夕凪 (2代神風型駆逐艦)

Japanese destroyer Yunagi on 5 September 1936.jpg
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1923年9月17日
進水 1924年4月23日
就役 1925年4月24日
その後 1944年8月25日戦没
除籍 1944年10月10日
性能諸元
排水量 基準:1,270t 公試:1,400t
全長 102.57メートル
全幅 9.16メートル
吃水 2.92メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸
38,500 SHP
速力 37.25ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
燃料 重油:420トン
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm砲4門
一〇年式53cm連装魚雷発射管3基
(魚雷10本)
留式7.7mm機銃2挺
爆雷18個

夕凪(ゆうなぎ / ゆふなぎ)は、大日本帝国海軍駆逐艦[1]神風型(2代目)の9番艦である[2]。 建造時の艦名は第十七号駆逐艦[1][3]。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「夕凪」[4]に続いて2隻目。

概要

八八艦隊計画で建造された神風型駆逐艦の最終艦[2]太平洋戦争時は旧式化しており、緒戦時は第四艦隊の指揮下にあった。1942年(昭和17年)8月上旬の第一次ソロモン海戦では第八艦隊各艦と共にガダルカナル島に突入して米艦隊との夜間水上戦闘に参加。1943年(昭和18年)6月以降、戦局が悪化する中で最前線での強行輸送任務(鼠輸送)に従事し、ソロモン諸島における数々の海戦に参加した(コロンバンガラ島沖海戦第二次ベララベラ海戦ブーゲンビル島沖海戦等)。1944年(昭和19年)3月以降は船団護衛に従事し、6月下旬のマリアナ沖海戦に参加したがヒ71船団を護衛した後の8月下旬、米潜水艦の雷撃で沈没した[5]

艦歴

建造経緯

1923年(大正12年)1月27日、佐世保海軍工廠で建造予定の駆逐艦に第十七駆逐艦の艦名が与えられる[6][7]。同日附で艦艇類別等級表に一等駆逐艦として登録される[8]。 同年9月27日、第17駆逐艦(夕凪)は佐世保海軍工廠で起工[9]

1924年(大正13年)4月23日、第17駆逐艦(夕凪)は進水[9][10]。進水翌日、第17駆逐艦は第十七号駆逐艦と改名される[11]。 同年12月1日、初代「夕凪」は除籍された[4][12]。同日附で日本海軍は樅型駆逐艦「菊」艦長山田定男少佐を、第17号駆逐艦艤装員長に任命する[13]

1925年(大正14年)2月9日、山田少佐は制式に第17号駆逐艦長(初代)となる[14]。初代幹部は、砲術長高田俐大尉[注釈 1]、航海長渋谷清見大尉[注釈 2]、水雷長杉浦嘉十大尉[注釈 3]、乗組大前敏一少尉[注釈 4]、機関長奥村繁喜機関大尉[14]4月24日、第17号駆逐艦は竣工した[9][15]

1928年(昭和3年)8月1日附で第一号型駆逐艦は神風型駆逐艦と改称[16]。第17号駆逐艦も夕凪と改名された[3][17]夕凪とは夕方における海上の無風状態のことだが、アメリカ人研究者は『その使命とデザインからすると似ても似つかぬ艦名』と評している[18]

竣工後

1926年(大正14年)5月1日、日本海軍は駆逐艦2隻(第15号駆逐艦《朝凪》、第17号駆逐艦《夕凪》)により第29駆逐隊を編制[19]。駆逐隊司令岩崎本彦中佐[20]。9月10日、第29駆逐隊は第二艦隊に編入[21] 12月1日、第29駆逐隊司令は岩崎本彦大佐(補第4駆逐隊《羽風秋風太刀風帆風》司令)から山本松四中佐(前職第7駆逐隊《松、杉、柏、榊》司令)に交代[22]。 12月25日、第13号駆逐艦(疾風)が第29駆逐隊に編入[23]。第29駆逐隊は定数4隻(第11号《追風》、第13号《疾風》、第15号《朝凪》、第17号《夕凪》)を揃える。 当時の第二艦隊は、第四戦隊(霧島比叡)、第五戦隊(由良名取川内)、第二水雷戦隊(旗艦《五十鈴》、第3駆逐隊《汐風島風灘風夕風》、第5駆逐隊《第3号、第5号、第7号、第9号》、第29駆逐隊)、第二潜水戦隊(旗艦《長鯨》、第14潜水隊、第17潜水隊)という編制だった[24]

1926年(大正15年)12月1日、第17号駆逐艦長として駆逐艦浜風(初代)艦長久我徳一中佐が着任(後任の浜風艦長は栗田健男少佐)[25][26]。 同日附で艦隊の編成がかわり、第二艦隊(旗艦金剛[27]は第四戦隊(金剛比叡)、第五戦隊(加古古鷹神通那珂)、第二水雷戦隊(旗艦《夕張[27]、第5駆逐隊、第22駆逐隊《第27号〔皐月〕第28号〔水無月〕第29号〔文月〕第30号〔長月〕》、第29駆逐隊《追風、疾風、朝凪、夕凪》、第30駆逐隊《第19号〔睦月〕第21号〔如月〕第23号〔弥生〕第25号〔卯月〕》)、第二潜水戦隊となる[28]

1927年(昭和2年)8月4日、美保関事件が発生し12月1日の編成替で第二水雷戦隊旗艦は夕張から名取に変更される[29]。 同日附で第29駆逐隊司令山本松四大佐は天龍型軽巡洋艦2番艦龍田艦長へ転任、第28駆逐隊(、蓬)司令千谷定衛中佐が第29駆逐隊司令に任命された[30]。同時に久我(第17号駆逐艦長)も免職[30](翌年2月15日、第40号駆逐艦《東雲》艤装員長[31]。7月15日、初代駆逐艦長)。樅型駆逐艦菫艦長藤田類太郎少佐が第17号駆逐艦長となる[30]

1928年(昭和3年)8月1日附で第17号駆逐艦は夕凪と改名、藤田の役職名も第17号駆逐艦長から夕凪駆逐艦長に替わった[1][3]。 12月10日、藤田(夕凪駆逐艦長)は峯風型駆逐艦4番艦島風艦長へ転任[注釈 5][32]。中円尾中佐(疾風艦長)は睦月型10番艦「三日月」艦長へ転任[32]。峯風型7番艦羽風艦長園二郎少佐は、神風型2隻(夕凪、疾風)艦長の兼務を命じられた[32]。第29駆逐隊司令も千谷定衛大佐から染河啓三大佐(第15駆逐隊《萩、薄、、蔦》司令)に交代した[32]

1929年(昭和4年)3月4日、第1駆逐隊(神風野風沼風波風)と第29駆逐隊の司令を交代する人事が行われる(染河大佐《第29駆逐隊司令》は第1駆逐隊司令へ、高橋忠治中佐《1駆司令》は29駆司令へ)[33]。 11月1日、夕凪駆逐艦長には樅型橘艦長高橋一松少佐が着任した[34]。疾風駆逐艦長には津田源助少佐(秋風艦長)が任命される[34]。 11月30日、高橋忠治大佐(第29駆逐隊司令)は第30駆逐隊司令へ転任、駆逐艦睦月初代艦長等を歴任した白石邦夫中佐(第25駆逐隊《梨、竹、樅、榧》司令)が第29駆逐隊司令となる[35]

1930年(昭和5年)12月1日、白石邦夫大佐(第29駆逐隊司令)は出雲型装甲巡洋艦2番艦「磐手」艦長へ転任、後任の29駆司令は山本弘毅大佐となる[36]

1931年(昭和6年)12月1日、第29駆逐隊司令山本弘毅大佐は川内型軽巡洋艦3番艦那珂艦長に補職され、吹雪型駆逐艦綾波初代艦長後藤鐡五郎中佐が第29駆逐隊司令となる[注釈 6][37]。同日附で高橋中佐(夕凪艦長)は佐世保鎮守府[注釈 7][37]。朝凪駆逐艦長伊崎俊二中佐が、神風型2隻(朝凪、夕凪)艦長を兼務する[37]

1932年(昭和7年)9月15日、伊崎俊二中佐は馬公要港部参謀に補職[注釈 8][38]桃型駆逐艦「檜」艦長小西要人少佐が、神風型2隻(朝凪、夕凪)艦長を兼務した[38]

1933年(昭和8年)3月15日、小西少佐(朝凪、夕凪艦長)は免職[注釈 9]。日本海軍は佐藤寅治郎少佐に対し、駆逐艦4隻(追風、疾風、朝凪、夕凪)の艦長兼務を命じた[39]。 4月1日、樅型2隻(竹、梨)艦長を兼務していた吉村真武少佐が神風型2隻(朝凪、夕凪)艦長に補職され、佐藤の兼務は神風型2隻(追風、疾風)に戻る[注釈 10][40]。 11月1日、後藤鐡五郎中佐(第29駆逐隊司令)は第4駆逐隊(羽風、秋風、太刀風、帆風)司令へ転任、後任は藤田類太郎中佐(第27駆逐隊《蓼、蓮、蓬》司令)[41]。 11月15日、第29駆逐隊は第一艦隊所属。

1934年(昭和9年)6月下旬、連合艦隊(司令長官末次信正中将、旗艦金剛)は第一艦隊・第二艦隊の演習を実施。第一水雷戦隊も参加した[42][43]6月29日、演習中に第二艦隊・第二水雷戦隊(旗艦那珂)で衝突事故が発生(深雪)、「深雪」は沈没した。 同年11月1日、吉村真武少佐(夕凪艦長)は吹雪型駆逐艦磯波艦長へ転任[注釈 11][44]。後任の夕凪艦長は、海軍水雷学校教官を務めていた原為一少佐[44]。 11月15日、藤田類太郎大佐(第29駆逐隊司令)は第20駆逐隊(東雲磯波吹雪)司令へ転任、後任の29駆司令は広瀬末人中佐(第2駆逐隊《峯風、沖風》司令)[注釈 12][45]

神風型4隻(追風、疾風、朝凪、夕凪)は竣工より第29駆逐隊として行動を続けたが[46]1935年(昭和10年)11月15日に行われた編制替で、日本海軍は神風型2隻(朝凪、夕凪)により第28駆逐隊を再編[47]。駆逐隊司令には大藤正直中佐を任命する(大藤は、駆逐艦深雪衝突沈没時の艦長)[48][49]。 司令駆逐艦は朝凪[50]。 同日附で原為一少佐(夕凪艦長)は睦月型駆逐艦8番艦長月艦長へ転任[注釈 13][48][49]若竹型駆逐艦8番艦刈萱艦長山隈和喜人少佐が夕凪駆逐艦長に任命された[48][49]

1936年(昭和11年)6月1日、第28駆逐隊(朝凪、夕凪)[51]は水上機母艦「神威」と共に第三航空戦隊を編制[52][53]。司令駆逐艦は「夕凪」に変更[54]。神威以下第三航空戦隊は、南洋方面における航空機基地調査に赴いた[55][51]。 12月1日附で、第三航空戦隊は連合艦隊附属[52]第十二戦隊に改編される[56][57]。旗艦は竣工したばかりの敷設艦沖島[58][56]。 同日、大森中佐(第28駆逐隊司令)は馬公要港部港務部長へ転任[注釈 14][59]。後任の28駆司令は森友一中佐[60]。また山隈和喜人少佐(夕凪艦長)は吹雪型白雲艦長へ転任[注釈 15][60]樅型駆逐艦「柿」艦長大迫東少佐が夕凪駆逐艦長となる[60][59]

1937年(昭和12年)8月27日[52]、日本海軍は再び第三航空戦隊を編成(水上機母艦《神威》、第28駆逐隊《朝凪、夕凪》)[61][62]。本艦は10月20日附で第3予備艦となり、佐世保警備戦隊に編入[63]。12月1日、森友一中佐(第28駆逐隊司令)は第9駆逐隊司令へ転任[注釈 16][64]

1938年(昭和13年)2月10日、西岡茂泰中佐は第28駆逐隊司令に任命される[65]。 6月1日、鈴木保厚少佐は神風型2隻(夕凪、朝凪)艦長兼務を命じられる[66]。夕凪駆逐艦長の任を解かれた大迫は、後日夕雲型駆逐艦1番艦「夕雲」2代目艦長に任命され[67]、同艦沈没時に戦死した(第二次ベララベラ海戦[68]

8月5日、西岡中佐(第28駆逐隊司令)は、第28駆逐隊司令と第21駆逐隊(初春子日若葉初霜)司令の兼務を命じられる[69]。 8月25日、塚本道太郎少佐(サボ島沖海戦時の朝潮型夏雲艦長。同艦沈没時に戦死)は臨時の駆逐艦峯風艦長の任を解かれ、鈴木少佐(夕凪、朝凪)艦長は峯風艦長の兼務も行うことになった[70]。 10月20日、西岡中佐は第22駆逐隊司令に補職[71]。それまでの22駆司令伊原美岐雄中佐が、第28駆逐隊・第21駆逐隊司令を兼務する[71]

11月10日、鈴木少佐(夕凪、朝凪、峯風)艦長は神風型姉妹艦追風艦長に任命される[注釈 17][72]岩橋透少佐(当時、樅型駆逐艦葦艦長)が、駆逐艦3隻(夕凪、朝凪、峯風)艦長を兼務した[72]。 12月1日、樅型駆逐艦蔦艦長岩上次一少佐が朝凪艦長に任命され(ミッドウェー海戦時の駆逐艦萩風艦長)、岩橋少佐の艦長兼務は2隻(夕凪、峯風)にかわる[73]。 12月5日、水上機母艦能登呂艦長早川幹夫大佐が第28駆逐隊司令に任命、井原大佐(第21駆逐隊司令)は兼務を解かれた[74]。睦月型2隻(水無月皐月)艦長を兼務していた久保木英雄少佐が「峯風」艦長を兼務することになり、岩橋少佐の役職は夕凪駆逐艦長のみとなった(久保木少佐はビスマルク海海戦における駆逐艦荒潮沈没時に戦死)[74]

1939年(昭和14年)11月15日、早川幹夫大佐(28駆司令)は第2駆逐隊(村雨五月雨夕立春雨)司令に補職[75]。第41駆逐隊(朝雲、夏雲、山雲、峯雲)司令だった柴田力大佐が、後任の28駆司令となる[75]。 12月1日、岩橋透少佐(夕凪艦長)は吹雪型駆逐艦3番艦「初雪」艦長へ転任[76]。後任の夕凪駆逐艦長は、鴻型水雷艇雉水雷艇長田中忠敏少佐[76]。元夕凪艦長の岩橋少佐は、初雪艦長を経て朝潮型5番艦朝雲艦長となり[77]スラバヤ沖海戦第三次ソロモン海戦ビスマルク海海戦等、数々の激戦に参加している。

1940年(昭和15年)9月25日附で田中忠敏少佐(夕凪艦長)は海軍中佐に昇進[78]。9月30日、山下正男少佐(舞鶴防備隊分隊長)が夕凪駆逐艦長に任命される[79] 11月15日まで神風型2隻(朝凪、夕凪)は引き続き第28駆逐隊を編成。11月上旬にかけて朝凪は函館港を、夕凪と第22駆逐隊(文月、皐月、長月、水無月)は佐世保軍港および長崎軍港の防御を担当した[80][81]。当事、長崎(三菱重工業長崎造船所)では大和型戦艦2番艦武蔵(昭和15年11月1日進水)や橿原丸級貨客船2番艦橿原丸(空母隼鷹)の建造、佐世保海軍工廠では陽炎型駆逐艦12番艦磯風(昭和15年11月30日竣工)の艤装を行っていた。 11月15日附で第28駆逐隊は解隊。第28駆逐隊司令柴田力大佐は第5防備隊司令へ転任[82]。神風型2隻(朝凪、夕凪)は再び第29駆逐隊に編入され、同隊は定数4隻(追風、疾風、朝凪、夕凪)を揃えた。 当時の第29駆逐隊司令は清水利夫中佐(前職占守型海防艦2番艦国後艦長)[83]。第29駆逐隊は第四艦隊・第六水雷戦隊(旗艦「夕張」)に所属[84]。トラック泊地に進出し、同方面で行動する。

