夏のない年

過去千年間の世界の平均気温。1800年の後に短期間だが気温が低下している。

夏のない年(なつのないとし、: Year Without a Summer)は、北ヨーロッパアメリカ合衆国北東部およびカナダ東部において夏の気候異常により農作物が壊滅的な被害を受けた1816年を指す[1][2] 。この年の気候異常は太陽活動の低下と前年までの数年間、大火山の噴火が続いたことによる火山の冬の組み合わせにより引き起こされたと見る向きが大多数である。1815年インドネシア中南部、スンバワ島に位置するタンボラ山の噴火は過去千六百年間で最大規模である。歴史家のジョン・デクスター・ポストは「夏のない年」を「西洋において最後で最大の危機」と呼んだ[3]

概要

1816年の気候異常はアメリカ北東部、カナダ東部および北ヨーロッパにおいて多大な影響を及ぼすことになった。アメリカ北東部やカナダ南東部は春から夏にかけての気候は比較的安定している。平均気温は20℃から25℃ほどであり、気温が5℃を下回ることは稀である。夏に雪が降ることは極めて稀であるが、5月に吹雪が起こることはある。

1816年5月[4]が発生したため農作物の大部分が壊滅的な被害を受けた。6月にはカナダ東部およびニューイングランドにおいて2つの大きな吹雪により多数の死者が出た。6月初めにはケベックにおいて30cmもの積雪が観測され、農作物が被害を受けた。夏に栽培される植物の大部分は霜がわずかに発生しただけでも細胞壁が破壊されてしまう。まして土壌が雪で覆われてしまえばなおさらである。この結果、この地域では飢餓や伝染病が発生し死亡率が上昇した。

7月と8月にはペンシルベニア州の南にて湖や河川の凍結が観測された。気温が急激に変化することはよくあることで、わずか数時間で平年以上の気温である35℃あたりから氷結するほどまで気温が低下することもあった。ニューイングランド南部においては農作物はある程度は成長したが、トウモロコシ穀物の価格が急騰した。例えば、エンバクの価格は前年は1m3あたり3.4ドルだったが、これが1m3あたり26ドルまで上昇した。

(中国)においては特に北部で、寒さのために木々が枯れ、稲作水牛も被害を受けた。残りの多くの農作物についても洪水によって壊滅した。タンボラ山の噴火によって季節風の流れが変化したため長江で破滅的な大洪水が発生したのである。ムガル帝国(インド)においては、夏の季節風の遅れにより季節外れの激しい雨に見舞われ、コレラが蔓延した[5]

影響は広範囲に及び、翌年以降も続いた。1817年の冬は特に厳しく、気温が-32℃まで低下したこともあった。アッパー・ニューヨーク湾は凍結し、ブルックリン区からガバナーズ・アイランドまで馬そりで渡ることができた[6]

原因

現在では一般的に、1816年の気候異常は前年5月5日から同月15日までのタンボラ山の噴火により引き起こされたと考えられている[7]。過去千六百年間で最大規模の噴火であり、火山爆発指数ではVEI=7に分類されている。噴火により莫大な量の火山灰が大気中に放出された。1790年から1830年までのダルトン極小期にタンボラ山の噴火が起こったことも重要である。

同時期に発生した大規模な噴火は以下の通り。

これらの噴火により既に相当量の火山灰が大気中に放出されていた。これにタンボラ山の噴火が加わり、大量の火山灰により太陽光が遮られたため世界的な気温の低下が引き起こされた。

結果

火山の噴火が続いたことにより、農作物の不作が数年間続いた。アメリカでは、「夏のない年」によってニューヨーク中部や中西部西部への移住が進んだと多くの歴史家は見ている。

ヨーロッパでは、ナポレオン戦争が終結しつつあったが、今度は農作物の不作による食糧不足に苦しめられることになった。イギリスフランスでは食料をめぐって暴動が発生し、倉庫から食料が略奪された。スイスでは暴動があまりにひどく、政府が非常事態宣言を発令するに至った。食糧不足の原因はライン川を初めとするヨーロッパにおける主要な河川の洪水をもたらした異常な降雨であり、1816年の8月には霜が発生した。BBCのドキュメンタリーではスイスにおける1816年の死亡率は平年の2倍と推定しており、ヨーロッパ全体ではおよそ20万人もの死者が出たとしている。

タンボラ山の噴火はハンガリーに茶色の雪を降らせた。イタリアでも同様で、1年を通して赤い雪が降った。これらは噴火により大気中に放出された火山灰が雪に含まれたためと考えられている。

清では、夏の異常な低気温により雲南省では稲作が壊滅的な被害を受け、広範囲にわたって飢餓が発生した。黒竜江省では、霜によって畑が壊滅的な被害が発生したことが報告され、徴兵から逃れる者もいた。国内でも南部に位置する江西省安徽省においても夏に雪が降ったことが報告されている。台湾においても、新竹市苗栗市で雪が降り、彰化市では霜が報告された[8]

文化的な影響

香港の夕暮れ(1992年撮影)。前年のピナトゥボ山の噴火の影響を受けている。

噴火により大量の火山灰が大気中に放出されたことにより、この時期には壮大な夕暮れを見ることができた。ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの『チチェスター運河』(1828年)にもこの時期の薄い黄色の夕焼けが描かれており有名である。似た現象は1883年のインドネシアクラカタウのラカタ島の噴火の後にも観測されており、1991年のフィリピンのピナトゥボ山の噴火の後にアメリカ西海岸においても同様の現象が観測されている。

