ベニート・ムッソリーニの死

処刑されたムッソリーニの死体写真を掲載する星条旗新聞(1945年5月1日付)

本項では、ベニート・ムッソリーニの死 について記述する。かつてイタリアのファシスト独裁者として君臨していたベニート・ムッソリーニは、1945年4月28日、第二次世界大戦の欧州戦線が最終局面を迎える中で死亡した。ムッソリーニの最期は、北イタリアのジュリーノ・ディ・メッツェグラという集落で、正式な裁判にかけられることなく、パルチザンによって即時処刑されるというものだった。公式な見解では、ムッソリーニは「ヴァレリオ大佐」の偽名を使う共産党パルチザン、ワルテル・アウディージョ英語版によって銃殺されたとされている[1]。しかし、ムッソリーニが死を迎えた状況ならびにムッソリーニを殺害した人物をめぐっては、イタリアでは戦後から現代に至るまで議論が続けられており、今日においても混乱や論争が引き起こされている。

1940年、ムッソリーニはイタリア王国をナチス・ドイツの側で第二次世界大戦に参戦させたが、戦況はすぐに悪化した。1943年秋の時点で、ムッソリーニは北イタリアに樹立されたドイツの傀儡国家の指導者に身を落としており、南から進攻してくる連合国のみならず、国内のレジスタンス(パルチザン)の脅威にも直面していた。1945年4月、連合国軍がドイツ軍の北イタリアにおける最後の防衛線を突破し、パルチザンの一斉蜂起が各都市を席巻する中、ムッソリーニの身にも危険が迫っていた。1945年4月25日、ムッソリーニは本拠としていたミラノを離れ、スイスとの国境に向かって逃走した。4月27日、ムッソリーニとその愛人クラーラ・ペタッチは、コモ湖畔のドンゴという村の近くで、地元のパルチザンにより逮捕された。ムッソリーニとペタッチは翌日の午後に射殺された。ムッソリーニの死は、アドルフ・ヒトラーの自殺の2日前の出来事だった。

ムッソリーニとペタッチの死体はミラノに運ばれ、郊外のロレート広場に放置された。広場に詰め掛けた群衆は怒りに任せて死体を侮辱し、殴る蹴るの暴行を加えた。その後、死体は広場内のガソリンスタンドのから逆さに吊るされた。ムッソリーニは墓標無しで埋葬されたが、1946年にファシズム支持者によって死体は掘り起こされ、盗まれた。盗難から4ヶ月後、当局はムッソリーニの死体を取り戻し、その後の11年にわたって死体を秘密裏に保管していた。1957年、ムッソリーニの亡骸は、故郷プレダッピオにあるムッソリーニ家の納骨堂に改めて埋葬された。プレダッピオにあるムッソリーニの墓廟は、ネオ・ファシストにとっての「巡礼地」のひとつとなっており、ムッソリーニの命日にはネオ・ファシストの集会が開かれている。

戦後、イタリアではムッソリーニの死について公式な見解を疑問視する声が湧き上がった。それにまつわる論争については、ケネディ大統領暗殺事件の陰謀論との類似点が指摘されることもある。アウディージョによる証言の信憑性に疑問を持つジャーナリスト、政治家、歴史家らは、ムッソリーニの死の真相について諸説を発表しており、少なくとも12名の異なる人物が、ムッソリーニ殺害の実行者として名前を挙げられている。ムッソリーニの銃殺を実行したとされる人物には、のちにイタリア共産党書記長となるルイージ・ロンゴ英語版や、のちのイタリア共和国大統領アレッサンドロ・ペルティーニが含まれている。一部の著述家は、ムッソリーニの殺害がイギリスの特殊作戦部隊による工作の一環であったと主張しており、その目的はウィンストン・チャーチルがムッソリーニと交わした往復書簡を回収し、「不名誉な密約」を隠蔽することにあったとしている。しかし、アウディージョがムッソリーニの処刑を実行したとする公式な見解は、今なお最も信憑性の高い説明として広く受け入れられている。

処刑までの経緯

背景

イタリア社会共和国の支配地域の図。1943年12月時点 - 黄緑と緑の領域 1944年9月時点 - 緑の領域

1922年に政権の座に就いて以来、ムッソリーニは国家ファシスト党の指導者としてイタリア王国を支配する立場にあり、特に1925年以降は独裁者として君臨し、ドゥーチェと称されていた。1940年6月、ムッソリーニはイタリア王国をナチス・ドイツの側で第二次世界大戦に参戦させた[2]。1943年7月の連合国軍によるシチリア島への上陸作戦の後、イタリアは連合国陣営にくら替えし、ムッソリーニは解任された上で身柄を拘束された[3]。1943年9月、ムッソリーニはドイツ軍の部隊によるグラン・サッソ襲撃で幽閉先から救出された。ヒトラーは救出されたムッソリーニをイタリア社会共和国の元首に就任させた。北イタリアに樹立されたイタリア社会共和国は、ガルダ湖畔の町サロを拠点とするドイツの傀儡国家だった[4]。「サロ共和国」と蔑称されたこの国家は、1944年の時点で南から進攻してくる連合国軍のみならず、国内のレジスタンス運動(パルチザン)の脅威にも晒されていた。反ファシストのパルチザンと、イタリア社会共和国の間で行われた残忍な抗争は、後にイタリア内戦英語版として知られることになった[5]

連合国軍はイタリア半島を北上しながらゆっくりと進撃を続け、1944年の夏にはローマ、次にフィレンツェを陥落させた。そして1944年末、連合国軍は北イタリアへの進撃を開始した。1945年4月、ドイツ軍の防衛線であるゴシック線英語版が完全に崩壊すると、イタリア社会共和国とその後ろ盾であるドイツ軍の全面的な敗北は時間の問題となった[6]