1941年(昭和16年)9月1日、第29駆逐隊司令清水利夫大佐は初春型駆逐艦4隻(初春子日若葉初霜)で編制された第21駆逐隊司令[85]に補職[注釈 18]。後任の第29駆逐隊司令は瀬戸山安秀大佐(第11掃海隊司令)[85]

太平洋戦争緒戦

太平洋戦争緒戦時、第29駆逐隊は引き続き南洋部隊指揮官井上成美第四艦隊司令長官(旗艦鹿島)の麾下にあり、第六水雷戦隊(司令官梶岡定道少将、旗艦「夕張」、第29駆逐隊《追風、疾風、朝凪、夕凪》、第30駆逐隊《睦月、如月、弥生、望月》)として中部太平洋諸島から南東方面の作戦に従事した[86]12月11日、第十八戦隊(天龍龍田)や第六水雷戦隊各艦と共にウェーク島攻略戦に参加した第29駆逐隊(追風、疾風)のうち疾風が撃沈され、第30駆逐隊も如月を喪失した[87]。第六戦隊(青葉、加古、衣笠、古鷹)や第二航空戦隊の支援を受けた夕凪以下第29駆逐隊(追風、朝凪、夕凪)・第六水雷戦隊・第十八戦隊各艦は、第二次ウェーク島攻略戦に参加した[88][89][90]

1942年(昭和17年)1月15日附で駆逐艦2隻(29駆《疾風》、30駆《如月》)はそれぞれの駆逐隊から除籍され、第29駆逐隊は神風型3隻(朝凪、夕凪、追風)、第30駆逐隊は睦月型駆逐艦3隻(睦月、弥生、望月)となった[91]。その後も第六水雷戦隊として各艦(夕張、追風、朝凪、睦月、弥生、望月)等と行動を共にする。 3月10日、SR方面攻略部隊(第六水雷戦隊)はニューギニア島東部サラモアで揚陸作戦を実施中、アメリカ軍機動部隊(レキシントンヨークタウン)艦載機の空襲を受ける(ラエ・サラモアへの空襲[92]。輸送船4隻沈没、本艦以下多数の艦艇(夕張、追風、朝凪、夕凪、津軽、聖川丸、掃海艇)等が損傷[93]。特に夕凪は直撃弾で機関部に損傷を受け、戦死29名、負傷者約40名[93]。主計科が全滅状態になるなど、大きな損害を受けた[94]。 応急修理の後[95][96]、第六水雷戦隊はトラック泊地に回航[97]。3月26日、第29駆逐隊(追風、夕凪、朝凪)はトラック出発[98][97]。4月1日、佐世保へ戻った[99][100][101]。 4月15日附で夕凪駆逐艦長は、山下正男少佐から岡田静一大尉(当時、重巡摩耶水雷長)に交代[102]

4月23日、第29駆逐隊(追風、朝凪)は佐世保を出撃[103][88][89]。夕凪は佐世保での修理を続けた[100][104]。5月中も夕凪は佐世保で修理を続けた[105]5月25日、睦月型9番艦菊月の除籍(5月4日、ツラギ島で沈没)により第23駆逐隊(夕月、卯月)は解隊される[106]。それにともない、同隊の睦月型12番艦夕月が第29駆逐隊に編入され、定数4隻(夕月、追風、朝凪、夕凪)を回復した[106][107]。 同日附で第29駆逐隊司令は瀬戸山安秀大佐から鳥居威美中佐(第23駆逐隊司令)に交代した[108](瀬戸山は6月25日より第27駆逐隊司令)[109]

5月31日、夕凪は佐世保を出撃[110]、船団護衛に従事しつつパラオに進出する[111][112]。また第六水雷戦隊各艦も整備を終えて、前線に向かった[111]。 夕凪は船団護衛に従事[113]。 一方、第六水雷戦隊は6月下旬から7月上旬にかけてガダルカナル島への日本軍飛行場設営作戦に従事する[114][113]。この飛行場は完成直後にアメリカ軍に奪取され、ヘンダーソン飛行場と命名された(ウォッチタワー作戦)。

第二海上護衛隊

1942年(昭和17年)7月10日、第六水雷戦隊が解隊された(梶岡司令官は横須賀鎮守府附)[115][116][117]。同時に構成兵力(夕張、第29駆逐隊《夕月、追風、朝凪、夕凪》、第30駆逐隊《睦月、弥生、望月、卯月》)は第二海上護衛隊(4月10日編成、司令官茂泉慎一中将/第四根拠地隊司令官兼務)へ編入された[118][115]。旧第六水雷戦隊所属各艦は引続き第四艦隊(旗艦鹿島)の麾下にあって行動する[119]。 だが第30駆逐隊が第二海上護衛隊として護衛作戦に従事する機会は訪れず、わずか4日で第八艦隊(7月14日編制、司令長官三川軍一中将[120]、参謀長大西新蔵少将、参謀神重徳大佐、参謀大前敏一中佐[121])へ異動した[122][123][116]。8月5日には特設水上機母艦能代丸も除かれ、代艦として浮島丸が編入した[115]。 また旧第六水雷戦隊各艦は引き続きニューギニア・ガダルカナル島飛行場建設任務に従事することになった[116] [124]

7月18日、佐世保での修理を終えた朝凪がラバウルに到着して夕張以下僚艦と合流する[125][89]7月25日、朝凪は陸軍参謀辻政信中佐を乗せてラバウルを出撃[126]ブナ(パプアニューギニア)に向かう途中で、連合軍双発爆撃機の空襲を受けて損傷[127]。至近弾により辻陸軍参謀も負傷した[128][129]。同艦は7月28日、ラバウルに帰投[130][127]。その後朝凪は修理のため内地へ帰投(8月10日トラック発、輸送船2隻を護衛して23日横須賀着)[131][89]。夕凪が活躍した第一次ソロモン海戦に参加できなかった。また第29駆逐隊僚艦(追風、夕月)も飛行機救助任務や揚陸作戦に投入されており、別行動だった[132]

第一次ソロモン海戦(1942年(昭和17年)8月8日-8月9日で、本艦は外南洋部隊指揮官三川軍一第八艦隊司令長官直率部隊(旗艦鳥海)に編入、三川艦隊(重巡洋艦4隻《第八艦隊旗艦鳥海、第六戦隊〔青葉加古衣笠古鷹〕》、軽巡洋艦2隻《第十八戦隊〔天龍〕、第二海上護衛隊〔夕張〕》、駆逐艦《夕凪》)として行動を共にする[133]ガダルカナル島およびサボ島に突入、連合軍の水上部隊と砲火を交えた。8月10日、三川長官直率隊(鳥海、天龍、夕張、夕凪)はラバウルに戻る[134]。カビエンに帰投した第六戦隊はアメリカの潜水艦S-44の雷撃により加古が喪失した[135]

第一次ソロモン海戦で勝利した日本海軍だったが、ガダルカナル島およびヘンダーソン飛行場の奪還には失敗した。8月11日夜、第29駆逐隊(追風、夕凪)はラバウルを出撃、13日にガ島へ突入し、ヘンダーソン飛行場への艦砲射撃を実施[136][88]。14日夕刻、ラバウルに戻った[136]。 8月25日から26日かけての第二次ソロモン海戦前後における夕凪は、第八艦隊各艦(鳥海、青葉、古鷹、衣笠)や外南洋部隊増援部隊(江風磯風陽炎)等とソロモン諸島で行動した[137][138]

ガダルカナル島の戦いが本格化するにつれて内南洋方面の作戦輸送の重要性が増し[139]、第四艦隊(司令長官井上成美中将)と第八艦隊(司令長官三川軍一中将)は海上交通保護に関する協定を結ぶ[140]。第二海上護衛隊(夕張、夕月、夕凪、追風)は八月下旬までソロモン諸島方面の作戦に従事し、続いて九月上旬にかけてナウル島オーシャン島攻略作戦に従事[141]。 夕凪は9月中旬から海上護衛作戦に加わり[142]、平洋丸を護衛して9月20日トラック泊地を出発、23日ラバウル着[143][144]。以後、第二海上護衛隊戦力(夕張、第29駆逐隊《追風、夕凪、朝凪、夕凪》、浮島丸、長運丸、横鎮部隊《旗風》)に加え、佐鎮部隊から派遣された峯風、連合艦隊からの応援駆逐艦等で護衛作戦を実施する[145][146]。 10月[147][148]と11月はマーシャル諸島方面で行動[149]。なお10月下旬、第四艦隊司令長官は井上成美中将から鮫島具重中将に交代していた[150]。11月中旬、第29駆逐隊(夕凪、朝凪)は香取型練習巡洋艦2番艦鹿島(第四艦隊司令長官鮫島具重中将座乗)を護衛してトラック泊地を出発、クェゼリン環礁等を航海した[151]。 12月2日、2隻(鹿島、夕凪)はトラック泊地に帰投[152][153]。以後、夕凪はトラック泊地周辺およびサイパン方面の船団護衛任務に就いた[154][155]

1943年(昭和18年)1月[156][157][158]および2月[159]、引き続きトラック泊地とサイパン間の船団護衛任務に従事。3月18日、夕凪は佐世保に戻った[160][90]

ソロモン諸島の戦い

1943年(昭和18年)3月20日、日本海軍は望月型・水無月型駆逐艦神風型駆逐艦峯風型駆逐艦の一部ボイラー・主砲・魚雷兵装を撤去し、対空火力を強化した上で甲板に輸送物資と十米特型運貨船2基を搭載する改造を行うよう通達した[161]。第一次の改造対象は2隻(卯月、夕凪)、第二次改造予定は3隻(文月、三日月、追風)となる[161]。 当時の佐世保海軍工廠は阿賀野型軽巡洋艦2隻(矢矧酒匂)等の建造や[162]最上型重巡洋艦1番艦「最上」の航空巡洋艦改造工事など多数の艦艇の整備・修理を行っていた[163]

4月1日、第八艦隊司令長官は三川軍一中将から鮫島具重中将に交代[164]。 同日附で第29駆逐隊と第34駆逐隊は解隊された[165]。2隻(夕張、夕凪)は第四艦隊(南洋部隊)から第八艦隊(外南洋部隊)に編入される[166][167]。 横須賀鎮守府附となった29駆司令鳥居威美大佐は[164]、4月20日附で第十戦隊附[168]、4月27日附で第16駆逐隊(雪風初風天津風)司令となった[169]。 当時の夕凪は引き続き佐世保にあって、各艦(最上足柄日向千歳涼風江風)等と共に、整備と修理を受ける[170]。 5月から6月にかけて、夕凪以下佐世保入港艦艇は整備・修理を実施[171][172]5月23日附で夕凪駆逐艦長は岡田静一少佐から[173]峯風型駆逐艦7番艦羽風沈没時艦長の鹿嶋正徳少佐に交代[174][173](岡田少佐は6月25日から姉妹艦旗風艦長[175]。翌年3月1日より海軍水雷学校教官[176])。また開戦時の夕凪艦長山下正男少佐も、夕凪艦長の交代と同日附で白露型駆逐艦10番艦涼風艦長に任命された[173]

6月11日、夕凪は佐世保を出撃[90]ラバウルへ進出すると6月27日に駆逐艦3隻(望月、皐月、夕凪)でコロンバンガラ島輸送を実施する[177][178]。同時期、連合国軍はカートホイール作戦を発動して、アメリカ軍はレンドバ島に上陸を開始しニュージョージア島の戦いが始まった[179][180]。当時のラバウルには、軽巡夕張以下駆逐艦部隊(新月、秋風、望月、皐月、夕凪)等が停泊していた[181][182]

7月1日の第一次レントバ島突入作戦は、第11駆逐隊司令指揮の先行隊(天霧初雪長月水無月三日月)と第三水雷戦隊司令官直率隊(新月、望月皐月、夕凪)で実施されるが、米艦隊は出現しなかった[183][184][182]。 7月2日の第二次レントバ島突入作戦では、夕張艦長(舟木守衛大佐)指揮下の陽動隊(夕張、三日月、夕凪)として行動する[185][186][182]。陽動隊は2日午後3時にブインを出撃、モノ島南方を行動して3日朝になりブインへ戻った[182]

7月4日、コロンバンガラ島への輸送任務のため第一回輸送隊(指揮官金岡国三第22駆逐隊司令:第22駆逐隊《長月、皐月》、新月、夕凪)と、7月5日出撃予定の第二回輸送隊(第11駆逐隊《天霧、初雪》、第30駆逐隊《望月、三日月》)が編制され、第一回輸送隊は夕刻になりブインを出撃する[187][182]。同日4日深夜、クラ湾に差し掛かったところで、ニュージョージア島バイロコに対して艦砲射撃中の米艦隊(指揮官ヴォールデン・L・エインスワース少将)を発見、輸送任務を断念して魚雷攻撃を敢行[188]。魚雷は駆逐艦ストロング (USS Strong, DD-467) に命中し、ストロングは魚雷命中と陸上からの反撃で沈没した。輸送隊は5日朝、ブインに戻った[182]

7月6日、クラ湾夜戦で駆逐艦2隻(新月、長月)が沈没[189]、特に秋月型駆逐艦5番艦新月の沈没により第三水雷戦隊司令部は全滅した(三水戦司令官秋山輝男少将戦死)[190][191][192]高雄型重巡洋艦3番艦鳥海艦長有賀幸作大佐が増援部隊の指揮を継承した後[193](鳥海の代艦として駆逐艦雪風を臨時第八艦隊旗艦に指定)[194]伊集院松治大佐(金剛型戦艦1番艦金剛艦長)が7月7日附で第三水雷戦隊司令官に任命される[195](着任10日)[196][189]。第三水雷戦隊の準備が整うまで、第二水雷戦隊司令官伊崎俊二少将が増援部隊の指揮を執ることになった[197]

7月9日、外南洋部隊指揮官(鮫島中将)直率[198]の日本艦隊(主隊《鳥海川内》、警戒隊《雪風夕暮谷風浜風》)、輸送隊(皐月三日月松風、夕凪)はニュージョージア諸島に向かうが米艦隊は出現せず[193]、コロンバンガラ島輸送作戦を実施して全艦無事にブインへ帰投した[199][200]

7月12日の輸送作戦は[193]、増援部隊指揮官伊崎俊二少将(第二水雷戦隊司令官)を指揮官とする警戒隊(神通清波、雪風、浜風、夕暮、三日月)と輸送隊(皐月、水無月、夕凪、松風)で実施[201][202]。 エインスワース少将指揮下の米巡洋艦部隊と夜間戦闘になり米艦隊に損害を与えた上で輸送作戦も成功したが、日本側は神通が喪失した[193]。伊崎少将及び第二水雷戦隊司令部は全滅した[192][197]

日本海軍は7月20日附で第四水雷戦隊を解隊し、第四水雷戦隊司令官高間完少将を第二水雷戦隊司令官に任命[203]。四水戦戦力と二水戦残存戦力を統合し、新たな第二水雷戦隊を編制する[204]。旧四水戦の第27駆逐隊(駆逐隊司令原為一大佐、昭和9年から昭和10年当時の夕凪艦長)も二水戦所属となり、原司令は白露型駆逐艦2番艦時雨に乗艦してニュージョージア島の戦いに加わった。 夕凪は7月18日のブイン空襲時に損傷(同空襲で駆逐艦初雪が沈没)、夜戦部隊から外された[205][206]。 同日夜における水上作戦で夜間空襲により夜戦部隊は駆逐艦2隻(清波夕暮)を喪失、3隻(熊野、水無月、松風)が損害を受けた[206]。 損傷各艦はラバウルで応急修理を実施[207]。7月29日、駆逐艦2隻(夕凪、水無月)は輸送船2隻(白山丸、国川丸)を護衛してラバウルを出発、8月2日トラック到着[208]サイパンを経由し[209]、内地に帰投した。

