暦書 (ノストラダムス)

ノストラダムスの「暦書(れきしょ; Almanach)」(アルマナ、アルマナック)とは、1549年頃から毎年出されていた翌年一年を予言した刊行物の暫定的な総称。「」、「暦本」、「占星暦」などとも訳される。実際には、初期に出されていたのは主に「占筮(せんぜい; Pronostication)」(プロノスティカシオン。「予測」、「占い」などとも訳される)と呼ばれる散文体の予測で、1557年向けのものあたりからカレンダー形式の予測「暦書」が並行的に刊行され、1563年向けのものから両者を合本した「暦書」が出されるようになった(便宜上、この記事では、総称としての「暦書」を指す場合は「暦書」類と表記する)。

「暦書」類は1550年向けから1567年向けまで出されていたが、1551年向けは内容が残っていないだけでなく、出されていたかどうかも分かっていない。

なお、カレンダー形式の「暦書」には各月ごとに四行詩が添えられており、これがのちに『予兆詩集』の素材となった。予兆詩は1555年向けのものが最初であり、以降1567年向けまで存在するが、1556年向けは現存しない(1556年向けの素材が流用された疑いのある海賊版なら現存する)。

反響

当時、ノストラダムスの「暦書」類は(予言に関する著作としては)かなり評価が高かったようで、早くも1552年向けの「暦書」(正式名は伝わっていない)について、内容を剽窃した偽版が出されている(『医師にして占星術師クロード・ファブリ師による1552年向けの真の新占筮』アジャン、1552年)。

反響はフランス国内にとどまらず、1557年向け、1563年向け、1564年向け、1567年向けはイタリア語訳版が出され、1559年向けは英訳版が、1566年向けはオランダ語訳版が出された。他方で、1560年代にはパリロンドン、イタリア各都市などで、内容を適当に継ぎ合わせた偽版も複数回出版されている。

ノストラダムスを批判した同時代人のローラン・ヴィデルやジャン・ド・ラ・ダグニエール(テオドール・ド・ベーズの変名とされる)も、その批判の主たる対象は『百詩篇集』ではなく「暦書」類の方であった(ヴィデルの著書は、現在では「暦書」類の逸文を伝える文献としても参照されている)。また、最初の偽ノストラダムスであるノストラダムス2世も、初期に出したのは暦書の便乗本であった。

このように、現在でこそ、『百詩篇集』に比べて「暦書」類の知名度はないに等しいが、当時はむしろ暦書の反響の方が大きかったのである。

シャヴィニーの転記

「暦書」類はかなりの部数出されていたと推測されるものの、そのすべてが現存するわけではない。しかし、かなり多くの内容をノストラダムスの秘書だったことのある詩人ジャン=エメ・ド・シャヴィニーが書き写していたおかげで、主な内容をうかがい知ることはできる(もちろん、シャヴィニーの転記には省略や編集が加わっているので、その点に注意する必要はある)。

現在、シャヴィニーによる転記のうち、「占筮」と「暦書」に収録されていた散文は「散文体の予兆 (Présages en prose) 」、「暦書」に収録されていた四行詩は「予兆詩 (Présages en vers) 」と区別されている。ただし、これらを「予兆 (プレザージュ; Présages) 」と総称したのはシャヴィニーが最初であり、ノストラダムス自身が積極的にそのような総称を用いていたかは定かではない(「暦書」類にはメインタイトルに "Présages" とつくものがいくつかはあり、副題的に併記されているケースも数点見られる)。

現存している版

日本では「暦書」類で現存するのは1563年版のみと紹介されたこともあったが、実際には以下のものが現存している(外国語訳版は対応するフランス語原本が現存しない場合のみ言及)。*はインターネット上で見ることができる。

1557年向け

『1557年向けの暦書 Almanach pour l'An 1557.
一部の研究者がファクシミリコピーを私蔵している
『1557年向けの大いなる新しい占筮と驚異の予言 La Grand'Pronostication nouvelle avec Portenteuse prediction, pour l'An M. D. LVII.
アルボー博物館Musée Paul Arbaud〔エクス=アン=プロヴァンス〕に現存

