炎上 (映画)

炎上
監督 市川崑
脚本 和田夏十
長谷部慶治
製作 永田雅一
出演者 市川雷蔵
仲代達矢
音楽 黛敏郎
撮影 宮川一夫
配給 大映
公開 1958年8月19日 日本の旗
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

炎上』(えんじょう)は、1958年8月19日公開の日本映画三島由紀夫小説金閣寺』をもとに市川崑監督が映画化した、白黒作品。製作は大映

三島由紀夫の小説は、主人公の内面に迫る、あまりにも完成度の高い作品だったため、市川は原作の脚色は無理と判断した。そこで三島から創作ノートを借りて、これをもとに和田夏十にオリジナル脚本『炎上』を新たに書き上げさせた。そのため、映画と原作とでは登場人物の名やあらすじの一部が異なるものとなっている(例:金閣寺 → 驟閣寺(しゅうかくじ))。

あらすじ


キャスト

スタッフ

エピソード

撮影を担当した宮川一夫は、シネスコープでの撮影が初めてだったので、画面の空間をどう生かすかに悩んでいたため、撮影中はずっとカメラのファインダーを覗いていた。監督の市川は「覗かせてもらうのが大変だった」と語っている。

作品評価・解説

『炎上』の試写を見た後、原作者の三島由紀夫は、「シナリオの劇的構成にはやや難があるが、この映画は傑作といふに躊躇しない。黒白の画面の美しさはすばらしく、全体に重厚沈痛の趣きがあり、しかもふしぎなシュール・レアリスティックな美しさを持つてゐる。放火前に主人公が、すでに人手に渡つた故郷の寺を見に来て、みしらぬ住職が梵妻に送られて出てくる山門が、居ながらにして回想の場面に移り、同じ山門から、突然粛々と葬列があらはれるところは、怖しい白日夢を見るやうである。俳優も、雷蔵の主人公といひ、鴈治郎の住職といひ、これ以上は望めないほどだ。試写会のあとの座談会で、市川崑監督と雷蔵君を前に、私は手ばなしで褒めた。かういふ映画は是非外国へ持つて行くべきである。センチメンタリズムの少しもないところが、外国人にうけるだらう」[1]と高い評価をしている。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 三島由紀夫『裸体と衣裳』(新潮社、1959年)