新宝島 (曲)

この項目に含まれる文字波ダッシュ塚éは、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なるか、表示できない可能性があります。(詳細
新宝島
サカナクションシングル
初出アルバム『魚図鑑
B面 「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
リリース
規格
録音 2015年
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ジャジー・ファンク
ダンス・ミュージック
時間
レーベル NF Records
作詞・作曲 山口一郎
ゴールドディスク
チャート最高順位

サカナクション シングル 年表
さよならはエモーション/蓮の花
2014年
新宝島
2015年
多分、風。
2016年
収録アルバムCOVERS THE CITY
レーベル ユニバーサル ミュージック合同会社[1]
Disc1[1]
  1. 新宝島
  2. 海の声
  3. 恋音と雨空
  4. Nandemonaiya(English ver.)」
  5. ひまわりの約束
  6. ヘビーメロウ
  7. 魔法って言っていいかな?
  8. シュガーソングとビターステップ
  9. 家族になろうよ
  10. ずっと好きだった
  11. R.Y.U.S.E.I.
  12. もう一度・・・
Disc2[1]
  1. 新宝島(MUSIC VIDEO)
  2. 「“COVERS THE CITY” Behind the Scenes」
EANコード
  • EAN 4988002701209
  • EAN 4988002701193
  • EAN 4988002701186
テンプレートを表示

新宝島」(しんたからじま)は、日本のロックバンドサカナクションの楽曲。楽曲はバンドのフロントマン山口一郎によって作詞作曲され、バンドの11枚目のシングルとしてNF Recordsより2015年9月30日にリリースされた。メンバーの草刈が出産のため、バンド活動を一時休止していた彼らにとって、前作『さよならはエモーション/蓮の花』から約1年ぶりのシングル・リリースとなった。楽曲は映画『バクマン。』の映画音楽として制作され、曲調がバンドの近作とは異なるアッパーなポップ・ミュージックの要素を持ったオルタナティヴ・ロックダンス・ミュージックに仕上がっている。楽曲は、2018年にベスト・アルバム魚図鑑』に収録された。

題名は、山口が楽曲のテーマを追究するために漫画を研究した中で見つけた一作である、手塚治虫の『新宝島』より借用されている。また、CDシングルの通常盤および初回限定盤のジャケット・アートワークは「新宝島」というタイポグラフィで表現しており、一方で豪華初回限定盤のアートワークでは『バクマン。』原作者である小畑健によって描かれた、『バクマン。』のキャラクター亜豆美保の描きおろしイラストが使用された。この楽曲は音楽評論家の評価を受けており、批評家の中にはサウンド、リズム、メロディといった様々な要素を「バンドの新たな姿勢」として評した者もいたが[2]、原点回帰したのではないかと指摘した批評家もいた[3]。『新宝島』はBillboard Japan Hot 100チャートで首位を獲得。また、オリコンシングルチャートでは最高位9位を記録している。

付属するミュージック・ビデオ田中裕介が監督を務め、『ドリフ大爆笑』といった昭和の歌番組やバラエティ番組をオマージュしたレトロ感のある演出がされた。このビデオは『MTV Video Music Awards Japan 2015』で最優秀邦楽グループビデオ賞にノミネートされている。また、ミュージック・ビデオとは別に存在するカラオケ映像では映画『バクマン。』の監督大根仁が指揮をとり、1980年代末から1990年代初頭のカラオケ映像の質感を再現した映像が制作された。大根が映画『バクマン。』をセルフパロディーし、漫画家の男と1人の女性の恋模様が描かれている。映像中には山口も出演している。サカナクションはこの楽曲を2015年から2016年にかけたライブ・ツアー『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"』で初のライブ・パフォーマンスしており、『COUNT DOWN TV』、『ミュージックステーション』などの音楽番組や『COUNTDOWN JAPAN』などといったイベントなどでも披露されている。

2017年には、日本の歌手、BENIによる英語歌詞のカバーがリリースされ、サカナクションの制作したミュージック・ビデオとは異なるものが製作された。

発表と制作背景

背景とリリース

「新宝島」は、映画『バクマン。』の映画音楽である[4][5]。『バクマン。』の映画プロデューサー川村元気はサカナクションを『バクマン。』の映画音楽および「新宝島」を映画主題歌として製作を依頼するのに関して、雑誌でのインタビューで以下の様に述べている[4]

映画って音楽が良くないとヒットしないと思うんですよ。[中略] プロデューサーとしてはひたすら音楽家探しをやっていて。 [中略] サカナクションにはロックな要素とダンスミュージックの要素と両方あるし、『バクマン。』という映画には両方必要だと思った。

—川村元気(『MEKURU』2015 vol.06[4]より)

また、バンドのフロントマン山口一郎と映画『バクマン。』監督の大根仁の対談では、映画『バクマン。』制作陣がサカナクションを劇伴および主題歌に起用したかが語られており、

プロの作曲家が作る“いわゆる劇伴曲”というのが自分の作品には合わないなと思ってもいて。トラックメーカーとかアーティストに作ってもらったほうがしっくりくるんですよね。だから劇伴が作れそうなアーティストを自分の中で何人かブックマークしていて、その中にサカナクションがいたんです。

—大根仁(ナタリー「山口一郎(サカナクション)×大根仁 音楽と映画で歩く「バクマン。」のリアルの対談」[5]より)

の様に述べている[5]。また、バンドを起用したきっかけの1つとして、日本のロック・フェスティバル、『TAICOCLUB』で大根がサカナクションのライブを観て、衝撃を受けたことから、「お客さんを巻き込んでいく感じがすごくて、『バクマン。』の音楽を頼んだら面白いことになりそう。」と発想し、タイアップを依頼したという[5][4]。また、劇伴や主題歌の担当はキャストより先にバンドの起用が決定していた[6][7]

