タマーラ・カルサヴィナ

タマーラ・カルサヴィナTamara Karsavina 1885年3月10日 - 1978年5月26日)はロシアバレリーナ。舞踏家プラトン・カルサヴィナの娘。帝室バレエ学校を卒業後、1909年から1922年までセルゲイ・ディアギレフロシア・バレエ団のプリマ・バレリーナを務める。ニジンスキーとの共演で有名。ストラヴィンスキーの《火の鳥》やデュカスの《ラ・ペリ》の世界初演でタイトルロールを演じた。

1917年イギリス外交官ヘンリー・ジェームズ・ブルースと結婚してロンドンに移り、同地でバレエを教え、指導書も執筆した。1920年からイギリス王立舞踊アカデミーの設立に協力した。著名な門人にバレリーナマーゴット・フォンテーン(マーゴット・フォンテイン)ら。