伊計島

伊計島(いけいじま)は、沖縄県うるま市与那城(旧中頭郡与那城町)に位置する離島である。金武湾(きんわん、沖縄県国頭郡金武町沖)出口の右岸に位置し、島の東部は太平洋に面している。

面積・人口

面積は1.75平方キロメートル、人口は300人である。

行政単位

島の全域が沖縄県うるま市与那城伊計に属する。

公共施設

主な公共施設としては、次のものがある。

主な企業(事業所)

歴史・文化

国の史跡に指定されている仲原遺跡(縦穴式住居跡)がある。

自然環境

特筆すべきものとして、下記の自然海浜がある。

最寄駅

 上記旭橋駅からは、下記「外部リンク」の様に、本島等へ至る路線バス(「JA与那城」バス停経由)等が、発着している。
※ この他におもろまち駅首里駅からの路線バスもあるが、本数が限られている(但しタクシー、自家用車等の交通機関を用いる時は、首里駅の方が、時間的経済的に近距離となることがある)。

バス路線

  • 本島内には平安座(へんざ)総合バス「伊計・屋慶名線」の、「伊計ビーチ」バス停、「伊計共同売店前」バス停の、2つが所在する。

バス路線は、上記最寄駅旭橋駅から下記「外部リンク」の様に、52番「与勝線」と平安座総合バスとを乗り継い(JA与那城 経由)で、所要がそれぞれ約93分と約45分、本島の終点「伊計共同売店前」バス停に至る。

道路

  • 県道10号線(通称:海中道路)

この道路が、沖縄島うるま市勝連町字平安名地内より、平安座島、宮城島を経て、本島へ至っている。

外部リンク