翔鳳丸

翔鳳丸

翔鳳丸(しょうほうまる)は、鉄道省青函航路車載客船。翔鳳丸型の第1船である。

日本で最初ので最初の車載客船であり、後の鉄道連絡船の原型となった船舶である。 翔鳳丸型は4隻建造されている。翔鳳丸・飛鸞丸・津軽丸(初代)・松前丸(初代)であるが、翔鳳丸と飛鸞丸は浦賀船渠、津軽丸と松前丸は三菱造船長崎造船所の竣工である。浦賀船渠と三菱造船とで仕様が異なる。 ここではこれら翔鳳丸型についても記述する。この翔鳳丸型は全て太平洋戦争で失われている。

概要

第1次世界大戦の影響による貨物輸送の増大のため、青函航路の輸送力不足は深刻になりつつあった。鉄道省は、北海道樺太方面の輸送力増強のため、輸送方式の見直しを行った。そこで1911年(明治44年)より関森航路で実施されていた鉄道車両航送、および1919年(大正8年)に就航した自力航行する鉄道車両渡船、第一関門丸を参考にし、鉄道車両を積載できる旅客船(車載客船)を計画する。鉄道省は1921年(大正10年)に浦賀船渠に2隻、翌年に三菱造船長崎造船所に2隻を発注する。なお当時、日本には車載客船建造運航の経験がなかったため、1909年開設のバルト海を行くドイツ ザスニッツとスウェーデン トレレボリ間航路(58海里)の3000GT級のDrottning Victoria号を手本としたと言われている[1]

翔鳳丸型の車両甲板には軌道が3線敷設され、中央の1線は機関室囲壁で行き止まりのため短く貨車5両または20m級荷物車2両、両端の2線には貨車を各10両の計25両(有蓋車15tで換算)の積載が可能である。積み込まれた貨車は、軌道末端の車止めの連結器と連結器とで連結され、さらに緊締具で船体に固定される。

可動橋と甲板の軌道の末端には特殊レールが設置され、隙間が生じないような構造が採用されている。また、車両積みおろしの際に生じる船の横傾斜を修正するヒーリング装置も装備されている。バルト海航路の連絡船を見本としたため、かの地で行われているように港外で回頭し、後進で入港できるよう船首舵とそれを操舵する立派な後部船橋が設けられており、ヒーリング装置の操作もここで行われた[2]

翔鳳丸型は1924年(大正13年)に就航したが、当時は北海道では自動連結器本州などではねじ式連結器だったため、全国一斉に自動連結器への交換、及び陸上設備が完成した1925年(大正14年)8月1日より車両航送が開始される。

この船より三等船室は畳敷きの大部屋に改められ、旧来の蚕棚式船室に比べて居住性が大幅に向上した。

翔鳳丸・飛鸞丸

翔鳳丸は1922年(大正11年)8月10日起工、1924年(大正13年)4月19日に竣工。飛鸞丸は1922年(大正11年)8月10日起工、1924年(大正13年)4月19日に竣工する。1923年(大正13年)9月1日の関東大震災により建造が遅れ、第2船の飛鸞丸の竣工は翔鳳丸4隻の最後になる。

主な仕様

※括弧内は飛鸞丸

  • 総トン数: 3,460t (3,459t)
  • 旅客定員: 895名
  • 全長: 106.7m
  • 全幅: 15.9m
  • 主缶: 舶用スコッチ型 6缶
  • 主機: ラトー式タービン イギリスメトロポリタン=ヴィッカース社
  • 出力: 5,730馬力 (5,843馬力)
  • 最高速力: 16.95kt (17.04kt)

沈没

翔鳳丸は、1945年(昭和20年)7月14日、青森港外で投錨中にアメリカ軍の空襲を受け15時55分沈没。47名が戦死する。飛鸞丸は同日、青森港で停泊中に空襲警報を受けて退避するが青森港内で空襲を受け、15時20分に沈没。17名が戦死する。

津軽丸・松前丸

津軽丸は1923年(大正12年)6月13日起工、1924年(大正13年)9月23日に竣工。松前丸は1923年(大正12年)6月13日起工、1924年(大正13年)10月24日に竣工する。

主な仕様

※括弧内は松前丸

  • 総トン数: 3,432t (3,485t)
  • 旅客定員: 990名
  • 全長: 106.7m
  • 全幅: 15.9m
  • 主缶: バブコック・アンド・ウィルコックス式水管型 6缶
  • 主機: 三菱式タービン
  • 出力: 5,500馬力
  • 最高速力: 16.88kt (17.38kt)

沈没

津軽丸は、1945年(昭和20年)7月14日、函館港へ向かう途中アメリカ軍の空襲を受け、15時10分狐越岬沖で沈没。127名が戦死する。松前丸は函館港から退避中、6時30分に七重浜海岸に擱座。7時20分に炎上。22名が戦死する。

その後

函館市青函連絡船記念館摩周丸に展示されている初代松前丸の号鐘

津軽丸を除き、残る3隻の船体は戦後引き揚げられるなどしてスクラップとなったが、松前丸で使用されていた号鐘は現在函館市青函連絡船記念館摩周丸で保存・展示されている。

関連項目

参考文献

坂本幸四郎『青函連絡船』朝日イブニングニュース社、1985年)

  1. ^ 古川達郎著 連絡船ドックp59 船舶技術協会1966
  2. ^ 古川達郎著 鉄道連絡船100年の航跡p73 成山堂書店1988