本作は、サカナクションが2015年9月11日に開催したオルガナイズ・パーティー、『NF』でビクターエンタテインメント内に立ち上げを発表した自主レーベル、NF Recordsによる初のCDリリースであり、共にシングル発売としても初の作品となっている[8]。これに関連し、サカナクションはアーティスト写真を一新した[8]。この楽曲はバンドの11枚目のシングルとして、NF Recordsより2015年9月30日にCDシングルリリースされた。『新宝島』は通常盤 (CD)、初回限定盤 (CD+DVD)、豪華初回限定盤 (2CD+DVD、映画「バクマン。」BOX仕様)、の3形態での発売された。限定盤のボーナス・ディスクには、バンドが映画『バクマン。』で担当した映画音楽が「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」というタイトルのもと、1曲の楽曲として収録されている[9][10]。「新宝島」は、2018年3月28日にリリースされたバンドのベスト・アルバム魚図鑑』に収録された[11]

制作

「新宝島」は映画の「漫画家を目指す2人の青年の活躍を描いたストーリー」を参考にし、テーマに「線を描く」を掲げて制作された[12][13]。楽曲中には、漫画家と音楽家に共通する「モノを作る苦しみ」が表現されている箇所がある[10][13]。また、大根からはもう1つのテーマとして「押しつけがましくない卒業ソング」というお題も出されている[13]。映画『バクマン。』は主人公の2人が高校から卒業をする日に卒業式には出ず、教室で話し合っているシーンからエンドロールに入る[14]。そのため、大根から提供されたテーマは映画のストーリーから「新宝島」へ関連性をもたすはたらきをしている[13]

手塚治虫
楽曲のタイトルは漫画『新宝島』より借用されている[10]。写真は作者である日本の漫画家、手塚治虫(1951年撮影、当時28歳)。

制作にあたって、山口は普段読まない漫画を読み、研究を重ねた。これに際し、山口は「漫画の映画の劇伴や主題歌を作るときに自分から学ばなければいけないなと思った。日本の漫画の原点ってなんだろうと調べたら手塚治虫に着いた。」と発言しており[15]、楽曲のタイトルは日本の漫画家である手塚治虫の『新宝島』より借用されている[10][13]。今作は元々「新宝島」というタイトルではなく、最初のタイトルは『バクマン。』の主人公たちがペンで書く「タッチ」とその2人の「ハイタッチ」をするシーンから「タッチ」と名付ける予定であったが、原作が『週刊少年ジャンプ』に掲載されているのに対して、『週刊少年サンデー』で掲載されていた漫画『タッチ』と題名が同一になってしまうために、『バクマン。』の映画スタッフに指摘され、題名を変えたという逸話がある[16]

アルバム『懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜』よりも発売後のリリースになっているが、制作背景としては本作の方が先に作業を始めている[15]。また、作品を製作するにあたって、山口は2015年7月に発売された雑誌のインタビューで、「史上最大級に苦戦した」と述べており[15]、作詞に約6か月ほどかかっている[7]ベースコーラス担当の草刈愛美の産前産後休業による制作ペースの遅延、キーボード・コーラス担当の岡崎英美のスランプ、映画に寄せるためになどを理由に楽曲の完成が遅れた[17]。また、その影響で映画『バクマン。』完成へ影響が発生している。この一連のことから今作への苦難が伺える[4][15][16][17]。その一方、山口は大根と関わっていく中で、大根が様々と映画に対して挑戦をしている姿を見て、「自分も作品に手を抜くことは出来ない。」、「監督が喜ぶものをつくりたいなという一心だった。」など大根への敬意も作品にこめられている[15]。また、映画『バクマン。』の台本を貰った際に「ちょっと明るい曲にしなきゃ」と山口が思い、「監督に『次へ行け』と背中を押された気がした」と山口は述べており、監督との関わりは今作での構成も変えている[4]。一方、音楽雑誌『Talking Rock!』の取材では、大根による影響については特に触れず、「観る層も高校生と大学生という、はっきりとしたマーケットがわかっていて。求められている楽曲というのもパンチのある明るいものなのだろうなというのもわかっていたから、じゃあここでふりきってそういうものを作ることで新しいストーリーが生まれるかなとも思ったし。」と述べ、想定されるリスナーからの影響について説明している[18]

「新宝島」には、歌詞中にサカナクションが2015年9月に企画開催したオーガナイズ・パーティーイベント『NF』に関連した詞が複数組み込まれている[18]。「新宝島」の歌詞、「このまま君を連れて行くよ」は、「このまま『NF』に連れて行くよ」という意味が込められている[18]。『NF』は、「外に音楽を発信した時に、興味を持ってくれた人たちが辿り着ける場所を作ることで自分がまた表向きな気持ち、ポジティブな気持ちで音楽を作ることができるようになれるんじゃないかな」という山口の考えから「新宝島」製作途中に計画され、開催されたイベントであり、これを開催したことにより山口は「新宝島」の歌詞を書くことができたという[19]。また、2015年11月に開催され、『NF』の第2回にあたる『NF #02』では、イベントテーマを「新宝島」の歌詞に影響された「SEN」とした[20]

構成

「新宝島」は2015年9月の近作、シングル『さよならはエモーション/蓮の花』や『グッドバイ/ユリイカ』が作者である山口にとっての感情みたいなものを表現した「陰」というのに対し、今作は「陽」というイメージをもとに制作された。それによって曲調が近作とは異なるアッパーなポップ・ミュージックの部分をも持ったオルタナティヴ・ロックソング、兼ねては冒険心のあるダンス・ミュージックに仕上がっている。イントロでは、オルタナティヴ・ロックを持つ展開がされ、サカナクションの原点回帰もなされている[15][3]。また、「新宝島」のイントロ部分の作成中にメンバーがゴダイゴが作成する楽曲と様々な観点で似ていると感じたことにより、楽曲がコミカルな展開になり、ポップ調の曲になったとも山口は語っている[15]。楽曲はAメロサビしかなく[21][22]、曲調そのものは、1980年代から1990年代初頭を彷彿とさせるチャイニーズ感のあるレトロなシンセサイザーのサウンドと打ち込み感のあるリズム・パターン、ミニマルな曲構成とシンプルな構成である[3][23][24]。歌詞は、リスナーに新たな景色を見せようとする言葉と、耳に残るサビのフレーズや映画『バクマン。』の世界[25]、NFとリンクした歌詞が特徴的である[24]

