比羅夫丸

船歴
起工
進水 1907年 7月
就役 1908年 3月7日
終航 1924年 10月15日
性能諸元
総トン数 1,480トン
垂線間長 87.6m
型幅 10.6m
機関 直結式蒸気タービン3基3軸
出力 3,367hp
最大速 18ノット
乗員 71名
乗客
  • 一等船客:22名
  • 二等船客:52名
  • 三等船客:254名
貨物積載量 239トン
姉妹船 田村丸
コールサイン LTJR

比羅夫丸 (ひらふまる) は、日本鉄道青函航路向けに1906年に発注し、1907年に竣工した貨客船

製造中の1906年11月1日に鉄道国有法が施行されたため、帝国鉄道庁が受領。日本初の蒸気タービン船である。僚船に田村丸がある。船名は当時の社長の「歴史的人物の名前より」との方針により阿部比羅夫よりとられている。

建造までの経緯

本州〜北海道間を結ぶ航路は北海道開拓使によって函館〜安渡間(1873年1月25日)に開通し、のちに郵便汽船三菱会社に引き継がれ、共同運輸の参入によって無制限競争状態になるなど混乱の後に両社合併によって一本化が図られた。 対する鉄道網は1891年9月1日,日本鉄道によって上野駅青森駅間の鉄道が全通。1892年8月1日には北海道炭鉱鉄道岩見沢駅室蘭駅間が開通、1904年10月15日には北海道鉄道小樽駅函館駅を開通した。鉄道網の充実によりこれらの都市を結ぶ航路は客貨共に輸送量が増大していた。 しかし当時の青函間は一日一往復の運行で客貨共に積み残しがしばしば発生し、日本鉄道・北海道鉄道・地元経済界などは日本郵船に対し増便を要請するものの、郵船側は自社の都合を優先して増便要請に応じなかった。 このため、日本鉄道は航路の直営化を決定し、二隻の汽船を建造することとなった。

沿革

  • 1905年8月 - 日本鉄道株主総会で本州・北海道連絡航路兼営を可決。
    10月 - 東京帝国大学横田・加茂助教授に設計を依頼。
  • 1906年10月 - 英・デニー・アンド・ブラザース社と契約
  • 1907年7月10日 - 進水
    10月29日 - 竣工。回航の後、12月26日に横浜入港。
  • 1908年2月20日 - 各種検査終了し、鉄道庁が受領。
    3月7日 - 青森10時発・1便で青函航路に就航。