滝尻王子

滝尻王子
Takijiri-oji shrine 2.jpg
拝殿
所在地 和歌山県田辺市中辺路町栗栖川859-1
位置 北緯33度46分34.13秒
東経135度30分15.32秒
社格 村社
創建 不明
本殿の様式 流造
例祭 10月7日
テンプレートを表示

滝尻王子(たきじりおうじ)は和歌山県田辺市にある神社滝尻王子宮十郷神社〈たきじりおうじみやとごうじんじゃ〉とも称される。九十九王子の一社で、五体王子のひとつに数えられ(『熊野権現蔵王宝殿造功日記』)、『熊野縁起』(正中元年〈1326年〉、仁和寺蔵)によれば本地不空羂索菩薩[1]

国指定史跡「熊野参詣道」(2000年平成12年〉11月2日指定)の一部である[2]

概要

鳥居
参道から見上げた拝殿

神域への入口

滝尻の地名は早くは『為房卿記永保元年(1081年)10月2日条に見られ、『中右記天仁2年(1109年)10月2日条には王子が既に成立していたことを示す記述がある。滝尻王子は熊野の神域への入り口として古くから重んじられ、『中右記』には「初めて御山の内に入る」との添書きがあるだけでなく、『源平盛衰記』にも同じ趣旨の記述を見出すことができる[3][4]。中世熊野詣の頃には宿所があったともいわれ、藤原定家の『熊野道之間愚記』(『明月記』所収)建仁元年(1201年)10月13日条や藤原経光の参詣記(『民経記』所収、寛喜元年〈1229年〉)にそれを示唆する記述があるが、詳細は定かではない[5]

滝尻王子は、岩田川(富田川)と石船川(いしぶりがわ)の合流する地点に位置し、「滝尻」の名も、2つの急流がぶつかりあって滝のように音高く流れたことに由来すると伝えられる[6]。古来の参詣道を精確に推定することは困難だが、参詣者が初めて岩田川に出会う稲葉根王子から滝尻王子まで、参詣者は何度となく、岩田川を徒渉しなければならず、一種の難所であった。『熊野道之間愚記』建仁元年(1201年)10月13日条で、この間の道中について、幾度も川を渡り山を越さなければならないと述べると同時に、紅葉が川面に映るさまを見事であると称えている[6]

滝尻王子に至った参詣者たちは、奉幣を行い、王子の目の前の流れに身を浸して垢離の儀礼を行った。滝尻王子における垢離について、鎌倉時代初期以降成立の『諸山縁起』には興味深い記述が見られ、

右の川は観音を念ずる水、左の川は病を除く薬の水 — 『諸山縁起』[7]

とし、さらに前出の『熊野縁起』では、

滝尻両方河ニ橋ヨリ上ニハ千手浄土御坐。又丑寅ヨリ流タル河ニハ薬師浄土御坐ス。彼水ハ偏其浄刹ヨリ落智水ナリ。是以テ無始無終罪滅ス。 — 『熊野縁起』[7]

と述べて、観音菩薩補陀落浄土から流れてくる岩田川の水と、薬師如来の浄瑠璃浄土から落ちてくる石船川の水で沐浴することで罪が滅される、と滝尻でとる垢離の意義が説かれている[7][8]

芸事奉納

中世熊野詣においては、しばしば里神楽や経供養といった芸事奉納が通例のこととして行われていたことが、『吉記承安4年(1174年)9月30日条や『熊野道之間愚記』、『熊野詣日記』応永34年(1437年)9月26日条に見られる[7]

また、ときには後鳥羽院の参詣の際の様に歌会が開かれることもあった(『熊野道之間愚記』)。その歌会の参加者が自らの詠んだ歌を書き付けた懐紙を熊野懐紙(くまのかいし)といい、そのうち約30通が現存する[9]。熊野詣の途上で催された歌会の様子を伝える熊野懐紙[10]のうち9通は、正治2年(1200年12月6日の滝尻王子での歌会のものである[7]。熊野懐紙は、当時の歌人に珍重され、で高値で売買されて、後鳥羽院政の収入にもなった。

盛衰

しかし、承久3年(1221年)の承久の乱以後、都の皇族・貴紳の熊野参詣が途絶えると、荒廃がすすんだ[6][7]。承久の乱からわずか8年後の寛喜元年(1229年)の藤原経光参詣記は、

路次の王子、皆もって破壊転倒し、実なし、もっとも以って歎かるべき事なり、法皇の行宮ことごとく壊れ取られ地あり、滝尻並びに御山は残れり、後白河院の御時の御所は、その後修理云々、当時虎狼の栖の如し — 『民経記』[11]

とあり、荒廃が著しい様子を伝えている。その中で、滝尻王子は、破壊転倒こそ免れているものの、目に余る荒廃の様相を呈していた。

その後、室町時代頃までには、岩田川を何度も渡渉しなければならない難路であることが嫌われて、参詣道が潮見峠越えに移行し、滝尻王子を経由しなくなったため、滝尻王子は近隣の住人のための叢社の地位に戻ったと考えられている[6][7]。近世の記録を見ると、『田辺領神社書上帳』(寛政4年〈1792年〉)によれば建前1四方・境内40間四方、その堂舎は藤原秀衡の寄進によるものとされることから「秀衡堂(ひでひらどう)」と呼ばれたという[7]。その由緒譚[12]によれば、そのむかし藤原秀衡夫妻が熊野詣の途上で産気付き、滝尻王子裏手の窟で三男和泉三郎を出産した。秀衡夫妻は熊野権現に立願して子を窟に残し、熊野詣を遂げて帰ってきたところ、その子は孤狼に守られ、岩から滴り落ちる乳を飲んで育っていた。秀衡夫妻はこれを喜び、報恩として七堂伽藍を寄進したが[13]承久の乱の兵火で焼失したという(『紀伊国名所図会[14])。なお、現在も秀衡の子が乳を飲んだという岩が「乳岩」[15]として残り、そのそばには「胎内くぐり」という岩穴もあって、それをくぐる女性は安産に恵まれるという。

