コリン・レンフルー

アンドリュー・コーリン・レンフリュー(Andrew Colin Renfrew, Baron Renfrew of Kaimsthorn)(1937年7月25日-)は、イギリスの著名な考古学者である。 先史時代言語学、考古遺伝学(archaeogenetics)や「離心減少モデル」などの理論や、考古遺跡の略奪や破壊の防止についての業績が注目されてきた。レンフリューは、原印欧語族の「原郷」がアナトリアにあって農業の発展に伴い、まずギリシャへ移住してから徐々に拡大し、イタリアシチリアコルシカフランスの太平洋岸、スペインポルトガルにうつっていったという仮説(いわゆる「レンフリュー仮説」)によってその名を知られている[1]

レンフリューは、イングランド南東部のハーフォードシャー(Hertfordshire)にある聖アルバン校(St Albans School)に学び、1956年から1958年にかけてイギリス空軍の兵役に就いていた。その後、ケンブリッジにあるセント・ジョンズ・カレッジ(St John's College)に入学し、考古学と人類学を学んで、1962年に卒業した。1965年に「キクラデス諸島における新石器時代及び青銅器時代文化と対外関係」(Neolithic and Bronze Age cultures of the Cyclades and their external relations)と題する博士論文(PhD thesis)を提出して、その年にJane M. Ewbankと結婚している。

1965年に、シェフィールド(Sheffield)大学で先史学と考古学の講師をつとめ、1968年から1970年の間にギリシャのSitagroi遺跡を調査した。1968年には、シェフィールド・ブライトサイド選挙区(Sheffield Brightside)から保守党 候補として立候補したが落選する一方、ロンドン古代学協会フェロー(Fellow、特別研究員)に選ばれている。1970年にもスコットランド古代学協会のフェローに選ばれている。1972年、サウザンプトン大学(University of Southampton)でバリー・カンリフ(Barry Cunliffe)[2]卿の後任として考古学担当教授となった。 サウザンプトン時代に、レンフリューは、オークニー諸島のQuanterness遺跡や、ギリシャのミノス島にあるフィラコピ遺跡(Phylakopi)の発掘調査を指揮した。

1973年、レンフリューは、「文明以前:放射性炭素年代測定革命と先史時代のヨーロッパ」(Before Civilisation: The Radiocarbon Revolution and Prehistoric Europe)を著した。これは、ヨーロッパの先史文化の変革、発展は中東を起源としており、ヨーロッパに普及した仮説を論じようとするものであった。また、レンフリューは、マリア・ギンブタス[3]とともにSitagroi遺跡の調査をしている。

1981年、レンフリューは、ケンブリッジ大学のDisney Professorship of Archaeology [4]に選ばれて着任し、2004年に退職するまで教授職にあった。1990年、レンフリューはケンブリッジ大付属のマグドナルド考古学研究所(McDonald Institute for Archaeological Research)の所長となった。1987年に「考古学と言語:原インドヨーロッパ語族の起源の謎」(Archaeology and Language: The Puzzle of the Indo-European Origins)を著した。また、1986年から1999年までケンブリッジにあるジーザス・カレッジ(Jesus College)の学寮長を務めた。2004年に先史考古学の分野で名誉あるバルザン賞を受賞した。同じ年にケンブリッジ大の職を辞し、British School at Athensの運営理事長になった。2005年から2006年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のCotsen考古学研究所の招聘研究者(Visiting Scholar)となった。

レンフリューは、1991年、「ケイムズソーンのレンフリュー男爵」(Baron Renfrew of Kaimsthorn)として貴族に叙せられた。爵位の名称はスコットランドのレンフリュー地方にちなんでいる。

レンフリューのその他の業績

レンフリューのその他の業績として知られているのは、ギリシャの遺跡の調査成果や分布状況から初期の国家は、20マイル四方の範囲で形成されたのではないかとして「初期国家単位」(Early State Module)の概念を提唱したことが挙げられる。

