マンスフィールド (オハイオ州)

マンスフィールド市
City of Mansfield
マンスフィールドのダウンタウン
マンスフィールドのダウンタウン
愛称 : The Fun Center of Ohio (オハイオの楽しみの中心)
標語 : "The Heart of Ohio (オハイオの中心)"
位置
右: オハイオ州におけるリッチランド郡の位置 左: リッチランド郡におけるマンスフィールドの市域の位置図
右: オハイオ州におけるリッチランド郡の位置
左: リッチランド郡におけるマンスフィールドの市域
座標 : 北緯40度45分17秒 西経82度31分22秒 / 北緯40.75472度 西経82.52278度 / 40.75472; -82.52278
歴史
創設 1808年6月11日
行政
アメリカ合衆国
 州 オハイオ州
 郡 リッチランド郡
 市 マンスフィールド市
地理
面積  
  市域 80.08 km2 (30.92 mi2)
    陸上   79.95 km2 (30.87 mi2)
    水面   0.13 km2 (0.05 mi2)
標高 378 m (1,240 ft)
人口
人口 (2010年現在)
  市域 47,821人
    人口密度   598.1人/km2(1,549.1人/mi2
  都市圏 124,475人
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
公式ウェブサイト : http://www.ci.mansfield.oh.us/

マンスフィールドMansfield)は、アメリカ合衆国オハイオ州中北部に位置する都市。アルゲイニー台地の西縁、州都コロンバスクリーブランドのほぼ中間に位置する。人口は47,821人(2010年国勢調査[1]。マンスフィールドに郡庁を置くリッチランド郡1郡のみで成る都市圏は124,475人、近隣のアシュランドおよびビュサイラスを含む広域都市圏は221,398人(ともに2010年国勢調査)の人口を抱えている[1]

マンスフィールドは1808年に創設され、市名は北西部領土測量隊長ジャレッド・マンスフィールドにちなんでつけられた。一帯は郡名のリッチランドが示すように肥沃な土地に恵まれ、農地が広がったが、やがて19世紀も後半に入ると、鉄道交通の発展に伴い、工業都市として成長した。しかし、1970年代以降、ラストベルトの多くの工業都市と同様に、この地域における重工業が衰退に向かい、人口は減少傾向にある。そのため、地域経済は多角化、特に重工業依存からの脱却と第三次産業への転換を進めている。

歴史

創設年の「1808」が描かれたウェルカム・サイン

マンスフィールドは1808年6月、北西部領土測量隊長ジャレッド・マンスフィールドの指揮の下、ジェームズ・ヘッジズ、ジョス・ラーウェル、およびジェイコブ・ニューマンによって創設された。入植地の名であるマンスフィールドはこの指揮官、ジャレッド・マンスフィールドにちなんでつけられた。もともとは、パブリック・スクエアと呼ばれる広場(現在のセントラル・パーク)を中心として、入植地は正方形に区画されていた。やがて、最初の入植者となったサミュエル・マーティンが、この入植地で最初の、そして1808年中に建てられた唯一の建物となった丸太小屋を区画97に建てた[2]。マーティンはこの小屋で冬を越し、先住民に[[ウイスキーを売っていた。しかし、この行為は違法とされ、マーティンは郡外への逃亡を余儀なくされた。翌1809年、マーティンが去った後のこの小屋にジェームズ・カニンハムが入居した[3]。やがて1812年米英戦争の最中、先住民の攻撃から入植地を防衛するため、2棟の方形小要塞がパブリック・スクエアに建てられた[2]。これらの小要塞は一晩にして建てられたものであった[4]。終戦と前後して、これらの小要塞のうちの1棟が初代の郡地方裁判所庁舎、および監獄に転用された[2]

マンスフィールドは1828年2月24日、オハイオ州議会の議決により、正式に村として法人化された。その後、1857年には、マンスフィールドは人口5,121人を数え、市制を施行した[5]

19世紀中盤に入ると、各地で鉄道の整備が進み、マンスフィールドにも鉄道が次々と開通した。マンスフィールドに初めて開通した鉄道は、1846年、マンスフィールドとエリー湖岸のサンダスキーとを結ぶ、全長87kmのマンスフィールド・アンド・サンダスキー・シティ鉄道であった。この鉄道は、その後1850年ニューアークまで延伸された[6]。その後、1850年にはピッツバーグ・アンド・フォートウェイン鉄道が、1863年にはアトランティック・アンド・グレート・ウェスタン鉄道がそれぞれ開通した。しかし、1870年に計画されたマンスフィールド・コールドウォーター・アンド・レイク・ミシガン鉄道は、マンスフィールドまで開通することは無かった[7]