明治期には、村社に列すとともに栗栖川村内の10の集落の神社を合祀したことから十郷神社(とごうじんじゃ)と称され、社殿の改築も行われた。しかし1946年昭和21年)各集落が御神体を持ち帰ったために、旧状に復すとともに、滝尻王子宮十郷神社と呼ばれるようになった[6][7]

文化財

  • 滝尻王子跡(国指定史跡「熊野参詣道」(2000年〈平成12年〉11月2日指定)の一部)[2]
  • 黒漆小太刀 中身銘有次(国指定重要文化財〈美術工芸品〉、1972年〈昭和47年〉5月30日指定)[16]
  • 滝尻王子の宝篋印塔(市指定史跡、1971年〈昭和46年〉7月26日指定)[2]
  • 皇太神像1躯(市指定有形文化財〈美術工芸・彫刻〉、1971年〈昭和46年〉7月26日指定)[2]

この他、境内に経塚群(滝尻王子経塚遺跡)が発見されているほか、社地から1キロメートルほど離れた剣山山頂の経塚(剣山経塚遺跡)からは鎌倉時代末期の経壷と経筒が発見されている[7]

交通機関

周辺情報

  • 熊野古道館 - 滝尻王子から石船川対岸にある観光施設。観光案内のほか、熊野懐紙や滝尻王子社の所蔵品などの展示がある[17]。詳細は外部リンク参照。

  1. ^ 平凡社[1997: 527]
  2. ^ a b c d 田辺市教育委員会. “田辺市の指定文化財一覧表”. 2009年3月20日閲覧。
  3. ^ 熊野路編さん委員会[1973: 74、76]
  4. ^ 平凡社[1997: 527-528]
  5. ^ 熊野路編さん委員会[1973: 76]
  6. ^ a b c d e 熊野路編さん委員会[1973: 74]
  7. ^ a b c d e f g h i j 平凡社[1997: 528]
  8. ^ 熊野路編さん委員会[1973: 78]
  9. ^ 熊野路編さん委員会[1973: 80-81]
  10. ^ 熊野路編さん委員会[1991: 130-132]
  11. ^ 熊野路編さん委員会[1973: 76]。新字新仮名に改めた。
  12. ^ 熊野路編さん委員会[1991: 102-103]
  13. ^ 宇江[2004: 137、152-153]
  14. ^ 熊野路編さん委員会[1991: 197]
  15. ^ 市指定天然記念物(1971年昭和46年〉7月26日指定)。田辺市教育委員会. “田辺市の指定文化財一覧表”. 2009年3月20日閲覧。
  16. ^ 和歌山県教育委員会. “国指定文化財・記念物”. 2009年3月20日閲覧。
  17. ^ 中辺路町観光協会. “熊野古道館”. 2009年3月22日閲覧。

文献

  • 宇江敏勝、2004、『世界遺産熊野古道』、新宿書房 ISBN 4880083216
  • 熊野路編さん委員会、1973、『古道と王子社 - 熊野中辺路』、熊野中辺路刊行会(くまの文庫4)
  • ― 、1991、『熊野中辺路 - 歴史と風土』、熊野中辺路刊行会(くまの文庫別巻)
  • 平凡社編、1997、『大和・紀伊寺院神社大事典』、平凡社 ISBN 458213402-5
  • 谷川健一編、2000、『伊勢・志摩・伊賀・紀伊』、白水社(『日本の神々 - 神社と聖地』6) ISBN 978-4-560-02506-2

関連項目

鮎川王子) - 滝尻王子 - (不寝王子

外部リンク

  • 熊野古道館 - 中辺路町観光協会公式サイト内。
  • 熊野九十九王子 - 熊野ツーリズムビューロー(田辺市)公式サイト内。市内の熊野古道ウォークガイド。


九十九王子一覧
城南宮 八軒家船着場 窪津王子 坂口王子 郡戸王子 上野王子 阿倍王子 津守王子 境王子 大鳥居王子
篠田王子 平松王子 井ノ口王子 池田王子 麻生川王子 近木王子 鞍持王子 鶴原王子 佐野王子 籾井(樫井)王子
厩戸王子 信達一ノ瀬王子 長岡王子 地蔵堂王子 馬目王子 中山王子 山口王子 川辺王子 中村王子 吐前王子
川端王子 和佐王子 平緒王子 奈久知王子 松坂王子 松代王子 菩提房王子 藤代王子 藤白塔下王子 橘本王子
所坂王子 一壷王子 蕪坂王子 山口王子 糸我王子 逆川王子 久米崎王子 井関(津兼)王子 河瀬王子 馬留王子
沓掛王子 馬留王子 内ノ畑王子 高家王子 善童子王子 愛徳山王子 九海士王子 岩内王子 塩屋王子 上野王子
津井王子 斑鳩王子 切目王子 切目中山王子 岩代王子 千里王子 三鍋王子 芳養王子 出立王子 秋津王子
万呂王子 三栖王子 八上王子 稲葉根王子 一ノ瀬王子 鮎川王子 滝尻王子 不寝王子 大門王子 十丈王子
大坂本王子 近露王子 比曽原王子 継桜王子 中ノ河王子 小広王子 熊瀬川王子 岩神王子 湯川王子 猪鼻王子
発心門王子 水呑王子 伏拝王子 祓戸王子 本宮大社 湯ノ峯王子 速玉大社 浜王子 佐野王子 浜の宮王子
市野々王子 多富気王子 那智大社 ■Template