ルーシー (アウストラロピテクス)

ルーシー
Lucy blackbg.jpg
標本番号 AL 288-1
通称 ルーシー
アウストラロピテクス・アファレンシス
年代 320万年前[1]
発見場所 エチオピアアファール盆地
発見日 1974年11月24日
発見者 ドナルド・ジョハンソントム・グレイ
テンプレートを表示
ルーシー(複製)
ハダールの位置

アウストラロピテクスルーシーは、1974年11月24日エチオピア北東部ハダール村付近で発見された約320万年前の化石人骨である[1][2]アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の中で最初期に発見されたものの一つとして、また、全身の約40%にあたる骨がまとまって見つかったという資料上の貴重さから、広く知られている。

モーリス・テーブ (Maurice Taieb) を中心とする国際アファール調査隊 (the International Afar Research Expedition ; IARE) が発見し、当時流行していたビートルズの曲「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」にちなんで命名した。

ルーシーをはじめとするアファール猿人の化石人骨群が発見されたアワッシュ川下流域は、1980年ユネスコ世界遺産リストに登録された。

この猿人の発見は、類人猿に近い脳容量と人類に近い直立二足歩行を行なっていた痕跡を示す人骨という点で重要であり、さらに、人類の進化において脳容量の増大よりも二足歩行が先行していたことを裏付ける証拠にもなっている[3][4]。ただし、他の研究の結果は、アファール猿人が現代人の直接的な先祖ではないことを示唆している[5]

発見

フランスの地質学者モーリス・テーブ(Maurice Taieb、しばしばタイーブと書かれる)は、1972年にハダール累層 (the Hadar Formation) を発見したことを踏まえ、国際アファール調査隊を組織した。そこには、アメリカの人類学者で後にアリゾナ州立大学人類起源研究所 (Institute of Human Origins) の所長となったドナルド・ジョハンソン (Donald Johanson) 、イギリスの考古学者メアリ・リーキー (Mary Leakey)、フランスの古生物学者で後にコレージュ・ド・フランスに招聘されたイヴ・コパン (Yves Coppens) らが、共同責任者として招かれた。

調査隊は4人のアメリカ人と7人のフランス人を加え、人類の起源に関わる化石や加工品を求めて、1973年秋にハダール村付近を調査した[6]。第一次調査期間が終わりに近づいた1973年11月に、ジョハンソンは脛上端の骨を発見した。続いて大腿骨下端が発見され、それらを接合して復元した膝関節は、明らかに直立歩行するヒトのものであることを示していた[7]AL 129-1という分類番号が与えられたこの人骨が発見されたのは、翌年にルーシーが発見されることになる場所から約2.5 km の場所だった[8][9]

彼らは翌年に第二次調査期間に入り、ほどなく人類の顎の化石を発見した。そして、1974年11月24日を迎えた。ジョハンソンはこの日、調査記録の更新作業をするつもりだったのだが、教え子の一人で化石研究をしていたトム・グレイ (Tom Gray) とアワッシュ川近くの第162地点 (Locality 162) で発掘調査を行うために、予定を変更した[10]。そして彼らが焼けつくように暑くなっていく平原で2時間にわたって調査を行なったあと、ジョハンソンは遠回りになることをちょっと思い付き、すでにほかの調査員達が少なくとも2度は調査していた小さな谷川の底を見ようと、車を戻らせた。その底を一瞥した時には何も見付からなかったが、元の場所に戻ろうとした時にジョハンソンの視界は化石を捉えた。それはスロープにあった上腕骨の断片であり、その近くには後頭部の破片も見付かった。彼らは1 m ほど離れたところに大腿骨の一部も見つけ、さらに調査を重ねると、椎骨骨盤肋骨顎骨などの破片を次から次へと発見した。彼らはその場所に印をつけてキャンプに戻り、明らかに一体の猿人を構成する多くの骨の発見に沸いた[11][12][13]

