鷹峯

鷹峯街道と町並み

鷹峯[1](たかがみね)は、京都市北区鷹峯街道京都府道31号西陣杉坂線)を中心に広がる地域名であり、その西南方に連なる丘陵の名称でもある。

概要

鷹峯三山の一、鷹峯

京都市北区南西部に位置し、右京区と接している。京の七口の一つである長坂口(ながさかぐち)から丹波国若狭国へ続く、かつての鯖街道の入口にあたる。1780年(安永9年)に刊行された『都名所図会』(みやこめいしょずえ)では、街道を往来する人物が複数描かれ、その半数が荷物を担いでいる様子が窺え、鷹峯地域が物資輸送上、重要であったことを示唆している[2]

南東から北西にかけて細長く広がり、東に隣接する大宮学区とほぼ並行している。地域の東側は鷹峯街道沿いの台地に、西側は紙屋川沿いに谷間の狭隘地になっている。それらの北西後方には杉阪集落に至るまで、小高い山々が広がっている。

後述の通り、江戸時代より御典医藤林氏が、当地に広大な薬草園を開いて野菜を栽培したことから、京の伝統野菜の名産地としても知られる。辛味大根・聖護院大根(だいこん)、朝鮮人参唐辛子鷹峯とうがらし)、鷹峯ねぎ、鹿ケ谷南瓜(ししがたにかぼちゃ)など、主な京野菜が今日でも栽培されている。

鷹峯学区には、約2000世帯・5000人が居住。以前盛んであった紋彫りなどの西陣織関係や農林業従事者が減少する一方、宅地開発が進み、会社員世帯が増加している[3]。学区内の教育機関としては、京都市立鷹峯小学校ほか、幼稚園1園、保育所2箇所が設置されている。少子高齢化が進む中で、鷹峯小学校の児童数は2009年(平成21年)に202人と、2001年(平成13年)の児童数266人に比べ、8年間で約4分の3に減少している[4]

鷹峯三山

Kintengu 08s.png
Kintengu 08h.png
Kintengu 08d.png
Kintengu 08c.png

大文字山(左大文字)の北方に位置し、当地西南方に連なる丘陵をいう。東から鷹峯(鷹ケ峰、たかがみね)、鷲峯(鷲ケ峰、わしがみね)、天峯(天ケ峰、てんがみね)と称する。古文書に複数記載されるなど、かねてより多くの人に親しまれてきた。花札8月の絵札でおなじみの「」は、この鷹峯の山を模したものとされる[5]

ちなみに、鷹峯三山自体は隣の衣笠地域内にあり、現在の所在地名「大北山鷲峯町」に名を残している。

  • 「洛北の乾(いぬい)隅に在り。この処に三峯あり。いわゆる天峯、鷲峯、鷹峯これなり。中古、秋冬に至りてこの峰上に鷹綱を以って鷂(はいたか、小型のメスの鷹)を執る。是を鷹を打つという。これを綱懸鷹(つながけのたか)と称し、世に鷹峰鷹という」[6]
  • 「古(いにしえ)この山の林に鷹来て毎歳雛を生ず。この故にこの号ありと」[7]
  • 「鷹峯 千束の西北にあり、この所西南にならんで三峯あり。第一天峯、第二鷲峯、第三鷹峯より。由来未だ考えず、鷹峯今地の名とす」[7]

歴史

遊猟の地

古来、現在の鷹峯およびその周辺地域一帯は「栗栖野」(くるすの)と呼ばれていた。この栗栖野の一角に、高岑寺(たかがみねじ)という名称の寺院が存在したとされる[8]が、その具体的な所在地は分かっていない。

平安時代には、代々の天皇が都に程近いこの栗栖野に行幸し、遊猟、鷹狩に興じていたという[9][10]。鷹狩の鷹を捕捉できる場所として知られたこの地の名称「高岑」が、いつしか「鷹峯」に変化したものと考えられている。

集落の誕生

光悦寺から鷹峯を望む

1591年(天正19年)豊臣秀吉が外敵の侵入に備えて御土居を構築。1615年元和元年)に、本阿弥光悦徳川家康より御土居以北の、約8、9万坪の原野を拝領し、一族縁者を引き連れて移り住んだ。こうして、鷹峯の地に集落(いわゆる光悦村)が形成され、光悦屋敷を中心として街路に面した家々が立ち並んだ。光悦を慕う芸術家や豪商も移り住んで、京都の芸術・文化の一大拠点となった。

一方、御土居付近以南は、寛永年間(1624年 - 1643年)以降、御典医藤林氏が広大な薬草園を開いて管理経営し、辛味大根、朝鮮人参、唐辛子をはじめとする野菜を栽培して幕府に納めたという。

その後、本阿弥家が土地を幕府に返上してこの地を離れたことにより、18世紀初頭に貝原益軒が著した『京城勝覧』では、一時的に賑わいが衰えた様子が伝わる。一方、上述の『都名所図会』には、光悦寺、妙秀寺、常照寺といった法華宗寺院の存在により、宗教色の濃い集落が形成されていた様子が描かれている[2][11]

近代

1869年明治2年)に光悦村、千束村および背面の山域(一ノ坂・石拾い・堂の庭)が合併して西紫竹大門村となり、1884年(明治17年)には上ノ町、木ノ畑村、蓮台野村を編入し鷹ケ峯村となった。1891年(明治24年)に、蓮台野ほか鷹ケ峯村の一部地区が野口村(後の鷹野町、今の楽只学区域)として分立した。

