二階堂トクヨ

二階堂 トクヨ
人物情報
全名 二階堂 トクヨ
別名 小笠原トクヨ(養子として)[1]
桜菊女史(筆名)[2]
二階堂登久[3]
生誕 二階堂 トクヨ
(1880-12-05) 1880年12月5日
日本の旗 日本宮城県志田郡桑折村[4](現・大崎市三本木桑折)
死没 (1941-07-17) 1941年7月17日(60歳没)
日本の旗 日本東京府東京市四谷区信濃町(現・東京都新宿区信濃町) 慶應義塾大学病院[5]
胃ガン[3]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京女子高等師範学校文科[4]
配偶者 なし[6]
両親 父:二階堂保治[4]
母:二階堂キン[4]
養父:小笠原貞信[7]
子供 二階堂美喜子(養女)[8]
学問
時代 明治 - 昭和
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 体育学
研究機関 東京女子高等師範学校二階堂体操塾
主な指導学生 人見絹枝[9]
称号 勲六等瑞宝章[4]
主な業績 日本へのホッケークリケットの紹介[10]
主要な作品 『体操通俗講話』、『足掛四年』
テンプレートを表示

二階堂 トクヨ(にかいどう トクヨ、1880年12月5日 - 1941年7月17日)は、宮城県大崎市(旧三本木町)出身の教育者日本女子体育大学創設者[9][10]。「女子体育の母」と称される[9]

経歴

体操嫌いの文学少女(1880-1904)

1880年(明治13年)12月5日宮城県志田郡桑折村(現・大崎市三本木桑折)にて父・保治、母・キンの長女として生まれる[4][11]。三本木は豊かな自然に囲まれた山あいの里であり、トクヨはどんな花の名所よりも美しいと讃える歌を残している[12]1887年(明治20年)、父の赴任地・松山の松山尋常高等小学校(現・大崎市立松山小学校)に入学するが、間もなく父の転勤により三本木尋常高等小学校(現・大崎市立三本木小学校)に転校する[12]。三本木小では尋常科4年・高等科4年の計8年間学び、成績は普通であったが、「女子には高度な学問は不要」と考える当時の風潮[注 1]からすると、高等科をきっちりと卒業させた二階堂家は教育熱心であったことが窺える[12]。高等科4年生(1894年=明治27年)の夏休みに叔父の佐藤文之進(仙台市立立町小学校教師)から『日本外史』を習ったことで学問に目覚め[14]、文学少女に成長した[4]。なお、小学校時代の8年間、トクヨは体操体育)の授業を受けたことがなかった[15]

1895年(明治28年)に三本木小高等科を卒業し、予備講習会を経て、同年11月10日尋常小学校本科准教員の免許を取得する[16]。地元の三本木小学校に就職し、坂本分教場で准教員となった[17]。坂本分教場では老教師が教えていたため、「鬼ごっこをしましょう」と誘う15歳の「二階堂先生」の出現に児童は驚いた[17]。分教場での教師生活を続けるうちに更に上級学校へ行って学問を身に付けたいという思いが募ったが、宮城県尋常師範学校(宮城師範、現・宮城教育大学)は女子部を廃止しており、トクヨは進学ができなかった[18]。しかしトクヨは諦めず、全く縁のない福島民報に手紙を送って福島県尋常師範学校(福島師範、現・福島大学人文社会学群)への入学の斡旋を依頼した[19]。福島師範には福島県民でないと入学できなかったことから、戸籍養子縁組すれば面倒を見るという返事を受け取ったトクヨは、これを受諾して1896年(明治29年)3月に福島民報の社長小笠原貞信の養女となり、小笠原トクヨを名乗った[7]。こうして同年4月に福島師範へ入学、1899年(明治32年)3月に高等小学校本科正教員の資格を得て卒業[注 2]した[20]。卒業後の赴任地は安達郡油井村の油井尋常高等小学校(現・二本松市立油井小学校)で、トクヨは訓導として尋常科2年生の担任になった[21]。担任クラスには長沼ミツという児童がおり、その姉で高等科1年生の智恵子とも親しくなった[22]。智恵子とは、後に高村光太郎の妻になる高村智恵子のことであり、下宿を訪ねたり、一緒に安達ケ原を散歩したりするなどトクヨに懐いていた[22]

1900年(明治33年)4月、油井小を休職し、女子高等師範学校(女高師、現・お茶の水女子大学)文科に入学する[23]。当時の女高師は高嶺秀夫が校長を務め、和歌尾上柴舟、体操の坪井玄道をはじめ、安井てつ[注 3]後閑菊野らの授業を受けた[26]。トクヨは特に尾上柴舟の授業に魅了され、自作の歌を褒められて「小柴舟」の名をもらうほどであった[27]。一方で体操の授業には全く関心がなく、欠課や見学など何とか授業に出ないようにしていた[28]