馬の飼料として利用されるエンバクの不足により、ドイツ人の発明家のカール・フォン・ドライスは馬を使用しない新しい輸送方法を研究することになり、軌道自転車ベロシペードが発明されるに至った。これらの乗り物は現代の自転車の原型である[9]

農作物の不作により、ジョセフ・スミス・ジュニア一家はバーモント州ウィンザー郡シャロンからニューヨーク州ウェイン郡パルマイラへ移住せざるを得なかった。ジョセフ・スミスはモルモン書を出版し、末日聖徒イエス・キリスト教会を設立することになる[10]

1816年の7月、イギリスの小説家のメアリー・シェリージョン・ポリドリら友人とスイスで休暇をとっていたが、絶え間なく降り続く雨のため屋内にいることが多かった。一人一作ずつ怪談を書くことが提案され、シェリーが書いた作品は後に『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメシュース』(Frankenstein, or The Modern Prometheus)として発表された。ポリドイが書いた作品は『吸血鬼』(The Vampyre)として発表されている[11]

詩人ジョージ・ゴードン・バイロンは夏のない年に触発されて詩『暗闇』を書いている。

ドイツの化学者のユストゥス・フォン・リービッヒは、子供の頃にダルムシュタットで飢餓を経験した。リービッヒは後に植物の栄養素について研究し、化学肥料を開発することになる。

類似の出来事

夏のない年の位置(世界内)
ラ・ガリータ
ラ・ガリータ
イエローストン
イエローストン
阿蘇山
阿蘇山
トバ湖
トバ湖
タウポ火山
タウポ火山
サントリーニ島
サントリーニ島
ヘクラ山
ヘクラ山
クラカタウ
クラカタウ
Dakataua
Dakataua
白頭山
白頭山
富士山
富士山
十和田湖
十和田湖
タウポ火山・カハロア火山
タウポ火山・カハロア火山
クワエ
クワエ
ワイナプチナ山
ワイナプチナ山
ラキ火山
ラキ火山
Avachinsky
Avachinsky
ピナトゥボ山
ピナトゥボ山
プジェウエ
プジェウエ
ヴィルンガ
ヴィルンガ
オルカリア
オルカリア
オルドイニョ
オルドイニョ
カメルーン火山列
カメルーン火山列
Nabro
Nabro
世界の気候に影響を与えた火山 <<火山の一覧>>

関連項目

脚注

  1. ^ Saint John New Brunswick Time Date
  2. ^ The Quebec Chapter of the Canada Country Study Climate Impacts and Adaptation executive summary
  3. ^ Evans, Robert Blast from the Past, Smithsonian Magazine. July 2002
  4. ^ Weather Doctor's Weather People and History: Eighteen Hundred and Froze To Death, The Year There Was No Summer
  5. ^ Discovery Extreme Earth
  6. ^ Edwin G. Burrows and Mike Wallace, Gotham: A History of New York City to 1898 (Oxford University Press) 1999:494.
  7. ^ Bellrock.org.uk : Misc
  8. ^ http://www.igsnrr.ac.cn/lwzzImg/1161151232919.pdf
  9. ^ Histories: Brimstone and bicycles - being-human - 29 January 2005 - New Scientist
  10. ^ Discovery Channel, "Extreme Earth"
  11. ^ Mary Shelley. Frankenstein. Random House. pp. XV–XVI. ISBN 0-679-60059-0.
  12. ^ http://www.volcano.si.edu/world/largeeruptions.cfm
  13. ^ http://www.searchnavi.com/~hp/cbshan/chosenzoku3.htm
  14. ^ 日本海をはさんで10世紀に相次いで起こった二つの大噴火の年月日 : 十和田湖と白頭山 Bulletin of the Volcanological Society of Japan 43(5) pp.403-407 19981030
  15. ^ Horn, Susanne; Schmincke, Hans-Ulrich (2000). “Volatile emission during the eruption of Baitoushan Volcano (China/North Korea) ca. 969 AD”. Bulletin of Volcanology 61 (8): 537–555. doi:10.1007/s004450050004. 
  16. ^ 朝鮮日報、2011/01/29 09:44:11【萬物相】九州の火山噴火。「946年の白頭山噴火の際には、およそ1000億から1500億立方メートルの火山灰が噴き出した。」(クラカトアは200億)
  17. ^ Norman F. Cantor, In the Wake of the Plague: The Black Death and the World it Made 2001:74.
  18. ^ I.A. Nairn, P.R. Shane , J.W. Cole, G.J. Leonard, S. Self and N. Pearson 2004. "Rhyolite magma processes of the ~AD 1315 Kaharoa eruption episode, Tarawera volcano, New Zealand", Journal of Volcanology and Geothermal Research, 131: 265-294; K. A. Hodgson, I. A. Nairn, "The c. AD 1315 syn-eruption and AD 1904 post-eruption breakout floods from Lake Tarawera, Haroharo caldera, North Island, New Zealand" New Zealand Journal of Geology and Geophysics '48.3 (September 2005) 491.

参考文献

  • BBC Timewatch documentary: Year Without Summer, Cicada Films (BBC2, 27 May 2005)
  • Willie Soon and Steven H.Yaskell:Year without a Summer, Vol. 32, # 3 May / June, Mercury (Astronomical Society of the Pacific) 2003
  • Hans-Erhard Lessing: Automobilitaet: Karl Drais und die unglaublichen Anfaenge, Leipzig 2003
  • Henry & Elizabeth Stommel: Volcano Weather: The Story of 1816, the Year without a Summer, Seven Seas Press, Newport RI 1983 ISBN 0-915160-71-4
  • The Story of the Year of Cold, by Dozier, Lou Zerr Press, 2009

外部リンク