プロモーション

発売前後のプロモーション活動では、2015年9月4日TOKYO FMキー局JFN38局をネットし、放送しているラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』で山口らが担当しているコーナー、『サカナLOCKS!ARTIST LOCKS!)』にて独占先行フルオンエアーが行われた[9][26][27]。放送まで映画『バクマン。』の予告編などで楽曲の一部を確認することができたが、フルオンエアーは初の機会であった[27]。また、同番組では2016年2月に「新宝島」の『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"』で行われた公演のライブ音源が初の放送がされた[28]。「新宝島」の発売後の記念イベントでは、作品が発売された5日後にあたる2015年10月4日にタワーレコード札幌ピビォ店にて握手会が行われた[29]。楽曲は、映画『バクマン。』のプロモーションとしてメディアで使用された他に、リクルートが発行するフリーペーパー求人情報誌タウンワーク』およびストリーミング音楽配信サービス、Spotifyのテレビ・コマーシャルソングとして使用された[30][31]

アートワーク

画像外部リンク
豪華初回限定盤(バクマン。BOX)のアートワーク

通常盤および初回限定盤のアートワーク

英語版ウィキペディアによる画像ファイルへのリンク。

通常盤および初回限定盤のジャケットでは、このシングルで文字通り、新たな地平「新宝島」を探す続けるというバンドの姿勢を大胆な「新宝島」というタイポグラフィで表現。楽曲の細部にやどる懐かしさも感じられるデザインとなっている[26]

豪華初回限定盤のジャケットアートワークでは、『バクマン。』原作者である小畑健にイラストの描きおろしをオファー。イラストのみならず、小畑自身の作業現場や小畑自身が描く手元まで含めた写真がデザインに組み込まれ、文字通り、楽曲のテーマである「線を描く」瞬間が切り取られた表現となっている。また、描かれているイラストは『バクマン。』ヒロイン亜豆美保が描かれており、仕様が映画『バクマン。』BOXということから、劇中で小松菜奈演じる亜豆が着用する制服がイラストなっている[9]。また、映画『バクマン。』BOXに封入される『新宝島』のディスク・ジャケットには、イラストの原画および下書きもデザインに組み込まれている[9]。小畑が漫画を描く過程をジャケットにすることにより、音楽家にとっての音楽を生む苦しみ、漫画家にとって漫画を産み出す苦しみを重ね合わせたバンドならではの独自の表現が完成された外装となっている[26]

評価

評論家による評価

音楽評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
WHAT's IN?肯定的[2]
MUSICA肯定的[3]
『EMTG MUSIC』肯定的[32]
CDJournal肯定的[30]

「新宝島」は複数の音楽評論家からの肯定的評価を得ている。音楽雑誌WHAT's IN?』のライター、本間夕子は、「のっけのこの高揚感。全編を貫くこの太い振動感。最初の一音で耳を引っつかれ、フェードアウトの余韻で一息にもってかれる。」とコメント。楽曲をJ-POP非ず、日本のポップミュージックのいいところを持ったオリジナリティのあるサウンドメイクであると構成を肯定的にコメントしている[2]。また、同誌のライター、青木優は、バンドのフロントマン山口が監督との関わりによって目指された新境地への追及などについて好意的にコメントしている[2]。『MUSICA』のレビュアーの小野島大は「新宝島」の曲の仕上がりを「苦労を感じさせないポップでキャッチーな曲」であるとし、「レトロなシンセの音色、歌唱性の強いフレーズやメロディは、一回りして初期のサカナクションを思わせる。そして、言葉少なで、少しずつ変移しながら繰り返されるメッセージが、先へ先へ進もうという彼らの意欲を示す力強くポジティブなメッセージとなっている。」と「新宝島」の構成や詞について述べた後に、B面収録の「「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」」について言及している。小野は、「ロバート・グラスパーディアンジェロに通じるようなジャジー・ファンクな曲調がサカナクションとしては珍しく、[中略] 大人なダンスミュージックに仕上がっていて、そのわりに叙情フォークみたいな歌詞とのギャップが面白い。」と両楽曲に対して好意的なコメントを残している[3]。また、同誌の2016年1月号では、「新宝島」を「コアなファンのみならず一般層へもアプローチをする共感と共振を得た楽曲」として、2015年のベストディスクのうちの1枚に選出している[24]。『EMTG MUSIC』は、「新宝島」をクリアでエネルギッシュなシングルとして位置付け、楽曲を「サカナクションの歌であると同時に、映画『バクマン。』の感動を増幅させている」と映画『バクマン。』への影響も述べている[32]。また、レビューで『EMTG MUSIC』および音楽雑誌『CDJournal』は「新宝島」のバンドサウンドを「新しいポップ」とコメントしている[30][32]

チャート成績

オリコンの調査によると、『新宝島』は2015年9月30日にフィジカルとしてリリースされた後、発売初週に推定1万8909枚売り上げ[33]オリコンシングルチャート2015年9月第4週付のチャートランキングで9位を記録し、チャートデビュー[33]。2週目となる2015年10月第1週付のチャートでは、10位順位を下げ、19位を記録[34]。3週目、2015年10月第2週付のチャートでは4位ジャンプアップし、15位を記録している[35]。4週目となる2015年10月3週付のチャートでは、13位順位を下げ、28位を記録した[36]。2015年10月第4週ではランキング50位圏外まで順位を下げた[37]。また、同年10月分のオリコンシングル月間チャートでは、25位を記録し[38]、前回2015年9月度のランキングでは50位圏外であったチャートをジャンプアップさせた結果となった。また、オリコン年間ランキングの項目のうち、CDシングルランキングの中で『新宝島』は100位圏外であった[39]

