。

2人の関係が破綻してから2年後、ドイルは71歳で世を去った。スレイターは1933年に30歳下の女性と再婚したが、第二次世界大戦中は敵性外国人として夫婦で短期間抑留された[218][219]。スレイターは1946年に帰化を申請し[219]1948年1月31日に76歳で死去した[37][220]

1984年イングランドとウェールズで「警察及び刑事証拠法」(en)が制定された。これによって被疑者識別パレードの運用規定が詳細にガイドライン化され、違反した警察官の懲戒処分が可能となった[221]。しかし、1989年には北アイルランドでも同種の法(en)が制定されたがスコットランドでは制定されず、トレンチの言った「最も公平な方法」は「グラスゴーの習慣」とはならなかった。

図表

現場周辺図(検察側提出証拠物件7号から作成。事件当時は高速道路等は存在しなかったことに注意)
1. 事件現場
2. スレイターの自宅
3. スレイターが事件当日の午後6時30分頃までいたとされるビリヤード場
4. スレイター行きつけのクラブ
黒線A - M・Bが事件当夜に通ったというルート
黒線a - M・Bが証言した不審な男の逃走経路
紫線B - 上述の検察側証人46号が事件当夜に通ったというルート
紫線b - 検察側証人46号が証言した不審な男たちの逃走経路
略年表
月日 事柄
1908年 10月28日 オスカー・スレイター、ロンドンからグラスゴーへ着く。
12月21日 事件発生。
12月25日 スレイター、愛人と列車でグラスゴーを発つ。
12月26日 スレイター、愛人と船でリヴァプールを発つ。
1909年 1月2日 スレイター、ニューヨーク港で逮捕される。
1月19日 ニューヨークの法廷で引き渡し裁判開始。
1月26日-28日 3人の目撃者がスレイターを識別。
2月6日 スレイター、強制送還を拒否する権利を放棄。
2月21日 スレイター、船でスコットランドへ戻る。
2月末-3月初頭 グラスゴー市警中央署で12人の目撃者がスレイターを識別。
5月3日 エディンバラの高等法院で公判開始。
5月6日 公判終了。スレイターに死刑判決が下る。
5月25日 スレイター、終身刑に減刑される。
1910年 4月 ウィリアム・ラフヘッド、『オスカー・スレイター裁判』を発表。
1912年 8月21日 アーサー・コナン・ドイル、『オスカー・スレイター事件』を発表。
1914年 4月23日-25日 ミラー委員会が事件を再調査。
6月17日 スコットランド相ウッド、判決は変更しないと発言。
7月28日 第一次世界大戦勃発。
9月14日 ジョン・トムソン・トレンチ、免職される。
1918年 11月11日 第一次世界大戦終結。
1919年 5月13日 ジョン・トムソン・トレンチ、死去。
1927年 7月 ウィリアム・パーク、『オスカー・スレイターの真実』を発表。
10月23日 「エンパイア・ニューズ」がH・Lの告白を掲載。
11月5日 「デイリー・ニューズ」がM・Bの告白を掲載。
11月14日 スレイター、釈放される。
1928年 6月8日 エディンバラの高等法院で控訴審開始。
7月20日 控訴審終了。原判決が破棄され、スレイターは無罪となる。
1930年 7月7日 アーサー・コナン・ドイル、死去。
1948年 1月31日 オスカー・スレイター、死去。