メキシコにある複製

午後に調査隊は全員で谷川に向かい、発掘現場の区割りをし、3週間に渡ることになる注意深い発掘調査の準備をした。最初の晩には彼らはその発見を祝して夜通し騒ぎ、AL 288-1 (整理番号。AL はAfar Location 「遠い場所」の略)という番号をつけたその新しい化石人骨を「ルーシー」と名付けることにした。その日の騒ぎの中で、ビートルズの曲「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」がテープレコーダーから繰り返し流れていたからである[2]。ただし、当夜の騒ぎの中で、具体的に誰が提案してそう命名さることになったのかなどは分からなくなっている[11]

それからの3週間で、重複の一切ない数百もの骨の破片が見付かり、それらが一体の人骨だったという当初の憶測を裏付けた。調査隊はさらに分析を進め、それが全体の40%にもなることが分かった。この数字は人類学の世界では驚倒すべき水準なのである。それというのも、通常の化石人骨は断片しか見つからないものであるし、頭蓋骨や肋骨が完全な状態で見つかることなどは非常に稀だからである。

ジョハンソンは、完全に復元できた骨盤仙骨から骨盤の開き具合を判断し、これが女性の人骨であると考えた[2]。ルーシーは身長 1.1 m[14]、 体重29 kgで、一般的なチンパンジーに近いようにも見える。しかし、この小さな脳、骨盤、足の骨を持つ存在は、機能的には現代人と一致しており、確かに直立歩行していたことを示している[15]

ジョハンソンと、彼の同僚でカリフォルニア州出身の古人類学ティム・ホワイト (Tim White) は、発見された新たな人骨群、すなわちアウストラロピテクス・アファレンシスを、390万 - 300万年前に生きていたヒトとチンパンジーの最後の共通の祖先として位置づけた(より古いラミダス猿人の骨が発見されたのは、彼らの発見の20年後である)。チンパンジーの系統により近い人骨は、1970年代以降見つかってはいたが、人類の起源を研究する古人類学者たちにとっては、ルーシーは至宝の座にありつづけた。より古い人骨は断片で見つかるのが常であったため、二足歩行の段階や現生人類との関係についての確定的な結論を出すには至っていなかったからである。

ジョハンソンは、当時のエチオピア政府の合意を得て、クリーブランド (オハイオ州) に骨格標本を持ち帰ったが、9年ほど後に合意に従ってエチオピアに返却した。ルーシーは世間の耳目を集めた最初の化石人骨で、国際調査隊の一連の調査で発見された人骨の中では最も有名になった[16]。アファール猿人の段階に位置づけられている彼女のオリジナルの骨格標本は、現在アディスアベバにあるエチオピア国立博物館に保管されていて、石膏の模型が本物の代わりに展示されている[11]。オリジナルから型を採った複製は、アリゾナ州立大学人類起源研究所が所有しているほか[11]、再現された姿でクリーブランド自然史博物館 (Cleveland Museum of Natural History) にも展示されている[17]。アファール猿人やその先行者それぞれの生活ぶりを再現し、科学者たちが推定している行動や能力を示してくれるジオラマは、ニューヨークのアメリカ自然史博物館の人類生物学・進化ホール (Hall of Human Biology and Evolution) に展示されている。

ルーシーの発見以後も、1970年代を通じてアファール猿人の化石は発見されており、変異の範囲や性的二形 (sexual dimorphism) の問題について、より深く理解できるようになっている[11]

なお、1994年にはアファール盆地で身長120cmのラミダス猿人「アルディ」(Ardi) が発見され、最古の猿人は440万年前にまで遡ることになったが、その発見の詳細は2009年まで公刊されることがなかった[18][19]

年代の推定

化石の年代測定は1990年から1992年に、ルーシーの周囲にあった火山灰を放射年代測定の一種であるアルゴン-アルゴン法 (Argon-argon dating) にかけることで行なわれた。

アワッシュ盆地で発見された人骨を年代測定しようとする試みは、ルーシーが発見されるよりも前に、1973年から1974年にかけてカリウム-アルゴン法 (K-Ar dating) を適用して、ジェイムズ・アロンソン (James Aronson) の研究所(当時はCWRUにあり、のちにダートマスに移った)でも行なわれたことがあった。テーブやアロンソンによるそうした初期の試みは、年代を測定できる結晶の不足や、この地域の火山岩が化学的に変性していたりで、うまくは行かなかった。ルーシーの人骨はハダール地方でも堆積物が特に早く積み重なっていく場所で、そのことが彼女の人骨や火山灰の良好な保存につながった。

