名鉄モ770形電車 (初代)

名鉄モ770形電車(めいてつモ770がたでんしゃ)とは、かつて名古屋鉄道(名鉄)で運用された通勤形電車である。

元々は竹鼻鉄道(現、竹鼻線)が発注した車両であるが、竹鼻鉄道が名鉄に編入された後に完成したため、竹鼻鉄道での運用実績はない。

晩年は電装解除され、ク2170形に改称されていた。

沿革

1942年(昭和17年)竹鼻鉄道がこれまでの四輪単車のうちデ1~4の代替名義で日本鉄道自動車工業に全長16m級の半鋼製ボギー車デ1・2(2代)の2両を製造発注したが、翌1943年(昭和18年)に竹鼻鉄道は名鉄に吸収合併されたため、1944年(昭和19年)に車両が完成した時には引き受け先がない、という事態が発生した。結局、竹鼻鉄道を吸収した名鉄が引き受け、モ770形771・772となる。

竹鼻鉄道が架線電圧600V電化であったため、当初600V用に電装されていた。主に尾西線一宮線で使用されていたという。1948年(昭和23年)に西部線(旧名岐鉄道の路線)の架線電圧が1500Vに昇圧した際は2両とも電装解除されて付随車のサ770形となったが、翌1949年(昭和24年)に再度1500V用に電装される。再電装後は1500Vの支線区で使用されていた。

1965年(昭和40年)に3730系などに電装品を譲り片運転台化されク2170形2171・2172と改称され、揖斐線谷汲線に転属したが、1968年(昭和43年)に廃車となった。

製造当初は窓配置d2D7D2dの両運転台、後に片運転台となる。また、片側のみ貫通化されていた。

ク2170形に改造された時、2171は貫通扉のある側に、2172は貫通扉のない側に運転台がつけられた。そのため、異なる形式の車両に見えたという。

幻のモ773

竹鼻鉄道が本形式を発注したのとほぼ同時期の1943年に、竹鼻と同時に名鉄へ合併された東美鉄道広見線八百津線の前身)も日本鉄道自動車に本形式と同一設計の車両を発注した。本形式同様名鉄へ引き継がれ、続番であるモ773の番号が予定されていたが、現車は名鉄に納入されることがなかった。

参考資料
  • 「モ770形と岐阜のGE車の原図を発見」 - 白井昭、『RAILFAN』(鉄道友の会会報誌)2006年1月号(通巻639号)収録
  • 「名鉄モ770形と岐阜のGE電車について」 - 澤内一晃、同2006年3月号(通巻641号)収録

関連項目

  • 京王1660系電車 - 本形式と共通設計の電車で、上記モ773との関連が指摘されている。