脚注

注釈

  1. ^ 市内の宝石商(検察側証人5号)による、無くなったブローチのスケッチ[18] - 検察側提出証拠物件24号。
  2. ^ グラスゴー市の競売・価格鑑定係(検察側証人4号)による算定[19][20] - 検察側提出証拠物件22号。これは2000年日本円に換算しておよそ3300万円に相当し[21]、元の購入金額はその2倍以上とされる[22]
  3. ^ キュナード汽船会社に対するチケット申込み票[30][31] - 検察側提出証拠物件37号。4行目に見える「オットー・サンドー」(Otto Sando)とは、スレイターが荷物に付けていた「O・S」というイニシャルに合わせたものとされる[32]。偽名を使ったのは本妻の追跡を避けるためだという[33]
  4. ^ スレイターの鼻に対しては多くの言及がなされているが、その形容は見る者によって食い違うので、ここでは個々人の感想を列挙するにとどめる。
    * 「鼻は鷲鼻ではあったが、右にも左にも曲がってはいなかった」[24] - 『オスカー・スレイター裁判』の著者であるウィリアム・ラフヘッド(en)
    • 「鼻は曲がってはいないが先端がへこんでいて、昔潰されたことがあったのではないかと思える」[45] - 『オスカー・スレイター事件』の著者であるアーサー・コナン・ドイル
    • 「先端がちょっぴり曲がったローマ鼻」[46] - 「オスカー・スレーターの冤罪」の著者であるコリン・ウィルソン
    • 「私だったら、ねじれた鼻とは表現しません」[47] - ジョン・トムソン・トレンチ(グラスゴー市警中央地区刑事部士官・検察側証人75号)
    • 「多少特徴がありますが、それを除けばねじれてはいません」[48] - グラスゴー市警西部地区担当警部(検察側証人50号)
    • 「ねじれた鼻とは言いませんが、ひしゃげた鼻とは言えると思います」[49] - 市内の理髪師(検察側証人35号)
    • 「ねじれたってのか、潰れたってのか、そんな鼻」[50] - スレイターのクラブ仲間(前述の検察側証人65号)
    • 「「右にねじれている」とはとても表現できぬものです。中央の部分が目立って突き出ているだけです」[51] - エディンバラ裁判での弁護側代理人(弁護側証人12号)
    • 「曲がっているというか、ねじれた鼻」[52] - 市内の洗濯屋
  5. ^ ラフヘッドはその理由を、当時の警察では指紋による科学捜査が行われていなかったからと説明する[111]。しかしこれは事実誤認である。スコットランドヤードに指紋局が設置されたのは1901年のことであり[112]、イギリスで指紋が裁判の証拠とされたのは1905年ストラットン兄弟裁判英語版からのことである[113]
  6. ^ コモン・ローを採るイングランドとウェールズでは、1925年の法改定までは評決に全員一致を要したのに対し、英国内で唯一大陸法を採るスコットランドでは過半数による評決が認められていた[140][141]
  7. ^ 1969年に死刑が廃止されるまでは、イギリスにおいて謀殺に対する判決は死刑に限られていた[143]。加えて当時のスコットランドには刑事控訴裁判所(en)は存在しなかった[144]
  8. ^ 日本語訳としては、1961年に日本評論新社から出版された『白い炎 〔フェーマス・トライアルズ 第1集〕』に収められた西迪雄による訳と、1981年旺文社から出版された『実録裁判 目撃者』に収められた大久保博による訳が存在する。底本はともに1949年出版の原著第4版。
  9. ^ パールシー系の事務弁護士が、スタッフォードシャー近郊で夜中に相次いで家畜を切り殺した罪で有罪とされ、3年間服役した事件。偶然に事件を知ったドイルは独自の調査結果を「デイリー・テレグラフ」に連載し、その反響がもとで政府は1907年に判決を撤回した。さらにドイルは真犯人を特定し、告発したが、その訴えは認められなかった[150]
  10. ^ 日本語訳としては、1929年改造社から出版された『世界大衆文学全集第36巻 世界怪奇探偵事実物語集』に収められた松本泰による抄訳と、『実録裁判 目撃者』に収められた大久保博による完訳が存在する。
  11. ^ ライム・ストリートのホテルの宿泊者名簿[171] - 下から2行目に「オスカー・スレイター、グラスゴー」とある。
  12. ^ スコットランド相宛の控訴申請書(1928年3月2日付)と、それを受け入れる高等法院の返信(4月13日付)[200][201]

