九十九王子 (田辺市本宮町)

九十九王子の旧蹟(くじゅうくおうじのきゅうせき)では、熊野九十九王子社の旧蹟のうち、和歌山県田辺市市内・旧本宮町域内に所在する旧蹟について述べる。

九十九王子とは

詳細は九十九王子を参照

九十九王子(くじゅうくおうじ)とは、熊野古道、特に紀伊路・中辺路沿いに在する神社のうち、主に12世紀から13世紀にかけて、皇族・貴人の熊野詣に際して先達をつとめた熊野修験の手で急速に組織された一群の神社をいい、参詣者の守護が祈願された。

しかしながら、1221年承久3年)の承久の乱以降、からの熊野詣が下火になり、そのルートであった紀伊路が衰退するとともに、荒廃と退転がすすんだ。室町時代以降、熊野詣がかつてのような卓越した地位を失うにつれ、この傾向はいっそう進み、近世紀州藩の手による顕彰も行なわれたものの、勢いをとどめるまでには至らなかった。さらに、明治以降の神道国家神道化とそれに伴う合祀、市街化による廃絶などにより、旧社地が失われたり、比定地が不明になったものも多い。

本記事では、これら九十九王子のうち、比定地が和歌山県田辺市、なかでも旧本宮町域に推定され、旧蹟のみとなっている王子を扱う。

碑と町石

中辺路のうち、滝尻から本宮までの区間(旧中辺路町域および旧本宮町町域に重なる)の王子旧蹟には、以下のような特徴的な遺構が見られる。

ひとつは、緑泥片岩の碑である。上述のような事情から、江戸期にはすでに多くの王子は廃絶し、跡地のみとなっていたものがほとんどであった。それらの王子を顕彰するために、1723年享保8年)、当時の紀州藩が造立したのが、それらの緑泥片岩碑である。それらの碑の多くはは今日でも見ることが出来る。

もうひとつは、石英粗面岩製の町石卒塔婆である。町石卒塔婆とは、一般に、山地の寺院への参道に1(約109.09m)ごとに建てられたもので、道標の役割を果たした。自然石を転用したものもあるが、多くは五輪卒塔婆または笠塔婆の形式を採り、上部に本尊の梵字、下部に町数、側面や背面に造立年月日や願主名が彫られる。1109年天仁2年)の藤原宗忠の参詣記には本宮までの町数を示した卒塔婆(「三〇〇町蘇屠婆」)の存在に言及がある(滝尻から本宮まではおおよそ300町=32km、実際には約37kmある)が、これは木製のものであったようだ。現存する町石卒塔婆は、様式からして鎌倉時代後期のものとみられ、承久の乱後に荒廃した熊野参詣道の整備を鎌倉幕府は幾度か行った際のものである。今日その姿を見ることが出来るものはその時期に建てられたものであるが、現存するものは少ない。

史料

頻出する史料については以下のような略号で示す。

史料略号一覧
略号著者年代注記
『中右記』 藤原宗忠 1109年
天仁2年)
中右記
『愚記』 藤原定家 1201年
建仁元年)
「熊野道間乃愚記」(『明月記』所収)。後鳥羽院参詣記。
『承元参詣記』 藤原頼資 1210年
承元4年)
修明門院参詣記。
『縁起』 仁和寺(蔵) 1326年
正中3年 / 嘉暦元年)
『熊野縁起』
『王子記』 沙門蓮春 1474年
文明5年)
『王子記』。別名『九十九王子記』とも。「九十九王子」の語の初出史料。
『郷導記』 児玉荘エ門(児玉荘左衛門) 1688年元禄元年)?~
1703年(元禄16年)?
紀南郷導記
『道中記』 鳥居源之丞 1722年享保7年) 『熊野道中記』。おそらく紀州藩主の参詣のための予備調査記録。九十九王子の所在地や社殿の有無に詳しい。
『続風土記』 仁井田好古ほか(編) 1806年文化2年)~
1839年天保10年)
紀伊続風土記』。全195巻(藩領地誌97巻、古文書集17巻、高野山関係81巻)からなる、近世後期和歌山の地誌書。

田辺市本宮町の九十九王子旧蹟

田辺市本宮町域内の九十九王子旧蹟は6社。うち、発心門湯の峰の2社は別項を参照。

三越峠を越え、奥熊野に入った参詣道は、山を下り音無川の最上流部の渓流に沿うように東進する。この峠と湯の峰を短絡する尾根道に沿った赤木越(あかぎごえ)というルートが近世以降使われるようになったが、現在では三越峠側に崩落箇所があり、全行程をたどることは出来ない。

猪鼻王子

猪鼻王子

猪鼻王子(いのはなおうじ)は、三越峠一帯を源流とする音無川(おとなしがわ)の河畔にある。本宮町萩から三越峠を結ぶ林道が拓かれ、参詣道の跡はとどめられておらず、王子址には林道から河原に下りて行かねばならない。現在ではわずかに紀州藩の碑が残るのみである。