1945年4月25日、ミラノ県知事公邸を離れるムッソリーニ。生前のムッソリーニを写した最後の写真とされている。

1945年4月中旬以降、ムッソリーニはミラノを本拠として定めており、ムッソリーニとその政府はミラノ県知事公邸に居を構えていた[7]。1945年4月末、ドイツ軍の撤退を受け、パルチザンの指導部である北イタリア国民解放委員会英語版(CLNAI)[注釈 1]は、北イタリアの各主要都市における一斉蜂起の決行を宣言した[9]。ミラノがすでにCLNAIの影響下にあること、そして北イタリアのドイツ軍の降伏が目前に迫っていることを受け、ムッソリーニは1945年4月25日にミラノを離れ、北に逃れてスイスへと向かった[9][10]

ムッソリーニがミラノを離れたのと同じ日、CNLAIは次のように宣言した。

憲法が保障する権利の抑圧、人民の自由の破壊、およびファシスト体制の成立について有罪であり、国家を裏切ることで現状の大惨事を引き起こしたファシスト党幹部、ならびにファシスト政府のメンバーは、死刑に処せられることとなる[11] — CLNAI、 1945年4月25日の布告

身柄の拘束

ミラノを離れた後、ムッソリーニが辿ったコモ湖周辺の経路 (ピンク色の線)

1945年4月27日、ムッソリーニとその愛人クラーラ・ペタッチは、他のファシスト党幹部らとともに、ミラノ防衛にあたっていたドイツ軍対空砲部隊の車列(トラック30台)に同行して移動していた。一行の車列が、コモ湖北西の湖岸に位置するドンゴという村の近くを通りかかった際、地元パルチザン部隊(ピエル・ルイジ・ステーレとウルバーノ・ラッザロが指揮していた)が路上に設置したバリケードに遭遇し、停止することを強いられた。パルチザンは、この車列にイタリア人のファシスト党幹部が同行していることを認識したものの、この時点ではムッソリーニの存在には気づかなかった。パルチザンはドイツ軍に通過を許可する見返りとして、車列に同行していたイタリア人全員を引き渡させた。その過程で、1台の車両の中でぐったりと座っているムッソリーニが発見された[12]。のちにラッザロは、発見時のムッソリーニの様子を振り返って次のように語った。

ムッソリーニの顔はまるでのように青白く、うつろなまなざしは何も見えていないかのようだった。疲れ切っているのが見てとれたが、恐れている様子はなかった。……彼は完全に気力を失っており、精神的に死んでいるように見えた[12]

パルチザンは逮捕したムッソリーニをドンゴへと連行したため、ムッソリーニとペタッチはドンゴの兵舎でその日の夜を迎えることとなった[12]。車列からは最終的に50人以上のファシスト党幹部とその家族が発見され、パルチザンによって逮捕された。そのうち、最重要人物とされた16人(ムッソリーニとペタッチを除く)が、逮捕の翌日にドンゴで即時処刑(銃殺)された。その後の2日間ではさらに10人が処刑された[13]

ムッソリーニの愛人クラーラ・ペタッチ

ドンゴの周辺では依然として戦闘が続いており、パルチザンはムッソリーニとペタッチが、ファシスト党の支持勢力によって奪還されることを恐れていた。そこで、パルチザンは真夜中になってから、近隣で農業を営むデ・マリアという人物の家まで2人を移送した。安全な監禁場所と考えられたこの民家で、ムッソリーニとペタッチは残りの夜を過ごし、翌日も大半の時間をそこで過ごすことになった[14]

ムッソリーニが逮捕された日の午後、アレッサンドロ・ペルティーニ(北イタリアにおける社会党パルチザンのリーダー)はラジオ・ミラノの放送上で次のように宣言した。

無法者集団の首領であるムッソリーニは、憎悪と恐怖に満ちた様子で、スイスとの国境を越えようとしたところを逮捕された。ムッソリーニの身柄は、速やかにイタリア国民による法廷に引き渡され、裁かれねばならない。我々は、この男は銃殺の名誉に値しないと考えているが、それでも裁判にかけることが必要である。本来、ムッソリーニは不潔な犬のごとく殺されるべき男だ[15]

処刑命令

誰がムッソリーニの即時処刑を決定したのかについては諸説が存在する。イタリア共産党書記長であったパルミーロ・トリアッティは、ムッソリーニが逮捕される以前に自分がムッソリーニの処刑を命令していたと主張した。トリアッティは1945年4月26日に、「彼ら(ムッソリーニらファシスト党幹部)の処刑を決定するために必要な条件は、彼ら本人であることの確認だけだ」とのメッセージを無線電信で送ることで、ムッソリーニ処刑の命令を下していたと述べた[16]。トリアッティはさらに、イタリア王国の副首相およびイタリア共産党の書記長として処刑の命令を下したと主張した。当時のイタリア王国首相イヴァノエ・ボノーミはのちに、トリアッティの命令が政府としての権限や承認を得たものであったことを否定した[16]。ミラノの上級共産党員であったルイージ・ロンゴは当初、ムッソリーニ処刑の命令がパルチザンの軍総司令部から「CLNAIの決定を受けて」下されたものであったと語っていたが[16]、のちに異なる証言を行い、ムッソリーニ逮捕のニュースを知ったロンゴとフェルモ・ソラーリ(行動党英語版のメンバー)が、ムッソリーニが即時処刑されるべきとの意見でただちに一致し、ロンゴが処刑執行の命令を下したと述べた[16]

