明応地震

明応地震の震度分布[1][2]

明応地震(めいおうじしん)は、室町時代後期(戦国時代初期)に発生した地震である。南海トラフ沿いの巨大地震と推定される。

記録にある被害分布が安政東海地震に類似しており[1]、震源域は東海地震東南海地震と思われるものであった[3]。一方で、四国でも一部大地震があったとする記録が発見され、また発掘調査から同時期の南海地震の存在が浮き彫りになり、広義の東海・東南海・南海連動型地震に分類される可能性も高い。

東海地震の記録

明応7年8月25日刻(ユリウス暦1498年9月11日8時頃、グレゴリオ暦1498年9月20日)、東海道沖に大地震が発生した。

御湯殿の上の日記』、『後法興院記』、『実隆公記』、『言国卿記』および『大乗院寺社雑事記』等に京都奈良など畿内付近の記録が見られる。『言国卿記』や『御湯殿の上の日記』には10月まで、『実隆公記』には11月7日まで余震と思われる地震の記録がある。畿内の被害と思われるものは『大乗院寺社雑事記』にある興福寺と見られる地蔵堂の庇が崩壊した記録である。『後法興院記』の東海道沿岸における記録は伝聞によるもので「大地震之日、伊勢、参河、駿河、伊豆大浪打寄、海辺二三十町之民屋悉溺水、人歿命、其外牛馬類不知其数云々、前代未聞事也」とある。しかし、明応の頃になると畿内付近のみならず、遠江駿河で記された記録も確認されるようになる[4]

紀伊から房総にかけて太平洋側で震動が強く、『王代記』に「金山崩れ」の記述があるなど甲斐でも強い揺れであったことは安政東海地震や宝永地震に共通するが震害の記録は少ない。熊野本宮の社殿が倒壊、那智の坊舎の崩壊、遠江では山崩れに地割れがあった。『熊野年代記』の記録によれば紀伊湯の峯温泉の湧出が10月8日まで42日間停止した。

河角廣によりマグニチュードとしてM 8.6が与えられていた[5]。またM 8.3[6][7]前後、あるいは東海沖から伊豆半島南方沖と推定される断層モデルから地震モーメントM0 = 7 × 1021N・m[8] (Mw 8.5[9])と推定され、震度分布を推定する記録もこれ以前の地震よりはるかに充実しているが、江戸時代の地震より記録が少ない歴史地震であり、断層モデルによる近似の程度も悪く数値の精度は低い[8]

津波

津波は紀伊から房総にかけての沿岸に襲来し、波高は駿河湾沿岸の江梨や小川で8m、伊勢志摩で6 - 10mであった。津波規模は安政東海地震を上回り、伊豆半島西岸や志摩半島では局所的に大規模な津波が襲来していた。

