硫黄鳥島

硫黄鳥島
Iwo-torishima mlit1978.jpg
1978年撮影。(国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
硫黄鳥島の位置(南西諸島内)
硫黄鳥島
硫黄鳥島
徳之島
徳之島
久米島
久米島
那覇市
那覇市
硫黄鳥島 (南西諸島)
硫黄鳥島の位置
所在地 日本の旗 日本沖縄県島尻郡久米島町
所在海域 東シナ海
所属諸島 沖縄諸島
座標 北緯27度52分27秒
東経128度13分35秒
面積 2.50 km²
海岸線長 7.3 km
最高標高 212 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

硫黄鳥島(いおうとりしま)は、南西諸島で、沖縄県島尻郡久米島町に属している。日本気象庁により火山活動度ランクCの活火山とされている島で、火山名として沖縄鳥島と呼ばれたこともある。沖縄県の最北端となる無人島である。面積は2.50km²[1]、周囲7.3km[2]

なお、同じ久米島町内には、「鳥島射爆撃場」が設置されている鳥島(久米鳥島)が存在しているが、別の島である。

地理

那覇市の北北東約190km、徳之島の西方約65km、沖永良部島北西約65kmに位置する。行政上は沖縄県であるが、奄美群島に近く[3]、周囲の島の行政区画は鹿児島県である。

北部にある硫黄岳と、南部にあるグスク火山の2つの火山が接合している。硫黄岳は今も水蒸気を噴出する成層火山で、有史以降にマグマの噴出は確認されていない。グスク火山は二重式の成層火山であり、中央火口丘として溶岩円頂丘があるが、周囲には爆裂火口跡があり、かすかに噴気を認める。

島は断崖に囲まれた台地状になっており、島中央部に上るためには急峻な断崖を登らなければならない。

歴史

琉球王国の時代には硫黄の採掘が行われ、中国への進貢貿易に用いていた(琉球王国では唯一の硫黄産地だった)。奄美群島が薩摩藩に併合された際、朝貢に支障をきたす恐れがあるため、そのまま琉球王国領として存続した。硫黄採掘は戦後になっても行われており、現在でもその採掘跡を認めることができる。1959年昭和34年)に噴火のおそれがあるとして、全島民が久米島へ移住。1967年(昭和42年)にも噴火し、硫黄採掘の従事者も撤退。以降、完全な無人島となっている。

久米島町にある「鳥島」の集落は硫黄鳥島から移住した人々で作った集落である。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 沖縄の島面積
  2. ^ 鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター
  3. ^ 少数意見だが、沖縄県内で唯一、奄美群島に属している島という見解もある[要出典]

外部リンク