ルイージ・ロンゴ(左)とパルミーロ・トリアッティ (戦後のイタリア共産党党大会にて)

CLNAIにおける行動党の代表だったレオ・ヴァリアーニ英語版の証言によれば、ムッソリーニ処刑の決定は1945年4月27日の夜、CLNAIを代表して活動するグループ(ヴァリアーニ、ペルティーニ、共産党員のロンゴとエミリオ・セレーニから成る)によって下されたという[15]。CLNAIはムッソリーニの死の翌日、ムッソリーニがCLNAIの指令によって処刑されたと発表した[10]

いずれにしても、ロンゴは共産党パルチザンのワルテル・アウディージョ英語版に対して、ただちにドンゴへ向かい処刑命令を遂行するよう指示した。ロンゴは処刑を命令するにあたって、「奴を撃ってこい」と声をかけたとしている[17]。ロンゴはまた、別のパルチザンであるアルド・ランプレーディにアウディージョに同行するよう頼んだ。ランプレーディによれば、ロンゴはアウディージョの性格が「生意気で、強情かつ向こう見ず」であると考えていたため、ランプレーディを任務に同行させたという[17]

処刑執行

ムッソリーニが処刑されたベルモンテ荘の入口
ミケーレ・モレッティが所持していたフランス製MAS-38短機関銃。ワルテル・アウディージョがムッソリーニを射殺した際に使用されたと言われている。(アルバニア国家歴史博物館英語版収蔵)

ムッソリーニとペタッチが死亡した状況について、ワルテル・アウディージョが語った証言は、(戦後いくつかの異説が唱えられてきたものの)少なくともその大枠においては依然として最も信憑性の高いものであり、イタリアでは公式な見解として扱われる場合もある[18][19][20]。 アウディージョの証言はランプレーディによる証言とも大枠で一致していた[21]。1960年代にはステーレ、ラッザロやジャーナリストのフランコ・バンディーニによる著作が出版され、これらはムッソリーニ処刑についての「古典的」な説明を提示した[22]。それぞれの人物が語るムッソリーニの死の経緯は、細部に違いは見られるものの、重要な事実関係については共通していた[19]

1945年4月28日の早朝、ロンゴから下された命令を遂行するため、アウディージョとランプレーディはミラノを離れた[23][24]。2人はドンゴに到着すると、地元パルチザンの団長ピエル・ルイジ・ステーレと会見し、ムッソリーニを引き渡させるように話を取り決めた[23][24]。この任務中、アウディージョは「ヴァレリオ大佐」との偽名を名乗っていた[23][25]。午後になると、アウディージョはランプーレディやミケーレ・モレッティらの同志を引き連れてデ・マリアの農家まで車を走らせ、ムッソリーニとペタッチの身柄を引き取った[26][27]。2人を車に乗せたあと、アウディージョらはジュリーノ・ディ・メッツェグラと呼ばれる集落へと向かった[28]。車は細い道に面した「ベルモンテ荘」の入り口 (北緯45度58分52秒 東経9度12分13秒 / 北緯45.981221度 東経9.203558度 / 45.981221; 9.203558)で停止し、そこでムッソリーニとペタッチは車から降りるように指示され、塀の前に立たされた[23][28][29]。その後、アウディージョは(自分の銃が故障していたため)モレッティから短機関銃を借り、午後4時10分にムッソリーニとペタッチを射殺した[23][27][30]

アウディージョの証言とランプレーディの証言にはいくつかの差異が存在する。アウディージョは、死の直前にムッソリーニが臆病に振る舞っていたと語るが、ランプレーディはそれを否定している。アウディージョはまた、処刑前に死刑判決を読み上げたと主張したが、ランプレーディの証言にそのような事実は含まれていない。他方、ランプレーディはムッソリーニの最期の言葉が「心臓を狙え」であったと語るが、アウディージョの証言におけるムッソリーニは処刑直前、処刑中に一切の言葉を発していない[30][31]

アウディージョの証言には、ラッザロやステーレを含む他の関係者の証言とも食い違う部分がある。ステーレの証言では、ドンゴでアウディージョとステーレが会見した際、アウディージョは前日に囚われたファシスト党関係者の名簿を要求したあと、名簿上のムッソリーニとペタッチの名前に処刑対象であることを示すマークをつけた。ステーレはペタッチが処刑対象とされたことに疑問を呈し、アウディージョに抗議した。それに対しアウディージョは、ペタッチがムッソリーニの相談役であったと語り、ムッソリーニの政策決定に影響を与えたために「ムッソリーニと同罪である」と述べた。ステーレによれば、このやりとり以外に処刑についての議論や手続きは一切行われなかったという[32]。 一方、アウディージョは、1945年4月28日にドンゴでアウディージョを議長とする「戦争裁判」が開かれ、ランプレーディ、ステーレ、モレッティ、ラッザロらが参加したと主張した。この裁判ではムッソリーニとペタッチに死刑が言い渡されたほか、全ての処刑が反対なしで可決されたという[32]。のちにラッザロは、このような戦争裁判が開かれたことを否定した上で、次のように語った。

私は、ムッソリーニは死刑になるべきだと信じていた。……だがその前に、法にのっとった裁判にかけられるべきだった。あのように処刑するのはひどく野蛮だった[32]

アウディージョは1970年代に著した本の中で、ドンゴで4月28日に下されたパルチザン幹部によるムッソリーニ処刑の決定は、戦争裁判開催に関するCLNAI規則の第15項に準拠したものであり、正当な判決として認められると主張した[33]。しかし、裁判長およびCLNAI規約が求める戦争委員(Commissario di Guerra)が裁判に不在だったことから、この主張には疑問が持たれている[34][注釈 2]