1558年向け

『1558年向けの新たなる占筮 Pronostication Nouvelle, pour L'An Mil cinq cens cinquante et huict.』*
ハーグ王立図書館に現存。

1559年向け

『プロヴァンス州の医学博士ミシェル・ノストラダムス師による1559年向けの占筮 The Prognostication of maister Michael Nostradamus, Doctour in Phisick. In Prouince for the yeare of our Lorde, 1559.
大英図書館バイエルン州立図書館(ミュンヘン)に現存する英訳版
『紀元1559年向けの暦書 An Almanacke for the yeare of oure Lorde God, 1559.
ヘンリー・ハンチントン図書館 Henry Hantington Library(カリフォルニア)、 ワシントン州立大学などに現存する英訳版
『1559年9月16日に起こるであろう日蝕の意味 Les Significations de l'Eclipse, qui sera le 16. Septembre 1559.』*
内容の大半がツィプリアン・レオヴィッツ日食についてのラテン語文献の引き写しにすぎないため、偽書と疑う論者もいる。オリジナルは現存しないが、1904年に出されたファクシミリ復刻版が、フランス国立図書館、アルボー博物館、大英図書館などにある。

1561年向け

『1561年向けの暦書 Almanach, Pour L'an 1561.
サント・ジュヌヴィエーヴ図書館 Bibliothèque Sainte-Geneviève(パリ)に断片が現存する。この版は、1576年刊行のラテン語文献の表装を補修のために剥がしたところ、その裏張りという形で発見された(1984年)。

1562年向け

『1562年向けの新たなる暦書 Almanach Nouveau, Pour l'An.1562.
ブリュッセル王立総合古文書館 Archives Générales du Royaume à Bruxellesに現存
『1562年向けの新たなる占筮 Pronostication Novvelle Pour l'an mil cinq cents soixante deux.』*
バイエルン州立図書館に現存するパリ版。先行してリヨンで出されていた版のコピー(海賊版?)

1563年向け

『1563年向けの暦書。予兆を付記 Almanach pour L'An M.D.LXIII. Avec les presages』
アルボー博物館に現存。散文体の予兆を含む。

1564年向け

『1564年閏年向けの占筮と暦 Pronostico et Lunario de l'anno bissestile MDLXIIII
フィレンツェに現存するイタリア語版。

1565年向け

『1565年向けの暦書。数多くの(前兆の)意味と各月ごとの予兆を付記 Almanach Pour L'An M.D.LXV. Avecques ses tresamples significations & presages d'vn chacun moys
ペルージャアウグスタ公立図書館に現存。散文体の予兆を含む

1566年向け

『1566年向けの暦書 Almanach pour L'An M.D.LXVI.』*
ヴィットリオ・エマヌエレ図書館ナポリ)、マギル大学オスラー医学史図書館(モントリオール)に現存。散文体の予兆を含む。

1567年向け

『1567年向けの暦書 Almanach per l'Anno M.D.LXVII.
ヤギェウォ大学図書館に現存するイタリア語版。散文体の予兆は含まないが、元になったフランス語版では併記されていたと考えられている。 

参考文献

  • ピーター・ラメジャラー『ノストラダムス百科全書』 ISBN 4887213379
  • Robert Benazra, Répertoire chronologique nostradamique(1545-1989), Paris; Guy Tredaniel,1990
  • Michel Chomarat, Bibliographie Nostradamus XVIe-XVIIe-XVIIIe siècles, Baden-Baden ; Valentin Koerner,1989
  • Bernard Chevignard, Présages de Nostradamus, Paris; Seuil, 1999
    (この文献には154篇の予兆詩の校定版と、1550年向け、1552~1559年向けの散文体の予兆の校定版が収められている)

外部リンク