ハダールでのフィールドワークは1976年から1977年の冬に中断され、1990年になって再開された。その間にアルゴン-アルゴン法はデレク・ヨーク (Derek York) のおかげで正確さが向上していた。1990年から1992年に、アロンソンとロバート・ウォルター (Robert Walter) によって測定に適した火山灰の標本2件が発見され、人類起源研究所での年代測定の結果、322万年から318万年前と測定された[20]

年齢

ルーシー自身の年齢については、骨の状態から推測されている。その骨の特徴は成長を終えたものであることを示しているが、それほど高齢になっていなかったことを示している[11][16]。25歳くらいとする推測もある[21]。なお、死因は特定されていない[11][16]

顕著な特質

ルーシーの骨格には、次のような特質がある。

二足歩行の痕跡

ルーシーの最も印象的な特質のひとつは、外反足である。このことは、彼女が普通に二足歩行をしていたことを示している[22]

彼女の大腿骨は骨頭が小さく、骨頚が短い。それらは原始的な特徴ではあるのだが、一方で大転子は(大腿骨頭より高位にならず)明らかに短くなり、現生人類に近づいている。

彼女の大腿骨の長さに比べた上腕骨の長さの比は84.6%である。現代人の71.8%、一般的なチンパンジーの97.8%に比べると、アファール猿人の腕が短くなり始めているか、足が長くなり始めているか、あるいはその両方が同時進行しているかのいずれかを意味している。ルーシーには、別の二足歩行の指標といえる腰椎の前弯も見られる。偏平足とは異なる非病理的な平らな足を持っていたが、他のアファール猿人には反った足も見られる[23]

骨盤

ジョハンソンは、ルーシーの左の坐骨仙骨も復元することができた。仙骨の保存状態は明らかに良かったが、坐骨は歪んでいた。この二点からは、異なる特質が浮かび上がってくる。

仙骨は、iliac flareがほとんどなく、実質的にanterior wrapを持たないので、類人猿に近い腸骨を形成している。ただし、この復元には欠点もあることが明らかになった。もし右の腸骨が左と同じでなければ、恥骨上枝が接続できなかったはずだからである。

ティム・ホワイトによる坐骨の復元は、広いiliac flareを持ち、はっきりしたanterior wrapを示している。このことは、ルーシーが普通ではない寛骨臼内部のゆとりと、普通ではない長い恥骨上枝を持っていたことを意味する。彼女の恥骨弓は現代の女性に似て90度を超えている。しかしながら、彼女の寛骨臼はチンパンジーのそれのように小さく原始的である。

頭蓋

彼女の脳頭蓋は小さく原初的で、その上、類人猿よりも平たい犬のものに近かった。脳容量は375 - 500ccと推測されている。

1950年代から70年代には、類人猿のの容積の増大が人類への進化の引き金になったと考えられていた。ルーシー以前には、約800cc(のちに約500ccに修正)の脳の容積を持つSkull 1470と呼ばれる頭蓋骨が発見されていた。これは190万年前の化石であり、190万年前の類人猿の方が容積が大きかった。もし旧説が正しいのなら、人類は190万年前の類人猿から進化したと考えたほうが妥当だったはずだ、という批判が生じた。同じ190万年前なら、ルーシーの子孫はもっと進化しているはずだから、350万年前の人類と190万年前の類人猿を比較することは無意味な批判だが、いずれにしても、ルーシーはより古い化石人骨であり、かつ脳の容積は375 - 500ccであるというのに直立二足歩行をしていた。これらの事実は、旧説に見直しを迫る面もあった。

その他の発見

アファール猿人の多くの個体の下顎の構造を研究した結果、ルーシーの顎はほかの猿人のものにあまり似ておらず、むしろゴリラのような外観を備えていた[24]。研究者の中には、この顎の構造はアファール猿人をホモ属アウストラロピテクス・ロブストゥスの共通の先祖に位置付けるには派生的過ぎると考える者もいる[5]