夕凪は9月21日に佐世保を出撃、サイパンおよびトラック泊地を経由して9月29日ラバウルに到着した[210]。 10月初頭、コロンバンガラ島撤退作戦(セ号作戦)に参加[211]。つづいてベララベラ島撤退作戦にともなう10月6月から7日にかけての第二次ベララベラ海戦では夜襲部隊(秋雲《第三水雷戦隊司令官伊集院松治大佐座乗》 、風雲夕雲磯風時雨五月雨)、輸送部隊(駆逐艦文月、夕凪、松風小発6隻、浮舟隊)等として海戦に参加する[212][213]ニュージョージア諸島撤退後も、本艦は引続き外南洋部隊増援部隊の各艦と共に、最前線の輸送任務に従事した[214][215][216]。 10月20日附で、睦月型8番艦長月沈没時艦長の古川為夫少佐が夕凪駆逐艦長に任命される[217]。激戦により最前線の駆逐艦は次々に損傷あるいは沈没し[216]、10月下旬時点の増援部隊(第三水雷戦隊)健在兵力は(軽巡《川内》、第27駆逐隊《時雨、五月雨、白露》、第11駆逐隊《天霧》、第22駆逐隊《文月、水無月》、第30駆逐隊《卯月》、夕凪)という状態になった[218]

11月1日、連合軍はタロキナ(ブーゲンビル島)に上陸を開始、ブーゲンビル島の戦いがはじまる[219]。 11月1日から2日にかけて第五戦隊司令官大森仙太郎少将指揮下の日本艦隊はタロキナへの逆上陸を企図してラバウルに集結[220]。主隊/第五戦隊(妙高羽黒)、第三水雷戦隊司令官伊集院松治少将指揮下の第一警戒隊(川内、時雨、五月雨白露)、十戦隊司令官大杉守一司令官指揮下の第二警戒隊(軽巡《阿賀野》、駆逐艦《長波初風若月》)、第11駆逐隊司令(山代勝守大佐)指揮下の輸送隊(天霧、文月、卯月、夕凪、水無月《水無月はブカ島行》)という兵力区分である[221][222]。だが、陸戦隊の揚搭に手間取り航程に2時間の遅れが生じ、さらに当時の夕凪は26ノットしか発揮できず、逆上陸作戦は中止[222]。ブカ島にむかった水無月以外の輸送隊は反転してラバウルに帰投した[222]。 このあと大森少将指揮下の連合襲撃部隊は米艦隊(指揮官アーロン・S・メリル少将)との夜戦に臨むが[223]、2隻(軽巡川内、駆逐艦初風)が沈没[224]、撃退された[225]

11月5日、病気療養のため古川為夫少佐(夕凪駆逐艦長)は免職[225][226]。後任の夕凪艦長は岩淵悟郎少佐[226]。岩淵は太平洋戦争開戦時の陽炎型9番艦天津風水雷長で[227][228]、当時の天津風艦長は原為一中佐(元夕凪艦長。現時点で第27駆逐隊司令として時雨に乗艦)[229]。 その後、岩淵は天津風水雷長をへて軽巡阿武隈水雷長[228][164]、重巡最上水雷長[164]を歴任。睦月型11番艦望月艦長に補職されたが[230]、着任前に望月は沈没、望月には赴任できなかった[225]。岩淵が着任した当日ラバウル空襲があり、第二艦隊司令長官栗田健男中将指揮下の重巡洋艦部隊は大打撃を受けた[225][231]

新艦長着任直後の11月6日[225]、タロキナ(ブーゲンビル島西岸中央部)に対する逆上陸作戦のため阿賀野以下支援部隊と、第31駆逐隊司令香川清登大佐指揮下の挺身輸送隊(警戒隊《大波巻波》、輸送隊《天霧、文月、卯月、夕凪》)で出撃[232]。輸送隊は7日午前0時過ぎにタロキナ到着、陸軍部隊の揚陸に成功したのち、同日午前10時頃ラバウルに帰投した[232]

同時期、軽巡夕張がラバウルに到着し[232]、第三水雷戦隊旗艦に復帰する[233][234]。夕凪以下増援部隊(第三水雷戦隊)は輸送任務の傍ら[235][236]、訓練を実施した[237][238]。 11月24日、ガロベ島輸送作戦中の空襲で夕張は損傷、内地修理を余儀なくされた[239][240]。翌11月25日、セント・ジョージ岬沖海戦で駆逐艦3隻(夕雲型《大波巻波》、初雪型《夕霧》)が沈没した[241][242][243]。この海戦以降、南東方面に対する駆逐艦輸送(鼠輸送)は打ち切られ、潜水艦・大発動艇・空輸に頼らざるを得なくなった[244]。損傷各艦はトラック泊地に後退し、ラバウルに残る第三水雷戦隊は3隻(天霧、秋風、夕凪)となり、三水戦司令部は12月2日よりラバウル陸上へ移動した[236]

12月11月(ラバウル)と13日(カビエン)、夕凪は座礁事故を起こした。13日の場合、康寧丸と曳航油槽船(特二〇号。搭載量1000トン)救援のため行動中[245]、悪天候による視界不良によってカビエンニューアイルランド島)で座礁、軽度の損傷を受けた[246]B-24爆撃機に空襲されるが不発弾で済み[247][248]、14日に僚艦水無月の曳航で離礁した[249]、同日深夜にラバウルへ戻った[250]。 12月16日附で第三水雷戦隊司令官は伊集院松治少将から中川浩少将に交代[251](12月17日、退任および着任)[252][253]。 応急修理を終えた夕凪は、トラック泊地よりラバウルに戻ってきた三水戦各艦と共に引き続き最前線への強行輸送作戦に従事する[254][255]。12月29日、機関故障を起こした夕凪は[256]特設運送船清澄丸の護衛艦に指定され、ラバウルを出発[257]。カビエンに立ち寄り[258]、3隻(夕凪、第22号掃海艇、清澄丸)はトラック泊地に向かった[259]

昭和19年の行動

1944年(昭和19年)1月1日、アメリカの潜水艦バラオ (USS Balao, SS-285) が清澄丸を雷撃して大破させた。夕凪1隻では曳航できず[260]連合艦隊は第十四戦隊司令官伊藤賢三少将を指揮官とする清澄丸救難隊(那珂谷風、夕凪、第22号掃海艇)を編成し、またカビエン輸送任務に従事していた軽巡大淀秋月型駆逐艦1番艦秋月も清澄丸の救難に一時協力した[261]。清澄丸はトラック泊地に入港できたが、2月中旬のトラック島空襲で撃沈された。

1月中旬、前年11月のラバウル空襲で大破、トラック泊地に回航されていた夕雲型駆逐艦4番艦長波の内地修理が決まる[262]1月15日長良型軽巡洋艦1番艦長良は長波を曳航してトラックを出発[263]、駆逐艦2隻(卯月、夕凪)は警戒隊として同行する[264]。 1月18日、長波回航部隊はサイパンに立ち寄る[265][266]。 1月24日、長波回航部隊(長良、長波、卯月、夕凪)は豊後水道を通過[267]。1月25日、2隻(長良、長波)は呉に到着[268]。2隻(卯月、夕凪)は佐世保へ帰港[269][270]佐世保海軍工廠阿賀野型軽巡洋艦4番艦酒匂の建造等や修理整備で多忙だったが、2隻の修理を実施する[271]。 2月11日には「皐月」も佐世保に到着、共に修理に従事する[272][273]。 3月以降はサイパンへの船団護衛に従事した。

3月上旬、第十一水雷戦隊司令官高間完少将座乗の天龍型軽巡洋艦2番艦「龍田」(龍田艦長鳥居威美大佐は29駆解隊時の駆逐隊司令)[274]以下、護衛艦9艦(軽巡《龍田》、駆逐艦《野分朝風夕凪卯月》、海防艦《平戸》、敷設艇《測天巨済》、第20号掃海艇)[275]東松二号船団(加入船舶12隻)を護衛、サイパン・グアム方面への船団護衛任務に就くことになった[276][277]3月13日未明、旗艦龍田および輸送船国陽丸が八丈島西方40浬でアメリカの潜水艦サンドラス (USS Sand Lance, SS-381) の雷撃で沈没した(国陽丸の沈没は3時29分、龍田の沈没は15時36分)[276][278]。卯月と択捉型海防艦平戸はアメリカの潜水艦に対し爆雷攻撃を行い、この間に高間司令官は龍田から第4駆逐隊野分に移乗して旗艦を変更した[279][276]パガン島に向かった高岡丸を除く船団は3月19日にサイパン島到着[280]、ここでテニアン島行きの2隻(柳河丸、巨濟)、グアム島行きの3隻(玉鉾丸、朝風、第20掃海艇)、エンダービー島行きの2隻(第一眞盛丸、測天)に分離[276][281]。卯月以下トラック島行きの4隻(卯月、夕凪、対馬丸、あとらんちっく丸)も船団から分離し、20日附で第二海上護衛隊の指揮下に入った[276]

4月中旬、夕凪は東松六号船団に加入[282]。船団部隊指揮官松山光治少将(第七護衛船団司令官)の指揮下、護衛艦(帆風〔旗艦〕、夕凪、卯月、三宅、海防艦6号、海防艦10号、12号駆潜艇、掃海艇2隻《20号、28号》、敷設艇3隻《猿島、巨濟、由利島》)で加入船舶18隻を護衛する[282][283]。東松六号船団は4月15日東京湾を出撃[282]。被害なく4月23日朝、サイパンに到着した[282][284]。 その後も夕凪は各方面への輸送船団を護衛した。

5月1日、夕凪は第22駆逐隊に編入され、同隊は3隻(皐月、水無月、夕凪)となる[285]5月22日、船団護衛任務中の神風型8番艦朝凪小笠原諸島沖合でアメリカの潜水艦ポラックUSS Pollack, SS-180)の雷撃により、北緯28度18分 東経138度50分 / 北緯28.300度 東経138.833度 / 28.300; 138.833地点で沈没した[5]。 5月下旬、夕凪は第十一水雷戦隊指揮下各艦(名取長良霜月清霜)と共に内海西部で行動[286]。5月27日、連合艦隊より中部太平洋方面部隊への復帰とサイパン進出を命じられるが[287]、第三水雷戦隊司令部(サイパン島陸上)は機関修理後でよいと通達した[288]

6月6日、第22駆逐隊僚艦水無月がアメリカの潜水艦ハーダーUSS Harder, SS-257)の雷撃により北緯4度2分 東経119度18分 / 北緯4.033度 東経119.300度 / 4.033; 119.300地点で撃沈され[5]、第22駆逐隊は2隻(皐月、夕凪)となった[289]

6月6日、夕凪は佐世保を出港[90]。6月13日、サイパン島に対する米艦隊の艦砲射撃が開始されて日本海軍は『あ号作戦』(マリアナ沖海戦)を発動。第三艦隊司令長官小沢治三郎中将率いる第一機動艦隊マリアナ沖を目指して進撃を開始し、機動部隊補給部隊も指定配備点に向かった。6月18日朝、速吸船団(給油艦速吸、駆逐艦3隻《初霜、夕凪、栂》)は補給部隊と合同[290]。 6月20日、補給部隊は護衛艦(卯月雪風、夕凪、初霜)と油槽船(速吸、日栄丸、国洋丸、清洋丸、玄洋丸丸、あづさ丸)という編制で航行中、米軍機動部隊艦載機の空襲を受けた[291][292]。 油槽船2隻(清洋丸、玄洋丸)が被弾炎上。 玄洋丸は卯月に[293][294]、清洋丸は雪風に[295][296]、それぞれ処分された[297]

補給部隊は6月23日にバコロド(フィリピン中西部ネグロス島)へ帰投した[298][299]。夕凪は24日ギマラス(バコロドの対岸)着[300]。6月26日早朝、船団はバコロドを出発[301]。午前10時、速吸は補給部隊から分離[302]、3隻(速吸、響、夕凪)は座礁した雪風を救助した[297]。 7月7日未明、マニラ湾西口で夕雲型駆逐艦9番艦玉波がアメリカの潜水艦ミンゴ(USS Mingo, SS-261)の雷撃で撃沈された[5]。 7月10日、給油艦2隻(速吸、旭東丸)は駆逐艦3隻(夕凪、響、藤波)に護衛されてマニラを出港[303]。損傷して速力を出せない軽巡北上はマニラに残った[304][305]。速吸船団(速吸、旭東丸、夕凪、響、藤波)はサンベルナルジノ海峡および紀淡海峡経由で[306]7月17日呉に帰投した[307][308]

沈没

1944年(昭和19年)7月上旬、マリアナ沖海戦に続くサイパンの戦いサイパン島地上戦に巻き込まれた第三水雷戦隊司令部は全滅、第三水雷戦隊司令官中川浩少将も戦死した[309]。そこで日本海軍は第三水雷戦隊の残存艦艇を基幹として、8月20日附で第三十一戦隊 を編制する[310][311][312]。三十一戦隊司令官は江戸兵太郎少将[313]。旗艦予定だった長良型3番艦「名取」が編成直前の8月18日に撃沈されたため、代艦として長良型2番艦五十鈴を旗艦に指定する[310]。 第三十一戦隊の編成と共に第22駆逐隊は解隊され、残存2隻(皐月、夕凪)は第30駆逐隊に編入(駆逐隊司令沢村成二大佐)、同隊は駆逐艦5隻(卯月、夕月、秋風、皐月、夕凪)となった[314]。 各艦・各隊は瀬戸内海で戦隊訓練・対潜訓練を実施した[311]。だが、8月25日に船団護衛任務中の夕凪はアメリカの潜水艦ピクーダ(USS Picuda, SS-382)の雷撃で撃沈された[5][90]。沈没に至る経過は以下のとおりである。

8月上旬、夕凪はヒ71船団に加入[315][316]。第六護衛船団司令官梶岡定道少将(開戦時の第六水雷戦隊司令官)[117]指揮のもと[315][317]、護衛艦(空母《大鷹》、駆逐艦2隻《藤波夕凪》、海防艦《平戸〔旗艦〕、倉橋御蔵昭南第11号海防艦》)で加入船舶20隻(速吸旭東丸帝洋丸、あづさ丸、二洋丸、第2八紘丸、瑞鳳丸、永洋丸、吉備津丸玉津丸摩耶山丸阿波丸帝亜丸能代丸能登丸、香椎丸、日昌丸北海丸鴨緑丸伊良湖)を護衛[318]8月8日、ヒ71船団は門司(山口県)を出撃した[315][319]。途中馬公市(台湾)に寄港して「伊良湖」以下5隻を分離、別の1隻と第一海上護衛隊5隻(神風型2番艦《朝風》、第三掃蕩小隊《佐渡松輪日振択捉》)を編入して護衛を強化、8月17日に出発した[318]8月18日午前5時24分、永洋丸が北緯20度28分 東経121度40分 / 北緯20.467度 東経121.667度 / 20.467; 121.667地点で雷撃を受けて損傷、夕凪は同船を護衛して台湾高雄市に引き返した[318][319]。米潜水艦レッドフィッシュ(USS Redfish, SS/AGSS-395)の戦果だった。夕凪離脱後のヒ71船団は、同日夜から8月19日にかけて米軍潜水艦のウルフパックに襲撃され、大鷹含め5隻沈没(大鷹、帝亞丸、速吸、帝洋丸、玉津丸)、損傷(能代丸、阿波丸)という大損害を被った[318][320]


