中田厚仁

中田 厚仁(なかた あつひと、1968年1月10日 - 1993年4月8日)は、元国際連合カンボジア暫定統治機構(UNTAC)選挙ボランティアカンボジアコンポントム州で選挙監視員として活動中に殺害された[1]大阪府東大阪市出身。大阪大学法学部卒業。父は国連ボランティア終身名誉大使の中田武仁。

経歴

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所・第一強制収容所正門

1968年1月、大阪府に生まれる。商社に勤務していた父武仁の転勤に伴い、1976年から1980年までの4年間をポーランドで過ごした。1977年アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を訪れたことをきっかけに平和に関心を抱き、国際連合で働くことを希望するようになった[† 1][2]1987年4月に大阪大学法学部に入学し、国際法を専攻[3]

大学卒業後の1992年5月、中田は国際連合カンボジア暫定統治機構(UNTAC)が募集した、1993年5月にカンボジアで実施予定の総選挙を支援するボランティアに採用され、7月にカンボジアへ渡った。この募集は社会人経験者を対象としたものであり、大学を卒業したばかりで採用されるのは異例のことであった[4]。中田はクメール・ルージュとカンボジア政府との衝突が激しい地域への赴任を自ら望み、9月からコンポントム州プラサットサンボ郡へ選挙監視員として赴任した。中田は郡内の村を回り選挙に関する説明や選挙人登録など、選挙実施に向けた活動を行った[5]

1993年4月8日、中田はプラサットサンボ郡を自動車で移動中に何者かによって拘束・射殺された。至近距離から左胸に2発、後頭部に1発被弾し、即死したとみられる[6][† 2]。救援を要請した無線での最後の言葉は「I'm dying(私はもうすぐ死ぬ)」であったと伝えられている[7][8]4月11日プノンペンで葬儀と追悼式が営まれ、遺体は火葬された[9]4月17日には日本(大阪府吹田市)でも追悼式が営まれた[10]

殺害の経緯

4月8日午前7時ごろ、中田は国際連合ボランティア(UNV)の会議に出席するため、カンボジア人通訳のレイ・ソク・ピープとともにプラサットサンボ郡コンポンチュテルから、州都コンポントムに向けて車で出発した[11][12]。同、7時30分ごろに、プラサットサンボ郡選挙監視本部に「民主カンボジアとみられるグループに停止命令を受けて拘束された」という無線連絡が入れられた[11][13]。7時55分、「ポル・ポト派が攻撃してきた」「我々は撃たれた。助けてくれ」という連絡を最後に無線が途切れた[11]

その後、コンポントムの北東30キロの場所で車が発見され、中田とレイは車外で倒れた状態であった[11]。中田は既に死亡しており、レイは息があったためプノンペンの病院へと運ばれたがまもなく死亡した[11]

この事件に関してUNTACは4月28日、「投票業務のための現地スタッフ採用[† 3]を巡ったトラブルから発展した単独犯の疑いが強い」と発表し、当初予測されていたポル・ポト派の関与を否定した[14][15][16]。しかし、UNTACのこの発表に対し、UNVや文民警察官の中には懐疑的な目を向ける者も存在している[16]


死後

総選挙の実施

中田の殺害を受けて、選挙ボランティアの中には任務の続行を断念して帰国する者が現れた。また任務を続行したものの殺害予告を受け、赴任地からの避難を余儀なくされる者もいた[17]。しかし総選挙の実施そのものに影響が出ることはなく、5月23日から28日にかけて投票が行われ、翌6月1日に開票作業が終了した。中田が赴任していたプラサットサンボ郡の投票率は99.9%を記録した。投票箱の中からは投票用紙以外に、中田を追悼する内容の手紙が複数発見された[18]

中田の名を冠した活動

ナカタアツヒト・コミューン

1995年、中田が殺害された現場一帯が開発され、周辺の7つの村を併合した新たな村が建設されることになった。村人の多くは中田のことを記憶しており、協議の結果村名は「ナカタアツヒト村」に決まった。これを受けてカンボジア政府は村名を「ナカタアツヒト・コミューン」と公式に定め、同時に中田をコンポントム州の最高名誉州民とした[19]1998年には中田の父武仁が日本で集めた募金[† 4]をもとに村に小学校が建設され、「ナカタアツヒト小学校」と名付けられた[20]。小学校の敷地内には中田の名前の頭文字Aを模ったモニュメントが設置されている[21]。さらに村では中田の功績を讃える歌が作られた[22]