Billboard JAPANのチャートのうち、『Japan Hot100』では、2015年9月第4週にあたる2015年9月28日付のチャートで28位を記録し、チャートデビュー[40]。2015年10月12日付のチャート成績では1位を獲得、[41]、2015年間チャートでは、30位を記録した[42]。また、『新宝島』が2015年10月12日のチャートで成績1位を獲得したことについて、Billboard JAPANの栗本斉は『新宝島』と同日にリリースされたA.B.C-Z、『Moonlight walker』との市場競争について「サカナクションのようにメディアミックスでどう盛り上げるかを考えなければいけない」とサカナクションのメディア活用とジャニーズのプロモーションの戦略を解析。キャッチーな楽曲や映像を作ることが前提にし、ロック・バンドにおいてのメディアミックスの重要性を唱えた[43]。『Japan Radio Songs』では、2015年9月第3週にあたる9月21日のチャートで58位を記録し、チャートデビュー[44]。2015年9月28日のチャートでは、順位を58位ジャンプアップし、3位を記録[45]。2015年10月5日のチャートでは、2位ジャンプアップ、1位を記録[46]。また、2015年10月12日・19日のチャートでも1位を記録し、3週連続1位を獲得した[47][48]。2015年10月26日のチャートでは、1位順位を下げ、2位を記録[49]、2015年間チャートでは、13位を記録した[50]。Billboard Japanのチャート『Japan Top Sales』では、2015年10月12日のチャートで6位を記録し、チャートデビュー[51]。2015年10月19日のチャートでは、順位を10位下げ、17位を記録した[52]。2015年間チャートでは、チャートを記録することはなかった[53]。『新宝島』は、日本レコード協会から音楽配信を10万ダウンロード以上されたシングルトラックとして2015年11月にゴールドディスク認定を受けている[54]。また、2017年1月には音楽配信を25万ダウンロード以上されたシングルトラックとしてプラチナディスク認定を受けた[55]

カドカワによる消費者動向調査『eb-i』によると、2015年11月2日から3日までに47都道府県の1万1317人の10代から60代までの男女に対するインターネット調査において、「新宝島」は「2015年に1番思い出に残っている曲」の1つとして、7位にランクインしている[56]

有線ラジオ放送USENが2015年12月7日に発表した『2015年間USEN HITランキング』で『新宝島』は18位を獲得した[57]

ミュージック・ビデオ

映像外部リンク
サカナクション / 新宝島 - YouTube

サカナクション - 「新宝島」特典DVD ダイジェストムービー - YouTube

サカナクションのレーベル、ビクターエンタテインメント内レーベル「NFRecords sakanaction」公式チャンネルによるミュージック・ビデオへのリンク。

背景とリリース、内容

表題曲「新宝島」のミュージック・ビデオは、「夜の踊り子」「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」「さよならはエモーション」などのミュージック・ビデオを手掛けた田中裕介が監督を務めた[58][59][60]。『ドリフ大爆笑』などの昭和の歌番組やバラエティ番組をオマージュしたレトロ感あふれるセットや仕掛けが象徴的な映像になっており[23]、今作「新宝島」が、サカナクションというバンドにとって、まさに再始動の楽曲ということで華々しいオープニング感あふれる演出となっている[58]。2015年9月25日には、映像が動画サイト『GYAO!』内『映画『バクマン。』特集』で先行公開され[59][60]、翌日、9月26日にYouTube上、サカナクション公式チャンネル『NFRecords sakanaction』内で同動画が公開された[61][62]。また、Youtube上での公開同日には公開に合わせ「ドキュメント」や「montage」などYouTube未公開であったミュージック・ビデオや、ビクターエンタテインメントの公式チャンネルなどにて、既に公開はされていたものの、『NFRecords sakanaction』内で公開されていなかったミュージック・ビデオも一挙公開となった[61]

ミュージック・ビデオの評価

「新宝島」のミュージック・ビデオは賛否両論の評価がされている。週刊誌週刊文春』のコーナー「考えるヒット」の中で近田春夫は、バンドのミュージック・ビデオをE-girlsと比較対象にした上で「2拍4拍に合わせて[ダンスの]リズムをとるのがもう既に様になっていないのだ。[中略] 老婆心ながら、ここまで切れの悪い“動き”を見せられたらファンのひとだって気持ち冷めるよって。[中略] まさかそういう演出ってことないっすよね?」とコメントしている[63]MTVジャパンが主催するミュージック・ビデオの祭典、『MTV Video Music Awards Japan』では、「新宝島」のミュージック・ビデオを最優秀邦楽グループビデオ賞にノミネートしている[64]

カラオケ映像

「新宝島」のミュージック・ビデオは、通常版とは別にカラオケ映像があり、映画『バクマン。』の監督、大根仁が撮影指揮をとった作品が存在する[65]。この作品は実際にLIVE DAMなどのカラオケ映像に使用されているほか、初回限定盤および豪華初回限定盤(『バクマン。』BOX)に収録されている。本作はレトロ感にあふれるサウンドに仕上がった「新宝島」を1980年代末から1990年代初頭の音楽シーンを象徴するカラオケ映像化したものであり、大根にとってカラオケ映像が自身の初心であったことから、大根が自らメガホンをとっただけでなく、当時の機材、演出手法、大根が当時にタッグを組んだカメラマンまで招聘。1990年代に全盛であったカラオケ映像の質感を忠実に再現した。内容は、大根が映画『バクマン。』をセルフパロディーし、映画のシーンを再現したかのようなシーンも随所にみられており、バーテンダー役として山口も出演している[66][67]。また、映像中の音源はコオペラティブ・キーボードアレンジがされている。編曲担当を冨田謙が務めており、音源はシングルに「新宝島(instrumental)」として収録された[68]

あらすじ

漫画家を目指す男性とそれを応援する女性のラブストーリー。ある日、公園で男が紙を飛ばしてしまい、その紙を女性が拾ったところから2人は出会う。それをきっかけに、男はその紙を拾った女性をモデルに漫画を描くが、男が応募した漫画のコンテストに落選したことから2人の愛は崩れ始める。男は夜中放浪をしたものの、正気を取り戻し、道中で転びながらも彼女を探し始める。女性も同様に彼氏を探しており、2人は会うことが出来たものの、赤信号となった横断歩道で男性は車にひかれ、亡くなる。その後、女性はバーでお酒を呑みながら、バーテンダーに亡くなった男性などの事を話す。すると、バーテンダーの男性は出したカクテルの上にのせた女性の手に自分の手を重ね合わせ、女性に何かを言い、彼女を微笑ませる。そして、バーテンダーと女性が腕を組み、夜の街に出るところで映像はフェードアウトし、終了する[67][69]

