チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード

チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード

サー・チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォードSir Charles Villiers Stanford, 1852年9月30日 - 1924年3月29日)は、イギリスで活動した、プロテスタントアイルランド作曲家である。

生涯

スタンフォードは1852年ダブリンに生まれ育ち、ドイツに留学し作曲を学んだ。ロンドン王立音楽大学にて、その1883年の開設以降、没するまでパリーと共に教授を務め、ホルストヴォーン・ウィリアムズフランク・ブリッジレベッカ・クラークアーサー・ベンジャミンらを育成した。1902年にはイギリス王室によってその功績が認められ、勲爵士に叙されている。

作品

生涯に7つの交響曲を遺した他、アイルランドの民俗音楽を取り入れた楽曲も書いており、6つの『アイルランド狂詩曲』(Irish Rhapsody)は、その代表的な作品である。多岐に渡る分野において多くの曲を書いており、作品番号の総数は190を超える。器楽曲において作風は概ねブラームスに似る。宗教曲を中心とした声楽曲はパーセルメンデルスゾーンを模範としているが、和声や転調に工夫が見られ、再評価されつつある。ブラームスやサン=サーンスなどの作曲家と親交があった。

交響曲

  • 交響曲第1番変ロ長調
  • 交響曲第2番ニ短調
  • 交響曲第3番ヘ短調 op.28『アイリッシュ』
  • 交響曲第4番ヘ長調 op.31
  • 交響曲第5番ニ長調 op.56
  • 交響曲第6番変ホ長調 op.94
  • 交響曲第7番ニ短調 op.124

管弦楽曲

  • アイルランド狂詩曲第1番ニ短調 op.78
  • アイルランド狂詩曲第2番ヘ短調 op.84
  • アイルランド狂詩曲第3番 op.137
  • アイルランド狂詩曲第4番イ短調 op.141『ネイ湖の漁師と彼が見たもの』
  • アイルランド狂詩曲第5番ト短調 op.147
  • アイルランド狂詩曲第6番 op.191

協奏曲・協奏的作品

  • ヴァイオリンと管弦楽のための組曲 ニ長調 op.32
  • ピアノ協奏曲第1番ト長調 op.59
  • ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 op.74
  • クラリネット協奏曲イ短調 op.80
  • ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.126

室内楽・器楽曲

  • 4つのアイルランドの踊り op.89
  • セレナード ヘ長調 op.95
  • クラリネット・ソナタ op.129

声楽曲

  • 3つのラテン語のモテット op.38
  • レクイエム op.63
  • 海の歌op.91
  • スターバト・マーテル op.96
  • 海軍の歌op.117
  • 8つのパートソング op.119(op.119-3は「青い鳥(The Blue Bird)」)
  • レンスターの歌op.140

著書

  • 喜多村進編『作曲の最近傾向を論ず』(門馬直衛訳/南葵文庫音楽部/1923年)
  • 作曲法(門馬直衛訳/岡田日栄堂/1925年)

録音

外部リンク