女高師時代のトクヨは毎年学年末に不運に見舞われるというジンクスがあった[28]。1年生の時は足裏の怪我が原因で骨が腐って40日の闘病生活を送り、2年生はチフスに感染して4か月間茅ヶ崎の病院に入院、3年生は養父・小笠原貞信が死去、4年生は実父・保治が死去した[29]。このうち1・2・4年生の時には学年末試験を受けることができなかった[30]。本来、試験を受けなければ進級できないが、トクヨは成績が良かったからか、試験免除で進級している[30]。特に4年生の試験は卒業がかかったものであり、トクヨは留年覚悟であったが、学校は試験を免除し卒業を認めた[30]。こうして1904年(明治37年)3月、教育倫理・体操・国語地理歴史漢文の7科目の師範学校女子部・高等女学校の教員免許を取得して女高師をストレートで卒業した[31]

体操教師への覚醒(1904-)

女高師の卒業後は教師となり、最初の赴任先は石川県立高等女学校(現・石川県立金沢二水高等学校)であった[31]。赴任前に「主として体操科を受け持ってほしい」という私信を受け取っていたが、トクヨは何かの間違いだろうと思い、最初の校長[注 4]からの言葉でそれが事実だと知ると絶句した[34]。本業の国語の教師は十分いる一方、体操の免許を持った教師は不足していたから[注 5]であった[31]。体操のことを「義理にもおもしろいとは云えぬ代物」、「怒鳴られて馬鹿馬鹿しい」、「およそ之れ程下らないものは天下にあるまい」と酷評していたトクヨにとって体操教師を命じられたことは不本意であるばかりでなく、大恥辱である、世間に対して面目を失う、とまで思っていた[36]。しかし、女高師の卒業生は5年間任地で教職を全うする義務を負っていたこと、女高師時代のジンクスから翌1905年(明治38年)の春に自分は死ぬのだろうと思っていたことで、決死の覚悟で体操を教えることにした[37]。最初は週13時間の授業に身も心も疲弊したが、数か月すると自身の体調が良くなっている[注 6]ことを発見し、夏には井口阿くり[注 7]が講師を務める3週間の体操講習会を受講し、スウェーデン体操を学んだ[42]

井口の講習を受けたトクヨは素人では到底教えられないと痛感し、体操を学びたいと思うようになった[43]。幸運にも、体操専門学校を卒業したカナダ人宣教師のミス・モルガンが金沢市キリスト教を布教しに来ていたため、トクヨは1日おきに30分の個人レッスンをモルガンの家の庭で受け始めた[44]。モルガンの教える体操はスウェーデン体操をドイツ体操を混合した独自のもので、指導のうまさと相まって、トクヨはどんどん体操にのめり込んでいった[45]。ついには石川県立高等女学校の全生徒を対象に週28時間もの体操の授業を受け持つ[注 8]に至り、石川県の郡部を回って小学校教師向けに体操の実地指導を行うようになった[47]。この頃の教え子に時の石川県知事村上義雄の娘がおり、父娘ともどもトクヨの体操に魅了され、知事の後ろ盾を得て運動会ではプロの楽隊を入れて体操を行うという企画を行ったり、生徒を男役と女役に分けてカドリーユを踊らせたりした[48]。この運動会では、入場券を得られなかった第四高等学校(現・金沢大学)の学生が塀を乗り越えて乱入し、警察官が監視に当たるほどの大変な評判を呼んだ[48]

1907年(明治40年)7月、トクヨは高知県師範学校(現・高知大学教育学部)への出向を命じられた[49]。しかし高知市に来てすぐにマラリアに感染し、入院を余儀なくされた[49]。教諭兼舎監に着任し、歴史1時間、体操18時間を受け持った[49]高知県でもトクヨは体操講習会を開き、その模様は土陽新聞(現・高知新聞)に取り上げられた[50]。この頃トクヨは、自身がスウェーデン体操を教えているつもりであったが、実際には金沢では第9師団、高知では歩兵第44連隊で行われていた軍隊式訓練を見よう見まねで教えていたのであった[51]。軍人からは「女軍の一隊だ」などと言われたことに当時のトクヨは得意げだったが、後に振り返って「之れ等を思へば総べて漸死の種なり」と綴っている[51]1909年(明治42年)7月31日、トクヨは二階堂姓に戻った[52]1910年(明治43年)末、トクヨは母校の東京女子高等師範学校[注 9](東京女高師)の体操科研究生になることを願い出た[53]。この願い出は後に取り下げるが、次には宮城師範への転任の話が舞い込み、更に母校・東京女高師からは助手就任の勧めが来て、また別の学校からも就任依頼が届いた[54]。トクヨはこの中から東京女高師の職を選び、高知師範を辞して[55]1911年(明治44年)春に東京女高師助教授に着任した[40]。トクヨはこの時30歳で、異例の抜擢となった[40]