津波の被害状況
地域 推定波高・遡上高
古文書の記録 羽鳥(1975)[10] 飯田(1985)[11] 都司(2011)[12]
安房小湊 現・千葉県鴨川市 5m 4-5m
相模鎌倉 現・神奈川県鎌倉市 水勢入大佛殿破堂舎屋『鎌倉大日記』 8-10m
江ノ島 現・藤沢市 5-6m
伊豆八丈島 現・東京都八丈町 ナガクラにて、同月廿五日津浪上り、船、荷物諸共浪に払被『八丈島小島青ヶ島年代記』 4m
仁科 現・西伊豆町 仁科郷海溢レテ陸地ニ上ル事凡十八九町、寺川、ノ以下ノ田園皆水ニ浸ス / 戊午歳海嘯ニハ、波頭寺川ノ大堰ニ到ル『佐波神社沿革』 5m 4-5m 佐波神社10m
八木沢 現・伊豆市 津浪、大門まで来る(妙蔵寺の宝永津浪?の伝承) 妙蔵寺16.6m
土肥 現・伊豆市 栄源寺18m
戸田 現・沼津市 ヒラメが打ち上げられる(伝承) 20m
平目平36m
江梨 現・沼津市 未刻江梨村津浪寄来而、庶人海底沈没不知数『江梨航補院開基鈴木氏歴世法名録』 航補院16m
清水 現・静岡市清水区 海辺の堂社仏閣人宅はことごとく水没し死す『日海記』 5-6m[13] 村松10m
焼津 現・焼津市 而溺死者大凡二萬六千人也、林叟之旧地忽変巨海也『林叟院記録』 6-8m 会下島7-8m 10m
浜岡 現・御前崎市 洪濤滔天来、而一弾指頃、掃地総巻去『円通松堂禅師語録』 8m
遠江新居 現・湖西市 一里余ノ波シトナル、是ヲ今切ト号ス『東栄鑑』 6-8m 6-8m
三河渥美 現・田原市 5-6m 5-8m
伊勢大湊 現・伊勢市 今度大地震ノ高塩ニ、大湊ニハ家千間余人五千人許流死ト云々『内宮子良館記』 6-8m 6-10m
国崎 現・鳥羽市 去八月廿五日大地震ニ、彼島家人大略流失『内宮子良館記』 8-15m
塩屋 現・志摩市 大地震高浪来リ、其上宮川の上山ぬけにて大水一度に押来り、塩屋村家員百八拾軒余内御塩取役人百軒余、何れも補任頭戴の者共にて、内宮権禰宜荒木田姓ニ御座候、一時に大海へ押流、塩浜・田畑も一面の荒野と成候事『元田由来』 8-15m
紀伊熊野 現・熊野市新宮市 浦々浪入新宮鐘楼堂ヲ崩ス『熊野年代記』 4-5m 4-6m
『東栄鑑』には「諸国大地震、遠州前坂ト坂本ノ間ノ川ニ津波入リ、一里余ノ波シトナル、是ヲ今切ト号ス」、『遠江国風土記伝』には「湖水変為潮海矣」とあり、かつて淡水湖であった浜名湖が、津波により太平洋とつながり今切と呼ばれる湾口を形成し、湖が拡大したと伝えられている。

津波は鎌倉鶴岡八幡宮参道にも襲来し、また高徳院の大仏殿はこの地震による津波で倒壊して、鎌倉の大仏が室町時代末に露坐となったとする説がある[14](後述、異説有)。

仁科では海岸から十八九(約2km)内陸まで津波が到達したという(『増訂豆州志稿』)。八木沢の妙蔵寺(現・伊豆市)には宝永津波が標高約20mの大門まで来たとする伝承があり、境内のに海草がかかったとも伝えられている[15]。この伝承は伊豆半島西海岸で余り被害の出なかった宝永津波ではなく明応津波の可能性も考えられるとされる[12]沼津市戸田地区の平目平にはヒラメが打ち上げられた伝承が存在し、平目平の標高から津波の遡上高は36mに達した可能性が指摘されている[16]

『林叟院創記』には「加之大地震動海水大涌。而溺死者大凡二萬六千人也。林叟之旧地忽変巨海也」とあり、駿河湾岸の志太郡付近で水死2万6千とされるが[6]、信憑性は不明であるとされる[2][4]

『東栄鑑』には「諸国大地震、遠州前坂ト坂本ノ間ノ川ニ津波入リ、一里余ノ波シトナル、是ヲ今切ト号ス」、『遠江国風土記伝』には「湖水変為潮海矣」とあり、かつて淡水湖であった浜名湖が、津波により太平洋とつながり今切と呼ばれる湾口を形成し、湖が拡大した[3]。かつて浜名湖から遠州灘へ流れていた浜名川に架橋されていた浜名橋たもとに栄えていた橋本は津波で壊滅的打撃を受け、その後新居(元新居)に移転し、その新居も宝永津波により今切が拡大し再び移転を余儀なくされた[4][17]

湊町として栄えていた安濃津(現・津市)は遺跡の発掘から16世紀初頭から18世紀初頭頃まで空白期が見られ、明応地震津浪で壊滅的な打撃を受けて荒廃し、宝永地震以降に復興が始まったと推定されている。また大永2年(1522年)に安濃津を訪れた宗長は『宗長日記』で「この津、十余年以来荒野となりて四五千軒の家、塔あとのみ」と記している[4][17]