マスコットキャラクター化

国立科学博物館では、文部科学省科学技術振興機構による「女子中高生の理系進路選択支援事業」委託業務でマスコットキャラクターに採用された。女性の大先輩であることにちなみ、2008年度から2009年度に行われた女子中高生向けイベント「ルーシーと私の楽しむカガクの時間」で使用された[25]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b Mother of man - 3.2 million years ago”. BBC Home. 2008年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c Johanson 1981, p. 22
  3. ^ Hadar. (2008). In Encyclopædia.
  4. ^ Stephen Tomkins (1998). The Origins of Humankind. Cambridge University Press. ISBN 0521466768. 
  5. ^ a b doi:10.1073/pnas.0606454104
    これはおそらく他の言語版からコピーされた出典です。日本語版では副テンプレートはまだ作成されていません。テンプレートページを開いて該当言語版からコピーする必要があります。通常英語版ページ
  6. ^ Johanson 1981, pp. 154–158
  7. ^ Johanson, Donald & Maitland Edey (1981), Lucy, the Beginnings of Humankind, St Albans: Granada, ISBN 0-586-08437-1, pp. 159-161
  8. ^ Letter from Donald Johanson, August 8, 1989 Lucy's Knee Joint
  9. ^ Johanson 1981, pp. 159–163
  10. ^ Johanson 1981, p. 18(なお、この文献では発見日時が1974年11月30日とされている)。
  11. ^ a b c d e f g アリゾナ州立大学人類起源研究所、Lucy's Story(英語、2011年7月10日閲覧)。
  12. ^ Institute of Human Origins”. 2007年8月30日閲覧。
  13. ^ Johanson 1981, pp. 20–21
  14. ^ Jungers, W.L. (1988). “Lucy's length: Stature reconstruction in Australopithecus afarensis (A.L.288-1) with implications for other small-bodied hominids”. American Journal of Physical Anthropology 76 (2): 227–231. doi:10.1002/ajpa.1330760211. PMID 3137822. 
  15. ^ Johanson 1981, pp. 20–22, 184–185
  16. ^ a b c Lower Valley of the Awash - UNESCO World Heritage Centre(2011年7月10日閲覧)
  17. ^ "Permanent Exhibits." www.cmnh.org. 3 January, 2007.
  18. ^ http://sciencenow.sciencemag.org/cgi/content/full/2009/1001/1
  19. ^ ルーシーよりも100万年前の先祖のラミドゥス猿人(アルディピテクス・ラミドゥス)のアルディ(女性)の全身骨格をエチオピアで2009年に発見、サイエンス誌掲載2009年10月。
  20. ^ Walter, Robert C. (1994). “Age of Lucy and the First Family”. Geology (GSA Publications) 22 (January): 6–10. http://geology.gsapubs.org/content/22/1/6.abstract?sid=ce1fb3b0-3e97-4b33-95fa-795e10ba1630. 
  21. ^ 世界遺産アカデミー 『世界遺産学検定公式テキストブック (3)』 講談社、2006年、p.276
  22. ^ Stern, Jack T. Jr. and Randall L. Susman (1983), The Locomotor Anatomy of Australopithecus afarensis, Journal of Physical Anthropology, 60:279-317.
  23. ^ DeSilva, J. and Zachary Throckmorton (2010), Lucy's flat feet: the relationship between the ankle and rearfoot arching in early hominins, PLoS ONE, 5:12:e14432.
  24. ^ doi:10.1007/BF02380881
    これはおそらく他の言語版からコピーされた出典です。日本語版では副テンプレートはまだ作成されていません。テンプレートページを開いて該当言語版からコピーする必要があります。通常英語版ページ
  25. ^ ルーシーとは?│ルーシーと私の楽しむカガクの時間

参考文献

  • Johanson, Donald; Edey, Maitland (1981). Lucy, the Beginnings of Humankind, St Albans: Granada. ISBN 0-586-08437-1.
  • Jungers, W.L. (1988). "Lucy's length: Stature reconstruction in Australopithecus afarensis (A.L.288-1) with implications for other small-bodied hominids", American Journal of Physical Anthropology, 76 (2) pp.227–231
  • Stephen Tomkins (1998). The Origins of Humankind, Cambridge University Press. ISBN 0521466768.

関連文献

関連項目

外部リンク