基金

1993年12月、中田の遺族が中心となり、海外で活動するボランティアを支援する目的の特定公益信託「中田厚仁記念基金」が設立された。基金から報奨金を授与された者の中には中田とともに銃撃され死亡したレイ・ソク・ピープも含まれている[23]。また、中田は大学時代にロータリークラブの奨学生となり、1989年9月から1年間アメリカ合衆国アイオワ州のグリネル大学(Grinnell College)へ留学した経験がある[24]が、同大学には卒業生のポール・ミリオラトによって中田の名前を冠した奨学基金が設立された[25]

中田厚仁記念文庫

中田の母校である大阪大学は1994年、大学図書館に中田厚仁記念文庫を設置した[26]

父・武仁の活動

中田の父武仁は国際連合ボランティア(UNV)の要請を受け、1993年6月から2008年4月まで国連ボランティア名誉大使としてボランティア精神普及のための活動を行った[† 5][† 6][27]1996年、武仁は2001年をボランティア国際年とするよう提案し、1997年国連総会で承認された[28]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 後に中田は、カンボジアの選挙ボランティアに参加した動機の原点が少年時代にアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を訪れたことにあると語っている。
  2. ^ 近藤は「背中に3発、額の中央に1発の計4発」としている。(近藤1994、165頁)
  3. ^ 近郊に住むカンボジア人たちの年間平均所得が100-200ドルであるのに対し、現地スタッフは平均200ドルの月収が見込まれていたため、応募者が殺到した。(近藤1994、168頁)
  4. ^ この募金はもともとは1996年に起こった洪水からの復興のために集められたものだった。
  5. ^ 具体的な職務内容は定められておらず、武仁は自らの意思で活動を行った。
  6. ^ 退任後は「終身名誉大使」としてUNVに協力。

出典

  1. ^ 近藤1994、163頁。
  2. ^ 中田1995、69頁。
  3. ^ 中田1995、86頁。
  4. ^ 中田1995、69・117-121頁。
  5. ^ 中田1995、11-12頁・121-124頁。
  6. ^ 中田1995、25頁。
  7. ^ 中田1995、142頁。
  8. ^ 中田2001、30頁。
  9. ^ 中田1995、128-135頁。
  10. ^ 中田1995、157-158頁。
  11. ^ a b c d e 近藤1994、164頁。
  12. ^ 中田1995、141-146頁。
  13. ^ 明石1994、67頁。
  14. ^ 中田2001、33頁。
  15. ^ 中田1995、149-150頁。
  16. ^ a b 近藤1994、168頁。
  17. ^ 福永1994、243-244・250-255頁。
  18. ^ 中田2001、41頁。
  19. ^ 中田2001、60-61頁。
  20. ^ 中田2001、62-69頁。
  21. ^ 中田2001、65頁。
  22. ^ 中田2001、69-74頁。
  23. ^ 中田1995、164-172頁。
  24. ^ 中田1995、86-97頁。
  25. ^ 中田1995、95-96頁。
  26. ^ 中田厚仁記念文庫が設置されました 大阪大学図書館報 Vol.28, No.2/3(通巻115/116号)、1994年11月30日。(2009年4月15日閲覧)
  27. ^ ボランティアは生きる証し 中田国連名誉大使が退任四国新聞社全国ニュース、2008年4月28日付。(2009年4月15日閲覧)
  28. ^ 中田2001、48-58頁。

参考文献

  • 明石康『忍耐と希望 - カンボジアの五六〇日』朝日新聞社、1995年。ISBN 4-02-256895-X
  • 近藤順夫『カンボジアPKO - ゆれ動いた372日』日本評論社、1994年。ISBN 4-535-58179-7
  • 阪口直人『心にかける橋 カンボジアに見た夢 - 国連ボランティア12カ月』学陽書房、1994年。ISBN 4-313-81081-1
  • 中田武仁『息子への手紙』朝日新聞出版、1995年。ISBN 4-02-256863-1
  • 中田武仁『私は国連ボランティア 息子厚仁の遺志を継いで』中央公論新社、2001年。ISBN 4-12-003206-X
  • 福永美佐『カンボジア元気日記 国連ボランティア奮闘330日』新潮社、1994年。ISBN 4-10-400801-X

関連項目