8月21日0900、神風型2隻(朝風、夕凪)は1TL型戦時標準タンカー第二八紘丸(日本油槽船、10,022トン)、同二洋丸(浅野物産、10,022トン)の2隻で編成されたタマ24A船団を護衛して出港[321]、翌22日、ルソン島沖を航行中、第二八紘丸がスペードフィッシュ (USS Spadefish, SS-411) の雷撃によりバサレン湾に座礁したため、「夕凪」はその警戒として付き添った。翌23日、二洋丸を護衛中の朝風がアメリカの潜水艦ハッド(USS Haddo, SS-255)の雷撃により[5]、近くの陸地に曳航されたあと沈没した[322]8月25日、バサレン湾を警戒中、付近を通りかかったマタ26A船団[323]がアメリカの潜水艦ピクーダの魚雷攻撃を受ける様子を目撃し、現場へ対潜掃討に向かった[324]。だがピクーダが発射した魚雷が艦橋後部(左舷)に命中し、衝撃で缶室が爆発[324]。夕凪の船体は両断され、ついに沈没した[324]。乗員約40名が戦死、さらに僚艦の爆雷攻撃の影響で救助された重傷者多数が戦死した[324]。沈没地点記録北緯18度42分 東経120度49分 / 北緯18.700度 東経120.817度 / 18.700; 120.817[323]

夕凪から無事生還した岩淵悟郎少佐(夕凪艦長)は、9月1日附で夕凪駆逐艦長の職務を解かれた[325]。 9月12日、梶岡定道少将はヒ72船団(ヒ71船団復航便)を指揮中に乗艦(海防艦平戸)がアメリカの潜水艦グロウラーの雷撃で撃沈され、自らも戦死した。 9月18日、岩淵少佐(元夕凪艦長)は松型駆逐艦11番艦艤装員長[326]、9月30日附で榧駆逐艦長(初代)に任命された[327]

10月10日、神風型2隻(夕凪、朝風)は神風型駆逐艦[328]、帝国駆逐艦籍[329]から除籍。本艦は第30駆逐隊[330]からも除籍された。

歴代艦長

※『艦長たちの軍艦史』247-248頁による。

艤装員長

  1. 山田定男 少佐:1924年12月1日[13] - 1925年2月9日[14]

艦長

  1. 山田定男 少佐:1925年2月9日[14] - 1926年12月1日[25]
  2. 久我徳一 中佐:1926年12月1日[25] - 1927年12月1日[30]
  3. 藤田類太郎 少佐:1927年12月1日[30] - 1928年12月10日[32]
  4. 園二郎 少佐:1928年12月10日[32] - 1929年11月1日[34]
  5. 高橋一松 少佐:1929年11月1日[34] - 1931年12月1日[37]
  6. (兼)伊崎俊二 中佐:1931年12月1日[37] - 1932年9月15日[38]
  7. (兼)小西要人 少佐:1932年9月15日[38] - 1933年3月15日[39]
  8. (兼)佐藤寅治郎 少佐:1933年3月15日[39] - 1933年4月1日[40]
  9. 吉村真武 少佐:1933年4月1日[40] - 1934年11月1日[44]
  10. 原為一 少佐:1934年11月1日[44] - 1935年11月15日[48]
  11. 山隈和喜人 少佐:1935年11月15日[48] - 1936年12月1日[60]
  12. 大迫東 少佐:1936年12月1日[60] - 1938年6月1日[66]
  13. 鈴木保厚 少佐:1938年6月1日[66] - 1938年11月10日[72]
  14. 岩橋透 少佐:1938年11月10日[72] - 1939年12月1日[76]
  15. 田中忠政 少佐:1939年12月1日[76] - 1940年9月25日[78]
  16. 山下正男 少佐:1940年9月30日[79] - 1942年4月15日[102]
  17. 岡田静一 大尉:1942年4月15日[102] - 1943年5月23日[173]
  18. 鹿嶋正徳 少佐:1943年5月23日[173] - 1943年10月20日[217]
  19. 古川為夫 少佐:1943年10月20日[217] - 1943年11月5日[226]
  20. 岩淵悟郎 少佐:1943年11月5日[226] - 1944年9月1日[325]

注釈

  1. ^ 高田は、練習巡洋艦香椎艦長等を歴任
  2. ^ 渋谷は、軽巡球磨艦長、空母隼鷹艦長《マリアナ沖海戦時》、戦艦長門艦長等を歴任。
  3. ^ 杉浦は、第17駆逐隊司令《太平洋戦争開戦時》、第4駆逐隊司令《ベラ湾夜戦時》、重巡羽黒艦長《レイテ沖海戦時》等を歴任。羽黒沈没時に戦死《ペナン沖海戦
  4. ^ 大前は、駆逐艦菊月艦長等を歴任。第一次ソロモン海戦時の第八艦隊首席参謀等を歴任
  5. ^ 藤田は、島風艦長を経て敷波艤装員長・初代艦長、軽巡阿武隈艦長、重巡妙高艦長、戦艦扶桑艦長等を歴任。太平洋戦争開戦時の第11航空戦隊司令官
  6. ^ 山本大佐は、那珂艦長、重巡摩耶艦長、戦艦伊勢艦長等を歴任
  7. ^ 高橋は吹雪型駆逐艦艤装員長・初代艦長等を歴任。太平洋戦争時、第2海上護衛隊司令官として松型駆逐艦1番艦沈没時に戦死
  8. ^ 後日、伊崎は駆逐艦敷波艦長、軽巡川内艦長、重巡最上摩耶艦長等を歴任。第二水雷戦隊司令官として、コロンバンガラ島沖海戦における旗艦神通沈没時に戦死、当時神通艦長は佐藤寅治郎大佐
  9. ^ 小西は太平洋戦争開戦時の第7駆逐隊司令。第9駆逐隊司令、軽巡阿武隈艦長、空母雲龍艦長等を歴任。雲龍沈没時に戦死
  10. ^ 佐藤は太平洋戦争開戦時の第15駆逐隊司令。軽巡神通艦長として、第二水雷戦隊司令官伊崎俊二少将と共に戦死(コロンバンガラ島沖海戦
  11. ^ 吉村は軽巡龍田艦長、矢矧初代艦長、戦艦榛名艦長(終戦時)等を歴任
  12. ^ 藤田大佐は、第20駆逐隊司令を経て軽巡阿武隈艦長、重巡妙高艦長、戦艦扶桑艦長等を歴任
  13. ^ 原少佐は長月艦長を経て、駆逐艦山雲艦長、綾波艦長、天津風艤装員長・初代艦長、第19駆逐隊司令、第27駆逐隊司令、軽巡矢矧艦長(2代目)等を歴任
  14. ^ 大森は、太平洋戦争中盤における給糧艦「間宮」特務艦長。終戦時の摂津艦長
  15. ^ 山隈少佐は白雲艦長を経て朝潮型4番艦荒潮艤装員長・初代艦長、睦月型皐月艦長等を歴任
  16. ^ 森は太平洋戦争開戦時の重巡羽黒艦長。第一水雷戦隊司令官としてアッツ島沖海戦参加後、病気のため木村昌福少将と交替
  17. ^ 鈴木は追風艦長を経て、駆逐艦白露艦長、峯雲艦長、満潮艦長、若月艦長等を歴任。若月沈没時に戦死(多号作戦
  18. ^ 清水大佐は昭和17年8月31日附で夕雲型駆逐艦長波巻波高波)で編制された第31駆逐隊司令に補職。ルンガ沖夜戦で司令駆逐艦(高波)沈没時に戦死

参考文献

  • 浅田博、高城直一『海防艦三宅戦記 輸送船団を護衛せよ』光人社NF文庫、2013年9月(原著1985年)。ISBN 978-4-7698-2799-3
  • 伊藤正徳『連合艦隊の栄光』角川書店、1974年7月。
  • 大井篤『海上護衛戦』角川文庫、2014年5月(原著1953年)。ISBN 978-4-04-101598-8
  • 岡村治信『青春の棺 生と死の航跡』光人社、1979年12月。
  • 海人社『世界の艦船 増刊 日本駆逐艦史』1992年7月号増刊 No.453
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年。
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9
    • <駆逐艦「榧」艦長・岩淵悟郎少佐の証言>(駆逐艦朝潮水雷長、天津風水雷長、軽巡阿武隈水雷長、最上水雷長、駆逐艦望月艦長、夕凪艦長、榧艦長等を歴任)
  • 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語 若き航海長の太平洋海戦記』光人社NF文庫、2004年1月(原著1997年)。ISBN 4-7698-2408-4
  • 須藤幸助『駆逐艦五月雨』朝日ソノラマ文庫、1988年。ISBN 4-257-17097-2
  • 須藤幸助『駆逐艦「五月雨」出撃す ソロモン海の火柱』光人社NF文庫、2010年1月(原著1988年)。ISBN 978-4-7698-2630-9
  • 高橋雄次『鉄底海峡 重巡加古艦長回想記』光人社NF文庫、1994年10月(原著1967年)。ISBN 4-7698-2062-3
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人『高松宮日記 第四巻 昭和十七年一月一日~昭和十七年九月三十日』中央公論社、1996年7月。ISBN 4-12-403394-x{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。
  • 種子島洋二『ソロモン海「セ」号作戦―コロンバンガラ島奇蹟の撤収』光人社、2003年9月。ISBN 4-7698-2394-0
  • 辻政信THE PACIFIC WAR 太平洋戦記6 ガダルカナル』河出書房親社、1975年8月(原著1951年)。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • R・F・ニューカム著、田中至訳『サボ島沖海戦 米軍史上最大の敗北』光人社NF文庫、1998年4月(原著1963年)。ISBN 4-7698-2192-1
  • 原為一『帝国海軍の最後』河出書房新社、2011年7月(原著1955年)。ISBN 978-4-309-24557-7
  • 原為一ほか『軽巡二十五隻 駆逐艦群の先頭に立った戦隊旗艦の奮戦と全貌』潮書房光人社、2014年12月。ISBN 978-4-7698-1580-8
    • 当時「夕張」機関科燃料係・海軍二等機関兵曹桶沼福次『夕張もうひとつの第一次ソロモン海戦 機関故障に耐え克復しながら一大海戦を戦いぬいた機関兵曹の証言
    • 当時「夕張」航海長・海軍少佐津田武彦『袖珍軽巡「夕張」ソロモンへの片道切符 船団を護衛して魔の海域に作戦する小型軽巡を襲った痛恨の一瞬
    • 当時「川内」水雷長・海軍少佐浅野市郎『俊鋭軽巡「川内」タロキナ岬沖の悲運 速力三十五ノット五五〇〇トン最終発展型軽巡のブーゲンビル島沖海戦
  • 淵田美津雄奥宮正武『機動部隊 新装版戦記文庫』朝日ソノラマ、1992年12月(原著1951年)。ISBN 4-257-17269-x{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書46 海上護衛戦』朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』朝雲新聞社、1976年8月。
  • 『写真 日本の軍艦 空母Ⅱ第4巻 隼鷹型・瑞補型・千歳型・大鷹型・信濃・伊吹・龍鳳・神鷹・海鷹 水上機母艦 特設水上機母艦 母艦搭載機の発達』雑誌『』編集部/編、光人社、1989年10月。ISBN 4-7698-0454-7
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』雑誌『』編集部/編、光人社、1997年11月。ISBN 4-7698-0819-4
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍研究社編輯部 編『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍有終会編『幕末以降帝国軍艦写真と史実』海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編『日本軍艦集 2600年版』海軍研究社、1940年7月。
    • 海軍大臣官房『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』海軍大臣官房、1939年。
    • 海軍大臣官房『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』海軍大臣官房、1940年。
    • 海軍大臣官房『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』海軍大臣官房、1940年。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正12年達完/1月』。Ref.C12070081500。
    • 『大正13年達完/4月』。Ref.C12070083400。
    • 『大正13年達完/12月』。Ref.C12070084200。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和17年1月3月 内令1巻/昭和17年1月(2)』。Ref.C12070160500。
    • 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年5月(3)』。Ref.C12070162900。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。Ref.C12070176200。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年5月(1)』。Ref.C12070195200。
    • 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報/8月(3)』。Ref.C12070496100。
    • 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報/8月(4)』。Ref.C12070496200。
    • 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/10月(2)』。Ref.C12070497400。
    • 『第17号駆逐艦製造の一件』。Ref.C08051365600。
    • 『第17号駆逐艦故障に関する件』。Ref.C04015671500。
    • 『駆逐艦夕凪旧第17号駆逐艦羅鍼艦橋遮風装置改造の件』。Ref.C04016199100。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003300。
    • 『艦艇/駆逐艦(4) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003600。
    • 『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日/除籍艦艇/駆逐艦(3)』。Ref.C14010006100。
    • 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。Ref.C08051772000。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 『第29駆機密第227号8.11.21小隊区分及艦船番号変更の件』。Ref.C05022890400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年6月1日~8月31日(1)』。Ref.C11084304400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年6月1日~8月31日(2)』。Ref.C11084304500。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年11月1日~12月31日(1)』。Ref.C11084305400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年11月1日~12月31日(2)』。Ref.C11084305400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和12年8月1日~8月31日』。Ref.C11084306600。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和12年10月1日~10月31日』。Ref.C11084307200。
    • 『第394番電 11.6.26機密第287番電神威委員会を一時転勤の件(1)』。Ref.C05034663900。
    • 『軍務2第183号 11.7.9郵便物発送先に関する件』。Ref.C05035344300。
    • 『官房第3733号 11.8.5艦船宛郵便物に関する件』。Ref.C05035344500。
    • 『三航戦機密第1号 11.6.11郵便物発送先の件』。Ref.C05035344800。
    • 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊潜水隊水雷隊掃海隊 海軍武功調査/第22駆機密第17号の81 第22駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971000。
    • 『支那事変第8回功績概見表綴 駆逐隊潜水隊水雷隊掃海隊 海軍武功調査/第28駆機密第19号の200 第28駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971500。
    • 『支那事変第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/29駆隊機密第34号の129 第29駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。Ref.C14120980600。
    • 『支那事変第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/29駆隊機密第34号の285 第29駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120989400。
    • 『昭和16年12月1日~昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030018200。
    • 『昭和16年12月1日~昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030018300。
    • 『昭和16年12月1日~昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030018400。
    • 『昭和16年12月1日~昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030018500。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030120000。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030120100。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030120200。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030120300。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030121000。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030121100。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030121200。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030121300。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030121400。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030121500。
    • 『昭和17年2月1日~昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030121800。
    • 『昭和17年2月1日~昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030121900。
    • 『昭和17年2月1日~昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030122000。
    • 『昭和17年2月1日~昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030122100。
    • 『昭和17年2月1日~昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030122200。
    • 『昭和17年2月1日~昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030122300。
    • 『昭和17年2月1日~昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030122400。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030122800。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030122900。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030123000。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030123100。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030123200。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030123300。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030123400。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(8)』。Ref.C08030123500。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(9)』。Ref.C08030123600。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030124000。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030124100。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030124200。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030124300。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030124400。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030124500。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030124600。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(8)』。Ref.C08030124700。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(9)』。Ref.C08030124800。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(10)』。Ref.C08030124900。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030125200。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030125300。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030125400。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030125500。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030125600。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年4月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030335300。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030022500。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030022600。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030022700。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030022800。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030022900。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030023000。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(7)』。Ref.C08030023100。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(8)』。Ref.C08030023200。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030060600。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030060700。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030061800。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030061900。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030062000。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030062100。
    • 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030045700。
    • 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030045800。
    • 『昭和17年4月10日~昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(1)』。Ref.C08030142500。
    • 『昭和17年4月10日~昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(2)』。Ref.C08030142600。
    • 『昭和17年4月10日~昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(3)』。Ref.C08030142700。
    • 『昭和17年4月10日~昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(4)』。Ref.C08030142800。
    • 『昭和17年4月10日~昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(5)』。Ref.C08030142900。
    • 『昭和17年4月10日~昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(6)』。Ref.C08030143000。
    • 『昭和18年3月1日~昭和18年3月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030342900。
    • 『昭和18年3月1日~昭和18年3月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030343200。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年4月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030343700。
    • 『昭和18年5月1日~昭和18年5月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030344600。
    • 『昭和18年6月1日~昭和18年6月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030345500。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101000。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030101100。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030105800。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030105900。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030106000。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030106100。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106200。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030106500。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030106600。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030106700。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030106800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030107000。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030107100。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030102000。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030107400。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030107500。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030107600。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030107700。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030107800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030126900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030127000。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030127100。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030685100。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030685200。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030685300。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030685400。
    • 『あづさ丸戦闘詳報 昭和十九年六月二十日対空戦闘 表題は第61駆逐隊戦闘詳報(3)』、9-35頁。Ref.C08030150700。
    • 『昭和19年6月20日 特設運送船玄洋丸戦闘詳報 (対空戦闘)』。Ref.C08030763700。
    • 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030039900。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(1)』。Ref.C08030644600。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(2)』。Ref.C08030644700。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(3)』。Ref.C08030644800。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年8月31日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030149000。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年8月31日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030149300。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(1)』。Ref.C08030137300。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(2)』。Ref.C08030137400。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(3)』。Ref.C08030137500。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(4)』。Ref.C08030137600。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030141000。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030141100。
    • 『昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030141400。