その後の経緯

独裁者として君臨していた当時、ムッソリーニの肉体を描いた肖像(例えば、上半身裸のムッソリーニが肉体労働に従事している図)は、ファシスト党によるプロパガンダの中核をなすものだった。そのため、ムッソリーニの死後もその肉体は強力なシンボルであり続け、支持者からの崇拝の対象、敵対者からの侮辱と軽蔑の対象となり、大きな政治的重要性を帯びていた[36][37]

ロレート広場

ムッソリーニ (左から2番目) 、ペタッチ (中央)、その他のファシストの逆さ吊りにされた死体(ミラノ、ロレート広場にて)

1945年4月28日の夜、ムッソリーニとペタッチの死体は、処刑された他のファシスト党幹部の死体とともにバンに積み込まれ、ミラノに向かって南へと運ばれた。4月29日の未明、バンはミラノに到着し、ムッソリーニらの死体はミラノ中央駅に近いロレート広場の地面に投げ捨てられた[38][39]。ロレート広場では1944年8月、パルチザンの襲撃および連合軍の空爆への報復として15人のパルチザンが銃殺された後、その死体が見せしめに放置されたという経緯があり、パルチザンがこの広場を選んだのはその意趣返しだった。ムッソリーニは15人のパルチザンが処刑された当時、「ロレート広場で流れた血のために、我々は高いつけを払うことになるだろう」と語っていたと伝えられている[39]

ムッソリーニらの死体は積み重なった状態で放置された。4月29日午前9時を回る頃には、おびただしい数の群衆が広場に詰め掛けていた。群衆は死体に野菜をぶつけ、唾を吐きかけ、尿をかけ、銃撃し、足蹴にした。ムッソリーニの顔面は殴打され、変形した[40][41]。あるアメリカ人の目撃者は、これらの群衆を評して「邪悪で下劣、無秩序」であると述べた[41]。その後しばらくして、ムッソリーニらの死体はスタンダード・オイルのガソリンスタンド(建設途中)の骨組みのまで持ち上げられ、食肉用のフックに引っ掛けられて、逆さ吊りにされた[40][41][42]。逆さ吊りは、吊るされた人物の「汚名」を強調するために北イタリアで中世から行われてきた方法であった一方で、実際にムッソリーニらを逆さ吊りにした人々によると、これは単に死体を群衆から保護するための処置であったという。ロレート広場での一連の出来事を記録した映像は、彼らの主張を裏付けているように見える[43]

検死

ミラノ市遺体安置所に置かれたムッソリーニとペタッチの死体(アメリカ陸軍所属のカメラマンが撮影)

1945年4月29日午後2時頃、ミラノに到着していたアメリカ軍当局が、逆さ吊りされたムッソリーニらの死体を降ろすことを命じ、検死の準備のため死体を遺体安置所に移送させた。遺体安置所では、あるアメリカ陸軍のカメラマンが移送後の死体の写真をいくつか撮影したが、その中にはムッソリーニとペタッチの死体にポーズを取らせ、あたかも2人が腕を組んでいるかのように見せた悪趣味なものも含まれていた[44]

1945年4月30日、ミラノ法医学研究所でムッソリーニの検死が行われた。ある検死報告書では、ムッソリーニは9発の銃弾を受けたとされ、別の報告書では7発の銃弾を受けたと述べられている。そのうち、心臓に近い位置の4発の銃弾が死因として示された。銃弾の口径は特定されなかった[45]。このほか、死体からはムッソリーニの脳の標本が採取され、分析のためアメリカへと送られた。その意図は、「梅毒がムッソリーニの精神異常を引き起こした」という仮説を証明することにあったが、脳の分析結果は梅毒の存在を示さず[46]、梅毒の証拠はムッソリーニの身体からも発見されなかった。一方で、ペタッチの検死は一切行われなかった[47]。2009年、ムッソリーニの孫娘であるアレッサンドラ・ムッソリーニは、祖父ムッソリーニの血液と脳がeBayで売りに出されたという報告について、警察が調査を行うことを要請した[48]

埋葬・盗難被害

ミラノでの見せしめと検死を経て、ムッソリーニの死体はミラノ北部のムゾッコ墓地英語版に埋葬された。埋葬地に墓標は置かれなかった。1946年の復活祭の日曜日、ドメニコ・レチージイタリア語版という名の若いファシストは埋葬場所を突き止め、2人の友人とともにムッソリーニの死体を掘り起こして盗んだ[49]。当局による捜索が行われる中、その後16週間にわたって死体は転々と各地に運ばれた。その間、別荘や修道院などが死体の隠し場所として利用された[36]。最終的に、ムッソリーニの死体は1946年8月、ミラノからさほど離れていないパヴィア修道院英語版で発見された。(ただ、片脚が欠損した状態だった)2人のフランシスコ会修道士が、レチージが死体を隠すのに手を貸したとして罪に問われた[49][50]

その後当局は、ムッソリーニの死体がチェッロ・マッジョーレの小さな町にあるカプチン会修道院に置かれるよう手配した。その後の11年間、死体はこの修道院に保管されていた。その間、ムッソリーニの死体の場所は遺族にすら秘密にされていた[51]。1957年5月、新たに首相に就任したアドネ・ツォーリイタリア語版は、ムッソリーニを故郷のエミリア=ロマーニャ州プレダッピオに改めて埋葬することに合意した。背景には、議会におけるツォーリの地位が、極右勢力(ネオ・ファシスト政党の代議士となっていたレチージを含む)からの支持に依存していたほか、ツォーリ自身もプレダッピオにルーツがあり、ムッソリーニの未亡人ラケーレ・グイーディを良く知っていたという事情があった[52]