東京女高師での仕事は、6時間の授業と井口阿くり・永井道明両教授の補佐であった[55]。ところが井口は同年7月に藤田積造と結婚して退職した[注 10]ため、トクヨは井口の後任として女子体育の指導者の重責を負うことになった[55]。その後イギリス留学するなど体操科の勉強に励んだ。イギリスに派遣された日本女性の体育留学生は井口阿くり以来2人目であった[56]1915年(大正4年)に東京女子師範学校教授となり、第六臨時教員養成所教授を兼任する[4]

1922年、私財を投げ打ち、日本女子体育大学の前身となる「二階堂体操塾」を開いた[4]。塾生には1928年のアムステルダムオリンピックに日本女子選手として初出場し、陸上800m走で同じく日本女子史上初となる銀メダルを獲得した人見絹枝がいた[9]

1941年(昭和16年)4月7日、日本女子体育専門学校の入学式の朝に倒れ、東京海軍共済組合病院(現・東京共済病院)に入院、後に本人の希望で慶應義塾大学病院に転院した[3]。病名は胃ガンで、ほかに糖尿病白内障などの持病があった[3]。入院中、日本女子体育専門学校の生徒や卒業生は看病や見舞い、輸血を申し出たが、一切断っている[57]。同年7月17日午前1時40分に死去、60歳であった[58]。生涯独身であった[6]

死後、勲六等瑞宝章が贈られた[4]。墓所は築地本願寺和田堀廟所[4]

顕彰

郷里の三本木にある大崎市三本木総合支所には、トクヨの胸像が設置されており[10]2019年3月17日には二階堂トクヨ先生を顕彰する会と館山公園を復活させる会が協同してトクヨを顕彰する看板を設置した[9]。また、母校の三本木小学校では、2018年(平成30年)より校内縄跳び大会を「二階堂トクヨ杯」と銘打って開催し、「二階堂トクヨ先生を顕彰する会」の会員も観覧に来ている[59]

トクヨが創設した日本女子体育大学では、学部1年生の教養演習でトクヨの生涯について見識を深める授業を行っている[60]。この授業は従来、テキストを読んで問いに答えるという「テストの読解問題」のような形式[注 11]をとっていたため学生から不評であったが、2012年(平成24年)に外部講師を招いて、学生がシナリオ作りをするという方式で開講したところ、学生がトクヨに人間としての生き生きとしたイメージを持つようになったという[60]

親族

  • 父方の祖父:二階堂清三郎
    • 元・仙台藩士[61]。二階堂家は須賀川発祥の由緒ある家柄であると清三郎は語っていたが、真偽は謎で二階堂氏との関係も不明である[62]戊辰戦争の折に伝家の宝刀を抜こうとしたが、引き上げ命令が出たため、使うことはなかった[63]明治維新以後は桑折村合の沢で開拓農民となり、農閑期に刀剣磨きや「雉子おき」作りの副業をしていた[63]
  • 父方の祖母:二階堂やえ[64]
  • 父:二階堂保治(やすじ)[65]
    • 幼少期から書を好み、20歳頃に志田・玉造郡役所書記に就任、松山戸長を経て三本木に戻り、戸長・村長を務める[65]。しかし途中で挫折し、酒に溺れ、一家離散の原因を作った[66]1904年(明治37年)、48歳で死去[67]
  • 父方の叔母:佐藤トリノ[64]
  • 父方の叔父:佐藤文之進[13]
    • トリノの夫で小学校教師[13]。トクヨに『日本外史』を教え、トクヨの勉学の才能を開花させた[13]
  • 母方の祖父:小梁川正之助[67]
    • 元・藩士、士族[67]。トクヨの福島師範進学の際にトクヨに付き添い、養父となる小笠原に挨拶している[1]黒川郡大松沢村(現・大郷町)新田に居を構えた[67]
  • 母:二階堂キン[67]
    • 小梁川正之助の長女[67]。18歳で保治と結婚する[66]。気丈で男勝りな性格であり、畑仕事は得意であったが文字は読めず、裁縫もできなかった[67][68]。しかし字面の雰囲気でほぼ正確に内容を読み取り、古川の裁縫塾に通って裁縫を身に付けたという[67][68]。夫亡き後は1人で家を支え、後に二階堂体操塾の運営も手助けした[67]。1943年(昭和18年)、85歳で死去[67]
  • 養父:小笠原貞信[7]

