チャールズ・ワトソン=ウェントワース (第2代ロッキンガム侯)

ロッキンガム侯

ロッキンガム侯爵チャールズ・ワトソン=ウェントワースCharles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham1730年5月13日 - 1782年7月1日)は、イギリスホイッグ政治家。首相を2度務めた(在職:1765年7月13日 - 1766年7月30日1782年3月27日 - 1782年7月1日)。首相として印紙法廃止の一方、13植民地に対する統治権の再確認を行い、本国・植民地両者の折衷をはかった。

略歴

1730年、アイルランドヨークシャーに広大な領土を持つロッキンガム侯トマス・ワトソン=ウェントワースとノッティンガム伯ダニエル・フィンチの娘メアリーの5男として生まれた。ケンブリッジ大学セント・ジョン校を卒業し、兄がいずれも夭折したためロッキンガム侯家を継いだ。1751年から貴族院議員になり、しだいに貴族院のホイッグ党の中で頭角をあらわしてきた。ニューカッスル公1762年に失脚すると、ホイッグ党の指導者を引き継いだ。

政治では自由主義的改革を推進し、植民地人の主張に一定の理解を示した政策・改革を行った。植民地およびボイコットされた本国商人からの反対が強かった印紙法印紙法撤廃法、植民地に強硬な勢力に配慮して宣言法(議会の植民地に対する統治権を宣言した法案)を、それぞれ成立させた。しかしこの措置はイギリス王ジョージ3世からも植民地人からも支持されず、結果としてロッキンガムは1年で職を解かれた。しかしこの時の政治的混乱でホイッグ党は国王支持(大ピット)派と野党(ロッキンガム)派に分かれた。これによって、ウォルポール以来のホイッグの優越は新しい局面に入ったとされる。

ロッキンガムの第2次内閣は、アメリカ独立戦争の敗北が決定的になった1782年であった。ノース政権が倒れて王と次期政権についてシェルバーン伯と会談した結果、ロッキンガムの再度の首相就任が決まった。ロッキンガムはアメリカ独立の承認とともに経済・行政機構の改革のための法案をいくつか通過させたが、首相就任後4ヶ月で急死をとげた。

ロッキンガムの死後も、彼の領袖は離散せずフォックス派となってシェルバーン伯や小ピットらの勢力と対立した。これによって派閥はたんなる人脈のまとまりから、ひとつの政党となっていった。この派閥が19世紀自由党に発展していった。

先代:
ジョージ・グレンヴィル
イギリスの首相
1765年 - 1766年
次代:
大ピット
先代:
フレデリック・ノース
イギリスの首相
1782年
次代:
シェルバーン伯

Template:Link GA