墓廟・命日

故郷プレダッピオに置かれたムッソリーニの墓廟

1957年9月1日、プレダッピオにあるムッソリーニ家の納骨堂で、参列した支持者らがローマ式敬礼を行う中、ムッソリーニの改葬が実施された。ムッソリーニの死体は大きな石棺(サルコファガス)の中に横たえられた[注釈 3]。石棺のある墓廟にはファシスト党のシンボルが飾られており、ムッソリーニをかたどった大理石の頭像が設置されているほか、墓廟の前には参拝者が記名するためのノートが置かれている。ムッソリーニの墓廟はネオ・ファシストにとっての巡礼地のひとつとなっている。ノートに記名する訪問者は1日に数十人から数百人程度だが、重要な記念日には数千人が記名することもある。ノートに書き込まれるコメントのほとんどは、ムッソリーニを支持する内容となっている[52]

ムッソリーニの命日である4月28日は、ネオ・ファシスト達が大規模な集会を行う重要な3記念日のひとつでもある。プレダッピオではこの日、ムッソリーニの支持者が町の中心から納骨堂の前まで行進する。この行事には通常、数千人が参加し、スピーチや合唱、ローマ式敬礼などが行われる[54]

戦後の論争

イタリア国外では、ムッソリーニの死についてはアウディージョの説明が広く受け入れられており、論争が行われることは少ない[1]。他方、イタリア国内では1940年代後半から現在に至るまで、ムッソリーニの死の真相をめぐる広範な議論が行われ、さまざまな説が生み出されてきており[10][1]、少なくとも12名の異なる人物がムッソリーニ銃殺の実行者として名前を挙げられている[1]。ムッソリーニの死をめぐる議論は、イタリアにおける陰謀論の代表として、ケネディ大統領暗殺事件の陰謀論との類似点が指摘されることもある[10][1]

アウディージョによる証言の受容

1947年になるまで、ムッソリーニ処刑へのアウディージョの関与は隠匿されており、共産党紙『L’Unità』上で1945年末に発表された最初期の報告では、ムッソリーニ銃殺の実行者は単に「ヴァレリオ大佐」とされていた[25]。アウディージョの本名が最初に言及されたのは、『Il Tempo』紙の1947年3月の記事においてであり、その後共産党が公式にアウディージョの関与を認めた。1947年3月下旬には、処刑への関与についてそれまで公に語ってこなかったアウディージョが、『L’Unità』上の一連の5本の記事の中で自らの証言を発表した。ここで証言された内容は、アウディージョが著し、死の2年後(1975年)に出版された本でも繰り返されている[25]。アウディージョの証言以外にもムッソリーニの死については諸説が発表されており、1960年代にはラッザロとステーレが著した『Dongo, la fine di Mussolini』およびジャーナリストのフランコ・バンディーニによる『Le ultime 95 ore di Mussolini』が出版され、これらはムッソリーニ処刑についての「古典的」な説明を提示した[22]

ほどなく、アウディージョが当初『L’Unità』上で発表した証言と、アウディージョがその後に行った証言および他の関係者による説明との間に食い違いがあることが指摘されるようになった。アウディージョの証言は、真実を中心としたものである可能性が高いが、他方でそこには確実に誇張が含まれていた[55]。指摘された矛盾点と明らかな誇張は、「政治的な目的で、共産党がアウディージョを処刑実行者に仕立て上げた」との発想と結びつき、一部のイタリア人はアウディージョの証言のほとんど、または全てが虚偽であると信じるようになった[55]

1996年、それまで公表されてこなかったアルド・ランプレーディの証言が『L’Unità』上で発表された。これはランプレーディが1972年に、共産党の記録資料として書いたムッソリーニ処刑についての報告で、飾らずに起こった出来事を伝えており、重要な経緯の説明はアウディージョの証言と一致していた。ランプレーディは間違いなく処刑を目撃した人物の1人であることに加え、共産党が保管する「非公開」の記録としてこの報告を作成していたため、真実を歪めて伝える動機はなかったと考えられている。さらには、ランプレーディは実直な性格で知られており、またアウディージョを個人的に嫌っていることでも有名であった。これらの要因により、彼の証言とアウディージョの証言が大枠で一致していることは重要視されている。ランプレーディの証言が公表された後、ほとんどの専門家はその信憑性を認めた。歴史家のジョルジオ・ボッカ英語版は次のように述べた。「50年にわたって組み立てられてきた『ドゥーチェ』の最期についての質の悪い虚構は、ランプレーディの証言によって一掃された。……50年間で広められた、多くの馬鹿げた説は事実ではなかったのだ。……真実は、今や明白になった。」[56]

ラッザロの主張

パルチザンの指揮官であったウルバーノ・ラッザロは、1993年の著書『Dongo: half a century of lies』において、「アウディージョではなく、ルイージ・ロンゴこそが『ヴァレリオ大佐』の正体である」と改めて主張した。(ラッザロはそれ以前にも同様の主張を展開していた)同書でラッザロは、ムッソリーニが4月28日の午後4時10分以前に期せずして負傷していたとも主張した。ラッザロによると、4月28日のより早い時間にペタッチが1人のパルチザンから銃を奪い取ろうとした際、ペタッチはそのパルチザンに射殺され、ムッソリーニは被弾して負傷した。その後、ミケーレ・モレッティがムッソリーニに発砲してとどめを刺したという[57][58][59]