著書

  • 體操通俗講話』東京寶文館、1917年8月31日、776頁。全国書誌番号:43009663
    • 表紙の著者名は「二階堂豊久」名義(奥付は「二階堂トクヨ」)。書名の「通俗」は一般向けに啓蒙する、という意味合いで付されたが、後に古い学説に囚われた頭の固い専門家は対象外である、という意味を帯びるようになっていった[69]
  • 足掛四年 英國の女學界』東京寶文館、1917年9月26日、392頁。全国書誌番号:43010445
    • 表紙の著者名は「櫻菊女史」名義(奥付は「二階堂トクヨ」)。留学の記憶がまだ鮮明に残っている時期に執筆され、読み物風の体裁から、留学経験を生々しく伝えるものである[70]
  • 男女幼學年兒童に科すべき模擬體操の實際』東京敎育研究會、1918年5月22日、151頁。全国書誌番号:43009681
    • 著者名は表紙・奥付ともに「二階堂豊久」名義。

その他

東京女子高等師範学校の生徒時代には安井てつの指導を受けた[56]。安井は後に二階堂体操塾の理事を務めることでトクヨを支えた[56]

金沢で初めて洋服を着た人であると言われている[40]

二階堂が油井尋常高等小学校(現・二本松市立油井小学校)で訓導をしていた頃に親しくなった高村智恵子は、後に高村光太郎と結婚し、二階堂のイギリス留学に際して2人で横浜港まで見送りに行っている[71]

イギリス留学で学んだスポーツの普及に努め、クリケットホッケー日本に初めて紹介した[10]

