フランク・ライカールト

フランク・ライカールト Football pictogram.svg
Frank Rijkaard (2007).jpg
名前
本名 フランクリン・ライカールト
愛称 フランク、パイン
ラテン文字 Franklin Rijkaard
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 (1962-09-30) 1962年9月30日(57歳)
出身地 アムステルダム
身長 190cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MF/DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1987
1987-1988
1988-1993
1993-1995
オランダの旗 アヤックス
スペインの旗 レアル・サラゴサ
イタリアの旗 ACミラン
オランダの旗 アヤックス
206 (46)
11 (0)
142 (16)
55 (19)
代表歴
1981–1994 オランダの旗 オランダ 73 (10)
監督歴
1998–2000
2001–2002
2003–2008
2009-2010
2011-2013
オランダの旗 オランダ代表
オランダの旗 スパルタ・ロッテルダム
スペインの旗 FCバルセロナ
トルコの旗 ガラタサライ
サウジアラビアの旗 サウジアラビア代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランク・ライカールトFrank Rijkaard1962年9月30日 - )は、オランダアムステルダム出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMFボランチ)、DF(センターバック)。スリナム系オランダ人。

1988年から1990年代前半のイタリアACミランの黄金時代を支えた「オランダトリオ」の1人。指導者としては2003年から2008年までFCバルセロナ監督を務め、リーグ2連覇やUEFAチャンピオンズリーグ制覇などを達成した。

経歴

1980年、17歳でプロデビュー。この頃から既にヨハン・クライフにその実力を認められていた。現役時代は主にオランダ代表とイタリア・セリエAACミランの中心選手として活躍。ルート・フリットマルコ・ファン・バステンと共に、1980年代末から続いたACミランの黄金期を支えた。

1995年に現役を引退。1998年にオランダ代表監督に就任し、指導者としての第一歩を踏んだ。2003年、当時低迷していたFCバルセロナの監督に就任。語学力と巧みな人心掌握術でバルセロナを再建し、2004-05、2005-06シーズンのリーガ・エスパニョーラ優勝、さらに2005-06シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ優勝へと導いている。

しかし、2005-06シーズン終了後にアシスタントコーチとして作戦面を取り仕切っていたヘンク・テン・カテがチームを抜けて以降、タイトルを逃し続ける状況が続いた。 2008年5月、同月のエル・クラシコレアル・マドリード相手に1-4と敗戦を喫したのが口火となり、バルセロナの監督職を辞任した(事実上の解任)。後任はジョゼップ・グアルディオラ。 2009年にトルコの名門・ガラタサライの監督に就任したが、2010年10月に双方合意の下、契約を解除した[1]

エピソード

1990年ワールドカップ・イタリア大会、対西ドイツ戦において2度の警告処分を受け退場。オランダ敗退の戦犯となった(西ドイツ代表のルディ・フェラーに人種差別的な暴言を吐かれた事に対し、感情をあらわにし相手の顔に唾を吐きつけた為。後に本人は謝罪した)。

所属クラブ

監督歴

獲得タイトル

選手として

クラブ

代表

※代表キャップ数73、通算10ゴール

その他

監督として

クラブ

脚注

  1. ^ ガラタサライ、ライカールトの退任を発表 goal.com