地理

マンスフィールド・アシュランド・ビュサイラス広域都市圏
  マンスフィールド都市圏
  アシュランド小都市圏
  ビュサイラス小都市圏

マンスフィールドは北緯40度45分17秒西経82度31分22秒に位置している。市はオハイオ州の3大都市を結ぶ州間高速道路I-71の沿線にあり、州都コロンバスから北東へ約100km、クリーブランドからは南西へ約120kmである。

アメリカ合衆国国勢調査局によると、マンスフィールド市は総面積80.08km2(30.92mi2)である。そのうち79.95km2(30.87mi2)が陸地で0.13km2(0.05mi2)が水域である。総面積の0.16%が水域となっている。市域はアルゲイニー台地の西縁に広がっており、市域はやや起伏に富み、オハイオ州の都市の中では標高の高い部類に入る。市中心部の標高は378mであるが、市の最高点である市南西部の地下貯水池、ウッドランド貯水池では標高455mである。

マンスフィールドの都市圏は、マンスフィールドに郡庁を置くリッチランド郡のみで成っている。広域都市圏は、この都市圏にアシュランド小都市圏(アシュランド郡)およびビュサイラス小都市圏(クロフォード郡)を加えた3郡から成っている。

気候

マンスフィールド
雨温図説明
123456789101112
 
 
74
 
0
-8
 
 
61
 
2
-6
 
 
86
 
8
-2
 
 
104
 
15
3
 
 
114
 
21
9
 
 
122
 
26
14
 
 
112
 
28
16
 
 
112
 
27
16
 
 
84
 
23
11
 
 
97
 
16
6
 
 
76
 
10
1
 
 
84
 
3
-5
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Weatherbase.com

マンスフィールドの気候は四季がはっきりしており、特に冬の厳しい寒さと降雪に特徴付けられる、大陸性の気候である。最も暑い7月の平均気温は約22℃、最高気温の平均は約28℃で、日中32℃を超えることは平年で月に1-2日程度である。最も寒い1月の平均気温は氷点下4℃、最低気温の平均は氷点下8℃で、月のほとんどの日は気温が氷点下に下がる。降水量は春から夏、4月から8月にかけてはやや多く、月間100-120mm程度、一方秋から冬、9月から3月にかけてはやや少なく、月間60-100mm程度である。年間降水量は1,120mm程度である。また、冬季の12月から3月にかけての月間降雪量は20-35cm、年間降雪量は123cmに達する[8]ケッペンの気候区分では、マンスフィールドは中西部の大部分に分布する亜寒帯湿潤気候Dfb)に属する。

マンスフィールドの気候[8]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温( -3.6 -2.0 2.8 9.3 14.8 19.8 21.9 21.1 17.2 10.9 5.2 -1.3 9.7
降水量(mm 73.7 61.0 86.4 104.1 114.3 121.9 111.8 111.8 83.8 73.7 96.5 83.8 1,122.8
降雪量(cm 33.8 29.0 19.8 6.6 - - - - - 1.2 5.6 26.7 122.7

都市概観と建築物

セントラル・パークのバスバインダー噴水
チェース・タワー

マンスフィールドの街路はダウンタウンでは比較的整然と区画されている。ダウンタウンの中心となっているのは、ノース・パーク・ストリート、サウス・パーク・ストリート、メイン・ストリート、およびダイアモンド・ストリートに囲まれた、2エーカー(8,094m2)のセントラル・パークである[9]。南北に通る通りは、セントラル・パークを突っ切るパーク・アベニューを境に南(S)と北(N)に分かれている。また、東西に通る通りは、メイン・ストリートを境に東(E)と西(W)に分かれている。

マンスフィールドのダウンタウンに建つ建物はほとんどが中低層のものである。市で最も高い建物は、セントラル・パークから西へ2ブロック、パーク・アベニューとウォルナット・ストリートの北西角に建つチェース・タワーである。この12階建て、高さ48mのライムストーン造、アール・デコ様式のビルは、1929年に建てられたものである[10]