出典

旺文社版『実録裁判 目撃者』の主な構成は以下の通り。訳はすべて大久保博による。
  • ウィリアム・ラフヘッド 『オスカー・スレイター裁判』 - 上巻16-111頁
  • 公判記録 - 上巻119頁-下巻122頁
  • ミラー委員会による再調査の記録 - 下巻178頁-288頁
  • 控訴審記録 - 下巻290頁-346頁
  • アーサー・コナン・ドイル 『オスカー・スレイター事件』 - 下巻374頁-429頁
  • 古賀正義日弁連元副会長)と大久保による解説 - 下巻431頁-493頁
  1. ^ ラフヘッド(1981上) 561頁
  2. ^ ラフヘッド(1981上) 121頁
  3. ^ a b ウィルソン(1989) 177頁
  4. ^ カー(1962) 406頁
  5. ^ ラフヘッド(1981上) 147頁、188頁
  6. ^ ラフヘッド(1981下) 53頁、375頁
  7. ^ ウィルソン(1989) 178頁
  8. ^ ラフヘッド(1981上) 244頁
  9. ^ ラフヘッド(1981上) 426-427頁
  10. ^ ラフヘッド(1981上) 311頁
  11. ^ ラフヘッド(1981上) 313-314頁
  12. ^ ラフヘッド(1981上) 314頁、316頁
  13. ^ ラフヘッド(1981上) 24頁
  14. ^ ラフヘッド(1981下) 382頁
  15. ^ a b ラフヘッド(1981上) 340-341頁
  16. ^ ラフヘッド(1981上) 353頁
  17. ^ a b ラフヘッド(1981下) 172-176頁
  18. ^ スコットランド国立レコード(en) (JC34/1/32/9/2)
  19. ^ スコットランド国立アーカイブ(en) (JC34/1/32/8)
  20. ^ ラフヘッド(1981下) 126-129頁
  21. ^ a b 渡辺(2001) 703頁
  22. ^ ラフヘッド(1981上) 142頁
  23. ^ ラフヘッド(1981上) 249-250頁、274-275頁
  24. ^ a b c ラフヘッド(1981上) 23頁
  25. ^ ラフヘッド(1981下) 123-124頁
  26. ^ ラフヘッド(1981上) 198-201頁
  27. ^ ラフヘッド(1981上) 428頁
  28. ^ ラフヘッド(1981下) 155頁
  29. ^ ラフヘッド(1981上) 376頁
  30. ^ スコットランド国立レコード (AD21/5/39)
  31. ^ ラフヘッド(1981下) 137-141頁
  32. ^ ラフヘッド(1981下) 99頁、165頁
  33. ^ ラフヘッド(1981下) 400頁
  34. ^ ラフヘッド(1981上) 124-125頁
  35. ^ ラフヘッド(1981下) 196-197頁
  36. ^ a b c d ラフヘッド(1981上) 25-26頁
  37. ^ a b c d Rubinstein, Jolles and Rubinstein 2011, p. 925.
  38. ^ ラフヘッド(1981上) 553頁
  39. ^ ラフヘッド(1981下) 131-133頁、144-148頁、164-165頁
  40. ^ ラフヘッド(1981下) 133-134頁、146-148頁
  41. ^ ラフヘッド(1981下) 340頁
  42. ^ ラフヘッド(1981上) 496頁
  43. ^ ラフヘッド(1981上) 23頁、335頁
  44. ^ ラフヘッド(1981上) 23頁、166頁
  45. ^ ラフヘッド(1981下) 389頁
  46. ^ ウィルソン(1989) 184頁
  47. ^ ラフヘッド(1981上) 187頁
  48. ^ ラフヘッド(1981上) 295頁
  49. ^ ラフヘッド(1981上) 238頁
  50. ^ ラフヘッド(1981上) 445-446頁
  51. ^ ラフヘッド(1981下) 158頁
  52. ^ ラフヘッド(1981下) 207頁
  53. ^ ピアソン(2012) 198頁
  54. ^ ラフヘッド(1981上) 114頁
  55. ^ ラフヘッド(1981上) 129頁
  56. ^ ラフヘッド(1981上) 190-192頁、425-426頁
  57. ^ a b ウィルソン(1989) 182頁
  58. ^ ラフヘッド(1981上) 250頁
  59. ^ ラフヘッド(1981上) 284頁
  60. ^ ラフヘッド(1981上) 347-349頁
  61. ^ ラフヘッド(1981下) 158頁、394頁
  62. ^ ピアソン(2012) 199頁
  63. ^ ラフヘッド(1981下) 320頁
  64. ^ ラフヘッド(1981上) 277頁、286頁
  65. ^ ラフヘッド(1981下) 321頁
  66. ^ a b ラフヘッド(1981下) 390-391頁
  67. ^ ラフヘッド(1981上) 262-263頁
  68. ^ ラフヘッド(1981上) 278頁、293-294頁、308-309頁、343頁
  69. ^ a b ラフヘッド(1981下) 392-393頁
  70. ^ a b ウィルソン(1989) 183頁
  71. ^ カー(1962) 411頁
  72. ^ ラフヘッド(1981上) 158-159頁、167頁、173-174頁、178-179頁、182-183頁、201頁、204頁、208頁、212頁、216頁、225-228頁、230頁、235頁、252頁、265頁、319頁、335-336頁
  73. ^ ラフヘッド(1981上) 155頁、166頁、200頁、207頁、212頁、284-285頁、364頁
  74. ^ ラフヘッド(1981上) 166頁、169頁、185頁、201頁、210頁、295頁
  75. ^ ラフヘッド(1981上) 186頁
  76. ^ ラフヘッド(1981下) 457頁
  77. ^ a b ラフヘッド(1981上) 119頁
  78. ^ ラフヘッド(1981下) 96頁