『内宮子良館記』には「今度大地震ノ高塩ニ、大湊ニハ家千間余人五千人許流死ト云々、其外伊勢島間ニ彼是一萬人許モ流死也」とあり、伊勢大湊で家屋流失1千、溺死5千、伊勢、志摩で溺死1万とされ[2][6]宮川河口付近にあったと推定される塩屋村では塩浜が被害を受け塩業が成立しなくなったとされる[4][17]

紀伊では紀ノ川は、かつて河口付近で南流し現在の和歌川が本流で和歌浦に注いでいたが、『紀伊続風土記』の記述から現在の河口位置に変化したのは明応から寛永年間の間と考えられ、明応年間に住民や寺社が和田浦(現・和歌山市)から湊村に移転したとする伝承があり、明応津波で被害を受け、紀ノ川が現在の河口位置に移ったとされる[17]。ただし『紀伊続風土記』の記事は「明応ノ比津浪」、また『和歌山県神社寺院明細帳』では「明応ノ海嘯」とあるのみで具体的な年月日の記述はない。

日本最古の高台集団移住

志摩半島の三重県鳥羽市国崎町[18]は最大波高15mに達したとされ[19]、大津集落は明応地震津波で死者1万人という壊滅的な被害を受け、地震後住民は高台に移転し、その後500年間、2011年現在に至るまで低地に戻らなかった。漁師は高台から浜に通うのが普通だという[20]1707年宝永地震津波や、1854年安政東海地震津波では溺死者を少数に抑えた。特に安政東海地震では国崎は津波特異点となり、「常福寺津波流失塔」の碑文によれば75(22.7m)にも達したと記録されている[21]

地震痕跡

明応4年8月15日の地震

『鎌倉大日記』には明応4年8月15日(ユリウス暦1495年9月3日、グレゴリオ暦1495年9月12日)に大地震が発生し、由比ヶ浜から参詣道に津波が押寄せ、高徳院の大仏殿が破壊され、溺死者200人余出たとある。

明応四年乙卯八月十五日、大地震洪水、鎌倉由比濱海水到千度檀、水勢入大佛殿破堂舎屋、溺死人二百餘

『大日本地震史料 増訂』では、この記録は明応7年8月25日の地震の誤記の可能性有としている[23]。宇佐美(2003)も、この記事は疑わしく明応7年8月25日の地震との混同の可能性有としている[2]

一方で同日、『御湯殿の上の日記』に「地しんゆる」、『後法興院記』にも「十五日乙丑晴、酉刻地震」との記録もあり、少なくとも京都においてこの日、有感地震があったとされ[2]、また、古代・中世には未だ巨大地震が隠されている可能性があり、1495年の地震は相模トラフ巨大地震の検討候補とされている[24]

明応7年6月11日の地震

『御湯殿の上の日記』、『後法興院記』、『続史愚抄』など幾つかの史料に明応7年6月11日未-申刻(ユリウス暦1498年6月30日15時頃、グレゴリオ暦1498年7月9日)、畿内付近における大地震の記録がある。ただし被害記録は見当たらず、史料数は明応7年8月25日の地震より遥かに少なく、『後法興院記』では8月25日の地震について「辰時大地震、去六月十一日地震一倍事也」と述べている事から、京都において8月25日の地震は6月11日の地震の2倍の強さであった事になる[4]。一方、1854年の安政地震については京都付近は東海地震南海地震は同程度の揺れであったと記録され、京都における震度は共に4 - 5程度と推定されている[2]

同日の巳刻(10時頃)に日向灘が震源とされる地震があり、宇佐美(2003)は別の地震と考えるとし[2]、『九州軍記』には以下のように記されている[25]

戊午六月十一日卯ノ中刻ヨリ九國ノ大地震隙ナク震フ巳ノ刻ニ至テハ天大ニ鳴渡リ地夥フ弥增ニ震フ山崩テハ海川ニ入リ地裂テハ泥湧出ル神社仏閣ノ鳥居石碑過半ハ顛倒セリ民屋ハ一宇モ全カラス