また、黒曜石の交易の研究から、「ある社会が単純な社会構造を持っている場合に、モノが個人から個人、または、集団から集団へ順番に交換されていく過程で、ある特定のモノは、原産地から離れるにしたがって、交易品に含まれる割合が減少する」という「離心減少モデル」(Distance Dacay Model)を提唱した。具体的には「モノを直接採集によって入手した集団を中心としてモノの行き来がありその集団の地域経済圏内では、特定のモノの含まれる割合はあまり変わらないが、いったんその地域経済圏外へ出た場合に急速に減少する」パターンをグラフで概念化した。消費地の中心地で再分配が行なわれる場合、交易に仲介者がいる場合、モノの性格が威信財[5]である場合、さらにモノがある集団のセンターから他の集団のセンターへ運ばれて再分配が行なわれるケースなどを提示した。このグラフに示されるモデルは「フォールオフ・モデル」と呼ばれ、世界的に交易をテーマとする研究に応用されている。

主要著書

  • Renfrew, A.C., 1972, The Emergence of Civilisation: The Cyclades and the Aegean in The Third Millennium BC, London.
  • Renfrew, A.C., 1973, Before Civilisation, the Radiocarbon Revolution and Prehistoric Europe, London: Pimlico. ISBN 0-7126-6593-5(邦題『文明の誕生』大貫良夫訳、岩波書店<岩波現代選書32>、1979.9)
  • Renfrew, A.C. and Wagstaff, Malcolm (editors), 1982, An Island Polity, the Archaeology of Exploitation in Melos, Cambridge: Cambridge University Press.
  • Renfrew, A.C., (editor), 1985, The Archaeology of Cult, the Sanctuary at Phylakopi, London: British School at Athens and Thames & Hudson.
  • Renfrew, A.C., 1987, Archaeology and Language: The Puzzle of Indo-European Origins, London: Pimlico. ISBN 0-7126-6612-5 (邦題『ことばの考古学』橋本槇矩訳、青土社、1993.7、ISBN 4-7917-5252-X
  • Renfrew, A.C. and Bahn, P. , 1991, Archaeology: Theories, Methods and Practice, London: Thames and Hudson. ISBN 0-500-28147-5
  • Renfrew, A.C., 2000, Loot, Legitimacy and Ownership: The Ethical Crisis in Archaeology, London: Duckworth. ISBN 0-7156-3034-2
  • Renfrew, A.C., 2003, Figuring It Out: The Parallel Visions of Artists and Archaeologists, London: Thames and Hudson. ISBN 0-500-05114-3
  • Ernestine S. Elster and Colin Renfrew (eds), Prehistoric Sitagroi : excavations in northeast Greece, 1968-1970. Vol. 2, The final report. Los Angeles, CA : Cotsen Institute of Archaeology, University of California, Los Angeles, 2003. Monumenta archaeologica 20.
  • Colin Renfrew, Marija Gimbutas and Ernestine S. Elster (eds.), Excavations at Sitagroi, a prehistoric village in northeast Greece. Vol. 1. Los Angeles : Institute of Archaeology, University of California, 1986.

脚注

  1. ^ アナトリア仮説とも呼ばれる。この説については言語学の面から批判が多い。たとえばインド・ヨーロッパ古文献に関する覚え書き
  2. ^ やはり考古学者で、本名は、バリングトン・ワィルドソル・カンリフ(Barrington Wildsor Cunliffe)という。
  3. ^ いわゆるクルガン仮説の主唱者。詳細はクルガンを参照。
  4. ^ イギリス、ノッテインガム出身の法廷弁護士で、考古学者であるジョン・ディズニー(John Disney,1779年―1857年)によって1851年につくられた考古学の研究者に与えられる褒賞制度で、教授職に就いた場合に1000ポンド、死亡時に3500ポンドが授与される制度。ちなみにジョン・デイズニーは、ウォルト・ディズニーとは直接関係はない。
  5. ^ 権威を象徴する奢侈品のこと。Prestige goodsと呼ばれ、宝石など特殊な鉱物や貴金属、ある種の陶磁器や動植物から採取できるものなど稀少価値が高いものが威信財になり種類は異なっても前近代において世界的に存在し続けた。

外部リンク

英語版より