英国実行説

イギリスの戦時秘密作戦部隊である特殊作戦執行部(SOE)がムッソリーニの死に関与したという主張は複数存在しており、そこでは当時のイギリス首相ウィンストン・チャーチルがムッソリーニ殺害を指示した可能性が示唆される。これらの説においては、ムッソリーニの殺害は、ムッソリーニとチャーチルの間で交わされた「不名誉な内容」の往復書簡を回収し、両者の秘密協定を隠蔽するための裏工作の一環なのだという。問題の書簡は、ムッソリーニがパルチザンに拘束された際に所持していたとされ、その内容には「ムッソリーニがヒトラーを説得し、ドイツを欧米諸国による対ソビエト連邦連合に引き入れることと引き換えに、講和および領土的譲歩をムッソリーニに約束する」旨の申し出が含まれていたという[60][61]。英国実行説の提唱者には歴史家のレンツォ・デ・フェリーチェ英語版やピエール・ミルザ[62][63]、ジャーナリストのピーター・トンプキンズやルチアーノ・ガリバルディが含まれるが[61][64]、この説が受け入れられることは少ない[60][61][62]

ウィンストン・チャーチル(1940年)

1994年、かつてのパルチザン指揮官であるブルーノ・ロナティは著書の中で、ムッソリーニを射殺したのが自分であり、ペタッチを射殺したのは彼の任務に同行した「ジョン」というイギリス陸軍士官であると主張した[10][65]。ジャーナリストのピーター・トンプキンズは、シシリー島にルーツを持つSOEエージェントの男、ロバート・マキャロンが「ジョン」の正体であることを突き止めたと主張している。ロナティによれば、4月28日の朝、彼と「ジョン」はデ・マリアの農家に赴き、午前11時ちょうど頃にムッソリーニとペタッチを射殺したという[61][66]。2004年、イタリアの公共放送テレビ局RAIで、トンプキンズが共同制作者を務めるドキュメンタリー番組が放送され、英国実行説が前面に押し出された。このドキュメンタリーの中でロナティはインタビューを受けており、デ・マリアの農家に到着した際の様子について次のように証言した。

ペタッチはベッドの上に座っていたが、ムッソリーニは立っていた。ジョンは私を外に連れ出し、ムッソリーニとペタッチの2人ともを殺害することが、彼に与えられた命令なのだと告げた。ペタッチは、生かしておくには多くを知りすぎていたからだ。私は、「私にペタッチを撃つことなどできない」と言った。それで、ジョンがペタッチを撃つことになったが、同時にジョンは「ムッソリーニの方は、必ずイタリア人によって殺されなければならない」と言った[61]

ロナティらはムッソリーニとペタッチを家の外に出し、近くの小道の端まで連れ出した。そして、2人を塀を背にして立たせた後に射殺したという。このドキュメンタリーには、母がロナティらによる処刑を目撃したと語る、ドリーナ・マッツォーラという女性のインタビューも含まれていた。マッツォーラは自身も銃声を耳にしたと主張しており、その際に「時計を見ると、もうすぐ11時になる頃だった」と証言した。同番組は、その後のベルモンテ荘における発砲は「隠蔽工作」の一部として演出されたものだと主張した[61]。英国実行説は、それを証明するために必要な証拠が欠落していることで批判を受けているが、とりわけチャーチルとの往復書簡の存在が証明されていないことは批判の対象となっている[60][67]。SOEの活動の歴史を研究しているクリストファー・ウッズは、2004年に放送されたRAIのドキュメンタリー番組についてコメントし、番組内での主張について、「陰謀論の愛好に過ぎない」と完全に否定した[61]

その他の早期死亡説

一部の人々は、ムッソリーニとペタッチが4月28日の午後4時10分以前にデ・マリアの農家の附近で銃殺されており、ジュリーノ・ディ・メッツェグラでの処刑は死体を用いて演出されたものだと主張している。(特に一貫して主張している者としては、ジャーナリストでファシストのジョルジオ・ピサーノがいる)[68][69]。この説は1978年、フランコ・バンディーニが最初に提唱したものだった[70]

その他の説

ムッソリーニの死をめぐっては、その他にも諸説が発表されており[71]、その中には 戦後にイタリア共産党書記長になったルイージ・ロンゴだけでなく、未来のイタリア共和国大統領アレッサンドロ・ペルティーニもまた、ムッソリーニ銃殺の実行者であったと主張するものもある。このほか、ムッソリーニ(またはムッソリーニとペタッチの2人とも)がシアン化物のカプセルを用いて自殺したとする説も存在する[72]

注釈

  1. ^ 北イタリア国民解放委員会(Comitato di Liberazione Nazionale Alta Italia)は、北イタリアで活動するパルチザン組織を統率する政治的・軍事的な連合体で、5党の主な反ファシズム政党(イタリア共産党、行動党、イタリア社会党、キリスト教民主党、イタリア自由党)からの代表者らによって構成された。各党が自らのパルチザン組織を擁していたが、最大規模だったのは共産党系のパルチザンであり、その次に規模が大きいのは行動党系のパルチザンだった。CLNAIは1944年1月、各パルチザン組織の活動を連携させるため創立された組織だったが、じきに自らが北イタリアにおける正統な政治的機関であると主張し始めた。当初、連合国はCLNAIの主張を認めていなかったが、最終的にはその権限を認め、解放した地域の治安維持をCLNAIに委ねることになった。1945年3月の時点で、CLNAIは8万人のパルチザンを配下に置いており、1945年4月末の時点でその数は25万人にまで増加していた[8]
  2. ^ 戦後、クラーラ・ペタッチの遺族はペタッチが不法に殺害されたとして、ワルテル・アウディージョを相手取り、民事訴訟・刑事訴訟を起こした。長きにわたる審理の末、1967年にアウディージョは殺人罪・横領罪について無罪であるとの判決が下った。訴えのあったアウディージョの行為は、敵の占領期間におけるドイツ軍およびファシストへの戦争行為であったとして、不法行為とは判定されなかった[35]
  3. ^ 1966年、ムッソリーニの脳組織の標本が、1945年以来保管してきたワシントンDCの聖エリザベス病院英語版から、ムッソリーニの未亡人に返還された[46]。未亡人は返還された脳組織を箱に入れ、ムッソリーニの墓廟に置いた。歴史家のジョン・フット英語版はこの出来事について、「ついに、処刑から19年後の今になって、絶えず飛び回っていたべニート・ムッソリーニの遺骸が再び一ヶ所に集められ、ほぼ一体の状態に戻った」と述べた[36]。2009年、検死の際に盗まれた可能性のあるムッソリーニの脳および血液の標本が、eBayで1万5000ユーロの値段で売りに出されたと報告された。eBay側はこの出品をただちに取り下げたため、誰も入札することはできなかった。ムッソリーニの検死が行われた病院筋によれば、検死の際に採取された標本は全て、1947年に廃棄されたという[53]