(中略)

今度ノ地震ハ九國ノミニ不限四國中國畿内東海北國奥州ノ果迄モ殘ル所ナシ

南海地震連動の可能性

明応地震の歴史記録は、東海・東南海地震のみで、ほぼ同時期に連動する可能性の高い南海地震の記録を欠いたものとなっている。この時期は応仁の乱の時代であったため詳細な記録が残される様な状況に無かった可能性が高いとされる[26]

1988年、高知県中村市(現・四万十市四万十川支流の中筋川岸辺にあるアゾノ遺跡から15世紀末頃の噴砂が上昇した痕跡が発見され、1993年にはアゾノ遺跡に近接する船戸遺跡で地割れに石を並べた痕跡が発見された。アゾノ遺跡では噴砂痕より後の年代に人間の生活の痕跡が見られない。徳島県板野町吉野川沖積低地では14世紀後半から16世紀初頭までに存続した集落跡の調査で、液状化現象による噴砂の痕跡が発見された[27]。加えて、愛媛県新居浜市の『黒島神社文書』に、「明応七年の震災に、大地大に潰崩し、島の六七歩は流失し、此度二三の遺島となれり、明応七年の震災に罹り、本殿拝殿共破壊し、住民四方に散乱し」という記述が存在することが判明し、四国における15世紀末頃の大地震の記録・痕跡が相次いで発見されている[22]

また、明応7年6月11日未-申刻(ユリウス暦1498年6月30日15時頃、グレゴリオ暦1498年7月9日)には九州において家屋倒壊被害の記録があり、伊予では陥没などの地変を筆頭に日向灘地震と推定される地震の記録があったが、同日には畿内でも地震の記録が残っているため、これらが同一地震ならば震源域の変更が必要ともされている[28]。紀ノ川河口付近の和田浦の津波は南海地震の可能性が高く、さらに『中国地震歴史資料彙編』には6月11日、蘇州で「各邑河渠池及井泉震蕩、高涌数尺、良久乃定」の記録があり[29]中国江蘇省浙江省では揚子江を初めとする河の水面の震動、池や井戸の水面の変化が見られ、同様の現象は宝永地震や安政南海地震でも観測されていることから、上述の日向灘地震は南海地震に含まれる、あるいは南海地震と連動した可能性も指摘されている[6][30][31]。これが事実ならば、南海地震が東海・東南海地震に73日先行して発生したことになる。

一方で6月11日の地震を南海地震と断定するには更なる作業を必要とし、むしろ紀ノ川河口付近の津波を東海地震と同日の8月25日と考え、明応地震は宝永地震と同様に東海地震および南海地震が連動した可能性もあるとされる[32]

