バイロイト侯領

1791年のバイロイト侯領地図

バイロイト侯領Fürstentum Bayreuth1604年まではクルムバッハ侯領 Fürstentum Kulmbach)は、フランケン帝国クライスに属した帝国直轄地で、ホーエンツォレルン家の傍流が統治した。本家筋にあたるベルリン選帝侯家(1701年以降は王家)とあまり親しい交流はなかったものの、1792年まで独立した領邦を保った。この侯領の統治者の政治的な活動範囲は、もっぱらフランケン帝国クライス内とその周辺地域に留まった。この侯領は、「ブランデンブルク=バイロイト辺境伯領(すなわち、かつてのブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯領)」とも称される。1604年にブランデンブルク=バイロイト辺境伯クリスティアンが宮廷をクルムバッハからバイロイトに移した後、この地域をまずは「クルムバッハ=バイロイト侯領」、次いで単に「バイロイト侯領」と呼んだのであった。しかし、この侯領の本来の名称は『ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯領』のままであり、帝国台帳でも1806年まで、この名で本侯領を取り扱っている。

歴史

バイロイト侯領は1486年に成立した。これは、アルブレヒト・アヒレスが若い息子達の領土分配を定め1473年に公布したDispositio Achilleaの定めに、その死後に従ったものである。どちらがどの分割部をとるかはくじ引きで決められた。これにより、弟のジークムントが高地地方を得、クルムバッハ侯領(後のバイロイト侯領)を創設したのであった。兄のフリードリヒ5世は低地地方を相続し、アンスバッハ侯領を創設した。

クルムバッハ侯領およびバイロイト侯領は、たびたびアンスバッハ侯領と同君連合の形で統治された(1495年-1515年、1557年-1603年、1769年-1791年)が、帝国の終焉まで国法上は独立した領邦であった。1791年にアンスバッハ侯領とともにプロイセン王国に編入されると、アンスバッハ=バイロイトとして、カール・アウグスト・フォン・ハーデルベルクに包括管理されることとなった。フランス革命戦争でのプロイセンの敗北後はフランスに割譲され、とりあえずは軍政管理下に置かれたが、1810年、最終的にバイエルン王国領となった。

ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯(1604年以後はブランデンブルク=バイロイト辺境伯)

ブランデンブルク=バイロイト辺境伯の紋章

参考文献

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5
  • Gerhard Taddey: Lexikon der deutschen Geschichte, Stuttgart 1998. ISBN 3-520-81303-3
  • M. Spindler, G. Diepolder: Bayerischer Geschichtsatlas, München 1969.

以上の参考文献は、ドイツ語版に挙げられた参考文献であり、日本語版作成に際して直接参照してはおりません。