出典

  1. ^ a b c d e Moseley 2004, p. 275
  2. ^ BBC History
  3. ^ Blinkhorn 2006, p. 51
  4. ^ Quartermaine 2000, pp. 14, 21
  5. ^ Payne 1996, p. 413
  6. ^ Sharp Wells 2013, pp. 191–194
  7. ^ Clark 2014, p. 320
  8. ^ Clark 2014, pp. 375-378
  9. ^ a b Quartermaine 2000, pp. 130–131
  10. ^ a b c d e O'Reilly 2001, p. 244
  11. ^ Garibaldi 2004, pp. 79, 86
  12. ^ a b c Bosworth 2014, p. 31
  13. ^ Roncacci 2003, pp. 391, 403
  14. ^ Neville 2014, p. 212
  15. ^ a b Moseley 2004, p. 282
  16. ^ a b c d Moseley 2004, pp. 280–281
  17. ^ a b Moseley 2004, pp. 281, 283, 302
  18. ^ Cavalleri 2009, p. 11
  19. ^ a b Roncacci 2003, p. 404
  20. ^ Moseley 2004, pp. 275–276, 290, 306
  21. ^ Moseley 2004, p. 301
  22. ^ a b Di Bella 2004, p. 49
  23. ^ a b c d e Audisio 1947
  24. ^ a b Moseley 2004, pp. 302–304
  25. ^ a b c Moseley 2004, p. 289
  26. ^ Moseley 2004, pp. 290–292; 302–304
  27. ^ a b Bosworth 2014, pp. 31–32
  28. ^ a b Moseley 2004, pp. 290–291; 304
  29. ^ Di Bella 2004, p. 50
  30. ^ a b Moseley 2004, p. 304
  31. ^ Luzzatto 2014, p. 54
  32. ^ a b c Moseley 2004, p. 286
  33. ^ Audisio 1975, p. 371
  34. ^ Baima Bollone 2005, p. 165
  35. ^ Baima Bollone 2005, p. 123
  36. ^ a b c Foot 1999
  37. ^ Luzzatto 2014, pp. 5–17
  38. ^ Moseley 2004, pp. 311–313
  39. ^ a b Bosworth 2014, pp. 332–333
  40. ^ a b Luzzatto 2014, pp. 68–71
  41. ^ a b c Moseley 2004, pp. 313–315
  42. ^ Garibaldi 2004, p. 78
  43. ^ Di Bella 2004, p. 51
  44. ^ Luzzatto 2014, pp. 74–75
  45. ^ Moseley 2004, p. 320
  46. ^ a b Bosworth 2014, p. 334
  47. ^ Moseley 2004, p. 321
  48. ^ Rome, By Nick Squires in. “Mussolini's brain 'stolen for sale on eBay'”. telegraph.co.uk. 2017年1月23日閲覧。
  49. ^ a b Moseley 2004, pp. 350–352
  50. ^ Duggan 2013, pp. 428–429
  51. ^ Moseley 2004, pp. 355–356
  52. ^ a b Duggan 2013, pp. 429–430
  53. ^ Squires 2009
  54. ^ Duggan 2013, p. 430
  55. ^ a b Moseley 2004, pp. 275, 289–293
  56. ^ Moseley 2004, pp. 301–306
  57. ^ Lazzaro 1993, p. 145ff.
  58. ^ Moseley 2004, p. 299
  59. ^ Hooper 2006
  60. ^ a b c Bailey 2014, pp. 153–155
  61. ^ a b c d e f g Owen 2004
  62. ^ a b Bompard 1995
  63. ^ Samuel 2010
  64. ^ Garibaldi 2004, p. 138ff.
  65. ^ Lonati 1994, p. 1ff.
  66. ^ Tompkins 2001, pp. 340–354
  67. ^ Moseley 2004, p. 341
  68. ^ Bosworth 2014, p. 32
  69. ^ Moseley 2004, pp. 297–298
  70. ^ Bandini 1978, p. 1ff.
  71. ^ https://books.google.ca/books?id=2LBvZPXmmqoC&pg=PA244&dq=Luigi+Longo,++Sandro+Pertini,+killed+Mussolini&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjthoi_ovHVAhUD24MKHVJ3D18Q6AEIKDAA#v=onepage&q=Luigi%20Longo%2C%20%20Sandro%20Pertini%2C%20killed%20Mussolini&f=false%7Cp=44
  72. ^ https://books.google.ca/books?id=UmxaWvOL_IgC&pg=PA298&dq=Mussolini+suicide+theory&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjMkLrNofHVAhWR8oMKHbxjB48Q6AEIKDAA#v=onepage&q=Mussolini%20suicide%20theory&f=false%7Cp=298