ライブ・パフォーマンス

公演時の日本武道館前
サカナクションのライブ・ツアー『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"』のアリーナ最終公演会場、日本武道館前の当日の様子。
(2015年10月26日撮影)

「新宝島」は、バンドが2015年10月から翌年3月まで公演をしたライブ、『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"』のアリーナ公演で、ライブ・パフォーマンスが初めて行われた[70]。自主レーベル「NF Records」設立記念ツアーであると同時に、草刈の出産に伴ったライブ活動休止期間を経た約1年半ぶりのツアー開催であり、札幌・名古屋大阪東京のアリーナ4会場7公演、日本全国ホールツアー26公演と台湾でのホール公演が1公演行われ、アリーナ公演とホール公演の2段階の公演が行われた[71][72]。アリーナ編最終公演である2015年10月27日の5年ぶりとなった日本武道館での公演では、1万1000人を動員し[70]セットリストのラスト、17曲目に「改めまして、僕達、私達、サカナクションです」という山口の挨拶の後、「新宝島」が演奏された[70][71][73][74]。また、同公演のパフォーマンスはバンドの映像作品『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour" -LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27-』に収録され、2016年5月25日にDVDおよびBlu-ray Discとしてリリースされた[75][74]。2015年12月28日より4日間開催されたロック・フェスティバル、『COUNTDOWN JAPAN』の3日目、12月30日の公演ではサカナクションがEARTH STAGEのトリとして出演[76]。パフォーマンス中、バンドは『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"』の台湾と幕張メッセの追加公演を発表し、セットリストのラストに「新宝島」を演奏、アンコールに「Aoi」(英語版)を披露した[76]

映像外部リンク
サカナクション / TOUR「SAKANAQUARIUM2015-2016」ティザー映像 - YouTube
サカナクション/SAKANAQUARIUM 2015-2016"NF Records launch tour"-LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27- - YouTube
サカナクションのレーベル、ビクターエンタテインメント内レーベル「NFRecords sakanaction」公式チャンネルによるティザ―映像へのリンク。

この楽曲は2015年10月10日深夜(24時58分 - 25時53分JST)に放送されたTBS系の音楽番組COUNT DOWN TV[77]や同年10月25日のテレビ朝日系列の音楽番組『ミュージックステーション[78]などの音楽番組や2015年11月3日にさいたまスーパーアリーナで行われた日本のロック・バンド、the telephonesのラストライブ『the telephones Presents "Last Party 〜We are DISCO!!!〜"』[79]、などのライブおよびイベントなどでもパフォーマンスがされている[80][81]

カバー

映像外部リンク
BENI - 「新宝島」Music Video From COVER ALBUM「COVERS THE CITY」(2017.9.13 RELEASE!!) - YouTube
BENI公式チャンネルによるミュージック・ビデオへのリンク。

「新宝島」は、日本の歌手BENIによってシティ・ポップ調に英語歌詞カバーされている[82][83]。カバーされた楽曲は2017年9月13日にBENIがリリースしたカバーアルバム『COVERS THE CITY』に収録された[1][82][83]。楽曲は2017年7月15日に放送されたTBS系の音楽番組『音楽の日[82]や2017年9月9日に放送されたNHK名古屋放送局の音楽番組『Uta-Tube[84]でも披露されている。

BENIは、サカナクションが製作したミュージック・ビデオとは別に独自にカバー・バージョンのミュージックビデオを製作している[82][83]。「失った未来」をコンセプトに[82]、未来と過去が行き来するような新しい解釈を生み出そうと製作された[83]ミュージック・ビデオでは、神奈川県横浜市みなとみらいスクラップ場で撮影され[83]、スタイリッシュな衣装に身をまといながらのダンスを見ることができる[82]


収録曲・収録映像

CD1[26][68][85][86]、デジタル・ダウンロード[87][88]
全作詞・作曲: 山口一郎
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.「新宝島」山口一郎山口一郎サカナクション、冨田謙
2.「「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」」山口一郎山口一郎サカナクション
3.「インナーワールド (AOKI takamasa Remix)」山口一郎山口一郎サカナクション、青木孝允
4.「新宝島(instrumental)」山口一郎山口一郎サカナクション、冨田謙
合計時間:
CD2[10][26][68][89]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.MOTION MUSIC OF BAKUMAN。 サカナクションサカナクション
合計時間:

スタッフ

[62][85][90][92]

チャートおよび認定と売上

チャート

『新宝島』の週間チャート(2015年)
チャート 最高
順位
出典
日本・オリコンCDシングルチャート 9 [33]
日本・Japan Hot 100 1 [41]
日本・Japan Radio Songs 1 [46]
日本・Japan Top Sales 6 [51]
『新宝島』の年間チャート(2015)
チャート 最高
順位
出典
日本・オリコン年間シングルランキング 9100+ [39]
日本・Japan Hot 100 330 [42]
日本・Japan Radio Songs 113 [50]
日本・Japan Top sales 9100+ [53]
日本・2015年間USEN HITランキング 218 [57]
『新宝島』の2015年週間オリコンシングルチャートの推移
[33][34][35][36][37]
『新宝島』の月間チャート(2015)
チャート 最高
順位
出典
日本・オリコンCDシングルチャート 25 [38]

ゴールド等認定

認定年月 認定団体 認定 売り上げ 出典
日本 2015年11月 RIAJ ゴールド 10万+ [54]
2017年1月 プラチナ 25万+ [55]

売上

集計団体 売り上げ/枚 出典
日本 オリコン 35000 [92]

