リーゼ・マイトナー

リーゼ・マイトナー(Lise Meitner、1878年11月7日 - 1968年10月27日) はオーストリア物理学者である。放射線核物理学研究を行った。

来歴

リーゼ・マイトナー(左)とオットー・ハーン(右)

ウィーンユダヤ系の家庭に生まれた。ウィーン大学ルートヴィッヒ・ボルツマンの元で学んだ。学位を得た後、1907年からベルリンマックス・プランクオットー・ハーンと共に研究を始めた。ハーンとはその後30年間にわたり協同研究をおこなった。マイトナーの物理的知識とハーンの化学的知識とが補完しあって放射線の研究に成果をあげた。

1918年、新元素プロトアクチニウムを発見した。

1923年オージェ効果を発見した。

1938年、オーストリアがドイツに併合され、ナチスの迫害を避けるために、マイトナーはスウェーデンに移らざるをえなくなった。ストックホルムマンネ・シーグバーンのもとで原子物理の研究を続けたが、シーグバーンの女性に対する偏見のためもあって、充分な援助は受けられなかった。

同年、マイトナーはハーンから「ウラン原子核中性子を照射しても核が大きくならず、しかもウランより小さい原子であるラジウムの存在が確認された。何が起きているのか意見を聞きたい」という手紙を受け取った。マイトナーは、甥で物理学者であるオットー・ロベルト・フリッシュと共に核分裂が起きた事を証明して、連名で発表。関係者から賞賛された。なお、これが核兵器の開発につながっていく。

1944年ハーンはノーベル化学賞を受賞したが、ハーンはナチスの圧力に負けユダヤ人であるマイトナーを外した為、彼女は受賞を逸している。しかし、マイトナーは、核分裂の概念の確立者であるとされている。

1968年、イギリスで他界した。1982年に発見された109番の元素はマイトナーを記念してマイトネリウムと命名された。

評伝

  • シャルロッテ・ケルナー 『核分裂を発見した人―リーゼ・マイトナーの生涯』
平野卿子訳、晶文社、1990年ISBN 4794958870

Template:Link FA de

Template:Link FA