参考文献

書籍

  • Audisio, Walter (1975). In nome del popolo italiano. Teti (Italy). ISBN 88-7039-085-3. 
  • Bailey, Roderick (2014). Target: Italy: The Secret War Against Mussolini 1940–1943. Faber & Faber. ISBN 978-0-571-29920-1. 
  • Baima Bollone, Pierluigi (2005). Le ultime ore di Mussolini. Mondadori (Italy). ISBN 88-04-53487-7. 
  • Bandini, Franco (1978). Vita e morte segreta di Mussolini. Mondadori (Italy). 
  • Bellini delle Stelle, Pier Luigi; Lazzaro, Urbano (1962). Dongo ultima azione. Mondadori (Italy). 
  • Blinkhorn, Martin (2006). Mussolini and Fascist Italy. Routledge. ISBN 978-1-134-85214-7. 
  • Bosworth, R. J. B. (2014). Mussolini. Bloomsbury Publishing. ISBN 978-1-84966-444-8. 
  • Cavalleri, Giorgio (2009). La fine. Gli ultimi giorni di Benito Mussolini nei documenti dei servizi segreti americani (1945–1946). Garzanti (Italy). ISBN 88-11-74092-4. 
  • Clark, Martin (2014). Modern Italy, 1871 to the Present. Routledge. ISBN 978-1-317-86603-9. 
  • Di Bella, Maria Pia (2004). “From Future to Past: A Duce's Trajectory”. In Borneman, John. Death of the Father: An Anthropology of the End in Political Authority. Berghahn Books. pp. 33–62. ISBN 978-1-57181-111-0. 
  • Duggan, Christopher (2008). The Force of Destiny: A History of Italy Since 1796. Houghton Mifflin Harcourt. ISBN 0-618-35367-4. 
  • Duggan, Christopher (2013). Fascist Voices: An Intimate History of Mussolini's Italy. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-973078-0. 
  • Garibaldi, Luciano (2004). Mussolini: The Secrets of His Death. Enigma. ISBN 978-1-929631-23-0. 
  • Lazzaro, Urbano (1993). Dongo: mezzo secolo di menzogne. Mondadori. ISBN 88-04-36762-8. 
  • Lonati, Bruno Giovanni (1994). Quel 28 aprile. Mussolini e Claretta: la verità. Mursia (Italy). ISBN 88-425-1761-5. 
  • Luzzatto, Sergio (2014). The Body of Il Duce: Mussolini's Corpse and the Fortunes of Italy. Henry Holt and Company. ISBN 978-1-4668-8360-4. 
  • Moseley, Ray (2004). Mussolini: The Last 600 Days of Il Duce. Taylor Trade Publications. ISBN 978-1-58979-095-7. 
  • Neville, Peter (2014). Mussolini. Routledge. ISBN 978-1-317-61304-6. 
  • O'Reilly, Charles T. (2001). Forgotten Battles: Italy's War of Liberation, 1943–1945. Lexington Books. ISBN 978-0-7391-0195-7. 
  • Payne, Stanley G. (1996). A History of Fascism, 1914–1945. University of Wisconsin Press. ISBN 978-0-299-14873-7. 
  • Pisanò, Giorgio (1996). Gli ultimi cinque secondi di Mussolini. Il saggiatore (Italy). ISBN 88-428-0350-2. 
  • Quartermaine, Luisa (2000). Mussolini's Last Republic: Propaganda and Politics in the Italian Social Republic (R.S.I.) 1943–45. Intellect Books. ISBN 978-1-902454-08-5. 
  • Roncacci, Vittorio (2003). La calma apparente del lago. Como e il Comasco tra guerra e guerra civile 1940–1945. Macchione (Italy). ISBN 88-8340-164-6. 
  • Sharp Wells, Anne (2013). Historical Dictionary of World War II: The War in Germany and Italy. Scarecrow Press. ISBN 978-0-8108-7944-7. 
  • Tompkins, Peter (2001). Dalle carte segrete del Duce. Tropea (Italy). ISBN 88-4380-296-8. 

新聞記事・雑誌・ウェブサイト

  • Audisio, Walter (1947年3月). “Missione a Dongo”. L'Unità :
“Missione a Dongo”. L'Unità: p. 1. (1947年3月25日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470325_0001.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“Missione a Dongo”. L'Unità: p. 2. (1947年3月25日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470325_0002.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“Solo a Como con 13 partigiani”. L'Unità: p. 1. (1947年3月26日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470326_0001.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“Solo a Como con 13 partigiani”. L'Unità: p. 2. (1947年3月26日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470326_0002.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“La corsa verso Dongo”. L'Unità: p. 1. (1947年3月27日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470327_0001.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“La corsa verso Dongo”. L'Unità: p. 2. (1947年3月27日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470327_0002.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“La fucilazione del dittatore”. L'Unità: p. 1. (1947年3月28日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470328_0001.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“La fucilazione del dittatore”. L'Unità: p. 2. (1947年3月28日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470328_0002.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“Epilogo a Piazzale Loreto”. L'Unità: p. 1. (1947年3月29日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470329_0001.pdf 2014年11月6日閲覧。 ;
“Epilogo a Piazzale Loreto”. L'Unità: p. 2. (1947年3月29日). http://archiviostorico.unita.it/cgi-bin/highlightPdf.cgi?t=ebook&file=/archivio/uni_1947_03/19470329_0002.pdf 2014年11月6日閲覧。 

外部リンク