脚注

  1. ^ a b c #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第十七號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 夕凪ユフナギ トス』
  2. ^ a b #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  3. ^ a b c #艦艇・駆逐艦(1)p.2『驅逐艦改稱新舊名稱對照表』-『(驅逐艦名)夕凪ユフナギ|(昭和三年七月三十一日以前ノ名稱)第十七號驅逐艦|(大正十三年四月二十三日以前ノ名稱)記載なし』
  4. ^ a b #達大正13年12月p.1『達第百三十六號 驅逐艦 有明 同 吹雪 同 夕凪 同 時雨 同 追風 同 疾風 同 彌生 同 卯月 同 初春 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル 大正十三年十二月一日 海軍大臣 財部彪』
  5. ^ a b c d e f #叢書46海上護衛戦446-447頁『米潜水艦に撃沈されたわが駆逐艦一覧表』
  6. ^ #達大正12年1月p.16『達第十一號 軍備補充費ヲ以テ大正十二年度ニ於テ佐世保海軍工廠ニテ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦一隻ヲ第十七驅逐艦ト命名ス 大正十二年一月二十七日 海軍大臣 男爵加藤友三郎』
  7. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.208『◎第十七驅逐艦命名ノ件 大正十二年一月二十七日(達一一)軍備補充費ヲ以テ大正十二年度ニ於テ佐世保海軍工廠ニテ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦一隻ヲ第十七驅逐艦ト命名ス』
  8. ^ #達大正12年1月p.16『達第十二號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 大正十二年一月二十七日 海軍大臣 男爵加藤友三郎 驅逐艦一等ノ欄内「第十五」ノ次ニ「、第十七」ヲ加フ』
  9. ^ a b c #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『夕凪|(艦性能略)|佐世保工廠|12-9-17|13-4-23|14-4-24|(武装略)』
  10. ^ 大正13年4月24日(木)海軍公報 第3444号 p.43』 アジア歴史資料センター Ref.C12070291200 『○驅逐艦進水 佐世保海軍工廠ニ於テ建造ノ第十七驅逐艦四月二十三日午前十時三十分進水セリ』
  11. ^ #達大正13年4月p.17『達第四十九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 驅逐艦及掃海艇ノ欄中「第一、第二」等トアルヲ「第一號、第二號」等ニ改ム/備考第二號中「第一驅逐艦」「第二驅逐艦」ヲ「第一號驅逐艦」「第二號驅逐艦」ニ改ム/同三號中「第一掃海艇」「第二掃海艇」ヲ「第一號掃海艇」「第二號掃海艇」ニ改ム 大正十三年四月二十四日 海軍大臣 村上格一』
  12. ^ #除籍駆逐艦(3)pp.46-47『舊夕凪(千噸以下)(略)大正十一年十月以前ヨリ在役艦(大正十三年十二月一日除籍)』
  13. ^ a b 大正13年12月2日(火)官報第3684号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955832 p.12
  14. ^ a b c d 大正14年2月12日(木)官報第3792号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955888 p.3
  15. ^ #第17号駆逐艦製造p.18『一四.四.二四(発信・受信略)佐鎮機密第四十三番電 第十七号駆逐艦本日竣工引渡ヲ了ス右報告ス 四月二十四日』
  16. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.66『昭和三年六月二十日(内令一六〇)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 本令ハ昭和三年八月一日ヨリ施行ス 驅逐艦ノ部中「第一號型」、「第十九號型」及「第三十五號型」ノ各項ヲ左ノ如ク改ム |神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、朝凪、夕凪/睦月型|睦月、如月、彌生、卯月、皐月、水無月、文月、長月、菊月、三日月、望月、夕月/吹雪型|吹雪、白雪、初雪、深雪、叢雲、東雲、薄雲、白雲、磯波、浦波、綾波| 同部中「第二號型」ノ項ヲ左ノ如ク改ム |若竹型|若竹、呉竹、早苗、早蕨、朝顔、夕顔、芙蓉、刈萱| 掃海艇ノ部中「浦波型」ノ項ヲ左ノ如ク改ム |第七號型|第七號、第八號、第九號、第十號、第十一號、第十二號| 備考第二號中但書ヲ削リ第四號ヲ左ノ如ク改ム  四 掃海艇ヲ稱呼スルニハ「第何號掃海艇」ヲ以テス 同五號中「「第三十五號型驅逐艦」、」ヲ削ル
  17. ^ #艦艇・駆逐艦(4)p.15『昭和三、八、一夕凪ト改稱』
  18. ^ #サボ島沖海戦61頁
  19. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.62『大正十四.五.一(内令一二五)第二十八驅逐隊ノ次ニ第二十九驅逐隊(第十五號、第十七號)ヲ加フ』
  20. ^ 大正14年5月4日(月)官報第3807号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955955 p.6
  21. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.62『大正十四年.九.一〇(内令二五一)第二十九驅逐隊ヲ第二艦隊ノ所属トス』
  22. ^ 大正14年12月2日(水)官報第3982号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956132 p.8
  23. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.63『大正一四年.一二.一(内令三一九)|佐世保鎮守府|第二艦隊|第二十九驅逐隊|第十一號、第十五號、第十七號|第十三號(一四.一二.二五 三六一)』
  24. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.40『大正一四.一二.一(内令三一八)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 霧島 比叡/第五戰隊 由良 名取 川内/第二水雷戰隊 五十鈴 第三 第五 第二十九驅逐隊/第二潜水戦隊 長鯨 第十四 第十七潜水隊|第二艦隊 九.一〇(内令一五〇)第二十九驅逐隊(二水戰)|第一遣外艦隊 八.三一(内令二三三)第二十九驅逐隊』
  25. ^ a b c 大正15年12月2日(木)官報第4283号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956433 p.9
  26. ^ 大正15年12月1日(水)海軍辞令公報号外 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070305500 
  27. ^ a b 大正15年12月2日(木)海軍公報 第4214号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C12070305600 『○旗艦指定 第二艦隊司令長官ハ本月一日旗艦ヲ金剛ニ、第二水雷戰隊司令官ノ旗艦ヲ夕張ニ孰モ指定セリ』
  28. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.41『大正一五.一二.一(内令二四六)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 金剛 比叡/第五戰隊 加古 古鷹 神通 那珂/第二水雷戰隊 夕張 第五 第二十二 第二十九 第三十驅逐隊/第二潜水戦隊 長鯨 第七 第十七潜水隊』
  29. ^ 昭和2年12月3日(土)海軍公報 第277号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070311200 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ本月一日第五戰隊司令官ノ旗艦ヲ加古ヨリ衣笠ニ、第二水雷戰隊司令官ノ旗艦ヲ夕張ヨリ名取ニ孰モ變更セリ』
  30. ^ a b c d e 昭和2年12月2日(金)官報第279号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956739 p.7山本免職・千谷補職、p.8久我免職・藤田補職
  31. ^ 昭和3年2月16日(木)官報第338号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956799 p.7
  32. ^ a b c d e f 昭和3年12月11日(火)官報第587号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957052 p.7千谷免職・染河補職、p.8中圓尾免職、p.9藤田免職・園兼務
  33. ^ 昭和4年3月6日(水)官報第653号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957119 p.3
  34. ^ a b c d 昭和4年11月2日(土)官報第854号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957321 p.5
  35. ^ 昭和4年12月1日(月)官報第878号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957345 p.11高橋免職、p.12白石補職
  36. ^ 昭和5年12月2日(火)官報第1179号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957646 p.9白石免職・山本補職
  37. ^ a b c d e 昭和6年12月2日(水)官報第1478号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957946 p.10山本免職、p.11後藤・伊崎補職・高橋免職
  38. ^ a b c d 昭和7年9月16日(金)官報第1716号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958187 p.4
  39. ^ a b c 昭和8年3月16日(木)官報第1861号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958332 p.4
  40. ^ a b c 昭和8年4月4日(木)官報第1875号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958347 p.6
  41. ^ 昭和8年11月2日(水)官報第2053号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958525 p.7
  42. ^ 昭和9年6月29日(金)海軍公報第2207号 p.38』 アジア歴史資料センター Ref.C12070343900 『○艦船所在地○六月二十九日午前十時調 (将旗)金剛霧島、(将旗)長良五十鈴名取、(将旗)長鯨、高雄愛宕、(将旗)川内、(将旗)赤城、(司令)松風春風旗風朝風、(司令)菊月望月三日月夕月、(司令)疾風追風朝凪夕凪、(司令)睦月卯月彌生如月、(司令)澤風沖風、(司令)伊三伊一伊二、(司令)伊五伊四(二十八日佐世保發―寺島水道へ) (司令)水無月文月(二十九日佐世保發―演習地へ)』
  43. ^ 昭和9年6月16日(土)海軍公報第(部内限定)第1817号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C12070347600 『○郵便物發送先 聯合艦隊司令部、第一艦隊司令部、軍艦金剛霧島、第一戰隊司令部、軍艦扶桑日向、第七戰隊司令部、軍艦長良五十鈴名取、第一水雷戰隊司令部、軍艦川内、第二十三驅逐隊(菊月夕月望月三日月)、第五驅逐隊(松風春風旗風朝風)、第二十九驅逐隊(疾風追風夕凪朝凪)、第三十驅逐隊(睦月卯月如月彌生)、第一航空戰隊司令部、軍艦赤城第二驅逐隊(沖風澤風矢風)、特務艦間宮鳴戸宛(略)第一潜水戰隊司令部、軍艦長鯨、第八潜水隊(伊五伊四)、第七潜水隊(伊三伊一伊二)宛(略)』
  44. ^ a b c d 昭和9年11月2日(金)官報第2353号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958829 p.11
  45. ^ 昭和9年11月16日(金)官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958840 p.9
  46. ^ #S0811第29駆艦番号p.1『昭和八年十一月二十二日 第二十九驅逐隊司令 海軍大臣殿 小隊區分及艦船番号変更ノ件報告 当隊小隊區分及艦舩番号ヲ左ノ通改ム|小隊區分|一小隊|一番艦(司令)疾風/二番艦/追風|二小隊|三番艦/夕凪/四番艦/朝凪|(終)』
  47. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.71『昭和一〇年.一一.一五(内令四五九)|佐世保鎮守府|第二十八驅逐隊|朝凪、夕凪/第二十九驅逐隊|追風、疾風』
  48. ^ a b c d e 昭和10年11月16日(土)官報第2663号。国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959142 p.10大藤補職、p.11原免職・山隈補職
  49. ^ a b c 昭和10年10月15日(金)海軍辞令公報号外 p.21大森補職、p.26山隈補職、p.27原免職』 アジア歴史資料センター Ref.C12070352500 
  50. ^ 昭和10年11月16日(土)海軍公報第2616号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C12070352600 『○司令驅逐艦變更 第二十八驅逐隊司令ハ昨十五日司令驅逐艦ヲ蓮ヨリ朝凪ニ變更セリ』
  51. ^ a b #三航戦機密第1号p.1『秘 三航戦機密第一号ノ九 昭和十一年六月十一日 横須賀神威 第三航空戦隊司令部 横浜郵便局御中|郵便物発送先ノ件照会|当隊行動ノ関係上、當司令部、軍艦神威及第二十八駆逐隊(朝凪、夕凪)宛郵便物ハ六月二十四日以降當分ノ間貴局氣付ト致スベクニ付発送ニ関シテハ左記ニヨリ御配慮ヲ得度|記 七月十三日迄到達見込ノモノハ サイパン/八月十四日 〃パラオ/九月十六日 〃ポナペ 十月十五日 〃父島(終) 』
  52. ^ a b c #写真第4巻空母Ⅱpp.150-151『水上機母艦行動年表◆神威◆』
  53. ^ #S1106朝凪日誌(1)p.1『摘要 六月一日付ヲ以テ司令駆逐艦ヲ朝凪ヨリ夕凪ニ変更(司令夕凪ニ乗艦ス)本日付ヲ以テ第三航空戦隊ニ編入セラル(以下略)』
  54. ^ 昭和11年6月5日(金)海軍公報第2774号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C12070356700 『○司令驅逐艦變更 第十六驅逐隊司令ハ本月四日一時芙蓉ヨリ朝顔ニ、第二十八驅逐隊司令ハ本月一日朝凪ヨリ夕凪ニ司令驅逐艦ヲ變更セリ』
  55. ^ #写真第4巻空母Ⅱp.187(神威写真)
  56. ^ a b 昭和11年12月1日 海軍公報(部内限)第2496号 p.17』 アジア歴史資料センター Ref.C12070361800 『事務引継 第三航空戰隊司令部ノ残務ハ本月一日之ヲ第十二戰隊司令部ニ引継キタリ』-『○事務開始 第十二戰隊司令部ハ軍艦沖島ニ設置セラレ本月一日其ノ事務ヲ開始セリ』
  57. ^ #S11.11朝凪日誌(1)p.31『摘要 昭和十一年十二月一日付ヲ以テ昭和十一年度聯合艦隊編制ニ依リ第十二戰隊ニ編入セラル』
  58. ^ 昭和11年12月8日 海軍公報第2928号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C12070358800 『○旗艦指定 第十二戰隊司令官ハ本月一日旗艦ヲ沖島ニ指定セリ』
  59. ^ a b 昭和11年12月1日(火)海軍辞令公報号外 p.26大森免職、p.27森補職、p.33山隈免職、p.36大迫補職』 アジア歴史資料センター Ref.C12070358700 
  60. ^ a b c d e 昭和11年12月2日(水)官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959458 p.21大森免職・森補職、p.23山隈免職、p.24大迫補職
  61. ^ 昭和12年8月30日 海軍公報(部内限)第2702号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C12070367300 『○代将旗指定 第三航空戰隊司令官ハ本月二十七日代将旗ヲ神威ニ指定セリ』
  62. ^ #S1208朝凪日誌p.29『摘要 本日附ヲ以テ第三艦隊第三航空戰隊ニ編入、水上基地調査ノ為メ「キョーワン」ニ廻航即日帰投 』
  63. ^ #S1210朝凪日誌p.24『摘要 本日ヨリ佐世保第三予備艦 佐世保警備戰隊ニ編入』
  64. ^ 昭和12年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(号外)第99号 p.23』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  65. ^ 昭和13年2月10日(発令2月10日付)海軍辞令公報(号外)第136号 p.10』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073400 
