伊古奈比め命神社

本来の表記は「伊古奈比咩{口+羊}命神社」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
伊古奈比咩命神社
伊古奈比咩命神社拝殿
拝殿(本殿は山上)
所在地 静岡県下田市白浜
主祭神 伊古奈比咩命
三嶋大明神
見目
若宮
剣之御子
社格 式内社名神大社)、県社、別表神社
創建 考安天皇元年
本殿の様式 三社間流造向拝付(大正11年造営)
例祭 10月28日10月29日10月30日
主な神事 火達祭、御幣流祭など
テンプレートを表示

伊古奈比咩命神社(いこなひめのみことじんじゃ)は、静岡県下田市白浜にある神社白濱神社(しらはまじんじゃ)または白濱大社(しらはまたいしゃ)と呼ばれることが多い。他に伊古奈比咩神社(いこなひめじんじゃ)や白濱明神(しらはまみょうじん)などとも呼ばれる。祭神は伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)、その夫である三嶋大明神(みしまだいみょうじん、三島大明神や三嶋明神などとも書く)、および夫の随神である見目(みめ、女神と言われる)、若宮(わかみや)、剣之御子(つるぎのみこ)の五柱。

由緒

創建は孝安天皇元年(紀元前427年)で、伊豆国最古の神社であると伝えられる。ただし実際には以下の状況もあるため必ずしも定かではない。

伝承によると、紀元前5世紀頃、三嶋大明神が南方から海を渡って伊豆国に到来し、地元の下賀茂(現在の静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂、または単に賀茂郡南部)の神である伊古奈比咩命を后に娶った、とされている。この三嶋大明神が三嶋大社静岡県三島市)の祭神である三嶋大明神(現在では事代主神または大山祇神とされている)と同一神であるかは必ずしも明らかではないが、「当社の三嶋大明神は天竺王子であって日本出身ではなく、三嶋大社の三嶋大明神とは別の神である」とする伝承もある。

三嶋大明神は富士山の神に願い出て伊豆国の地を譲り受けたが、土地が狭かったため、龍神・海神雷神の助けを借りて7日間で10のを創り上げた。これが初島大島新島神津島三宅島御蔵島利島と、沖の島、小島、王鼻島(ほうでしま・おうごじま)であるとされるが、最後の三島が現在のどのを指すのかは諸説があり定かではない。その後についての伝承は各島・各地域に様々なものが残されているが、総じて三嶋大明神が各島に后や子を置き、各島と当地を廻りながら末永く暮らしたとするものが多い。

実際に当社が登場する最古の文献は日本後紀で「伊豆国言上、三島神、伊古奈比咩命神二神預名神」とあり、この他続日本後紀文徳実録三代実録にも記述が見られる。最初は現在地から北西へ700メートルほど離れた、現在の十二明神社所在地(静岡県下田市白浜)付近に鎮座していたが、その後現在地に遷座されたと云われる。延喜式神名帳には、三嶋神社と伊古奈比咩命神社の二社が共に伊豆国賀茂郡に鎮座していた、と記されており、共に当地に祀られていたとの説が有力である。実際にその頃の社域は名神大社に相応しく現在の数十倍はあった。後に両社は合祀されたとも、三嶋神社のみ伊豆国国府があった旧田方郡府中(現在の静岡県三島市)に遷座されたとも云われるが、どちらが史実か、またいつ頃行われたかは明らかにされていない。

明治期の旧社格制度下では県社とされていたが、戦後神社本庁規定別表神社に加えられた。島創り伝説に由来する様々なで知られ、また縁結び・子授け・子育てなどの神としても名高い。

関連項目

外部リンク