シーキングザパール

シーキングザパール
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1994年4月16日
死没 2005年6月10日
Seeking the Gold
Page Proof
母の父 Seattle Slew
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 レイジー・レーン・ステーブル
馬主 植中倫子
→植中昌子
→ジェイエフ "ビー" ステーブル
調教師 佐々木晶三栗東
森秀行(栗東)
→アラン E. ゴールドバーグ(アメリカ)
競走成績
生涯成績 21戦8勝
獲得賞金 402万1716ドル
テンプレートを表示

シーキングザパールSeeking the Pearl)は日本競走馬アメリカで生まれ、日本およびアメリカで調教された外国産馬である。1998年に日本調教馬として初めて海外のG1競走を優勝した。

生涯

年齢は全て当時の旧表記。レース名に年齢が含まれるものもそのままとする。

1994年にアメリカで生まれ、アメリカのセリ市に上場され日本人馬主の目に留まるが主取[1]。そののち庭先取引で購入され来日した。当時の日本競馬(特に短距離路線)は外国産馬による全盛期で、シーキングザパールのライバルの多くも外国産馬であった。

3歳となった1996年小倉競馬場の新馬戦で7馬身差の圧勝。続く新潟3歳ステークスではスタート直後に大きく外へヨレて体勢を崩し、落馬寸前にまで追い込まれるが、それでも3着に食い込んだ。続くデイリー杯3歳ステークスメジロブライトを突き放して快勝するも、阪神3歳牝馬ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)では全く伸びず、メジロドーベルの雪辱を許した。当時は武豊騎手も「気難しい」と言うほどのムラ馬であった。

4歳、シンザン記念を勝利した後に当時の調教師とオーナーのトラブルから森秀行厩舎に転厩するも、そのまま重賞4連勝でNHKマイルカップまで勝ち続けた。この頃の勢いには凄まじいものがあり、行く行くは牝馬の重賞勝利数記録を更新するとの声も挙がっていた。

秋はローズステークスから始動するも距離が長かったのかキョウエイマーチを捉えられず3着となった。その後秋華賞での決戦が期待されるも、喉頭蓋エントラップメントにより喉を手術し長期休養に入った。この頃からだんだんイレ込みがきつくなる。

5歳の初戦シルクロードステークスを勝利するも、高松宮記念安田記念は苦手の道悪に泣き敗戦。しかしその後に遠征したフランスでは、モーリス・ド・ギース賞[2]をレコードタイムで快勝。日本調教馬初の欧州G1制覇の栄冠を手に入れた。その翌週には日本のライバルであったタイキシャトルジャック・ル・マロワ賞を優勝、2週連続での日本調教馬による快挙はフランスを驚かせた。その後ムーラン・ド・ロンシャン賞は渋った馬場と他陣営の「ラビット(ペースメーカー)」の執拗なマークに泣き5着、スプリンターズステークスではこの競走限りで引退が決まっていたタイキシャトルを後方から差し切り意地を見せたが、伏兵マイネルラヴの2着に敗れた。

なお、日本調教馬初の欧州G1制覇の偉業を成し遂げた本馬ではあったが、この年のJRA賞の選からは漏れている。

6歳初戦でアメリカのダートG1サンタモニカハンデキャップに挑戦し4着に食い込むと、帰国後の高松宮記念、安田記念でも2、3着に入った。

その後アメリカの馬主にトレードされることとなった。日本調教で国際G1を優勝した現役競走馬としては初の国外移籍である。当時、他にはアラブ首長国連邦の国際G2と日本国内GIを優勝したユートピアイギリスにトレードされた程度であった[3]

その年の秋にアメリカでG3を2戦走ったが振るわず、そのままアメリカのクレイボーンファームで繁殖牝馬生活に入った。

初仔のシーキングザダイヤ(父ストームキャット)も日本に輸入されニュージーランドトロフィーでは母子優勝を達成しているが、日本のGIでは2着9回を重ねながら未勝利である。続く2頭はアメリカで競走生活を送っている。

そして2005年6月、死因も正確には伝わってこないまま、死亡という話が日本にも伝えられたが、実際の死因は落雷による感電であった。

日本・欧州でGIを制しているという実績の割には、JRA2000年に実施したファン投票企画「20世紀の名馬Dream Horses2000」で100位以内に選ばれなかった(シーキングザパールは107位)。

年度別競走成績と主な重賞勝鞍

1996年(4戦2勝)

1997年(5戦4勝)

1998年(7戦2勝)

1999年(5戦0勝)

日本調教19戦8勝、海外調教2戦0勝(アメリカ)もしくは中央競馬16戦7勝、海外5戦1勝(フランス、アメリカ)

主な産駒の勝鞍

血統表

シーキングザパール血統ミスタープロスペクター系アウトブリード (血統表の出典)

Seeking the Gold
1985 鹿毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Con Game
1974 黒鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Broadway Hasty Road
Flitabout

*ページプルーフ
Page Proof
1988 黒鹿毛
Seattle Slew
1974 黒鹿毛
Bold Reasoning Boldnesian
Reason to Earn
My Charmer Poker
Fair Charmer
母の母
*バーブスボールド
Barb's Bold
1978 黒鹿毛
Bold Forbes Irish Castle
Comely Nell
Goofed Court Martial
Barra F-No.17-b
  • 本馬の活躍と前後して、近親の多くが繁殖牝馬、または競走馬として輸入されたが、それらの子孫からは(本馬と産駒のシーキングザダイヤを除いては)中央地方のいずれの重賞勝ち馬も出ていない。

脚注

  1. ^ ぬしとり。セリに出した販売者が自ら落札し引き取ること。買い手がつかなかったり、販売希望額に達しなかった場合に行われることが多い。セリ市 (競馬)#日本のセリ市の流れ参照。
  2. ^ 競走名(Prix Maurice de Gheest)は、当時はモーリス・ド・ギース賞と呼ばれることが多かったが、その後表記を見直し現在ではモーリス・ド・ゲスト賞と呼ばれることが多い。
  3. ^ 日本の現役競走馬が移籍されない理由は日本競馬の賞金水準が世界でも群を抜いて高いためであり、逆に日本では現在も外国籍の現役競走馬を移籍させてくることは不可能である。
先代:
タイキフォーチュン
NHKマイルC勝ち馬
1997年
次代:
エルコンドルパサー