  79. ^ ラフヘッド(1981上) 253頁、256-257頁
  80. ^ ラフヘッド(1981上) 254頁、270頁
  81. ^ ラフヘッド(1981上) 255-261頁
  82. ^ ラフヘッド(1981上) 258頁
  83. ^ ラフヘッド(1981下) 106頁
  84. ^ ラフヘッド(1981上) 354頁
  85. ^ ラフヘッド(1981上) 319頁、327-328頁
  86. ^ ラフヘッド(1981上) 324頁、354頁
  87. ^ ラフヘッド(1981上) 291頁
  88. ^ ラフヘッド(1981上) 358頁
  89. ^ ラフヘッド(1981上) 44-46頁
  90. ^ ラフヘッド(1981下) 150頁、169-17頁
  91. ^ ラフヘッド(1981上) 314頁、321頁、341頁、345頁
  92. ^ ラフヘッド(1981上) 236頁、424頁、494頁、511頁、522頁、536-537頁、549-550頁、559頁、571頁
  93. ^ ラフヘッド(1981上) 521-522頁、532-533頁、544頁
  94. ^ ラフヘッド(1981上) 530頁、542頁
  95. ^ ラフヘッド(1981上) 532頁
  96. ^ ラフヘッド(1981上) 555-556頁、563頁、572頁
  97. ^ ラフヘッド(1981上) 421-424頁
  98. ^ ラフヘッド(1981上) 255頁、344頁
  99. ^ ラフヘッド(1981上) 275頁、299-302頁、394頁、403-404頁、585頁
  100. ^ ラフヘッド(1981上) 398頁、405頁、586-587頁、594-596頁
  101. ^ a b ラフヘッド(1981上) 398頁
  102. ^ ラフヘッド(1981上) 383-385頁
  103. ^ ラフヘッド(1981上) 299頁、302-303頁、386-388頁、390-393頁、403頁
  104. ^ a b ラフヘッド(1981上) 395-396頁
  105. ^ ラフヘッド(1981上) 398-401頁
  106. ^ ラフヘッド(1981上) 414-415頁
  107. ^ a b ラフヘッド(1981上) 589-592頁
  108. ^ ラフヘッド(1981下) 305-306頁
  109. ^ ラフヘッド(1981上) 62頁、78頁
  110. ^ ラフヘッド(1981下) 338頁
  111. ^ a b ラフヘッド(1981上) 110-111頁
  112. ^ ビーヴァン(2005) 203頁
  113. ^ ビーヴァン(2005) 250-251頁
  114. ^ a b ラフヘッド(1981上) 459-462頁
  115. ^ ラフヘッド(1981下) 254頁
  116. ^ ラフヘッド(1981上) 374頁、458頁
  117. ^ ラフヘッド(1981下) 164頁、188頁
  118. ^ ラフヘッド(1981下) 187頁、204頁
  119. ^ ラフヘッド(1981上) 434-438頁
  120. ^ ラフヘッド(1981下) 135-137頁
  121. ^ ラフヘッド(1981上) 238-243頁
  122. ^ ラフヘッド(1981上) 419頁、490-491頁、505頁
  123. ^ ラフヘッド(1981上) 41頁
  124. ^ ラフヘッド(1981上) 39頁
  125. ^ ラフヘッド(1981下) 43頁
  126. ^ ラフヘッド(1981上) 39-40頁
  127. ^ ラフヘッド(1981下) 403頁
  128. ^ ラフヘッド(1981下) 185頁
  129. ^ ラフヘッド(1981下) 9頁
  130. ^ ラフヘッド(1981上) 43頁、94頁
  131. ^ ラフヘッド(1981下) 9-49頁、405頁
  132. ^ ラフヘッド(1981下) 93頁
  133. ^ ラフヘッド(1981下) 99頁
  134. ^ ラフヘッド(1981上) 101頁
  135. ^ シモンズ(1984) 98頁
  136. ^ ラフヘッド(1981下) 100頁
  137. ^ ラフヘッド(1981下) 101頁
  138. ^ ラフヘッド(1981上) 42-43頁
  139. ^ ラフヘッド(1981下) 121頁、411頁
  140. ^ ラフヘッド(1981下) 374頁、450頁
  141. ^ a b カー(1962) 413頁
  142. ^ ラフヘッド(1981下) 122頁
  143. ^ ラフヘッド(1981下) 450頁
  144. ^ a b ウィルソン(1989) 186頁
  145. ^ ラフヘッド(1981下) 122頁、411頁
  146. ^ ラフヘッド(1981下) 149頁
  147. ^ ラフヘッド(1981上) 46頁
  148. ^ ラフヘッド(1981下) 413頁
  149. ^ ラフヘッド(1981上) 63頁
  150. ^ ピアソン(2012) 197頁
  151. ^ ラフヘッド(1981下) 413頁、475頁
  152. ^ シモンズ(1984) 99-100頁
  153. ^ ラフヘッド(1981下) 465頁
  154. ^ ラフヘッド(1981下) 414頁
  155. ^ ラフヘッド(1981下) 419-420頁
  156. ^ a b ラフヘッド(1981上) 48-49頁
  157. ^ a b ラフヘッド(1981下) 466-473頁
  158. ^ a b c d e f g ラフヘッド(1981上) 51-53頁
  159. ^ a b ラフヘッド(1981上) 36-37頁
  160. ^ a b c d e Wilson, Richard (1989年6月17日). “The downfall of a man called Trench” (英語). The Herald (Glasgow): p. 23. http://news.google.com/newspapers?nid=2507&dat=19890617&id=YThAAAAAIBAJ&sjid=J1kMAAAAIBAJ&pg=3304,5788848 