  66. ^ a b c 昭和13年6月1日(発令6月1日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第189号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073900 
  67. ^ 昭和18年3月26日(発令3月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1081号 p.46』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090100 
  68. ^ 昭和19年8月12日(発令昭和18年10月6日付)海軍辞令公報(甲)第1561号 p.27』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100500 
  69. ^ 昭和13年8月5日(発令8月5日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第221号 p.19』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  70. ^ 昭和13年8月25日(発令8月25日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第230号 p.42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  71. ^ a b 昭和13年10月20日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第252号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074400 
  72. ^ a b c d 昭和13年11月10日(発令11月10日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第259号 p.19』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  73. ^ 昭和13年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第267号 p.8』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  74. ^ a b 昭和13年12月5日(発令12月5日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第269号 p.49井原免職・早川補職、p.50久保木補職・岩崎免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  75. ^ a b 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.30柴田補職、p.34早川免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  76. ^ a b c d 昭和14年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(部内限)第408号 p.5』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077100 
  77. ^ 昭和16年8月20日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第695号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081800 
  78. ^ a b 昭和15年9月27日(発令9月25日付)海軍辞令公報(部内限)第534号 p.10』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078900 
  79. ^ a b 昭和15年9月30日(発令9月30日付)海軍辞令公報(部内限)第536号 p.22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078900 
  80. ^ #支那事変第8回功績概見表(第28駆逐隊)p.1『夕凪|功勞甲|自一五.四.二九至一五.一一.一五|佐世保軍港及長崎港ニ在リテ對空警戒任務ニ從事|佐世保軍港及長崎港對空防禦ニ協力ス』
  81. ^ #支那事変第8回功績概見表(第22駆逐隊)pp.1-5
  82. ^ 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  83. ^ 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 p.31田原免職、p.33清水補職
  84. ^ #支那事変第9回功績概見表(第29駆逐隊)p.1『記事 第四艦隊第六水雷戰隊』
  85. ^ a b 昭和16年9月1日(発令9月1日付)海軍辞令公報(部内限)第701号 pp.3,5』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081900 
  86. ^ #S1612第四艦隊(1)pp.3-5『四.参考(イ)麾下艦船部隊ノ行動(其ノ一)』
  87. ^ #青春の棺31-32頁『人智の外にあるもの』
  88. ^ a b c #ハンディ判艦艇写真集18p.113(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇追風◇
  89. ^ a b c d #ハンディ判艦艇写真集18pp.113-114(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇朝凪◇
  90. ^ a b c d e #ハンディ判艦艇写真集18p.114(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇夕凪◇
  91. ^ #内令昭和17年1月(2)pp.15-19『内令第七十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年一月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第十二驅逐隊ノ項中「東雲、」ヲ削ル|第二十驅逐隊ノ項中「、狭霧」ヲ削ル|第二十九驅逐隊ノ項中「疾風、」ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「如月、」ヲ削ル』
  92. ^ #青春の棺57-58頁
  93. ^ a b #高松宮日記4巻168-169頁『○第四艦隊(三〇五=一〇-二〇四〇)(略)被害 第六水雷戦隊』
  94. ^ #青春の棺66-67頁
  95. ^ #S1703六水戦日誌(1)p.23『十八日(司令)追風|十八日〇八一〇|當隊各艦普通航海ニ差支ヘナキ程度應急完成但シ朝凪夕凪ハ燃料搭載ヲ要ス』
  96. ^ #S1703六水戦日誌(1)p.24『十八日一二二五6sd司令官|6sd|六水戰信令第九四號 夕張艦長ハ所要ノ人員ヲ朝凪夕凪ニ派遣シ右各艦「トラック」回航ニ必要ナル應急修理ニ協力セシムベシ』
  97. ^ a b #S1703六水戦日誌(1)p.38『四 参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』
  98. ^ #S1703六水戦日誌(1)p.35『二十六日一二〇〇29dg司令(宛略)當隊サイパン経由佐世保ニ向ケトラック発一二〇〇』
  99. ^ #青春の棺74頁
  100. ^ a b #S1704六水戦日誌(1)pp.24-26『四 参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』
  101. ^ #S1704佐鎮(5)p.21『一(天候略)(略)三.戰死者遺骨朝凪夕凪ニテ入港ニ付登舷禮式ヲ行ハシム』
  102. ^ a b c 昭和17年4月15日(発令4月15日付)海軍辞令公報(部内限)第843号 p.37』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085100 
  103. ^ #青春の棺76頁
  104. ^ #S1704六水戦日誌(1)p.6『(3)夕凪南洋部隊主隊トシテ佐世保ニ於テ修理ニ從事』
  105. ^ #S1705六水戦日誌(1)pp.26-30『四.参考 麾下艦船部隊ノ行動』
  106. ^ a b #内令昭和17年5月(3)p.39『内令第九百三十一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年五月二十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十三驅駆逐隊ノ項ヲ削ル|第二十九驅逐隊ノ項中「追風」ノ上ニ「夕月、」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「望月」ノ下ニ「、卯月」ヲ加フ』
  107. ^ #S1705六水戦日誌(1)p.36『二五(天候略)23dg解隊 29dgニ夕月 30dgニ卯月ヲ加フ』
  108. ^ 昭和17年5月25日(発令5月25日付)海軍辞令公報(部内限)第866号 p.37』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085500 
  109. ^ 昭和17年6月25日(発令6月25日付)海軍辞令公報(部内限)第889号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085900 
  110. ^ #S1705六水戦日誌(1)p.36『三一(天候略)夕凪一二〇〇トラックニ向ケ佐世保発』
  111. ^ a b #S1705六水戦日誌(3)pp.36-38『四.参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』
  112. ^ #S1705六水戦日誌(3)p.43『二三(天候略)夕月〇八三〇サイパン發/夕凪一〇〇〇パラオ發/夕張一五〇〇トラック着』
  113. ^ a b #S1705六水戦日誌(3)p.49『(イ)旗艦、第二十九駆逐隊(朝凪夕凪缺)卯月南洋部隊SN作戰第一護衛隊トシテ「ガダルカナル」航空基地設營隊/(ロ)第三十駆逐隊(二番艦以下缺)南洋部隊SN作戰第二護衛隊トシテ陸戰隊設營隊輸送船護衛ニ從事/(ハ)望月弥生夕凪 南洋部隊主隊ニ編入海上護衛ニ從事スルト共ニ卯月弥生ハ修理ノ為佐世保ニ回航/(二)朝凪 南洋部隊主隊ニ編入修理ニ從事』
  114. ^ #青春の棺94-95頁『緊迫のソロモンを行く』
  115. ^ a b c #叢書46海上護衛戦122-124頁『編制』
  116. ^ a b c #叢書46海上護衛戦144頁『六、七月の状況』
  117. ^ a b 昭和17年7月13日(発令7月10日付)海軍辞令公報(部内限)第898号 p.27』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086200 
  118. ^ #第2海護日誌(1)pp.51-52『(ロ)自7月10日至7月14日『区分/第2海上護衛隊|艦(隊)名/夕張、第29駆逐隊(夕月追風朝凪夕凪)、第30駆逐隊(睦月弥生望月卯月)能代丸長運丸』
  119. ^ #S1705六水戦日誌(3)pp.49-50『作戰指導 SN作戰 六水戰機密第七四號 南洋部隊SN作戰第一護衛隊戰斗詳報記載ノ通』
  120. ^ 昭和17年7月14日(発令7月14日付)海軍辞令公報(部内限)第899号 p.50三川補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086200 
  121. ^ 昭和17年7月14日(発令7月14日付)海軍辞令公報(部内限)第899号 pp.1-2大西・神・大前補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086300 
  122. ^ #第2海護日誌(1)p.53『Ⅱ編制ノ経過概要 七月中旬以降當隊ノ編制右ノ如ク改メラレ稍兵力ノ充実ヲ見ルモ第三十駆逐隊ハ當隊ノ任務ニ従事スルニ至ラズシテ當隊ヨリ除カレ、夕張、第二十九駆逐隊又「ソロモン」「ニューギニヤ」方面作戦ニ従事中ニシテ本月ハ當隊固有ノ護衛任務ニ服スル機会ナク、専ラ能代丸、長運丸ノ2艦ニ依リ當隊任務ヲ遂行セリ』
  123. ^ #第2海護日誌(1)p.60『十四(天候略)夕張第二十九駆逐隊(欠朝凪)ハR方面作戰従事中/朝凪ハRRニ向ケ航行中|同右|當隊艦隊区分中ヨリ第三十駆逐隊ヲ除カル』
  124. ^ #第4艦隊日誌(2)pp.27-29『第四 参考(イ)麾下艦船部隊ノ行動(其ノ一)七月』
  125. ^ #第2海護日誌(1)p.61『十八(天候略)一.夕張第二十九駆逐隊(欠朝凪)ハR方面作戰從事中/二.朝凪ハ一一〇〇RR着(以下略)』
  126. ^ #ガダルカナル(辻1975)39頁『敵制空下に老朽艦で』
  127. ^ a b #高松宮日記4巻332-333頁『七月二十九日(水)晴(中略)第十八戦隊(英領ニューギニア攻略指揮官《註、松山光治少将》(二八-一八〇〇)「朝凪」ラボール帰着、右舷推進機軸屈曲、最大速力十六節。《「ブナ」ニテ爆弾回避中触礁被害》(以下略)』
  128. ^ #ガダルカナル(辻1975)50頁
  129. ^ #高松宮日記4巻331-332頁『七月二十八日(火)晴(中略)○「モスレビー」ニハ米陸軍(海軍爆撃機設計ヲ利用)爆撃機始メテ作戦シツヽアリ。参謀本部ヨリ行キタル辻中佐、「朝凪」ヨリ「ブナ」上陸ノトキ、爆弾破片ニテ頭ニ負傷セル由。』
  130. ^ #ガダルカナル(辻1975)51頁
  131. ^ #叢書46海上護衛戦147頁『八月中の直接護衛船舶数』
  132. ^ #青春の棺112-115頁『米軍ガ島反攻の日に』
  133. ^ #青春の棺116頁
  134. ^ #S1709第八艦隊(1)p.52『十(天候略)〇五三九鳥海天龍夕張夕凪ヲ率ヒ「RR」着』
  135. ^ #S1709第八艦隊(1)p.16『八月十日〇七一〇加古敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ沈没(以下略)』
  136. ^ a b #青春の棺117-122頁『戦機こっこくと迫る』
  137. ^ #S1709第八艦隊(1)pp.57-58『二十三(天候略)(略)一六一二〇鳥海衣笠磯風ヲ率ヒ「ショートランド」ニ入港「アケボノ」丸ヨリ重油補給ヲナス/二〇一五鳥海衣笠夕凪ヲ率シ「ショートランド」発/二一一六之字運動「A」法時刻法始ム』
  138. ^ #S1709第八艦隊(1)p.59『二十五(天候略)(略)一七一八夕凪解列/二二〇〇1D|6S分離ス(以下略)』
  139. ^ #叢書46海上護衛戦145頁『八月および九月の状況』
  140. ^ #叢書46海上護衛戦145-146頁『第四艦隊、第八艦隊間の協定』
  141. ^ #叢書46海上護衛戦146頁『直接護衛の状況』
  142. ^ #第2海護日誌(2)p.41『参考 麾下艦船部隊ノ行動』
  143. ^ #叢書46海上護衛戦148頁『九月中の直接護衛船舶数』
  144. ^ #第2海護日誌(2)p.39『夕凪|平洋丸|トラック―ラバウル|二〇―二二|(隻數計)一』
  145. ^ #叢書46海上護衛戦238頁『任務、編制および兵力増強の状況』
  146. ^ #叢書46海上護衛戦238-239頁『昭和十七年十月~十二月の状況』
  147. ^ #第2海護日誌(3)p.10『四参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』
  148. ^ #第4艦隊日誌(2)pp.48-49『第四参考(イ)麾下艦船部隊ノ行動 十月』
  149. ^ #第2海護日誌(3)p.43『四.参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』
  150. ^ 昭和17年10月27日(発令10月26日付)海軍辞令公報(部内限)第972号 p.29鮫島補職、p.30井上免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087400 
  151. ^ #第4艦隊日誌(3)pp.3-5『四.参考(イ)麾下艦船部隊ノ行動』(十一月)
  152. ^ #第4艦隊日誌(3)pp.9-11『別紙第二(イ)麾下艦船部隊ノ行動(昭和十七年十二月)』
  153. ^ #第4艦隊日誌(3)p.12『二(天候略)主隊(鹿島、夕凪)ヲ率ヒP.T皈着|夕凪ヲ主隊ヨリ除キ第二海上護衛隊ニ復皈』
  154. ^ #第2海護日誌(4)p.9『四.参考 一、麾下艦船部隊ノ行動』
  155. ^ #第2海護日誌(4)pp.5-7『(ハ)直接護及運航指揮船舶表(自十二月一日至十二月三十一日)』
  156. ^ #第2海護日誌(4)pp.27-28『(ハ)直接護衛及運航指揮船舶表(自一月一日至一月三十一日)』
  157. ^ #第2海護日誌(4)p.29『四.参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』
  158. ^ #第4艦隊日誌(3)pp.16-18『別紙第二 麾下艦船ノ行動(昭和十八年一月)』
  159. ^ #第4艦隊日誌(3)pp.19-21『別紙第二 麾下艦船ノ行動(昭和十八年二月)』
  160. ^ #第4艦隊日誌(3)pp.23-25『別紙第二 麾下艦船ノ行動(昭和十八年三月)』
