蒲原鉄道線

蒲原鉄道線
村松駅跡の敷地内で保管されていた頃の モハ31(2008年解体)
村松駅跡の敷地内で保管されていた頃の
モハ31(2008年解体)
路線総延長21.9 km
軌間1067 mm
電圧600 V 架空電車線方式直流
最大勾配 25 パーミル
最小半径120 m
最高速度55 km/h
停車場・施設・接続路線
STR
国鉄信越本線
0.0 加茂駅
eABZlf exABZlg
WBRÜCKE exWBRÜCKE
加茂川
STRlf xKRZo
exBHF
1.1 陣ヶ峰駅
exTUNNEL1
exBHF
2.5 東加茂駅
exBHF
3.4 駒岡駅
exBHF
5.0 狭口駅
exBHF
6.7 七谷駅
exBHF
8.9 冬鳥越駅
exTUNNEL1
exBHF
9.4 土倉駅
exBHF
11.0 高松駅
exWBRÜCKE
exBHF
12.2 大蒲原駅
exWBRÜCKE
exBHF
13.8 寺田駅
exWBRÜCKE
exBHF
16.1 西村松駅
exWBRÜCKE
exSTR
↑1985年廃止
exBHF
17.7 村松駅
exSTRrg exABZrf
exKDSTe exSTR
村松車庫
exBHF
20.9 今泉駅
STRlg exSTR
JR東磐越西線
eABZlf exABZlg
21.9 五泉駅
五泉駅3番線脇に残る蒲原鉄道線の跡。駅から右手に延びる築堤が廃線跡
五泉市内で保管のモハ71クハ10。木造の雨除けは村松駅のホーム上屋を移築したものである
村松駅(廃線後バスターミナルとしての姿)

蒲原鉄道線(かんばらてつどうせん)は、かつて蒲原鉄道が運営していた、新潟県加茂市加茂駅から中蒲原郡村松町(現・五泉市)を経由して五泉市の五泉駅までとを結んでいた鉄道路線である。 1985年春を以って加茂 - 村松間が廃止となり、村松 - 五泉間を結ぶ、僅か4.2kmのミニ路線として知られていたが、1999年秋に全線が廃止された。

路線データ

(加茂 - 村松間廃止直前のデータを示す)

  • 路線距離(営業キロ):21.9km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数(起終点駅を含む):15駅
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:全線(直流600V)
  • 閉塞方式:タブレット閉塞式(東加茂 - 村松間)、スタフ閉塞式(加茂 - 東加茂間、村松 - 五泉間)
  • 最高速度:55km/h

歴史

  • 1922年(大正11年)9月22日 蒲原鉄道設立
  • 1923年(大正12年)10月20日 村松 - 五泉間 (4.2km) 開業
  • 1930年(昭和5年)7月22日 東加茂 - 村松間 (15.2km) 延伸開業
  • 1930年(昭和5年)10月20日 加茂 - 東加茂間 (2.5km) 全線開通
  • 1984年(昭和59年)2月1日 全線の貨物営業廃止
  • 1985年(昭和60年)4月1日 加茂 - 村松間 (17.7km) 廃止
  • 1999年(平成11年)10月4日 村松 - 五泉間 (4.2km) 廃止により全線廃止、同社の路線バスに転換

村松 - 五泉間は磐越西線の経路から外れた村松の町と同線を結ぶ目的で開業した。なお、村松 - 五泉間は新潟県内の鉄道路線で初めての電化区間である。

車両

最盛期は電動車10両、制御車付随車3両、電気機関車1両の計14両(貨車を除く)が在籍したが、その後老朽車から淘汰が開始され、部分廃止に際してはモハ11・12・51・81・91の5両が一挙に廃車となった。残存したモハ31・41・61・71・クハ10・ED1の計6両は全線廃止まで在籍した。

  • デ1形 (1・2) - 開業に際して新製された木造四軸ボギー電動車。1952年(昭和27年)にデ1が、1954年(昭和29年)にモハ1(旧デ2)が他車への更新名義で事実上廃車され、全廃。
  • デ11形 (11 - 13) - 全線開通に際して増備された半鋼製電動車。後年モハ11形と改称、さらにモハ13は後述モハ41新製に際して主要機器を供出し、モハ51形51と改称・改番。モハ11・12とも部分廃止時に廃車。
  • デ101形 (101) - 名古屋鉄道より譲り受けた元モ450形455。後年モハ21形と改称・改番。1979年(昭和54年)廃車。
  • モハ31形 (31) - デ1形1の改造名義で新製された半鋼製電動車。全線廃止まで在籍。
  • モハ41形 (41) - モハ11形13の改造名義で新製された半鋼製電動車。竣功当初はモハ31と同一車体であったが、後年車体延長工事を施工。全線廃止まで在籍。
  • モハ51形 (51) - モハ11形13の車体とモハ1形1(旧デ1形2)の主要機器を組み合わせ、モハ1の改造名義で竣功。部分廃止時に廃車。
  • モハ61形 (61) - 西武鉄道より譲り受けた元クハ1231形1232。全線廃止まで在籍。
  • モハ71形 (71) - 西武鉄道より譲り受けた元クハ1211形1211。全線廃止まで在籍。
  • モハ81形 (81) - 越後交通より譲り受けた元モハ3000形3002。部分廃止時に廃車。
  • モハ91形 (91) - 山形交通(現・ヤマコー)より譲り受けた元モハ106形106。部分廃止時に廃車。
  • ハニ3形 (3) - 1927年(昭和2年)に新製された合造木造二軸単車。後年荷物室を撤去しハフ1形1と改称・改番、その後サハ1、次いでハ1と改番された。1978年(昭和53年)廃車。
  • クハ1形 (1) - 国鉄より払い下げを受けた半鋼製二軸単車ガソリンカー元キハ4530形4530。旧阿南鉄道(現・牟岐線の一部)キハ101。後述クハ10の竣功に伴い付随車化、ハ2形2と改称・改番。1978年(昭和53年)廃車。
  • クハ10形 (10) - 国鉄より払い下げを受けた元キハ41000形41120。導入に際して電車の制御車化、全線廃止まで在籍。
  • EL形 (1) - 全線開通に際して日本車輌製造で新製された、ウェスティングハウス・エレクトリック (WH) 社製電気機関車を模した凸形電気機関車。後年ED1形1と改称、全線廃止まで在籍。

