尾形藤吉

尾形 藤吉(おがた とうきち、1892年3月2日 - 1981年9月27日)は、元騎手、元調教師東京競馬倶楽部日本競馬会国営競馬日本中央競馬会(JRA))。

人物

北海道有珠郡伊達町(現・伊達市)出身。旧姓は大河原で、1909年に尾形姓。1911年から1946年まで「尾形景造」を名乗る。

近代日本競馬における調教師の草分け的な存在で、「大尾形」と称された。(現在ある一厩舎あたりの馬房制限設定前の自由競争時代に達成された数字ではあるが)調教師成績通算1670勝、JRA重賞189勝はJRA発足以後の最多勝利数である。

そのほか最多勝利調教師12回獲得、日本ダービー8勝、八大競走にすべて勝利し通算39勝するなど、日本競馬史に輝く実績を残した。騎手としても1918年から1935年まで帝室御賞典に13回優勝するなど活躍した。

人材育成にも力を注ぎ、3人の顕彰者(保田隆芳野平祐二松山吉三郎)をはじめ、門下生から多数の優秀な人材を輩出した。現在も尾形の弟子筋にあたる多数のホースマン中央競馬において活躍している。息子の尾形盛次、孫の尾形充弘はJRAの調教師。

1964年黄綬褒章を受賞。1966年勲五等双光旭日章を受賞。1981年、正六位叙位。2004年調教師顕彰者としてJRA殿堂入り。

来歴

1907年新冠御料牧場にて馬術見習生となる。1908年、同牧場を訪れた菅野小次郎に見出され、弟子入り。1911年、多賀厩舎にて騎手となる。同年、調教管理者資格取得(当時は、騎手と調教師の区分が明確でなかった)。

同年6月、目黒競馬で落馬事故を経験した際に姓名判断を受け、「尾形景造」に改名。以後、実名での登録が義務づけられる1946年までこの名を通名とした。

1916年に厩舎開業。ただし1936年まで騎手業も続けた。

1927年5月1日、目黒競馬場において帝室御賞典を管理馬アストラル東京優駿(日本ダービー)優勝馬カブトヤマガヴァナーの母)で優勝。 1934年4月22日、東京優駿大競走において、管理馬フレーモア、テーモア、デンコウで1~3着を独占するという偉業を達成した。1943年、歴史的名牝馬クリフジで変則三冠(東京優駿競走・阪神優駿牝馬京都農商省典4歳呼馬)を制覇。

その後太平洋戦争の戦況が悪化し競馬開催が一時停止されたため、盛岡市近郊の巣子に疎開。1946年の競馬再開と同時に復帰した。

代表管理馬

八大競走優勝馬のみ(天皇賞は日本競馬会発足によって年2回施行となった1937年以降)

皐月賞

東京優駿(日本ダービー)

菊花賞

桜花賞

優駿牝馬(オークス)

天皇賞

有馬記念

成績

騎手成績

(資料で明らかになる限りにおいては)373戦148勝

調教師成績

通算成績9390戦1670勝(JRA発足以後)

受賞

  • 年間最多勝利調教師 12回 (1955年~1960年、1962年、1964年~1966年、1968年、1969年)
  • 優秀調教師賞等受賞回数 18回

一門

主な門下生

一門の主な系譜

尾形藤吉
美馬信次
||武田作十郎
|||武邦彦
||||武幸四郎
|||古川平
||||四位洋文
||||今村康成
|||河内洋
||||小池隆生
|||武豊
大久保亀治
||大久保正陽
|||大久保龍志
伊藤正四郎
||伊藤雄二
|||藤岡健一
|||梅内忍
||||梅内栄子
|||笹田和秀
|||千田輝彦
松山吉三郎
||吉永正人
||松山康久
八木沢勝美
||高橋裕
伊藤修司
||寺井千万基
||上野清章
保田隆芳
||池上昌弘
|||谷中公一
|||池崎祐介
||保田一隆
|||菅原隆一
野平祐二
||藤沢和雄
|||青木芳之
|||橋本広喜
|||北村宏司
森安重勝
森安弘昭
||森安輝正
||天間昭一
||伊藤大士
工藤嘉見
||南井克巳
|||南井大志
伊藤正徳
||後藤浩輝
||小野寺祐太

著書

  • 『競馬ひとすじ-私と馬の60年史』(徳間書店

関連項目