  161. ^ ラフヘッド(1981下) 183頁、215頁
  162. ^ ラフヘッド(1981下) 195-196頁
  163. ^ ラフヘッド(1981上) 50頁、54頁
  164. ^ ラフヘッド(1981下) 182頁
  165. ^ ラフヘッド(1981下) 190頁、216頁
  166. ^ ラフヘッド(1981下) 230-233頁
  167. ^ a b ラフヘッド(1981下) 212-214頁
  168. ^ ラフヘッド(1981下) 193頁
  169. ^ ラフヘッド(1981下) 204頁
  170. ^ ラフヘッド(1981下) 258頁、276頁
  171. ^ スコットランド国立レコード (JC34/1/32/43)
  172. ^ ラフヘッド(1981下) 276頁
  173. ^ ラフヘッド(1981上) 56頁
  174. ^ a b ラフヘッド(1981下) 49-50頁
  175. ^ ラフヘッド(1981下) 180頁
  176. ^ シモンズ(1984) 100頁
  177. ^ ラフヘッド(1981下) 214-217頁
  178. ^ ラフヘッド(1981下) 271-272頁、274頁、278-279頁、286-287頁
  179. ^ ラフヘッド(1981下) 219-220頁、224-225頁
  180. ^ a b ラフヘッド(1981下) 230-234頁
  181. ^ a b ラフヘッド(1981上) 58-59頁
  182. ^ ラフヘッド(1981下) 474頁
  183. ^ ラフヘッド(1981下) 289頁
  184. ^ a b Phillips, Alastair (1989年6月24日). “More light on Oscar Slater case” (英語). The Herald (Glasgow). http://www.heraldscotland.com/sport/spl/aberdeen/more-light-on-oscar-slater-case-1.622940 
  185. ^ スタシャワー(2010) 510-511頁
  186. ^ McKain, Bruce (1992年10月7日). “The conspiracy that convicted Oscar Slater” (英語). The Herald (Glasgow). http://www.heraldscotland.com/sport/spl/aberdeen/the-conspiracy-that-convicted-oscar-slater-1.790510 
  187. ^ a b Toughill, Thomas (1994年9月6日). “The Oscar Slater scandal exposed” (英語). The Herald (Glasgow). http://www.heraldscotland.com/sport/spl/aberdeen/the-oscar-slater-scandal-exposed-1.486412 
  188. ^ ラフヘッド(1981下) 484頁
  189. ^ ラフヘッド(1981上) 17頁、98頁
  190. ^ McLaughlin, Eilidh (2011年3月23日). “The Curious Case of Oscar Slater” (英語). BBC Scotland. 2013年9月28日閲覧。
  191. ^ ラフヘッド(1981上) 64頁
  192. ^ ラフヘッド(1981上) 65頁
  193. ^ ラフヘッド(1981下) 477頁
  194. ^ a b c ラフヘッド(1981下) 478-479頁
  195. ^ a b c d ラフヘッド(1981上) 67-69頁
  196. ^ a b c d ピアソン(2012) 201頁
  197. ^ ラフヘッド(1981下) 481頁
  198. ^ Criminal Appeal (Scotland) Act, 1926. 16 & 17 Geo. 5. Ch. 15. (PDF)” (英語). イギリス国立公文書館 (1926年7月8日). 2013年9月28日閲覧。
  199. ^ a b ラフヘッド(1981上) 71頁
  200. ^ スコットランド国立アーカイブ (JC34/1/32/34/1-6)
  201. ^ ラフヘッド(1981下) 290-294頁
  202. ^ ラフヘッド(1981下) 301頁
  203. ^ ラフヘッド(1981上) 80-82頁
  204. ^ ラフヘッド(1981上) 82-84頁
  205. ^ ラフヘッド(1981下) 482頁
  206. ^ ラフヘッド(1981上) 41頁
  207. ^ ラフヘッド(1981上) 86-87頁
  208. ^ ラフヘッド(1981上) 100-101頁
  209. ^ a b ラフヘッド(1981上) 102-103頁
  210. ^ ラフヘッド(1981下) 330-346頁
  211. ^ a b ラフヘッド(1981下) 486頁
  212. ^ ラフヘッド(1981上) 108頁
  213. ^ ラフヘッド(1981下) 488頁
  214. ^ シモンズ(1984) 102頁
  215. ^ ウィルソン(1989) 188頁
  216. ^ シモンズ(1984) 104頁
  217. ^ ラフヘッド(1981下) 489頁
  218. ^ ラフヘッド(1981下) 491-492頁
  219. ^ a b 100th anniversary of a notorious Glasgow murder” (英語). The National Archives of Scotland. 2013年9月28日閲覧。
  220. ^ ラフヘッド(1981上) 10頁
  221. ^ 厳島、仲、原(2003) 135頁