解禁日と発売日一覧

国・地域 発売/発信元 発売日/解禁日 規格 規格品番/リクエストナンバー
日本 JFNTOKYO FM
SCHOOL OF LOCK!
2015年9月4日 (2015-09-04) ラジオ・プレミア[9][19][26][27] N/A
2015年9月30日 (2015-09-30)
マキシシングル
LIVE DAM カラオケ[67] 5449–28[95]
世界
  • NF Records
  • ビクターエンタテインメント
デジタル・ダウンロード[88] N/A
日本 2015年10月17日 (2015-10-17) レンタルCD[96] VICL–37102[96]
台湾 ロックレコード 2015年11月20日 (2015-11-20)
マキシシングル[97]
  • CD
  • 2CD+DVD
  • CD+DVD
GUT2504.4[97]
日本 JFN・TOKYO FM
『SCHOOL OF LOCK!』
2016年2月25日 (2016-02-25) ラジオ(ライブ音源)[28] N/A
"N/A"は該当する値および内容がないことを意味する。

出典・脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「インナーワールド (AOKI takamasa Remix)」のみ[92]
  2. ^ 「「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」」のみ (有泉智子 2015b, p. 126)。
  3. ^ 「「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」」をのぞく (有泉智子 2015b, p. 126)。

出典

  1. ^ a b c d "COVERS THE CITY [CD+DVD]<初回限定盤>". タワーレコード. 2017-10-01閲覧
  2. ^ a b c d 飯田気晴 2015, p. 178.
  3. ^ a b c d e 有泉智子 2015b, p. 126.
  4. ^ a b c d e f ギャンビットパブリッシング 2015, pp. 130 - 131.
  5. ^ a b c d 山口一郎; 大根仁 (2015年10月2日). ナタリー「山口一郎(サカナクション)×大根仁 音楽と映画で歩く「バクマン。」のリアル. インタビュアー:中野明子. ナターシャ,ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bakuman_eiga04 2015年10月9日閲覧。 
  6. ^ "サカナクション、映画「バクマン。」完成イベントで"謝罪会見"". ナタリー. ナターシャ. 2015-09-08. 2015-09-12閲覧
  7. ^ a b "サカナクション、映画主題歌制作に半年かける「謝罪したい」". オリコン. 2015-09-08. 2015-09-12閲覧
  8. ^ a b "サカナクション、自主レーベル「NF Records」立ち上げ". BARKS. 2015-09-11. 2015-09-11閲覧
  9. ^ a b c d e "ジャケット解禁のサカナクション「新宝島」、オンエアは本日". BARKS. 2015-09-04. 2015-09-04閲覧
  10. ^ a b c d e "サカナクション、映画『バクマン。』主題歌"新宝島"9/30Sgリリース決定!". rockino'n.com. ロッキング・オン. 2015-08-04. 2015-08-06閲覧
  11. ^ サカナクション、初ベストアルバム「魚図鑑」皮切りに3作連続リリース”. ナターシャ. ナタリー (2018年2月1日). 2018年2月11日閲覧。
  12. ^ "活動休止中のサカナクション、『バクマン。』主題歌「新宝島」で再始動". オリコン. 2015-07-01. 2015-07-01閲覧
  13. ^ a b c d e 大根仁 2016, pp. 30 - 31.
  14. ^ 大場つぐみ小畑健(原作)、大根仁(脚本・監督)、川村元気プロデューサー)、佐藤健(真城最高役・ 主役)、神木隆之介(高木秋人役・主役) (2016年4月21日). バクマン。 (映画、DVD). 「バクマン。」制作委員会、東宝東宝映画オフィスクレッシェンド.. 該当時間: 01:52:39 - 01:59:18. TDV26093D、V–1510363MT、ASIN B01A9SAI54 
  15. ^ a b c d e f g 有泉智子 2015a, pp. 12 - 31.
  16. ^ a b 酒井真哉 2015, pp. 23 - 27.
  17. ^ a b 有泉智子 2015b, pp. 40 - 47.
  18. ^ a b c 吉川尚宏 2015, pp. 34 - 41.
  19. ^ a b 先行初オンエア!新曲「新宝島」. JFN. TOKYO FM. 2015年9月3日放送. 2015年9月15日閲覧。
  20. ^ "サカナクション 山口一郎が仕掛ける「NF」が提示する、未来の価値とは?". Numéro TOKYO. Numéro. 2015-11-14. p. 01. 2015-12-08閲覧
  21. ^ 実業之日本社 2015, p. 144.
  22. ^ 山口一郎 2015.
  23. ^ a b 小川智宏. "いざ、新たな宝島へ!". LIQUIDROOM. 2015-11-02閲覧
  24. ^ a b c 有泉智子 2015c, p. 21.
  25. ^ "サカナクション山口一郎、シーンへの葛藤と挑戦『バクマン。』で初劇伴". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞. 2015-12-17. 2015-12-23時点のオリジナルよりアーカイブ2015-12-17閲覧
  26. ^ a b c d e f "サカナクション、 最新作「新宝島」ジャケ写で「バクマン。」原作者小畑健氏とコラボ". MUSICman-NET. Musicman. 2015-09-03. 2015-09-04閲覧
  27. ^ a b c "サカナクション 映画『バクマン。』主題歌で原作者 小畑健とコラボ、ヒロイン亜豆美保の描きおろしジャケ公開". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-09-03. 2015-09-04閲覧
  28. ^ a b サカナクション 山口一郎先生来校!!音学進路相談室!!. JFN. TOKYO FM, 日本、東京. 2016年2月25日放送. 2016年4月7日閲覧。
  29. ^ "サカナクション・山口一郎「新宝島」スペシャル握手会". タワーレコード. 2015-10-02. 2015-11-03閲覧
  30. ^ a b c "サカナクション/新宝島". CDJournal. 2016-01-06閲覧
  31. ^ サカナクション「新宝島」が清水尋也&三吉彩花出演Spotify新CMソングに”. ナターシャ. ナタリー (2018年3月23日). 2018年3月24日閲覧。
  32. ^ a b c 平山雄一 (2015-09-30). "サカナクションは、「新宝島」=新しいポップへ向けての音楽の冒険の旅に出る。". EMTG MUSIC. 2015-01-06閲覧
  33. ^ a b c d "2015年9月第4週付の邦楽CDシングルランキング情報". オリコン. 2015-10-12. 2015-10-09閲覧
  34. ^ a b "2015年10月第1週付の邦楽CDシングルランキング情報". オリコン. 2015-10-19. p. 02. 2015-11-11閲覧
  35. ^ a b "2015年10月第2週付の邦楽CDシングルランキング情報". オリコン. 2015-10-26. p. 02. 2015-11-11閲覧
  36. ^ a b "2015年10月第3週付の邦楽CDシングルランキング情報". オリコン. 2015-11-02. p. 03. 2015-11-11閲覧
  37. ^ a b "2015年10月第4週付の邦楽CDシングルランキング情報". オリコン. 2015-11-09. 2015-11-11閲覧
  38. ^ a b "2015年10月度付の邦楽CDシングルランキング情報". オリコン. 2015-11-04. p. 03. 2015-11-17時点のオリジナルよりアーカイブ2015-11-11閲覧
  39. ^ a b "2015年度の年間CDシングルランキング情報". オリコン. 2015-12-23. 2015-12-23閲覧
  40. ^ "2015/9/28:Japan Hot single". BILLbord JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015-09-28. 2015-11-12閲覧
  41. ^ a b "2015/10/12付:Japan Hot single". BILLbord JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-12. 2015-10-09閲覧
  42. ^ a b "2015:Japan Hot single". BILLbord JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015-12-10. 2015-12-17閲覧
  43. ^ 栗本斉 (2015-10-10). "【CHART insight of insight】サカナクションは、なぜジャニーズに勝てたのか?". BILLbord JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015-11-03閲覧
  44. ^ "2015/9/28:Japan Radio Songs". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-09-21. 2015-11-12閲覧
  45. ^ "2015/9/26:Japan Radio Songs". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-09-28. 2015-11-12閲覧
  46. ^ a b "2015/10/5:Japan Radio Songs". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-05. 2015-11-12閲覧
  47. ^ "2015/10/12:Japan Radio Songs". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-12. 2015-11-12閲覧
  48. ^ "2015/10/19:Japan Radio Songs". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-19. 2015-11-12閲覧