20世紀に入り、右京区福王子から高雄を経て北区中川、小野郷へ抜ける周山街道が開通したことにより、当地で営んでいた商家は続々と南へ移転した[12]

1931年(昭和6年)に京都市上京区に編入され、1955年(昭和30年)に分区・新設の北区に含められた。

鷹峯街道の北部にある鷹峯小学校の標高が約160mあり、これは八瀬の比叡山ケープル乗場と同じで、昭和40年代の宅地開発のピーク時には「京の軽井沢」「百万ドルの夜景」とも宣伝されていた[3]

名所・旧跡

源光庵山門
光悦寺・光悦垣
鷹峰山源光庵(ようほうざんげんこうあん)
曹洞宗1346年貞和2年)に徹翁義亨(てつとうぎこう)が隠居所として創建した。当初は臨済宗に属していたが、1694年元禄7年)に加賀国大聖寺の卍山導山(まんざんどうはく)が再興し改宗した。本堂天井は伏見城の遺構で、関ヶ原の合戦で東軍についた鳥居元忠とその家臣が自刃した床を用いた血天井である。その他、北山を借景とする枯山水庭園、仏教の真理を示す円形の「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」が有名。境内の「稚児井戸」(ちごいど)からは今も清水が湧く。
寂光山常照寺(じゃっこうざんじょうしょうじ)
日蓮宗1616年元和2年)に光悦が土地を寄進し、その子光瑳の発願により、日蓮宗の日乾(にちけん)を開山として創建された。日乾に帰依した吉野太夫ゆかりの寺として知られるほか、1969年昭和44年)全国初の「帯塚」が建立された。
鶏足山讃州寺(けいそくざんさんしゅうじ)
臨済宗。鷹峯千束町にたたずむ。もと室町幕府管領・細川讃岐守の創建とされ、現在の上京区讃州寺町(西洞院一条下ル)にあった。1652年慶安5年)、京都所司代板倉重宗の命で、大徳寺玉林院第二世祥岳禅師により、当地へ移された[13]。現在は大徳寺玉林院末寺であるが、住職は常駐していない。本堂脇の杉の巨木は圧巻で、樹齢350年は下らないとされる。
大虚山光悦寺(たいきょざんこうえつじ)
日蓮宗。光悦の死後、1656年明暦2年)に日蓮宗の日磁(にちじ)を開山として寺となった。光悦の墓、大虚庵を始めとする七つの茶室、大虚庵前に組まれたゆるやかな曲線の竹垣「光悦垣」などが知られる。

名物

鷹峯とうがらし
1943年(昭和18年)頃から当地で栽培が始められた。伏見とうがらしより太く、万願寺とうがらしともやや形が異なる。辛みがなく、肉厚である。ハウスで定植され、夏から秋にかけて収穫、出荷される。栽培の歴史が比較的浅いため、京の伝統野菜に準じるものとされる[14]

地域活動

ふれあい事業
学区内の社会福祉協議会を主体に、独居高齢者などを対象として、歩こう会や地元特産の辛味大根を使った餅つき、鷹峯児童公園の清掃、鷹峯小学校の草引き、小学生と高齢者で花を植える事業などを、年4回実施している。毎年秋季には紙屋川や京見峠を中心とする清掃活動も行っている[3]

脚注

  1. ^ 現在、公的な表記には「鷹峯」のみ用いられるが、かつては「鷹峰」「鷹ケ峰」「鷹ケ峯」などが混在していた
  2. ^ a b 佛教大学 渡邊秀一研究室
  3. ^ a b c 京都市情報館 北区役所 リレー学区紹介-鷹峯学区
  4. ^ 北区の現状と課題 平成21年9月 京都市北区役所
  5. ^ 京都市北区 歩くマップ エリアCのスポット 鷹峯の山
  6. ^ 1664年貞享元年)刊行『雍州府志』(ようしゅうふし)
  7. ^ a b 1711年正徳元年)刊行『山州名跡志』(白慧(坂内直頼) 撰)
  8. ^ 『日本三大実録』874年貞観16年)8月24日条、1714年正徳4年)刊行『新撰増補京大絵図』に記載
  9. ^ 類聚国史833年天長10年)9月25日条「(仁明)天皇栗栖野に行幸し遊猟す。綿子池(わたごいけ、大宮釈迦谷地内 現在の尺八池付近)に行幸す。調養する所の隼(はやぶさ)を放ち水禽(すいきん、水鳥)を払う」ほか、栗栖野の地で遊猟したとの記述が複数存在する
  10. ^ フィールド・ミュージアム京都 平安遊禽綿子池旧跡
  11. ^ 鷹峯児童公園前に貼られた説明書き『京七口の一つ長坂口(この辺りの様子)』「本阿弥家が幕府に返上してから間口の広い屋敷には京や丹波からの商家が移り住む様になり材木問屋、薪炭問屋、米屋、たばこ問屋等々が営まれいた(原文ママ)。船の着かない港と云われていた一時期もあった。」
  12. ^ 鷹峯児童公園前に貼られた説明書き『京七口の一つ長坂口(この辺りの様子)』
  13. ^ 享保年間に京都町奉行が作成した『京都御役所向大概覚書』に「大徳寺末寺 愛宕郡鷹峯 御朱印寺領五石 千足山讃州寺」とある
  14. ^ 京都府 鷹峯とうがらし

参考文献

  • 『京都の地名検証2』(京都地名研究会編、勉誠出版、2007年)
  • 『京都の地名検証3』(京都地名研究会編、勉誠出版、2010年)

関連項目

外部リンク