参考文献

  1. ^ a b 宇佐美龍夫(1986) (PDF) 宇佐美龍夫(1986): 東海沖四大地震の震度分布(明応・宝永・安政東海・東南海地震), 地震予知連絡会報, 35, 343-351.
  2. ^ a b c d e f g 宇佐美龍夫 『最新版 日本被害地震総覧』 東京大学出版会、2003年
  3. ^ a b 小山真人(2008) (PDF) 小山真人:(2008) 東海地震はどんな地震か?, 『地震防災』 学術図書出版, 1498年明応東海地震 -津波で外海とつながった浜名湖-
  4. ^ a b c d e f 矢田俊文 『中世の巨大地震』 吉川弘文館、2009年
  5. ^ Kawasumi(1951) (PDF) Kawasumi, H., 1951, Measures of earthquakes danger and expectancy of maximum intensity throughout Japan as inferred from the seismic activity in historical times, Bull. Earthq. Res. Inst., Univ. Tokyo, 29, pp.469-482.
  6. ^ a b c d 宇津徳治、嶋悦三、吉井敏尅、山科健一郎 『地震の事典』 朝倉書店、2001年
  7. ^ 宇佐美龍夫 『日本被害地震総覧』 にあるM 8.2 - 8.4の中間値を採用。
  8. ^ a b 相田勇(1981) (PDF) 相田勇(1981): 東海道沖に起こった歴史津波の数値実験, 東京大学地震研究所彙報, 56, 367-390.
  9. ^ 力武常次 『固体地球科学入門』 共立出版、1994年
  10. ^ 羽鳥徳太郎(1975) (PDF) 羽鳥徳太郎(1975): 明応7年・慶長9年の房総および東海南海道大津波の波源, 東京大学地震研究所彙報, 50, 171-185.
  11. ^ 飯田汲事(1985) (PDF) 飯田汲事(1985): 3. 明応7年8月25日(1498年9月20日)の明応地震の震害と震度分布, 東海地方地震・津波災害誌
  12. ^ a b 都司嘉宣(2011) (PDF) 都司嘉宣(2011): 歴史記録の上のミレニアム津波
  13. ^ 飯田汲事 (PDF) 飯田汲事: 5. 明応・慶長・宝永・安政・昭和の各東海地津波の比較
  14. ^ 菊地勇次郎 「高徳院」『国史大辞典5』 吉川弘文館、1984年
  15. ^ 羽鳥徳太郎(1977) (PDF) 羽鳥徳太郎(1977): 27. 静岡県沿岸における宝永・安政東海地震の津波調査,地震研究所彙報,52, 407-439.
  16. ^ asahi.com 都司嘉宣 津波高さ36メートルまで到達? 500年前の東海地震
  17. ^ a b c d 矢田俊文(2005) (PDF) 矢田俊文(2005): [講演記録] 1498年明応東海地震の津波被害と中世安濃津の被災, 『歴史地震』 第20号, 9-12.
  18. ^ 伊勢神宮に献上する熨斗あわびで知られる。
  19. ^ 中日新聞2011/4/7 中日新聞 500年前の明応地震 識者「想定見直しを」
  20. ^ 日本経済新聞 2011年9月28日朝刊33面首都県経済「地域再生 震災が問う 安心への備え どこまで②集団移住、先人の教訓」。漁師の通いについては常福寺幸谷賢光住職談
  21. ^ 災害教訓の継承に関する専門調査会報告書原案 (PDF) 災害教訓の継承に関する専門調査会報告書原案「1854年安政東海地震・安政南海地震」-明応7年(1498)東海地震による志摩国大津集落の高所移転-
  22. ^ a b 寒川旭 『地震の日本史 -大地は何を語るのか-』 中公新書、2007年 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name "Sangawa"が異なる内容で複数回定義されています
  23. ^ 文部省震災予防評議会 『大日本地震史料 増訂』 1940年
  24. ^ 石橋克彦(1998) (PDF) 石橋克彦、佐竹健治(1998): 総合報告:古地震研究によるプレート境界巨大地震の長期予測の問題点 -日本付近のプレート沈み込み帯を中心として, 『地震』 第2輯, 50, 231-243.
  25. ^ 武者金吉 『日本地震史料』 毎日新聞社、1951年
  26. ^ 安藤雅孝(2005) (PDF) 安藤雅孝 「1605年慶長地震のメカニズム」『歴史地震』第20号、2005年
  27. ^ 寒川旭 『揺れる大地 日本列島の地震史』 同朋舎出版、1997年
  28. ^ 国立天文台理科年表』 丸善、2012年版
  29. ^ 宇津徳治(1988) (PDF) 宇津徳治(1988): 日本の地震に関連する中国の史料, 『地震』第2輯, 41 , pp.613- 614.
  30. ^ 都司嘉宣、上田和枝(1997): 明応(1498)南海地震の存在とその日付について, 地球惑星科学関連学会1997年合同大会講演予稿集, 169.
  31. ^ 2004年インドネシア・スマトラ島西方沖地震津波の教訓東京大学地震研究所
  32. ^ 石橋克彦(2002): フィリピン海スラブ沈み込みの境界条件としての東海・南海巨大地震 -史料地震学による概要-, 京都大学防災研究所研究集会13K-7, 報告書, 1-9.