  49. ^ "2015/10/26:Japan Radio Songs". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-26. 2015-11-12閲覧
  50. ^ a b "2015:Japan Radio Songs". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-12-10. 2015-12-17閲覧
  51. ^ a b "2015/10/12:Japan Top Sales". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-12. 2015-11-12閲覧
  52. ^ "2015/10/19:Japan Top Sales". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-19. 2015-11-12閲覧
  53. ^ a b "2015:Japan Top sales". Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2010-12-10. 2015-12-17閲覧
  54. ^ a b "有料音楽配信認定 - 2015年11月". 日本レコード協会. 2016-01-05時点のオリジナルよりアーカイブ2015-12-18閲覧
  55. ^ a b "有料音楽配信認定 - 2017年2月". 日本レコード協会. 2017-02-21. 2017-10-01閲覧
  56. ^ 「2015年1番思い出に残っている曲」ランキング”. エンターブレインCD&DLでーた. カドカワKADOKAWA (2015年12月15日). 2016年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月17日閲覧。
  57. ^ a b "2015年、全国の街でもっとも流れたヒット曲?発表!2015 年間USEN HITランキング!?". USEN. 2015-12-07. 2016-01-06閲覧
  58. ^ a b "サカナクション、新曲「新宝島」の昭和感溢れるレトロでド派手なMV公開". MUSICman-NET. MUSICman. 2015-09-25. 2015-09-25閲覧
  59. ^ a b サカナクション、新曲MVはレトロでド派手な仕上がりに!”. OK-MUSIC. OKWAVE (2015年9月25日). 2016年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月25日閲覧。
  60. ^ a b "サカナクション、まさにこの曲で再始動!新曲「新宝島」の昭和感溢れる レトロでド派手なMV完成!". EMTG MUSIC. 2015-09-25. 2016-01-06閲覧
  61. ^ a b "サカナクション、YouTubeに新曲「新宝島」MVやツアーティザー映像". BARKS. 2015-09-26. 2015-11-03閲覧
  62. ^ a b (MP4) サカナクション / 新宝島 (ミュージック・ビデオ). ビクターエンタテインメント.. (2015年9月25日). https://www.youtube.com/watch?v=LIlZCmETvsY 2017年10月1日閲覧。 
  63. ^ 近田春夫 2015, p. 62.
  64. ^ "ONE OK ROCK、林檎、星野、セカオワ、Perfumeら『MTV VMAJ』にノミネート". rockino'n.com. ロッキング・オン. 2015-01-06. 2016-01-06閲覧
  65. ^ "サカナクション、「新宝島」初回限定盤DVDには大根監督による「カラオケ映像」収録". BARKS. 2015-09-18. 2015-11-03閲覧
  66. ^ "サカナクション、大根仁監督による「新宝島」カラオケ映像ダイジェスト版を公開". BARKS. 2015-09-21. 2015-09-25閲覧
  67. ^ a b c "サカナクション、映画『バクマン。』監督とタッグを組んだ"悪ノリ"カラオケ映像を公開!?". ガジェット通信. 東京産業新聞社. 2015-09-21. 2015-09-25閲覧
  68. ^ a b c d e f "新宝島 [2CD+DVD]〈豪華初回限定盤〉". タワーレコード. 2015-11-19閲覧
  69. ^ 新宝島(カラオケ映像) (DVD). ビクターエンタテインメント.. (2015年9月29日). VIZL–984,全国書誌番号:22662935 
  70. ^ a b c "サカナクション、革新的な演出とロックバンドとしてのダイナミズムで魅せた日本武道館2days公演". オリコン. 2015-10-30. 2015-11-03閲覧
  71. ^ a b "サカナクション、草刈復帰&5年ぶりの武道館レポ! 度肝を抜く進化を遂げた感動のカムバック!". rockino'n.com. ロッキングオン. 2015-10-30. 2015-11-03閲覧
  72. ^ "サカナクション、ツアー追加公演で台湾&幕張メッセ2days決定!". rockino'n.com. ロッキングオン. 2015-12-30. 2016-01-12閲覧
  73. ^ "「真面目に堅実に誠実に」サカナクション、飛躍誓った圧巻の武道館2DAYS". ナタリー. ナターシャ. 2015-11-03. 2015-11-03閲覧
  74. ^ a b サカナクション (2016年5月25日) (MP4(ライブ音源)). SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour" -LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27- (DVD、ライブ音源). NF Records、ビクターエンタテインメント.. 該当時間: 1:44:33 - 1:50:20. VIBL–807–8 
  75. ^ "サカナクション全国ツアーから5年ぶりの武道館ライブをBD/DVD化". ナタリー. ナターシャ. 2016-03-15. 2016-04-06閲覧
  76. ^ a b "13回目の「COUNTDOWN JAPAN」4日間で約17万人来場". ナタリー. ナターシャ. 2016-01-04. 2016-01-06閲覧
  77. ^ "ゲスの極み乙女。、サカナクションが「CDTV」で新曲パフォーマンス". ナタリー. ナターシャ. 2015-11-03. 2015-11-03閲覧
  78. ^ "『Mステ』サカナクション、"ドリフ演出"で新曲披露 & 嵐は日本庭園をバックに熱唱". BILLbord JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015-10-23. 2015-11-03閲覧
  79. ^ "the telephones、盟友&埼玉の先輩招いたSSA「夢のような10年間でした」". ナタリー. ナターシャ. 2015-11-14. 2016-01-06閲覧
  80. ^ "サカナクション、くるり、レキシら大集結!ロックの嵐吹き荒れる「ビクターロック祭り」完全レポ!". rockino'n.com. ロッキングオン. 2016-02-16. 2016-05-26閲覧
  81. ^ "【完全レポ】サカナクション、ゲスの極み乙女。ら登場! METROCK 1日目をレポート!". rockino'n.com. ロッキングオン. 2016-05-25. 2016-05-26閲覧
  82. ^ a b c d e f BENI. BENI 王道を破り自分らしさ開花させたカバーアルバム. インタビュアー:真貝聡. ナターシャ,ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/beni 2017年10月1日閲覧。 
  83. ^ a b c d e "BENI、サカナクション「新宝島」カバーMVで失った未来描く". BARKS. 2017-08-23. 2017-10-01閲覧
  84. ^ "童謡「シャボン玉」を即興で英語バージョンに スタジオライブは「新曲多くて緊張」". 毎日新聞. 2017-09-08. 2017-10-01閲覧
  85. ^ a b 「サカナクション/新宝島」. サカナクション. 日本、東京: NF Records,ビクターエンタテインメント. 2015. p1,p16. VIZL–885,全国書誌番号:22662341
  86. ^ a b c d e f 新宝島, 国立国会図書館, 全国書誌番号:22662341, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026626031-00 2016年4月7日閲覧。 
  87. ^ a b "『新宝島』サカナクション". レコチョク. 2015-11-12閲覧
  88. ^ a b "新宝島 - EP". iTunes. アップル. 2015-09-30. 2015-11-09閲覧
  89. ^ a b Motion music of Bakuman。, 国立国会図書館, 全国書誌番号:22662342, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026951298-00 2016年4月7日閲覧。 
  90. ^ a b 「サカナクション/新宝島 カラオケ映像」. サカナクション. 日本、東京: NF Records,ビクターエンタテインメント. 2015. pp. 2–4. VIZL–984,全国書誌番号:22662935
  91. ^ a b c d e 新宝島カラオケ映像 映画「バクマン。」タイアップ企画映像作品, 国立国会図書館, 全国書誌番号:22662935, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026951310-00 2016年4月7日閲覧。 
  92. ^ a b c "オリコンランキング情報サービス「you大樹」". オリコン. 2015-11-15閲覧 不明な引数|subscription=は無視されます。 (説明)
  93. ^ a b "新宝島〈通常盤〉". タワーレコード. 2016-05-21閲覧
  94. ^ a b "新宝島 [CD+DVD]〈初回限定盤〉". タワーレコード. 2016-05-21閲覧
  95. ^ "新宝島". 第一興商. 2015-09-25閲覧
  96. ^ a b "新宝島". カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2016-05-21閲覧
  97. ^ a b "sakanaction 魚韻 / 新寶島 (CD+DVD)" (中国語). Books.com.tw. 2015-12-08閲覧