演じた人物

脚注

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 三本木小高等科の同級生は7、8人しかおらず、女子児童はトクヨだけであった[13]
  2. ^ 在学中に校名変更があり、卒業時の校名は福島県師範学校であった[20]
  3. ^ 安井はクリスチャンであり、トクヨは安井の下で聖書の勉強をし、『ヨブ記』を英語で読みこなすことができた[24]。この経験が金沢での宣教師との接触につながり、体操教師トクヨの誕生に至るのであった[25]
  4. ^ 当時の校長は体操伝習所の卒業生である土師雙他郎(はじ そうたろう、1853 - 1938)であった[32]。土師は体育を重視しており、トクヨの赴任前年に体操科の中心を担った高桑たまが病死したため、トクヨに高桑と同様の役回りを期待していた[33]
  5. ^ 実際には国語の担当教師は2人しかおらず、土師校長がトクヨを納得させるための方便であったと考えられる[35]
  6. ^ この文章の元になっているのは、イギリス留学から帰国した後のトクヨが自身の転換点として言及したものである[38]。文学好きのトクヨは悲劇のヒロインに自己同化する傾向があり、誇張された表現とみるべきである[39]。周囲の人からは金沢で初めて洋装した、純白の体操着を身に付けた颯爽とした印象の人だと見られており、身も心も病んでいるようには見えていなかった[40]
  7. ^ 井口は1903年(明治36年)に女高師教授に着任したので、トクヨが4年生の時と重なっているが、井口は国語体操専修科を主に担当したため、文科のトクヨと接点はなかった[41]
  8. ^ 本業の国語でも50人の作文指導を行っている[46]
  9. ^ 女子高等師範学校から改称していた。
  10. ^ 井口の退職は、文科出身ながら体育に一生を捧げようとしているトクヨの熱意に打たれた井口が、自らの後任とすべく引退したという説がある[55]。井口は退職時に「其筋へも学校へもあなたを推薦して行きますから」とトクヨに声をかけている[55]
  11. ^ 例えば「トクヨが、金沢でノイローゼ同然になった原因を簡潔に説明しなさい」など[60]
出典
  1. ^ a b c 西村 1983, p. 20.
  2. ^ 西村 1983, p. 263.
  3. ^ a b c d 西村 1983, p. 252.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 創立者 二階堂トクヨ”. 大学案内. 日本女子体育大学. 2019年4月16日閲覧。
  5. ^ 西村 1983, p. 262.
  6. ^ a b 西村 1983, p. 247.
  7. ^ a b c d e 西村 1983, pp. 20-21.
  8. ^ 穴水 2001, p. 27.
  9. ^ a b c d e f 「女子体育の母」二階堂トクヨ 生誕の地に顕彰看板 大崎・三本木で除幕式”. 河北新報. 2019年4月16日閲覧。
  10. ^ a b c d 興味津々 日本女子体育大学創設者 二階堂トクヨ (PDF) 広報おおさき 2010年2月号
  11. ^ 西村 1983, pp. 7-9.
  12. ^ a b c 西村 1983, p. 13.
  13. ^ a b c d 西村 1983, p. 14.
  14. ^ 西村 1983, pp. 14-15.
  15. ^ 西村 1983, p. 37.
  16. ^ 西村 1983, pp. 15-16.
  17. ^ a b 西村 1983, p. 16.
  18. ^ 西村 1983, pp. 16-19.
  19. ^ 西村 1983, pp. 19-20.
  20. ^ a b 西村 1983, p. 22.
  21. ^ 西村 1983, pp. 23-24.
  22. ^ a b 西村 1983, p. 24.
  23. ^ 西村 1983, p. 27.
  24. ^ 穴水 2001, p. 50.
  25. ^ 穴水 2001, pp. 49-51.
  26. ^ 西村 1983, p. 29.
  27. ^ 西村 1983, pp. 29-30.
  28. ^ a b 西村 1983, p. 30.
  29. ^ 西村 1983, pp. 31-35.
  30. ^ a b c 西村 1983, p. 35.
  31. ^ a b c 西村 1983, p. 36.
  32. ^ 穴水 2001, p. 41, 43.
  33. ^ 穴水 2001, pp. 44-45.
  34. ^ 西村 1983, pp. 36-38.
  35. ^ 穴水 2001, p. 46.
  36. ^ 西村 1983, pp. 39-40.
  37. ^ 西村 1983, p. 40.
  38. ^ 穴水 2001, p. 15.
  39. ^ 穴水 2001, pp. 15-16.
  40. ^ a b c d 穴水 2001, p. 16.
  41. ^ 西村 1983, p. 38.
  42. ^ 西村 1983, pp. 41-42.
  43. ^ 西村 1983, p. 42.
  44. ^ 西村 1983, pp. 42-43.
  45. ^ 西村 1983, pp. 43-44.
  46. ^ 西村 1983, p. 45.
  47. ^ 西村 1983, pp. 44-45.
  48. ^ a b 西村 1983, p. 47.
  49. ^ a b c 西村 1983, p. 50.
  50. ^ 西村 1983, pp. 51-52.
  51. ^ a b 西村 1983, pp. 52-53.
  52. ^ a b 西村 1983, p. 21.
  53. ^ 西村 1983, p. 53.
  54. ^ 西村 1983, pp. 53-54.
  55. ^ a b c d e 西村 1983, p. 54.
  56. ^ a b c 曽我・平工・中村 2015, p. 1997.
  57. ^ 西村 1983, p. 253.
  58. ^ 西村 1983, p. 254, 262.
  59. ^ 第2回二階堂トクヨ杯(校内なわとび大会”. 三本木小学校のブログ. 大崎市立三本木小学校 (2019年2月22日). 2019年6月25日閲覧。
  60. ^ a b c 創設者を、人間として深掘りするためのシナリオの使い方”. シナリオ教室ONLINE. シナリオ・センター (2013年2月25日). 2019年6月25日閲覧。
  61. ^ 西村 1983, pp. 7-8.
  62. ^ 二階堂・戸倉・二階堂 1961, p. 8, 11.
  63. ^ a b 西村 1983, p. 8.
  64. ^ a b 西村 1983, p. 10.
  65. ^ a b 西村 1983, pp. 8-9.
  66. ^ a b 穴水 2001, p. 10.
  67. ^ a b c d e f g h i j 西村 1983, p. 9.
  68. ^ a b 二階堂・戸倉・二階堂 1961, p. 13.
  69. ^ 穴水 2001, p. 22.
  70. ^ 穴水 2001, p. 71.
  71. ^ 西村 1983, p. 1, 24.

参考文献

  • 穴水恒雄『人として女として―二階堂トクヨの生き方―』不昧堂書店、2001年5月30日、182頁。ISBN 4-8293-0403-0
  • 曽我芳枝・平工志穂・中村有紀「女性におけるスポーツ・運動実践―東京女子大学の体育を中心として―」『東京女子大学紀要論集. 科学部門報告』第65号、東京女子大学論集編集委員会、2015年、 1987-1999頁、 NAID 120006512580
  • 二階堂清寿・戸倉ハル・二階堂真寿『二階堂トクヨ伝』不昧堂書店〈第4版〉、1961年4月1日、222頁。全国書誌番号:67005097
  • 西村絢子『体育に生涯をかけた女性―二階堂トクヨ―』』杏林書院、1983年8月1日、266頁。全国書誌番号:83050977

外部リンク