駅一覧

  • 全駅新潟県内に存在した。所在地の市町村名、接続路線の事業者名は当該区間廃止当時のもの。
    日本国有鉄道は1987年4月1日にJR各社に分割され、信越本線は東日本旅客鉄道(JR東日本)が承継した。村松町は2006年1月1日に五泉市と新設合併し、五泉市となる。
駅名(読み) 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 所在地
加茂駅(かも) - 0.0 日本国有鉄道信越本線 加茂市
陣ヶ峰駅(じんがみね) 1.1 1.1  
東加茂駅(ひがしかも) 1.4 2.5  
駒岡駅(こまおか) 0.9 3.4  
狭口駅(せばぐち) 1.6 5.0  
七谷駅(ななたに) 1.7 6.7  
冬鳥越駅(ふゆどりごえ) 2.2 8.9  
土倉駅(つちくら) 0.5 9.4  
高松駅(たかまつ) 1.6 11.0   中蒲原郡
村松町
大蒲原駅(おおかんばら) 1.2 12.2  
寺田駅(てらだ) 1.6 13.8  
西村松駅(にしむらまつ) 2.3 16.1  
村松駅(むらまつ) 1.6 17.7  
今泉駅(いまいずみ) 3.2 20.9   五泉市
五泉駅(ごせん) 1.0 21.9 東日本旅客鉄道磐越西線

歴史上の経緯から、列車は加茂から村松・五泉方面に向かうのが「下り」、五泉から村松・加茂方面へ向かうのが「上り」となっていた。これは加茂 - 村松間が廃止となり、村松 - 五泉間に縮小されてからも踏襲されていた。そのため、磐越西線に接続する五泉が終点で、行き止り駅の村松が起点、という珍しい設定の路線だった。

廃線後の状況

廃線後の代替交通機関

1985年の加茂 - 村松間廃線後、蒲原鉄道は国道290号などを経由して加茂駅と村松駅を結ぶ路線バス「加茂線」を開設した。また1999年の村松 - 五泉間廃線後、同社は村松駅と五泉駅を結ぶ路線バス「五泉線」を増便した。廃線前から路線自体は運行されており、鉄道線廃止時のダイヤに基づいて増発を行った。

五泉線はその後、村松駅と村松地区東部を結ぶ「川内線」と運行系統を統合して「五泉・川内線」に改称。加茂線を含む路線バスの運行主体は2002年11月1日から、蒲原鉄道本体から子会社の蒲鉄小型バスに移管され、一般路線バスから廃止代替バスに転換された。その後運行区間の縮小や減便などを経て、加茂線は2009年10月1日から「加茂市営市民バス」に移管して運行区間を縮小。そして残った五泉・川内線、加茂線の残存区間だった高松線の2路線も2010年9月30日を以って廃止された。翌10月1日からは五泉市が策定した「地域公共交通総合連携計画」に基づき、五泉線は五泉・村松両市街地を循環しながら結ぶコミュニティバス「五泉市ふれあいバス」に転換され、転換後の運行業務は蒲原鉄道・新潟交通観光バス五泉営業所・泉観光バスの3社が共同で受託している。また五泉線以外の路線は事前登録・予約制の「デマンド乗合タクシー」に転換され、これにより蒲原鉄道が運行する路線バスは高速バス1路線を除き、全て廃止された。

その他詳細は「蒲原鉄道#路線」を参照。

廃線跡

加茂駅近くの加茂川橋梁はJR信越本線と共有されていたため、複線の信越本線と併せて三線分の幅員があり、現在も蒲原鉄道の架線・レールが撤去された他は枕木などもそのまま残っている。

また、JR信越本線の加茂駅と羽生田駅の間には蒲原鉄道線が信越本線を乗り越していた線路橋の橋桁と築堤が残されており、新潟方面に向かって右手の築堤上には旧陣ヶ峰駅のホームが残されている。

参考文献

  • 青木栄一「昭和52年5月1日現在における補遺」『私鉄車両めぐり特輯』1、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年、補遺3頁。
  • 瀬古龍雄「蒲原鉄道」『鉄道ピクトリアル』1962年3月号臨時増刊:私鉄車両めぐり2、1962年、 pp. 6, 34-38。(再録:『私鉄車両めぐり特輯』1、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年。
  • 瀬古龍雄「蒲原鉄道(私鉄車両めぐり第2分冊補遺)」『鉄道ピクトリアル』No. 1451963年5月号臨時増刊:私鉄車両めぐり4、1963年、 p. 86。(再録:『私鉄車両めぐり特輯』1、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年。
  • 鉄道省『昭和12年10月1日現在鉄道停車場一覧』鉄道省(覆刻:鉄道史資料保存会)、東京(覆刻:大阪)、1937年(1986年覆刻)、p. 268。ISBN 4-88540-048-1

関連項目