  161. ^ a b #S1803佐鎮(4)pp.14-19『二十日海軍大臣(宛略)官房機密第一三〇五號 望月型、水無月型、神風型及峯風型驅逐艦ニ機銃装備及罐撤去等ノ件訓令 佐世保海軍工廠ヲシテ首題ノ件左記ニ依リ施行セシムベシ 記 一.施行艦名 第一次驅逐艦卯月及夕凪、第二次驅逐艦三日月、文月、追風以降逐次追加ノ豫定|二.工事要領(略)神風型及峯風型驅逐艦(イ)海軍艦政本部長ノ後送スル圖面ノ要領ニ依リ左ノ工事ヲ施行スルモノトス (一)二十五粍二連装機銃四機増備/(二)現装ノ十三粍二聯機銃一基ノ装備位置變更/(三)六糎高角双眼望遠鏡四個装備(兵器ハ後日装備)/(四)十米特型運貨船二基搭載装置新設/(五)罐一基ヲ撤去シ艦底ニ約四十噸ノ「バラストタンク」ヲ新設シ補給物件ノ輸送ニ適スル如クス但シ本工事實施ニ當リテハ個艦ニ付其ノ都度指示ス|(ロ)代償重量トシテ左ノ兵器等ヲ撤去スルモノトス (一)二番及四番十二糎砲二門及同附属兵器全部/(二)十三粍二聯装機銃一基及彈藥包全部(但シ二基現装ノ艦ノミ)/(三)三番發射管一基及同用魚雷二本竝ニ豫備魚雷四本(残存四本)/(四)魚雷格納筺全部(防彈共)/(五)内火艇一隻及同用「ダビット」/(六)大掃海具(對艦式)及機雷軌道(但シ爆雷投下ニ必要ナル最後端ヲ一部存置ス)|三.所要兵器 二十五粍機銃用彈藥包ハ一挺ニ付通常彈藥包九〇〇發及曳光通常彈藥包三〇〇發ト爲ス外詳細ハ海軍艦政本部長ヲシテ直接佐世保海軍軍需部長ニ通牒セシム|四.公試(以下略)』
  162. ^ #S1803佐鎮(1)pp.16-17『(六)佐世保海軍工廠ニ於テ建造中ノ艦船左ノ通』
  163. ^ #S1803佐鎮(1)p.16『(五)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 最上、千歳、伊一六六、涼風、時雨、金剛、榛名、朝顔、白露、伊一六五潜、浮島丸、夕凪、伊一〇』
  164. ^ a b c d 昭和18年4月1日(発令4月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1084号 p.11八艦隊長官交代、p.13鳥居免職、p.16岩淵(阿武隈水雷長―最上水雷長)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090400 
  165. ^ #内令昭和18年4月(1)p.26『内令第五百七十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年四月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二驅逐隊ノ項中「村雨、」ヲ削ル|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、峯雲」ヲ「朝雲、薄雲、白雲」ニ改ム|第十一驅逐隊ノ項中「白雪、」ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項中「、時津風」ヲ削ル|第八驅逐隊、第二十九驅逐隊及第三十四驅逐隊ノ各項ヲ削ル』
  166. ^ #第4艦隊日誌(3)p.31『一(天候略)14S編制(那珂五十鈴)夕張夕凪ヲ除キ8Fヘ(略)』
  167. ^ #S1709第八艦隊(7)p.4『四月一日|夕張ヲ加フ 3sdヨリ8dgヲ除ク 7scヲ加フ 夕凪ヲ加フ 竜田ヲ除ク(以下略)|17dg(谷風)天津風ヲ編入 夕張ヲ主隊ニ30dg(望月欠)夕凪ヲ附属トス』
  168. ^ 昭和18年4月20日(発令4月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1098号 p.23』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090700 
  169. ^ 昭和18年5月1日(発令4月27日付)海軍辞令公報(部内限)第1105号 p.32』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090800 
  170. ^ #S1804佐鎮(1)p.16『(三)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 最上、千歳、伊一六六潜、涼風、伊一六五潜、浮島丸、夕凪、伊一〇潜、江風、長壽山丸、足柄、三日月、日向』
  171. ^ #S1805佐鎮(1)pp.24-25『(二)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 千歳、伊一六六潜、涼風、伊一六五潜、夕凪、伊一〇潜、江風、足柄、三日月、日向、川内、瑞鳳、文月、朝風、大鷹』
  172. ^ #S1806佐鎮(1)p.16『(二)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 千歳、伊一六六潜、伊一六五潜、夕凪、三日月、日向、川内、瑞鳳、文月、朝風、大鷹、瑞鳳、常磐、追風、羽黒、妙高』
  173. ^ a b c d e 昭和18年5月24日(発令5月23日付)海軍辞令公報(部内限)第1123号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091100 
  174. ^ 昭和18年2月25日(発令2月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1058号 p.15鹿嶋免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089800 
  175. ^ 昭和18年6月25日(発令6月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1158号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091700 
  176. ^ 昭和19年3月1日(発令3月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1351号 p.35』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096300 
  177. ^ #S1709第八艦隊(8)pp.11-12『(ハ)「コロンバンガラ」輸送 |二七|望月、皐月、夕凪|人員九〇〇名物件一〇〇噸』
  178. ^ #叢書96ガ島撤収後190頁(六月二十七日)
  179. ^ #S1709第八艦隊(8)p.14『三經過(イ)敵「レントバ」島及「ナッソウ」方面ニ上陸』
  180. ^ #叢書96ガ島撤収後205頁『連合軍の艦砲射撃と攻略部隊の発見』
  181. ^ #S1709第八艦隊(8)p.15『敵上陸時ノ外南洋部隊兵力(主要部隊ノミ)配備所在左ノ通』
  182. ^ a b c d e f #叢書96ガ島撤収後226-227頁
  183. ^ #S1709第八艦隊(8)pp.23-24『第一次「レントバ」突入作戰』
  184. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.11-12『(一)「レンドバ」島攻撃作戰(イ)第一次作戰(略)11dg司令ヲシテ11dg(天霧)初雪22dg(長月水無月)三日月ヲ併セ指揮シ「レンドバ」島方面ニ先行敵艦艇奇襲攻撃ニ任ゼシメ、本職新月30dg(望月)皐月夕凪ヲ率ヰ急行セルモ敵艦艇ヲ見ズ(以下略)』
  185. ^ #S1709第八艦隊(8)pp.25-27『第二次「レントバ」突入作戰 増援部隊』
  186. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.11-12『(ロ)第二次作戰』
  187. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.13『(二)「コロンバンガラ」作戰輸送(イ)七月二日一五四〇接受セルSNB電令作第三二一號同三二二號及SNB電令作第三二六號ニ依ル増援作戰』
  188. ^ #S1709第八艦隊(8)p.16『當日輸送作戰中ナリシ22dg(長月皐月)新月夕凪ハ輸送ヲ断念前者ト交戰乙巡一隻ヲ撃沈 呉六特ノ「エノガイ」砲台ハ後者ト交戰乙巡一隻駆逐艦一隻撃沈セリ』
  189. ^ a b #叢書96ガ島撤収後230頁
  190. ^ #軽巡二十五隻149-151頁『司令駆逐艦新月の不運』
  191. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.14-15『(ロ)此處ニ於テ第一次作戰輸送ヲ左ノ通改メ五日夜決行ノコトトス(略)被害新月沈没長月坐礁後被爆大破/天霧初雪谷風中破 涼風望月小破』
  192. ^ a b 故海軍中将秋山輝男外二名位階追陞の件 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.A12090368600 
  193. ^ a b c d #叢書96ガ島撤収後245-247頁『水上部隊の作戦』
  194. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.6『2.七月五日、六日RD方面輸送並ニ支援作戰中「コロンバンガラ」戰闘ニ於テ六日〇〇〇〇以後旗艦新月消息不明トナリシ為鳥海艦長増援部隊指揮官トナル』
  195. ^ 昭和18年7月7日(発令7月7日付)海軍辞令公報(部内限)第1167号 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092100 
  196. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.7『3.七月十日第三水雷戦隊司令官伊集院大佐着任増援部隊指揮官トナル』
  197. ^ a b #叢書96ガ島撤収後237-238頁『七月十二日~七月二十日』
  198. ^ #S1709第八艦隊(8)p.31『七.九 一〇|外南洋部隊 外南洋部隊戰斗詳報第一八號通』
  199. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.28-30『(二)一時指揮下ニ編入サレシ艦船部隊ノ行動』
  200. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.35-36『九(天候略)一.RD方面出撃作戦 二.「コロンバンガラ」緊急輸送』
  201. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.15-16『(ハ)七月十二日十三日決行ノSNB電令作第三五九號ニ依ル緊急輸送 1.兵力部署|警戒隊|2sd司令官|2sd(神通清波)16dg(雪風)浜風夕暮30dg(三日月)|敵艦船撃滅輸送支援|輸送隊|22dg司令|22dg(皐月水無月)夕凪松風|輸送|(以下略)』
  202. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.15-16『(ハ)七月十二日十三日決行ノSNB電令作第三五九號ニ依ル緊急輸送 1.兵力部署|警戒隊|2sd司令官|2sd(神通清波)16dg(雪風)浜風夕暮30dg(三日月)|敵艦船撃滅輸送支援/輸送隊|22dg司令|22dg(皐月水無月)夕凪松風|輸送| 3.経過 輸送隊十二日一八一五「ブイン」出撃十三日〇〇三六泊地着〇一四三揚搭終了皈還中命ニ依リ〇五四五22dg(皐月水無月)反転神通遭難現場ニ向フ発見スルニ至ラズ〇七三五救助ヲ止メ皈投一一四〇「ブイン」皈着 3.戰果(1)陸軍歩兵一個大隊砲兵一個中隊計一〇四六名物件五〇噸「ドラム」缶三五個輸送/(2)被害ナシ』
  203. ^ 昭和18年7月20日(発令7月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1174号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092200 
  204. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.25『(一)4sd兵力ノ2sd編入竝ニ旗艦ノ変更』
  205. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.7『4.七月十五日附外南洋部隊夜戰部隊編成セラレ當隊ハ夜戰部隊水雷戰隊ニ編入セラル |夜戰部隊|主隊|第七戰隊司令官|7S(熊野鈴谷)/水雷戰隊|第三水雷戰隊|川内/1N| |一六駆司令|(1)雪風(2)浜風(3)清波(4)夕暮/二二駆司令|(1)皐月(2)水無月|輸送隊| |三〇駆司令|(1)三日月(2)夕凪(3)松風| 但シ十八日附主隊ニ鳥海ヲ加ヘ輸送隊中夕凪ヲ水無月ニ変更サル』
  206. ^ a b #叢書96ガ島撤収後248頁
  207. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.24『(ホ)七月中旬以降22dg(皐月水無月)望月11dg(天霧)夕凪松風「ラバウル」ニ於テ應急修理ニ從事、22dg(皐月)望月二十九日、水無月夕凪三十日、11dg(天霧)松風三十一日夫々完成』
  208. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.22-23『(六)艦船護衛(ハ)夕凪水無月、白山丸国川丸ヲ護衛「トラック」ニ向ケ三十日一一三〇「ラバウル」発八月二日一二三〇「トラック」着』
  209. ^ #S1807三水戦日誌(2)pp.32-33『一時指揮下ニ編入サレタル艦船部隊ノ行動』
  210. ^ #S1807三水戦日誌(3)pp.50-52『(ロ)一時指揮下ニ編入サレタル艦船部隊ノ行動』(九月)
  211. ^ #叢書96ガ島撤収後299頁〔「セ」号作戦第二次計画〕
  212. ^ #叢書96ガ島撤収後306頁『撤収作戦参加兵力』
  213. ^ #叢書96ガ島撤収後307-308頁『ベララベラ島沖夜戦』
  214. ^ #S1807三水戦日誌(4)pp.26-27『(四)麾下並ニ一時指揮下ニ入ル艦船部隊ノ行動(イ)麾下艦船部隊』(十月)
  215. ^ #S1807三水戦日誌(4)pp.28-29『(ロ)一時指揮下ニ編入サレタル艦船部隊ノ行動』(十月)
  216. ^ a b #叢書96ガ島撤収後329-333頁『襲撃部隊による配備兵力の作戦輸送』
  217. ^ a b c 昭和18年10月22日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1244号 p.19鹿嶋免職、p.20古川補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093900 
  218. ^ #S1807三水戦日誌(4)p.68『第四 我ガ兵力ノ現状 一.川内11dg(天霧)22dg(文月水無月)27dg(時雨五月雨白露)30dg(卯月)夕凪以上戰闘力発揮ニ支障ナシ/二.皐月安全最大速力十六節入渠修理ヲ要ス』
  219. ^ #叢書96ガ島撤収後382頁『連合軍のタロキナ上陸とわが航空攻撃』
  220. ^ #叢書96ガ島撤収後388-390頁『タロキナへの逆上陸輸送計画の生起』
  221. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.30『(二)軍隊区分各部隊ノ任務』
  222. ^ a b c #叢書96ガ島撤収後390-391頁『第二回出撃―輸送隊の反転帰投』
  223. ^ #原(復刻版)130-131頁『ブーゲンヴィル沖夜戦』
  224. ^ #原(復刻版)138頁
  225. ^ a b c d e #佐藤艦長続編(文庫)349-353頁『高砂族の隊長になりそこなう』
  226. ^ a b c d 昭和18年11月10日(発令11月5日付)海軍辞令公報(部内限)第1257号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094300 
  227. ^ 昭和16年9月20日(発令9月20日付)海軍辞令公報(部内限)第716号 p.49岩淵(朝潮水雷長―天津風水雷長)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082100 
  228. ^ a b 昭和17年5月1日(発令5月1日付)海軍辞令公報(部内限)第852号 p.22岩淵(天津風水雷長―阿武隈水雷長)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072112000 
  229. ^ #佐藤艦長続編(文庫)334-337頁『ダバオ桟橋を占領』
  230. ^ 昭和18年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1241号 p.37生永免職・岩淵補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093800 
  231. ^ #叢書96ガ島撤収後399-400頁『米空母機による第一次空襲と被害―十一月五日』
  232. ^ a b c #叢書96ガ島撤収後401-404頁『タロキナ北方逆上陸の成功』
  233. ^ #S1807三水戦日誌(5)pp.20-24『(二)一時指揮下ニ入レル艦船』
  234. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.9『(7)十一月八日』
  235. ^ #佐藤艦長続編(文庫)354頁
  236. ^ a b #叢書96ガ島撤収後440-441頁『十一月下旬の作戦輸送再開』
  237. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.14『(1)訓練 今月ハ月暗期ニ於テハ作戰輸送頻繁ニ實施セラル且晝間及月明期夜間ニ於ケル敵機ノ空襲激化セル爲計畫内教練訓練ヲ實施シ得ズ専ラ各艦ノ單獨訓練ニ委セタルモ夕霧秋風夕凪等最近内地ニ於ケル修理ヲ完了訓練ノ暇ナク合同セル艦又ハ艦長交代セル艦アルヲ以テ十一月二十日天霧夕霧秋風夕凪ヲ率ヒ湾外ニ出動自隊訓練ヲ實施セル外十九日卯月夕凪秋風陸軍機動決戰トノ聯合訓練ヲ實施セリ』
  238. ^ #S1807三水戦日誌(5)pp.15-19『(二)麾下竝ニ一時指揮下ニ入レル艦船ノ行動(一)麾下艦船』
  239. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.41『第五 我ガ兵力ノ現状(イ)夕張前述ノ通小破シ内地ニ回航修理ヲ要ス/(ロ)天霧文月水無月卯月秋風夕凪戰斗航海ニ支障ナシ』
  240. ^ #S1812三水戦日誌(1)pp.13-14『四麾下及一時指揮下ニ入リタル艦船ノ行動(イ)麾下艦船ノ行動』
  241. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.41『(二)大波巻波夕霧}十一月二十五日沈没』
