小田原電気鉄道チキ2形電車

箱根登山鉄道モハ2形電車(はこねとざんてつどうモハ2がたでんしゃ)は、箱根登山鉄道直流電車

概要

モハ2形電車
右が107号、左が108号(2006年3月15日、入生田駅にて撮影)
108号は1998年にも開業当時の緑一色塗装になったことがある(1998年頃、小田原駅にて撮影)
モハ2形110号の車内

元々は、箱根登山鉄道の前身である小田原電気鉄道が1927年昭和2年)に日本車輌製造で製造した木造ボギー車チキ2形(チキ8~10)と1935年(昭和10年)に小田原駅箱根湯本駅間の開通時に川崎車輛(現・川崎重工業)で製造されたチキ111,112(後にモハに称号変更)の5両からなる。車体が全く異なるにも関わらず、同形式のチキ2形としたのは、前者の新造時にスイスより輸入したシュリーレン社の製板台枠台車とブラウンボベリ社製の主電動機にはスペアとして2両分があったため、これを用いたことに由来する。

なお、チキ111,112と全く同じ車体に日本製の電装品と台車(チキ2形のものを参考にしたという)を使って製造されたチキ113~115を、箱根登山鉄道ではチキ3形と称した。

モハ1形と同様にモハ8~10も1955年(昭和30年)から1957年(昭和32年)にかけてモハ111~115に準じた新造車体に更新されモハ108~110となった。ただし、ドア間の座席をクロスシートにしたため、座席と窓の位置が合うように窓の大きさを変更したことから、ドア間の窓は6枚になった(モハ1形とモハ111~115は5枚)。

下回りが老朽化したことから、1985年(昭和60年)から1990年平成2年)にかけて5両とも下回りを交換、カルダン駆動化されている。しかし、車体の老朽化が激しかった戦前製造組のモハ111と112は1991年(平成3年)に廃車された。その後モハ3形も廃車されたが、モハ108~110は2001年(平成13年)から2002年(平成14年)にかけて大掛かりな更新が行われた。室内の木部はデコラ貼りになり、車体の側面板を貼り替え、客用ドアをステンレス製無塗装のものに交換するなど、かつてのイメージを残しつつも近代化が図られた。また、現在は自動放送装置も追加されている。

モハ108と109については、1998年(平成10年)に創立70周年記念行事の一環として昭和初期当時の緑一色塗装に復元されたが、その後一般色に戻った。なおモハ108はさらに2004年(平成16年)9月から1950年当時の水色とクリーム色の旧塗装に復元されたが、この際には客用ドア内側も塗装している。そして2008年(平成20年)9月からは創立120周年記念して昭和30年代の「金太郎塗装」[1]に復元されているが、この時に座席を箱根寄木細工製のものに、つり革を抗菌加工したものにそれぞれ交換している。

なお、2008年現在も両運転台構造である。

製造はモハ108と109が東急車輛製造、モハ110が東洋工機である。

運用

鉄道線箱根湯本強羅間で運用されている。両運転台車であるが、2000年(平成12年)12月ダイヤ改正で単行運用が廃止されたため、2両編成で運用されるか、またはモハ1形2両編成と連結して3両編成で運行されることもある。

2006年(平成18年)3月18日のダイヤ改正までは鉄道線全線で運用されていた。ただし、現在でも鉄道線の車両基地への入・出庫の関係で入生田~箱根湯本間は回送運転で走行している。

車両諸元

在籍車両

  • 2008年(平成20年)現在は108,109,110の計3両が在籍している。

脚注

  1. ^ 1957年登場当時の小田急3000形「SE」に似ている塗装