参考文献

  • 厳島行雄仲真紀子、原聰『目撃証言の心理学』北大路書房、2003年。ISBN 978-4762823275
  • コリン・ウィルソン「オスカー・スレーターの冤罪」『ワールド・グレーティスト・シリーズ 未解決事件19の謎』ジョン・カニング編、喜多元子訳、社会評論社現代教養文庫1287〉、1989年。ISBN 978-4390112871
  • ジョン・ディクスン・カー『コナン・ドイル』大久保康雄訳、早川書房、1962年。
  • ジュリアン・シモンズ『コナン・ドイル』深町眞理子訳、東京創元社、1984年。ISBN 978-4488015084
  • ダニエル・スタシャワー『コナン・ドイル伝』日暮雅通訳、東洋書林、2010年。ISBN 978-4887217607
  • ヘスキス・ピアソン『コナン・ドイル シャーロック・ホームズの代理人』植村昌夫訳、平凡社、2012年。ISBN 978-4582835762
  • コリン・ビーヴァン『指紋を発見した男 ヘンリー・フォールズと犯罪科学捜査の夜明け』茂木健訳、主婦の友社、2005年。ISBN 978-4072412589
  • 渡辺峯樹「物価」『シャーロック・ホームズ大事典』小林司東山あかね編、東京堂出版、2001年。ISBN 978-4490105629
  • 『実録裁判 目撃者』上、ウィリアム・ラフヘッド編、大久保博訳、旺文社〈旺文社文庫〉、1981年。ISBN 978-4010641217
  • 『実録裁判 目撃者』下、ウィリアム・ラフヘッド編、大久保博訳、旺文社〈旺文社文庫〉、1981年。ISBN 978-4010641224
  • Rubinstein, William; Jolles, Michael; Rubinstein, Hilary, ed (2011) (英語). The Palgrave Dictionary of Anglo-Jewish History. Eastbourne: Palgrave Macmillan. ISBN 978-1403939104. http://books.google.co.jp/books?id=_T_HCg17ufIC&pg=PA925&dq=Slater,+Oscar&hl=ja&sa=X&ei=7DwHUs7oMoelkwXjvID4Ag&ved=0CDcQ6AEwATgK#v=onepage&q=Slater%2C%20Oscar&f=false. 

関連項目

外部リンク