政治

マンスフィールド市庁舎

マンスフィールドは市長制を採っている。市長は市の行政の最高責任者であり、市政府各局の監督および管理に責任を負う。また、市長は市の治安の首席保全者であり、全ての法令や条例が完全に遵守され、施行されることに責任を負う。市長は市の儀礼的な長でもある。このほか、市長は 1) オハイオ州憲法、およびオハイオ州法の定めにより与えられた司法権を行使する、 2) 市議会での議論に参加し、その検討事項に対して提案をする、および 3) マンスフィールド市憲章、条約、 議決、もしくはオハイオ州法で認められた、もしくは義務付けられた権限、任務、および機能を果たす、の3点に対しても責任を負う。市長は全市から選出され、その任期は4年である[11][12]

市の立法機関である市議会は議長および8人の議員から成っている。8人の市議員のうち、6人は市を6つに分けた選挙区から1人ずつ選出され、残りの2名は全市から選出される。市議員の任期は4年で、2年ごとに半数を改選する[13]。市議会議長は市長および市議員とは別に全市から選出され、その任期は4年である[14]

人口動態

都市圏人口

マンスフィールドの都市圏はリッチランド郡1郡のみで形成されている。広域都市圏を形成する各郡の人口は以下の通りである(2010年国勢調査)[1]

マンスフィールド・アシュランド・ビュサイラス広域都市圏
都市圏/小都市圏 人口
マンスフィールド都市圏 リッチランド郡 オハイオ州 124,475人
アシュランド小都市圏 アシュランド郡 オハイオ州 53,139人
ビュサイラス小都市圏 クロフォード郡 オハイオ州 43,784人
合計 221,398人

市域人口推移

以下にマンスフィールド市における1820年から2010年までの人口推移を表およびグラフでそれぞれ示す[15]

統計年 人口
1820年 288人
1830年 840人
1840年 1,328人
1850年 3,557人
1860年 4,581人
1870年 8,029人
1880年 9,859人
1890年 13,473人
1900年 17,640人
1910年 20,768人
1920年 27,824人
1930年 33,525人
1940年 37,154人
1950年 43,564人
1960年 47,325人
1970年 55,047人
1980年 53,927人
1990年 50,627人
2000年 49,346人
2010年 47,821人

姉妹都市

マンスフィールドは以下2都市と姉妹都市提携を結んでいる。

  1. ^ a b c American FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日.
  2. ^ a b c Brief History of Mansfield ... Beginning. pp.26, 36. The Mansfield Savings Bank Almanac. 1923年. 2015年9月6日閲覧.
  3. ^ History of Richland Country 1807–1880. p.237. A.A. Graham & Co.
  4. ^ History of Richland Country 1807–1880. p.272.
  5. ^ Baughman, A. J. Mansfield. CHAPTER L, History of Richland County. 1903年11月21日. 2015年9月6日閲覧.
  6. ^ Brief History of Mansfield ... Early Railroads. pp.42-43. The Mansfield Savings Bank Almanac. 1923年. 2015年9月6日閲覧.
  7. ^ Mansfield's Railroads. Mansfield Weekly News. 1887年12月22日. 2015年9月6日閲覧.}
  8. ^ a b Historical Weather for Mansfield, Ohio, United States of America. Weatherbase.com. 2015年9月5日閲覧.
  9. ^ Central Park in Downtown Mansfield. Mansfield/Richland County Convention and Visitors Bureau. 2015年9月5日閲覧.
  10. ^ Chase Bank Building. Emporis. 2015年9月5日閲覧.
  11. ^ Mayor. City of Mansfield. 2015年9月5日閲覧.
  12. ^ "ARTICLE IV - The Mayor", PART ONE - Administrative Code. Codified Ordinances of Mansfield, Ohio. City of Mansfield. 2014年12月15日.
  13. ^ "ARTICLE III - Council", PART ONE - Administrative Code. Codified Ordinances of Mansfield, Ohio. City of Mansfield. 2014年12月15日.
  14. ^ "ARTICLE V - President of Council", PART ONE - Administrative Code. Codified Ordinances of Mansfield, Ohio. City of Mansfield. 2014年12月15日.
  15. ^ Gibson, Campbell. Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places in the United States: 1790 to 1990. US Census Bureau. 2005年.
  16. ^ "15日に姉妹都市締結 田村市と米マンスフィールド市". 福島民報. 2007年5月2日.
  17. ^ Appeal for new Mansfield Sister Cities Association members. Chad. Mansfield, Nottinghamshire, England. 2014年5月19日. 2015年9月5日閲覧.

外部リンク

座標: 北緯40度45分17秒 西経82度31分22秒 / 北緯40.754856度 西経82.522855度 / 40.754856; -82.522855