『中右記』では、谷川を数度わたって猪鼻王子に着いたとあり、『承元参詣記』にも同様の記述があるが、その後の熊野詣の衰微に伴って廃絶した。『郷導記』にも、谷川にかかる板橋をわたりながら進んだとあり、ほとんど道筋に変化が無かったことが分かる。次の発心門王子までは、猪鼻王子からごく近いところから山道を登って行った様が伝えられているが、現在ではその跡をたどることはできない。

  • 所在地 田辺市本宮町三越字猪鼻1811

発心門王子

発心門王子については発心門王子を参照

水呑王子

水呑王子碑

発心門王子から林道を下って、小集落の中を抜けてゆくと本宮町萩に出る。集落のなかの道を進み、右手に分かれる林道に上がって2km弱のところに水呑王子(みずのみおうじ)旧蹟があり、緑泥片岩碑が立っている。

和歌山県聖蹟』では『愚記』を根拠に水飲王子の名を採り、現在もその名で呼ばれているが、中世の参詣記(『中右記』『愚記』)には内水飲王子と明記されており、『縁起』や『王子記』も同様の王子名を記録していることから、16世紀末頃までは内飲水と呼ばれていたことがわかる。古くは、中辺路町(現・田辺市内)高原にも「水飲」なる地名があったと『中右記』にある。高原の水飲の所在地は不明ながら、『縁起』や『中右記』の記述からすると本宮から3日行程と見られることから大門王子の近辺と推定されている。これら2つの地名を区別するため、また、発心門のうちにあって本宮に近いことからこのように呼ばれたようである。

『続風土記』には「水呑王子」の名が見られることから、現在の名が定着したのは遅くとも江戸時代以降と見られる。現在地は、三里小学校三越分校の校地跡であり、校地の工事のために少なくとも2度、移動させられている。

  • 所在地 田辺市本宮町三越字大横手1416-1

伏拝王子

分校跡地からすぐに参詣道跡は地道を辿る。植林地の中に続く道を抜けて伏拝の集落に出て、坂道を登り切ったあたり、伏拝字茶屋に伏拝王子(ふしおがみおうじ)がある。

中世参詣記にはその名は見えず、『縁起』や『王子記』にも名が見られない。成立時期は相当遅いものと見られ、『王子記』に、和泉式部供養塔とともに「伏拝村」はずれの道の左側にある、と述べられているのが初出である。もともとは両者は離れた場所にあったが、現在では両者とも道の右側、古道と農道に挟まれた丘の上に移されている。

和泉式部供養塔は、徳川頼宣が寄進したものである。笠塔婆の上に宝筐印塔の塔身と蓋を積み上げたものであり、1239年(延応元年)の銘がある。この供養塔はいくつかの理由から、町石のひとつであったと考えられている。ひとつは上述のような形態がそれである。もうひとつは、伏拝王子の周辺の旧地名である。この近辺から本宮大社までの距離はほぼ1(4km)に相当することから、伏拝王子の現所在地までの60mほどの坂道は一里坂と呼ばれていた。供養塔はもともとこの坂の途中にあったものであることである。

長く厳しい参詣道を歩いてきた参詣者たちが、熊野川と音無川の出会うところにある熊野本宮大社の旧社地(大斎原)の森を、はじめて望むことができたのがこの地である。

  • 所在地 田辺市本宮町伏拝字茶屋続157

祓戸王子

祓戸王子祠

伏拝王子を過ぎると道は再び地道が続き、本宮町九鬼で小辺路と合流する。この場所にはかつて関所があり、茶屋が設けられていたことから三軒茶屋跡とも呼ばれる。尾根伝いの道を進んで最後の坂を下りきり、団地の中を抜けて、やがて右側に小さなドーム状の樹叢が見えてくる。この樹叢に守られるように立つのが祓戸王子(はらいどおうじ、史料によっては「祓殿」「祓所」などの別表記あり)である。ここから本宮大社の旧社地まではわずかな距離しかなく、他の王子とは異なる性格をもつ、すなわち、参拝の直前に身を清める潔斎所としての性格を帯びていたと見られる。

江戸時代の神社誌『南紀神社録』には王子社と天神社が現在地にあったと伝えており、さらに『官幣大社熊野坐神社年表』には、1907年明治40年)に摂社産土田神社を末社祓戸天神社に移したとあり、社の性格は定まらない。旧くは樹叢そのものが、潔斎所としての性格を帯びていたものが、王子社に転じたものと考えられる。

木立の左側には、明治初期まで医王寺という寺院があった。『愚記』10月16日条に、発心門を発った後鳥羽院一行の到着を待つ間に休息をとった地蔵堂の跡地でもある。現在では、道の傍らにある石仏がわずかにその痕跡を伝えている。

  • 所在地 田辺市本宮町祓戸1077

湯の峰王子

湯の峰王子については湯の峰王子を参照

参考文献

  • 宇江敏勝、2004、『世界遺産熊野古道』、新宿書房 ISBN 4-88008-321-6
  • 熊野路編さん委員会、1973、『古道と王子社:熊野中辺路』、熊野中辺路刊行会(くまの文庫4)
  • 西 律、1987、『熊野古道みちしるべ:熊野九十九王子現状踏査録』、荒尾成文堂(みなもと選書1)

関連項目

外部リンク