参考文献

  • 有泉智子「サカナクション再始動、その純白なる新世界を山口一郎、一気に独自する」『MUSICA』第09巻第08号、FACT、2015年7月15日、 12 - 31頁。
  • 有泉智子『MUSICA』第09巻第10号、FACT、2015年9月15日、 40 - 47/126頁。
  • 有泉智子「THE YEAR in MUSIC 2015(THE 50 BEST DISCS)」『MUSICA』第10巻第01号、FACT、2015年12月15日、 21頁、 ASIN B0170CLV3A
  • 飯田気晴「CROSS REVUE SINGLE」『WHAT's IN?』第28巻第13号、エムオン・エンタテインメント、2015年9月14日、 178頁。
  • 大根仁、2015映画「バクマン。」制作委員会『バクマン。【資料とよみもの】』大場つぐみ小畑健集英社アミューズ、2016年4月20日、30 - 31頁。TDV26093D、V–1510363MT。ASIN B01A9SAI54
  • 近田春夫「近田春夫の考えるヒット第920回「華やかな小技も効いたE-girls 大人の女性で味わいよかったかな」『週刊文春』第57巻、文藝春秋、2015年10月22日、 62頁。
  • ギャンビットパブリッシング「山口一郎(サカナクション)×川村元気」『MEKURU』、ギャンビット、2015年8月29日、 130 - 131頁、 ISBN 9784907462246
  • 酒井真哉「映像と音楽の幸せの関係」『PICT-UP』、ピクトアップ、2015年8月18日、 23 - 27頁。
  • 実業之日本社『オールヒットソング 2016年版』、実業之日本社、2015年11月12日、 144頁、 ISBN 4408062855
  • 山口一郎『新宝島』No.120、フェアリー〈FAIRY PIANO PIECE〉、2015年。全国書誌番号:22698796ISBN 9784777622351
  • 吉川尚宏「サカナクション」『Talking Rock!』第09巻第06号、トーキングロック、2015年9月9日、 34 - 41頁。

外部リンク