  242. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.54『(ハ)被害 大波巻波夕霧沈没(二十五日) 夕張小破(二十四日)』
  243. ^ #叢書96ガ島撤収後429-431頁『ブカ輸送と「セントジョージ岬沖海戦」』
  244. ^ #叢書96ガ島撤収後432頁
  245. ^ #叢書96ガ島撤収後442頁〔特二〇号の曳航不成功〕
  246. ^ #S1812三水戦日誌(1)p.54『十三日〇八一〇夕凪駆逐艦長(宛略)夕凪機密第一三〇八一〇番電「ステフエン」水道「セラヒエ」礁ニ坐礁今ノ所浸水ナシ』
  247. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.2『十三日二二二五夕凪駆逐艦長(宛略)夕凪機密第一三二二五番電 二二一七B-24ノ爆撃(至近彈)ヲ受ケタルモ被害ナシ、当方面天候晴平穏』
  248. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.31『十三(天候略)一.松風〇五〇〇「サイパン」発/二.夕凪〇八〇〇「ステフェン」水道「セラピユ」礁附近ニ坐礁|一.夕凪一六三〇第三利丸ノ曳航ニ依リ離礁ヲ試ミタルモ成功セズ/二.二二一七夕凪敵B-24一機ト交戰爆撃ヲ受ク|被害 後部ニ爆彈一命中不発小破孔ヲ生ズ』
  249. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.3『十四日一二一〇夕凪駆逐艦長(宛略)夕凪機密第一四一二一〇番電 一二〇五水無月ノ曳航ニ依リ離礁セリ』
  250. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.32『十四(天候略)二.二十二駆(水無月)「ステフエン」水道着(略)六.二十二駆(水無月)一九三〇「ラバウル」着/七.夕凪二四〇〇「ラバウル」着|一.水無月〇七三〇「ステフェン」水道着夕凪引卸ニ協力ス/二.水無月ノ曳航ニ依リ夕凪一二〇五離礁ス/三.ラバウル「夜間」空襲』
  251. ^ 昭和18年12月17日(発令12月16日付)海軍辞令公報(部内限)第1283号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094900 
  252. ^ #S1812三水戦日誌(1)p.21『(イ)司令部(一)主要職員官氏名』
  253. ^ #叢書96ガ島撤収後442頁〔第三水雷戦隊司令官交迭〕
  254. ^ #S1812三水戦日誌(1)pp.17-19『(ロ)一時指揮下ニ入リタル艦船』
  255. ^ #叢書96ガ島撤収後442-443頁〔作戦輸送の再開〕
  256. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.21『二十九日夕凪(宛略)昨夜二四〇〇本艦四号送風機故障シ三号缶使用不能竝ニ三、四号送風機振動大ナリ使用速力二十二節』
  257. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.38『二十九(天候略)一.松風夕凪〇五三七「ラバウル」着/二.夕凪一一〇〇「ラバウル」発/三.文月皐月一三〇〇「ラバウル」發|(略)三.夕凪清澄丸護衛ヲ兼ネ修理ノ為トラックヲ経テ内地ニ回航/四.文月皐月第五次「ガブブ」作戰輸送ニ從事』
  258. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.39『三十(天候略)二.夕凪〇七〇〇「カビエン」假泊一二〇〇「カビエン」發』
  259. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.23『三十日一三三〇(指揮官)14Bg(宛略)夕凪第二十二号掃海艇清澄丸一二〇〇PTニ向ケRO発』
  260. ^ #S1812三水戦日誌(5)p.25『一月二日一五〇五夕凪(宛略)再度曳航ヲ試ミタルモ舵キカサル為曳航不能第二二號掃海艇ト共ニ清澄丸ヲ警戒中本艦三日〇六〇〇燃料在庫量六〇噸トナル見込 機密第〇二一五〇五番電』
  261. ^ #S1812三水戦日誌(5)p.26『一月二日一五二七(長官)GF(宛略)機密第〇二一五二七番電 一.左ニ依リ清澄丸救難隊ヲ編成ス指揮官14S司令官兵力那珂谷風夕凪二十二號掃海艇/二.第四工作部ノ救難作業隊ヲ所要機材ト共ニ派遣シ救難隊指揮官ノ指揮ヲ受ケシムベシ/三.在トラック救難隊ハ速ニ出動救難ニ任ズベシ/四.GF電令作第八八六號ニ依ル戊三號輸送第二部隊ノ救難任務ヲ解ク但シ大淀及秋月ハ救難隊未着迄清澄丸救難並ニ監視ニ任ズベシ』
  262. ^ #S1812二水戦(3)p.6『(2)中旬(略)長波回航漸ク決定十五日長良曳航「トラツク」発』
  263. ^ #S1812二水戦(3)p.80『十五(天候略)長良長波曳航一四〇〇呉ニ回航ノ爲「トラツク」発(略)』
  264. ^ #S1812三水戦日誌(5)p.12『自一月十五日至一月二十四日30dg(卯月)夕凪自「トラック」至内地(内海)間長波回航隊(警戒隊)』
  265. ^ #S1812三水戦日誌(5)p.16『(四)麾下竝ニ一時指揮下ニ入リタル艦船部隊ノ行動』
  266. ^ #S1812三水戦日誌(6)p.66『一八(天候略)二.30dg(卯月)夕凪(長波回航隊)〇七〇〇「サイパン」着一七〇〇發』
  267. ^ #S1812三水戦日誌(6)p.21『長波一月二十四日一四三二(宛略)發長波回航部隊指揮官 回航部隊一〇三〇豊後水道通過警戒隊(卯月夕凪)一四三〇平群島着』
  268. ^ #S1812二水戦(3)p.14『(5)31dg(長波)「トラツク」ニ在リテ待機中九日附YB整備部隊ニ編入セラレタル十五日長良曳航「トラツク」発二十五日呉着被害箇所修理工事ニ着手』
  269. ^ #S1812三水戦日誌(5)p.15『卯月夕凪 前月ニ引續キ指揮下ヲ離レ海上護衛任務ニ從事中ノ処二十五日佐世保着同地ニ於テ修理ニ着手ス三月上旬完成ノ予定』
  270. ^ #S1902三水戦(1)p.19『卯月|一.二五|(三月上旬)|佐世保』
  271. ^ #S1812三水戦日誌(6)p.37『一月二十七日一〇三五佐廠總務部長(宛略)一.卯月整備工事ハ目下當工廠工事殺到ノ現状ニ於テ萬難ヲ排シ貴機第二二〇九〇七番電(十二月)ニ依ル外罐管(二号罐外側及三號罐一部)換装罐圍及重油「タンク」漏洩部修理等ヲ実施シ三月六日完成ノ予定/二.夕凪整備工事ハ水中聴音機装備罐室送風機(全部)及其他諸工事ヲ実施三月四日完成ノ予定』
  272. ^ #S1902三水戦(1)p.20『皐月|一.一一|(三月二六)|佐世保|一月四日ノ對空戰闘被銃爆撃ニ依ル損傷箇所修理』
  273. ^ #S1902三水戦(1)pp.25-26『(四)麾下一時指揮下ニ入リタル艦船ノ行動(イ)麾下艦船』
  274. ^ 昭和18年12月22日(発令12月22日付)海軍辞令公報(部内限)第1286号 p.22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094900 
  275. ^ #S1812十一水戦日誌(2)p.5『(ハ)軍隊区分』
  276. ^ a b c d e #叢書46海上護衛戦359-361頁『東松二号船団』
  277. ^ #野分物語(文庫)182頁
  278. ^ #野分物語(文庫)183頁
  279. ^ #S1812十一水戦日誌(3)pp.10-11『13日/0314龍田国陽松雷撃ヲ受ク(八丈島ノ247度40浬)船団ハ緊急右45度一斉回頭ニテ回避(略)0630一時将旗ヲ野分ニ移揚ス船団ハ青ヶ島ノ南方ヲ経テ第二航路ヲ取ル野分一戦速ニテ船団ニ追及平戸卯月ハ制圧ヲ続行ス(以下略)』
  280. ^ #S1812十一水戦日誌(2)p.49『十九日一四〇〇11sd司令官(宛略)東松二號船団部隊「サイパン」着』
  281. ^ #野分物語(文庫)185頁
  282. ^ a b c d #叢書46海上護衛戦367頁『東松三号船団』
  283. ^ #海防艦三宅戦記63-64頁『東松六号船団、三五一五船団作戦輸送護衛』
  284. ^ #海防艦三宅戦記66頁
  285. ^ #内令昭和19年5月(1)p.1『内令第六百十一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年五月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十二驅逐隊ノ項中「水無月」ノ下ニ「、夕凪」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「夕月」ノ下ニ「、松風、秋風」ヲ加フ』
  286. ^ #S1812十一水戦日誌(4)p.50『(四)麾下艦船竝ニ訓練部隊一時加入艦船行動』
  287. ^ #S1812十一水戦日誌(4)p.71『二七日一〇一一(長官)GF(宛略)聯合艦隊電令第二七五號 一.夕凪ヲTYBニ復帰ス/二.夕凪ハ最近ノ船団護衛(輸送)ニ協力、呉、横須賀ヲ経テサイパンニ進出スベシ』
  288. ^ #S1812十一水戦日誌(4)p.72『二九日一一五〇(司令官)3sd(宛略)名取及夕凪ハ名取艦長之ヲ指揮シ夕凪罐切開試験終了後呉出撃「サイパン」ニ進出スベシ』
  289. ^ #内令(秘)昭和19年8月(3)p.10『内令第九四一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年八月十日 海軍大臣|第十七驅逐隊ノ項中「谷風、」ヲ削ル|第二十二驅逐隊ノ項中「水無月、」ヲ削ル|第二十七驅逐隊ノ項中「白露、」及「、春雨」ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「松風、」ヲ削ル|第三十二驅逐隊ノ項中「早波、」ヲ削ル』
  290. ^ #あづさ丸p.18『六-一八|〇七三〇|速水船團(速吸、初霜、夕凪、栂ト合同ス)』
  291. ^ #S1906玄洋丸p.6『一.第一補給部隊 速吸日栄丸国洋丸清洋丸響初霜夕凪栂/第二補給部隊 玄洋丸あづさ丸雪風卯月(浦風ト交代)|二.敵機来襲ノ際ハ各艦概ネ針路300度全力運転ナリ』
  292. ^ #あづさ丸p.14『(註)第一補給部隊(一)速吸、日栄丸、国津丸、清洋丸、響、初霜、夕凪、栂/第二補給部隊 玄洋丸、あづさ丸、雪風、卯月』
  293. ^ #S1906玄洋丸p.9『2210頃移乗完了横付ヲ離ス際ハ既ニ左舷ニ約八度傾斜シ急速浸水シツヽヲ認メタルモ尚卯月ニ対シ玄洋丸ノ處分ヲ命ジ尚六〇〇米ノ距離ニテ十二糎砲弾八發ヲ發射ソノ一弾ハ艦橋下ニ命中火災ヲ起シ漸次拡大シ沈没確實ト認メタルヲ以テ補給部隊ニ急速合同スル如ク行動セリ』
  294. ^ #淵田,奥宮(1992)429頁『(ロ)玄洋丸』
  295. ^ #S1906玄洋丸p.19『6-20|2045|雪風|各艦|我今ヨリ清洋丸ヲ處分ス』
  296. ^ #淵田,奥宮(1992)429頁『(ハ)清洋丸』
  297. ^ a b #あ号作戦日誌(2)p.25『(5)雪風 「タウイタウイ」ニアリテ警戒待機中ノ處三日浦風ト共ニ第二補給部隊(玄洋丸、梓丸)ニ編入之ガ護衛ニ任ジツヽ同地出撃爾後十六日迄ノ経過概ネ浦風ト同断 十九 二十日敵機動部隊トノ戰闘ニ参加、二十日清洋丸敵艦爆ニ依ル被害甚大ノ爲放棄ニ決スルヤ雪風之ヲ雷撃處分ス、二十一日第二補給部隊「ギマラス」回航ノコトニ決シ二十三日同地着二十六日同地発、速吸梓丸日榮丸良榮丸國洋丸興川丸護衛内海西部ニ向ケ同地発「ペピタン」礁ニ坐礁船底ヲ若干損傷セルモ響速吸夕凪ノ援助ヲ得テ離礁ニ成功、途中「ガート」島並ニ「コールハーバー」ニ仮泊ノ上内海西部ニ向フ』
  298. ^ #S1905日栄丸日誌(2)p.4『二三日 一五二三 バコロド投錨』
  299. ^ #日栄丸(2)p.52
  300. ^ #S1905日栄丸日誌(3)p.10『〃月二四日|一〇〇〇|夕凪「ギマラス」着』
  301. ^ #S1905日栄丸日誌(2)p.5『二六日 〇二二五 呉向バコロド―發出港』
  302. ^ #S1905日栄丸(2)p.52『二六(天候略)一〇〇〇速吸分離』
  303. ^ #S1906旭東丸(2)p.10『一〇(天候略)〇六二五速吸旭東丸ハ響藤波夕凪ノ護衛ヲ受ケ呉ニ向ケマニラ發(以下略)』
  304. ^ #S1906旭東丸(2)pp.17-18『七.七|航海長|北上|本、藤波|(以下略)』
  305. ^ #S1906旭東丸(2)p.28『七月八日一五三〇旭東丸特務艦長|藤波(速吸)|旭東丸機密第〇八一五三〇番電 今ノ所北上ハ残留旭東丸藤波ハ九日速吸ト共ニMM出撃ノ予定』
  306. ^ #S1906旭東丸(2)p.19
  307. ^ #S1906旭東丸(2)p.4『一.経過 七月一日燃料満載ノ上昭南発マニラ経由呉ニ回航同日十七日呉着(以下略)』、p.12『一七 月(天候略)(略)〇九四八呉着』
  308. ^ #S1906旭東丸(2)p.25
  309. ^ 海軍中将辻村武久外一名叙位の件 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.A12090527000 
  310. ^ a b #叢書46海上護衛戦330-332頁『第三十一戦隊の編成』
  311. ^ a b #海防艦三宅戦記93-95頁
  312. ^ #海上護衛戦(角川)310-311頁
  313. ^ 昭和19年8月22日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1571号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100600 
  314. ^ #秘海軍公報昭和19年8月(4)pp.45-46『内令第九七七號 驅逐隊編成中左ノ通改定セラル|昭和十九年八月二十日 海軍大臣|第二十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「秋風」ノ下ニ「皐月、夕凪」ヲ加フ』
  315. ^ a b c #叢書46海上護衛戦380頁『(三)ヒ七一船団』
  316. ^ #S1908第1海上護衛隊(1)p.46『別表第二 舩団護衛状況(馬來直航々路 昭和十九年八月 第一海上護衛隊司令部』
  317. ^ #海上護衛戦(角川)319頁
  318. ^ a b c d #叢書46海上護衛戦384-385頁『ヒ七一船団の被害』
  319. ^ a b #佐藤艦長続編(文庫)355-356頁
  320. ^ #海上護衛戦(角川)321頁
  321. ^ #S1908第1海上護衛隊(1)p.50『別表第七 舩団護衛状況(非島北航航路)昭和十九年八月 第一海上護衛隊司令部』
  322. ^ #S1908第1海上護衛隊(1)pp.6-7『(ホ)朝風タマ二四A船団(八月二十一日高雄発「マニラ」行)ヲ護衛中八月二十三日〇七五五北緯一六度〇二分東経一一九度四三分ニ於テ敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ大破セシヲ以テ陸軍機帆舩ヲシテ曳航北緯一五度五六分東経一一九度四六分ニ擱座セシメタルモ二二三五右ニ傾斜巓覆沈没セリ』
  323. ^ a b #S1908第1海上護衛隊(1)p.7『(ヘ)夕凪マタ二六A船団(八月二十日「マニラ」発高雄行)ヲ護衛中二十五日一〇三五北緯一八度四二分東経一二〇度四九分ニ於テ敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ沈没セリ』
  324. ^ a b c d #佐藤艦長続編(文庫)356-358頁
  325. ^ a b 昭和19年9月5日(発令9月1日付)海軍辞令公報(甲)第1585号 p.30』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100800 
  326. ^ 昭和19年9月22日(発令9月18日付)海軍辞令公報(甲)第1600号 p.20』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101000 
  327. ^ 昭和19年10月7日(発令9月30日付)海軍辞令公報(甲)第1613号 p.43』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101400 
  328. ^ #内令(秘)昭和19年10月(2)p.35『内令第一一五九號 艦艇類別等級別表中次ノ通改正ス|昭和十九年十月十日 海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等長良型ノ項中「長良、」「、名取」ヲ、同航空母艦大鷹型ノ項中「大鷹、」ヲ、同敷設艦ノ部中「、白鷹」ヲ削ル|驅逐艦、一等神風型ノ項中「、朝風」「、夕凪」ヲ、同初雪型ノ項中「、敷波」ヲ、同白露型ノ項中「、五月雨」ヲ、同松型ノ項中「松、」ヲ削ル(以下略)』
  329. ^ #内令(秘)昭和19年10月(2)pp.36-37『内令第一一六五號|呉鎮守府在籍 軍艦 白鷹|佐世保鎮守府在籍 軍艦 大鷹|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 長良、軍艦 名取|右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 朝風、驅逐艦 五月雨|呉鎮守府在籍 驅逐艦 敷波|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 夕凪|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 松|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和十九年十月十日 海軍大臣』
  330. ^ #内令(秘)昭和19年10月(2)pp.35-36『内令第一一六二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年十月十日海軍大臣|第十九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十七驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「、夕凪」ヲ削ル|第四十三驅逐隊ノ項中「松、」ヲ削リ「槇」ノ下ニ「、桐」ヲ加フ』

関連項目